ナーロッパ単語

ナーロッパ
  • 30
  • 0pt
掲示板へ

ナーロッパとは、みんな大好き魔法ファンタジーRPG異世界である。

この言葉は所謂なろう系に関する蔑称
それと気軽な創作に極めて便利な世界観の概念という2つの側面を持つ。

概要

なろう系+ヨーロッパを合わせた造でナーロッパである。

ナードと言う意味も含まれているとかいないとか。

ここで言うヨーロッパとは実際の欧州の事ではなく、ファンタジーRPGによく見られる世界観をす。

異世界に転移・転生するなろう系と称される作品群での行先が余りにもテンプレートである事から付けられた侮蔑的俗称が発祥ではあるが、感や呂の良さ、またアマチュア小説自体に向けるスラング蔑称もそれほど忌避されない潮から喜んで使うなろう作家も居る。

また主人公の召喚・転生先であるかどうか(転移・転生でない場合現地主人公と呼ばれる)、主人公チートの有はその世界のナーロッパ性とは関係である。

この言葉が広く使われ出したのは2019年8月頃からになるが、単自体はその以前から存在が確認されている。

はじめに 〜そもそも昔からあった〜

記事タイトルこそ「ナーロッパ」ではあるが、なろう系と言う言葉が必ずしも小説家になろうでの連載を前提としていないのと同様に、以下に挙げた特徴に収まるものは、小説家になろう」発の作品群以外にも存在する。

そもそも「魔法ファンタジー世界」自体が20世紀の時点から存在していたのは、「ドラゴンクエスト」や「スレイヤーズ」の名前をわざわざ挙げなおさなくともご存知であるはずだろう。

小説家になろうで初めて生まれて定着した概念だと思われがちな「冒険者ギルド」ですらも80年代後期のロードス島戦記にその名前が存在しているのが確認される。

レベルスキル概念がある小説漫画も「フォーチュンクエスト」や「魔法陣グルグル」など、90年代の時点に存在していたものをあげることが容易である。

これらのナーロッパ的特徴を持つファンタジー世界中世ヨーロッパとよく表現されるが、それらが同時に現実中世ヨーロッパとは全然違う文明レベルであることは頻繁に摘され続けて来た(なおこれも既に80年代末に言われていたことである!)

そもそもwikipediaによると一口に中世ヨーロッパと言っても5世紀〜10世紀の前期、11世紀〜13世紀の盛期、14~15世紀の後期に分かれており全部合わせると1000年前後と非常に長い期間にわたる。またヨーロッパと言う括りもそれだけで地理的にかなり広い地域をす言葉である。それだけ広い範囲について文明・文化・宗教等が一様なはずもなく、本来は中世ヨーロッパなどと言う言葉一つでカテゴライズ出来る物ではない。下で挙げている事例も必ずしも正確ではない。

そして何故それら時代を跨いだ混合が発生しているかというと、世界最古のTRPGたる「ダンジョンドラゴンズ」をはじめとする初期ファンタジー達が昔のヨーロッパ神話伝承群を時代や地理をごちゃ混ぜにしながらつまみ食いして魔法ファンタジーRPG」の土台イメージを作り、更にそれが参考にした昔の騎士物語などについては当然歴史など行なっていないものであるため、尚更にイメージが実際の中世を離れて行ったからと言うのが強い説である。

論、創作上「その方が都合がいいから」と言う理由も少なからず含む。汚かったり治安が悪かったりする世界物語を描きたい人は居ない訳ではないがそこをこそ描きたい人は少数だろう。

ナーロッパにけるヨーロッパとは、あくまでも冒頭の通りファンタジーRPGによく見られる中世ヨーロッパ世界なのであり、それら「中世ヨーロッパを名乗るが実物の中世ヨーロッパとは全然違う世界」のことをし示す名前が必要とされていたところに、共通認識的ニュアンス(と若干の揶揄)をもって表現できる言葉がやって来たのが「ナーロッパ」だと言えるだろう。

よってこの表現を使っている人は共通認識を取るために言っている場合もあり、揶揄として言っているとは限らない場合もあることに注意したい(論揶揄のために定義認定しようとしている場合もあるが、それは当然いい態度ではない)。

