ナルガクルガ単語

ナルガクルガ
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

ナルガクルガとは、カプコンゲームモンスターハンターシリーズに登場する大ボスモンスターである。初登場作品は「MHP2G」。
漢字表記は迅竜。略してナルガと呼ばれる。

名前の由来は「ナーガ(インド神話の半人半)」+「クーガーピューマの別名)」から。

概要

MHP2Gパッケージに描かれているモンスター

長い尻尾(伸びる)とブレード状のが特徴。この尻尾からクナイ弾のような逆立った鱗を飛ばすこともある。迷彩と思われるい体毛に覆われている。
樹海密林などで撃され、最近になってギルド把握された。
木の上や茂みなど、暗がりを好んで生息しており、特に旧密林では姿を捕捉することが難しい。
間合いを一で詰める素さとその尻尾で執拗かつ狡猾に獲物を狙う。登場ムービーではナルガクルガの狩りを見ることができる。木の上などの死や茂みの中など相手に姿を見せないところから奇襲して、あっという間に獲物を仕留める。
分類上は飛竜であり、一応飛ぶ姿も見られる。

ナルガクルガが生息するの木々には、で切り裂いたと思われる傷跡が残る。食性は食で、ケルビを襲って捕食している。な得物は両腕のだが、尻尾も強な武器となりえる。特に奮状態になると、尻尾からが生える。その状態で繰り出される叩き付けは一撃必殺の威を誇る。

視覚と聴覚が発達しており、音爆弾を投げる、爆弾爆発させるなど大きな音を立てたり閃光玉を投げることで怯ませることが可。しかしこの攻撃を行うとパニック状態に陥り手当たり次第に攻撃を繰り返したり、即座に怒り状態になるなど注意が必要である。

MHP3では視が悪いという設定に変更された。
これは実際のナルガクルガのモデルになったピューマを初めとする科の動物の視人間の10分の1だということからきていると思われる。
しかし暗いところでもわずかなさえあればは物が見える。そのためナルガクルガは視が低くても獲物を見れることには変わりないので、問題ないのかもしれない。
怒り状態に移行するとく染まり、ナルガクルガが動くたびに残が走る。そのためテーマ曲のタイトルは「闇に走るい残」となっている。ちなみにこの曲はファンの間でも非常に評価が高い。

MHW:IBでも登場。19年6月28日に行われたベータテストにて古代ランダムで出現していた。 本作では尻尾特定の行動によって逆立ち、トゲ弾に裂傷属性が付属するようになったほか、音爆弾に強い耐性を持つなど以前のナルガクルガとは大分仕様が異なっている。                 古代であるリオレウスと縄り争いをすることがあり、最初はレウスに掴まれ上から叩き落とされるも、得意の敏捷性を以て追撃を回避。逆に隙をしたレウスマウントを取って喉に噛みつくが振り払われ、痛み分けとなって終了する。

作ることができる装備は忍者を模した物が多く、回避性や回避距離関係のスキルが付く場合が多い。
武器は会心率と切れ味が高い反面、攻撃は低く設定されている。

亜種・希少種

亜種

MHP3で初登場。別名「緑迅竜」。

別名の通り体毛が緑色になり、森林迷彩という雰囲気になっている。辺では足音が消しにくいため、原種にべて獲物に跳び掛かる跳躍が優れているという。

亜種は原種の使う攻撃に加え、尻尾叩きつけ攻撃を連続で行ってくるようになっていたり、飛びかかり攻撃がさらにしいものになっている。

尻尾は原種のより重量があるため、針飛ばし攻撃で100%気絶するようになっている。

MH3Gでの亜種G級限定モンスターであり、回転尻尾攻撃を左右に連続で行ってくるようになった。製作な武器には「ギリー」という言葉がつく。会心率はいが攻撃が高め。

希少種

ナルガクルガ希少種

MH3Gで初登場。別名「月迅竜」。

HR40クエストが出現する。とある地方では「人里離れた秘の、深いに姿を現す」と伝わっている。

大陸(初代MHからMHP2Gまでの舞台)のの古に現れる。今までハンターの古を訪れなかったため、
発見が遅れたと思われる。受注条件はHRが8以上だが、自で受注するには先述のとおりHR40必要になる。まだクエストが出ていないという人は、クエストが出ている人に連れて行ってもらおう。