ナーロッパという呼び名が嫌だという場合は、昔ながらの魔法世界(Sword & Sorcery)」という言い方をするのもいいだろう。

ちなみによくドラクエと言われることもあるが、実際のドラクエナンバリング毎に結構違う世界観を持っているのであんまりイメージ標にならなかったりする。

特徴

一口にナーロッパと呼ばれるものでも作者や作品の数が膨大な分多種多様であり、以下に挙げた特徴に収まらない「ナーロッパ」も存在し得ることを始めに記載しておく。

ステータス

基本的にDQに見られるような中世魔法ファンタジー世界ベースにしているが、それに加えてMMOのようなステータススキル又はクラスシステム実装されているなど、より強く「ゲーム世界」を際立たせた設定の物が立つ。

レベルだけある、スキル概念のみ存在する、クラスの呼称など作品により設定は様々だが、そう言う物があるならばステータスと言う概念を踏襲していると言える。このステータスが存在する世界観だと、全ての住人がそれを認知して自然いは加護的なものとして受け入れている場合が多い。

ステータスと言う演出は小説家になろうが誕生するか以前、ダイの大冒険などゲーム原作ゲーム世界を題材にした作品でも見られる物だが、このタイプのナーロッパでは演出ではなく本当にステータスと言う概念が存在するのである。

一例を出すならレベルHPMPなどの載ったウィンドウが「ステータスオープン!」のとともに開かれるのは、どの作品がそうなのかタイトルが出てこなくともあまりにも有名であろう。

90年代以前でもメタ的表現を許容するフワッとした作なら「実在ステータス」はあったが、そう言ったタイプではない作品において「可視化された宿命=打破すべきあるいは標」等シリアステーマとしてさえ描けるようになったのはなろう系のもたらした大きな影と言える。

ナーロッパの看の様に扱われるステータスシステムは確かに最大の特徴とされるほど広く採用されるが、言うまでもなくこう言ったゲームシステムファンタジー作品も多数ある。

冒険者

「冒険者」及び「冒険者ギルド」がかなりの高確率で存在するのもナーロッパの特徴である。名称は違っても似たような職業や組織が存在するケースも少なくない。

ここで言う冒険者とはナーロッパ以前からある「魔法世界」でお染みのゲーム職業の事であり、採取や探索、討伐や護衛と言った危険な仕事を請け負って遂行するフリーランス的な職業、生業をす。

コンピュータRPGと言うよりTRPGからの系譜と言えるが、冒険者はゲーム内にキャラクターシートで作成したプレイヤーキャラを登場させるガジェット的な設定(あるいは方便)なのでナーロッパと相性がいいのは当然である。異世界にほっぽり出された主人公がまず最初に冒険者と言う仕事の有を確認する展開もよくある。こうしたならず者の何でも屋的な職業は実際にも存在しただろうが、そこに雇われ狩人や武者修行自由騎士、諸漫遊の吟遊詩人などのイメージを重ねて生み出されたと思われる。ともあれモンスターの闊歩する世界でもないとこうも活発な業界にはなり得ない。

冒険者を取りまとめる(と言うにはふんわりしている)冒険者ギルドも多くの作品に登場する。依頼を募集し冒険者に旋するという役割は大抵の作品で同じだが、同時に領地やを越えて支部を有し、全世界でほぼ同じサービスが受けられると言うかなり中世にあるまじき特徴を備え存在している場合が多い。この矛盾を解消するためにしばしば前述のステータスを絡めた世界宗教が設定に利用される(ステータスを信奉する教会ギルドの最大の後ろになる、など)。

また奴隷制度と言うのも、冒険者と並んで多種多様なキャラクターを登場させる窓口として設定されている。冒険者にパーティーメンバーとして買われる事もある。身売りや犯罪奴隷など身の上は様々だが、獣人族などの種族が苛差別を受ける世界ではそう言った者達は奴隷に押し込まれている事が多い。

なお実際の中世ヨーロッパでは社会の中に労働としての奴隷はおらず(僅かにはいたかも知れないが)、敗戦国民などが奴隷貿易の商品として大量に輸出されていた。

ダンジョン・モンスタ-

かなりの割合のナーロッパにおいて、冒険者の潜るダンジョンは上記のステータスと合わせて非常にゲーム的な設定を採用している。

TRPGステージ設定で適当自然たまたまゴブリンやらドラゴンやらが棲みついたとか、古代魔法使い満載の館を作って自身の秘宝を隠したなどがよくあるが、そういう事ではない。