希少種が存在するリオレウスリオレイアと同じように、こいつも肌の色と質が変わる。

だが、見えなくなることがある。その時はなどを追うといい。

時折尻尾を震わせを逆立てる動作を行い、このモーションの後は尻尾を振るう各攻撃の直後、が飛んでくるようになる。特に近距離では尻尾をかわしても微妙な時間差でが飛来し、しかも高頻度で広距離にばらまく上に当たればになる非常に厄介な攻撃。しかもこの毒針を飛ばす動作を何度も繰り返してくるため接近するにも離れるにも飛来してくる毒針に注意しなければならない。いつからモンスターハンター弾幕STGになったのか。
たとえ尻尾を切断しても、この毒針を封じる事は出来ないので効のスキルがあればいくぶん楽になるだろう。
一定回数飛ばすとの逆立ちが収まり、再び逆立てるまではは飛んでこない。

もはや希少種のお約束なのか、原種・亜種べると頭が非常に堅い。れ味はゲージ(怒り時はゲージ)でければ弾かれてしまう。しかし頭の部位破壊でレア素材である「朧月欠片」が出る可性があるので、狙うならば破壊するしかない。睡眠爆破を使うと効果的に破壊できる。

また、バインドボイスの効果範囲が原種・亜種べて非常に広くなっている。同じ感覚で戦うと、悉くバインドボイスに引っかかってしまうので注意が必要。しかし判定は相変わらず一なので回避してしまえば攻撃チャンスになる。

全体的に隙が少なくなっており、原種では飛び掛かりの後に確定で威嚇が入っていたが希少種にはい。尻尾ビターンも一回分と二回分を使い分けるという原種と亜種特性を両方取り入れている。

ちなみにこの月迅竜の狩猟クエストの依頼文が、どこぞの柱みたいな髪型の某フランス人っぽいと一部で話題となった。

希少種の武器名について

希少種の武器名は「蝕」を意味する「エクリプス」が含まれているが、属性武器の強化後の名前が3rdジンオウガ武器の様に「七星~」で始まり【】北斗七星の名前が含まれる。太極(北極星)に近い順に、

が存在する。高い会心と不要の長いゲージに加え(多くは覚醒がいるが)属性を有するのが特徴で、爆破属性武器と並ぶ作中最高クラスの汎用性を誇る武器群である。ジンオウガの時と同じく武器と名前の数が(ry

なお、余談だが「北斗七星といえばあの人いじゃないか!」という人がいそうだが、実はの別名がそうだったりする。同様に全てのに別名が1~2個ずつある。詳細を知りたい方はWikipediaexitを参照。

二つ名

モンスターハンタークロス』、『モンスターハンターダブルクロス』では、“疾風(しろはやて”という二つ名を持つナルガクルガが登場する。
を基調としていた原種とは違い、疾風の名の通りを多く含んだカラーリングになっている特殊な個体。
ただし全身白色をしていた希少種とは違い、部分的に真っ白な毛が生えているマダラ気味の体色である。

りの内に踏み込んだが最後、影を見る事すらわずに首を落とされるとの謳い文句の通り、ぶん回しやビターンなどの尻尾攻撃全般でソニックブームが発生するのが最大の特徴。
白疾風ナルガクルガ自身もこの攻撃の特性を理解しており、相手が近づいて来ないガンナーにはソニックブームを連発して遠距離戦に応じたり、至近距離士に向けて撃つ時は少し間合いを離してから撃つなどの行動が見られる。
そして、このソニックブーム攻撃には全て裂傷状態異常が付与されている。食らうと必ず裂傷になるという訳ではないが、ただでさえ右に左にしい動きを要されるナルガクルガ戦で裂傷になってしまうと、物凄い勢いで体が削られるため対策は必須。

他にも2連続ビターン(当然ソニックブームつき)や尻尾トゲを曲射するという行動も追加されており、一筋縄では行かない。
流石に二つ名モンスターの中でも折りの苛な攻め手を持つナルガクルガ故に攻撃自体は低めだが、それでも油断すると一ベースキャンプ送りにされてしまうだろう。

攻略法

属性が弱点だが属性もそこそこ通る。
そのため、ボウガンの場合火炎弾の弾切れから電撃弾に切り替えることで弱点を突き続けることが可
※ただしMHP3では一番の弱点属性が火属性から属性に変更となったため、注意が必要。