ここで言うゲーム的とは、例を挙げるなら「作中において、普通洞窟と違う『ダンジョン』として認識されている」「どこからともなくモンスター宝箱限にポップする」「そもそもダンジョン自体がポップする」「最部には自然に棲みついたのではなく『設定』された強大なボスがいる」と言った特徴を言う。ボスを倒した場合は作品の世界観設定によってダンジョンが消滅したり一定期間後にリポップしたりと言った処理になるのだが、いずれにしろ中と合わせてハクスラダンジョンを体験するゲームをそのまま現実にしたような物となっている。但し作中においては確かに現実なので、賭けるものは潜行者の命である。

こう言ったゲーム的設定を生かし、逆に主人公ダンジョン経営に回るのも定番となっている。

登場モンスターについても、倒した死体が残り素材等を取れる世界観もあれば、死ぬと跡形もなく消滅して経験値ドロップ品だけが残る非常にゲーム的な作品もある。また多くの設定では通常の動植物との違いとして「魔石」と言う物を体内に持っており、換素材に使える物とされる。

ステータスと言う概念を受け入れがたい人ならば、恐らくこのナーロッパ的ゲームダンジョンモンスター(特に倒すと消えるタイプ)の設定も同様に苦手なのではないだろうか。

文明レベル

作品世界の文明レベルや制度、インフラがどう考えても中世ではなく近世(中世ヨーロッパ下水道などない)、場合によっては地球現代文明を追い越している(都市や転移魔法での輸送など)のもよく見られる。そこまで行くとファンタジーと言うよりマジックパンクと呼ぶべきかも知れない。逆にかなり便利な魔法が一般庶民まで浸透している世界観で何故かそれが農業や輸送に全く生かされていないなど本当に中世レベルの場合もある。

史実では暗くて臭くて居住性が劣悪だった都市も、ナーロッパにおいてはガラスを使用するなどし広く快適で活気あるアレンジされるのもよくある特徴だろう。とは言えなろう文化以前のファンタジー作品でもよくこうなっており、ナーロッパ限定ではないのだが。

(なろう発の複数のアニメ作品において全く同じ都市背景が使われているのが一部から熱ツッコミを受けているが、それはむしろ現実の逼迫するアニメ制作現場と言う全くの別問題である)

衛生・医療

文明レベルの多様さに関連し、医療や衛生観念、またはそれに関する制度やインフラも作品ごとに違いがあり過ぎて「ナーロッパ」で括ってれる部分はそれ程多くない。

衛生面で例外的に較的多く採用される設定は「スライムに下を処理させるシステム」だろうか。この場合、現代日本ほどではないにしろ相当な清潔さのある都市が実現できる。また下水道トラブル解消の依頼が冒険者に旋されることもよくある。他にはでも【清潔】のような魔法が使える設定にしそもそも衛生面の問題がほぼない世界観にしてしまうこともある。

実際の中世並みに不潔な世界観に、主人公が現代知識チートの一環として衆衛生の概念を導入するのも定番展開の一つである。

医療全般で言うと、回復魔法ポーションと言った存在により作者が設定を作る余地が大きすぎるためか益々一めには出来ない。魔法を前提とした医療制度や商売面を描いたり、獣人など特定の種族だけが病気があるなどファンタジーならではの設定構築がなされる作品も少なくはないが、メインテーマに据えるなどしない限りはいくら凝っても過剰になるだけの部分ではある。

後述の宗教にも関係してくるが、現実地球では洋の東西を問わず疫病が流行った際には大規模な祈祷などの特別な宗教行為が歴史上何度も行われてきた。それらには民の心を落ち着けて集団免疫の獲得まで社会を持たせる効果があると言われている。こういった疫病時の大きな祭事はナーロッパ的世界ではあまり見られなかったものだが、コロナパンデミックに影されて導入する作品は今後現れるかも知れない。

統治

統治スタイルとしては中央集権の絶対王政はあまり見られず、貴族が領地を支配する封建制度が多い。こういった実質的ながあるが王ほどではない貴族と言う存在は、敵としても味方としても、また主人公ポジションとしても非常に便利なのである。結果的には歴史上の中世に近いと言えるが、そんな貴族の子女が通う魔法学校騎士学校的なものが王都に存在すると話は違ってくる。この設定で考えられる影余りにも大きすぎるが、まず貴族の跡取りを王の名でまとめて預かる以上王の権・権威はリアル中世較して大分強いのではないだろうか。

尚、作中での王政や貴族制度などのだらけ振りをナーロッパの特徴に含める意見もあるが、酷い統治や変わった制度など史実でも枚挙に暇がない。そこは面いものとして読ませられない作者の手腕の問題なのでナーロッパ概念と結び付けるのは計である。