飛び掛りで一にして間合いを詰められ判定が広く威が高い尻尾叩きつけ(通称尻尾ビターン)で一昇天してしまうこと多々。
ガードしてもめくられる事があるので向きに注意。
またにかかりづらく、突進を多用しないため仕掛けたに誘導するも、結局かかってくれずにエリチェンポカーンなんてこともざら。

飛び掛りは2種あり、飛びかかりが1度の場合溜めの時間が短く2回以上連続して飛び掛る場合は溜めが長い。
溜めが長いときに音爆弾を投げるとひるんでくれるのでその隙に攻撃すること。
閃光玉を投げると長い溜めしか行わなくなるので閃光→長い溜めを見る→音爆弾王道パターン
またその際必ず怒るが怒り時のみ落とし穴にもかかってくれるので落とし穴があるとなお良い。

攻撃判定が極端に短く、回避性なしでも回避行動で避けられる攻撃すら存在するので上級者によく魅せプレイ狩りにされている。
特に回避ランサー・ガンサーは腕の見せ所。そのため「回避性しでも避けれるww」とか荒れやすい。
ガード中心に立ち回るとガード+2でもない限り後退してしまう攻撃がほとんどなので(しかも近距離飛ばしの場合スタミナが一で持っていかれる)、結局のところナルガの攻撃に対する回避タイミングを覚えてしまったほうが速い。 

MHF

MHF-G10にて第6の遷種として実装2016/4/27から狩猟解禁された。
初出が前述の通りMHFと同じMH2ベースであるP2G、
更にメインフィールドヒプノックヴォルガノスと共にMHFから実装された樹海(細部は異なる)であるため、
渡ってきたというよりは戻ってきたという趣とも言えるかもしれない。
モンスターとしての作りもMH3以降出身の他の遷種と異なり、
元からターン制でほんんどの攻撃をフレーム回避が可MHFモンスターに近い(というか当然だがMHMH2らしさを持つ)ため、較的自然に受け入れられている。
登場フィールドは故郷の樹海のほか密林と沼地。

大きな特徴として怒り状態では尻尾の先などがなった姿となり、残白色
更に動く度に残像が発生するようになるなど装備に表れていた忍者イメージが強調されている。
このようにビジュアル面での大きな変化があるのは遷種ではナルガクルガが初めてである。

基本的な動きはP2Gと同様であり、
連続飛びかかり、尻尾振り、飛ばし、尻尾叩き付けといった十八番も健在。
また、音爆弾などアイテムの有効性も余り変わっていない。
しかしながら全にそのままではなく、
尻尾叩き付けの判定が一になったが地砕きを伴って範囲が増大していたり、
飛ばしが左右まで性格に狙うようになっていたりするほか、
になっておりG級では尻尾を使った攻撃の際にが飛ぶ。

追加技も豊富であり、
自身の周りにを振らせる攻撃や単発尻尾叩き付け後の振り向き撃に加え、
回転して土煙を巻き上げて姿をくらましてからの高速飛びかかりは、
タイミングを見極めなければ適正装備でも余裕で根性が発動する大ダメージを受けてしまう。
さらに根性を貫通するコンボ攻撃も複数使用し、
経験を積めば対処は難しくないが油断すれば即BC送りというMHFらしさを備える。
一つはゲリョス特異個体のように尻尾を振ってからの回転攻撃→飛びかかり、
もう一つは特有の構えかバックステップから飛びかかって着地と同時に回転攻撃→尻尾叩き付けとなっている。
いずれの回転攻撃もフレーム回避可だが被弾すると打ち上げられて追撃の被弾がほぼ確定する。

G級種お染みとなっている必殺技サイドジャンプを2回行うのが合図となっている。
ミドガロンのようなハンターにも映らぬ高速移動を2回行い、
これに被弾すると膝崩れやられになってしまう。
さらに軌上にはの渦が発生し、動作終了後の方向と同時にかまいたちへと変化する。
このかまいたちは多段ヒット&ふっとばし判定であり、
防御が十分にあればそこまで極端なダメージではないが、

例によって根性や絶対防御態勢は意味がない。

怒り時ではP2Gより後のシリーズのように尻尾叩き付けが2連続になったり回転攻撃に生したり、
はたまた一部攻撃から尻尾叩き付けに生するようになったりする上に、
前述のコンボがあり動き自体も高速化するなど隙が少ない。
しかしながら、判定が短い攻撃がほぼ全てのためフレーム回避の有効性がさらに向上しており、
確実に避けつつ反撃するということが重要になってくる。

ちなみに、飛ばし、尻尾振り、飛びかかり、尻尾叩き付けなどのモーション自体は、
以前からヒュジキキミ・ルスピードモードが使っているため、MHFしかやっていないハンターでも染みがある。

前述の事情からかジンオウガの発表の際に「なぜ遷種第一弾がナルガクルガではないのか」という問い合わせが多数来たとのことなので、
細部までP2G準拠を期待していたハンターが多かったと思われるが、
弱点やアイコン、発覚及びクエスト達成のBGMなどの仕様3rd以降に準拠している。

雑誌やPVサイトで『メゼポルタ近郊のナルガクルガは「い姿や実体のい蜃気楼のような姿」も撃されている』、
と前述の怒り状態のことが実装前から紹介されていたが、
ネットカフェ体験で先行情報開される前はイビルジョージンオウガに続く極み個体の伏線ではないかといわれていた
MHFではエスピナスから亜種希少種でも原種から大きく変化するようになり、亜種でありながら固有の名を与えられたアクラ・ジェビアドラギュロスを経て、ベースとなるモンスターが存在しても亜種として発表しなくなったため)。

武器は穿龍棍スラッシュアックスFを含め全13種が実装された。
2550%という高会心と属性が特徴となっている。
防具の自動発動スキルは大方の予想通り「回避性+2」。
必須になる場面もある重要スキルであり、
それまでラスタや代償スキルなどを使用して工面していたものを防具一部位で発動できるとあって期待されている。
防具自体のスキルポイントは共通して転、剛撃、
それに加えて士は変撃、ガンナーは射手が中心の構成となっている。

関連動画


攻略動画。特に訓練所ガンスは回避性がないのでガンサーがよく通う。


ナルガで挫折したらこいつでも見て癒されましょう。

関連商品

登場作品

BGM

その他

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%82%AC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ナルガクルガ

654 ななしのよっしん
2019/06/30(日) 09:54:09 ID: V+2GozIwKb
他の続投、復活モンスターBGM環境音のように控えめな雰囲気でアレンジされてる中
ナルガは滅ノリ良くなっててさらにポッケ村のテーマまで混ぜるイキな真似までしやがってほんともうこいつ大好き
655 ななしのよっしん
2019/07/01(月) 10:20:15 ID: nh1CyVv5Uw
今までずっとティガディア辺りの最高ランクから一個下みたいな扱いだったけど格上げされたっぽいね!
656 ななしのよっしん
2019/08/03(土) 08:01:41 ID: fLUm6Q2sLN
欲を言うなら縄り争いでビターン使うとこ見たかったな
あれでレウス叩き落としたりとか
657 ななしのよっしん
2019/08/21(水) 01:30:50 ID: Rc1F69nqMc
bgmアレンジが最高
658 ななしのよっしん
2019/09/26(木) 00:40:02 ID: nN40MpmiOg
ようつべで聴ける乗り状態BGMもおすすめ
659 ななしのよっしん
2019/09/27(金) 19:09:49 ID: jsI1lagghV
The Chaseこそ至高
660 ななしのよっしん
2019/10/13(日) 15:08:27 ID: LD883+Ijjc
なんで確定威嚇消したんだろうな… それを消した希少種ですらチャージって隙があったのに
作を重ねるごとに悪されてる印しかなくて今後が怖い
661 ななしのよっしん
2019/11/07(木) 10:46:28 ID: 2+3zTw6/+G
近年はティガとオウガに物語や演出面で冷遇気味だよね
上の二体は古と絡む描写があったり、四天王との組合せがあるのに
pシリーズナルガだけそういうのが
仮にも一世代を築いた看モンスなんだからもっと活躍させても良いと思うんだが
662 ななしのよっしん
2019/11/08(金) 12:36:27 ID: LMOYN0AQVK
ティガ、オウガはそれぞれ第2期のモンハン、第3期のモンハンを代表するモンスターみたいに扱われる事もあるからなぁ
第4期はディノあたりになるんかな?
ナルガデビュー作の2Gでティガの影に隠れちゃったし地味なのがね
良モンスだから人気はあるんだけどね
663 ななしのよっしん
2019/11/14(木) 00:29:52 ID: dczvG1iN6Y
ナルガが飛行(滑?)するところ結構好きなんだけど、もうそのシーンは拝めそうにいですね…