識字率・言語・教育

識字率は特筆しない限り高いと思われる。具体的には、主人公に絡んでくる体を洗うと言う概念がなさそうなチンピラでも冒険者ギルドで依頼書の扱いに不自由しないレベルである。逆にリアリティダークな雰囲気を出したかったり、教育チートでの善によるギャップを描きたい場合は低く抑えられる傾向にある。

も同様で、特筆がなければをまたいでも普通に通じている設定が多い。ただし異世界人ともなると、言がわかるチートなりスキルなりいと流石に会話不可能な程度に言葉が違うのが一般的である。

識字率の高さと言の通じの良さに共通するのは、物語の進行の妨げとなりうる要素が排除されるのが基本となっている点である。この「特筆があれば識字率が低く、言が通じない」構造は中世のみならず現実世界デフォルトである「読み書きに不自由するのも言葉が通じないのも普通」とは逆であると言える。

また教育機関として、統治の項で述べた魔法学校的な存在も広く採用される。ハリー・ポッターのような寄宿学校の始まりは中世末期なので中世的設定とはあまり言い難く、むしろナーロッパの場合1~2世代前のライトノベルの学園異バトルものの流れをんでいる。モンスターと戦うを育むなどの具体的な標があるためか、所謂青春小説によくある屈した日々やらニヒリズムに糊塗されたモラトリアムやらといった要素が入り込む隙はまずない。

宗教

日本ヨーロッパファンタジーJRPGでの宗教と言うのはキリスト教を形ばかりカリカチュアイズ戯画化)したものがどで、ナーロッパも例外を除けばほぼそれに倣った世界宗教が設定されている。それはステータスっていたり、キリスト教モデルっぽいのに多神教だったり、時には作品テーマへの反逆を肯定していたりととてもそのものとは言い難い。

JRPG世界観全般が実際の中世ヨーロッパと最大のギャップを有しているのが、恐らく宗教観である。

日本人宗教を多少意識するのは冠婚葬祭正月、あとは不安がある時の願掛けとか、古くは立小便避けの鳥居に書かれていたりとかその位であろう。ともかくを強く意識するような形ではなくJRPG・ナーロッパ宗教にもそのふんわりした感覚は反映されているが、そこに実際のキリスト教徒が感じるであろうシリアスさは皆無

キリスト教徒にとって宗教とは「悪魔天国地獄も確かに存在する」「に背いたら地獄行きが決まる」と言う非常にシリアスな物である。更に中世で言うなら、例えばある貴族教会から破門された場合「今すぐ討伐すべき山賊扱いしてもいい」レベルでの存在全否定を意味する程の強い影がある。このように精面でも、中世なら権面でも絶対であり、への反逆などとんでもない。

また海外製の古典名作でも多神教設定のものが多いが、やはり主人公たる英雄兵として何のてらいもなく悪を撃滅するのを最終的には全肯定するヒロイックファンタジーの根底には「一神教徒が考えた多神教世界」というものを感じざるを得ない。逆に向こうから見た日本ファンタジー気でに逆らったり虚仮にしたり、相当な違和感がある事だろう。

以上のことを日本育ちの日本人が肌で感じることは極めて困難で、創作で描くとなると輪をかけて難しい。ましてや主人公に会って転移・転生するタイプの作品ともなると、キャラクター化してしまう以上その世界宗教シリアス秘として描くことはほぼ不可能となる。

通貨

多くのRPGMMOなどがそうであるように、による通貨の違いは通商がテーマなど特別に描写したい場合を除いては基本的にない。あっても両替の場面などはアッサリ流すか省略される。召喚された時点で財布の中に入っている日本円は当然ながら異世界ではお金としては使用不可能である。但し精密な細工の品として高額で売れる場合が多い。

なお実際の中世貨幣は統一が推進されるまではどころか領単位でさえ違う有様であり、ナーロッパのように人がダイナミックな移動を気軽にできる世界とは程遠いものであった。

ナーロッパという表層的テンプレート

ナーロッパとはある種の揶揄されうる世界観の類テンプレートである事は間違いない。

ナーロッパと言うフォーマット作者読者で共有する事により、作者読者双方にとって作中説明の負荷が低くて済む&何でもできる自由世界舞台に出来るというメリットが得られる。概念的にはRPGツクールVXAceまで存在したRTPランタイムパッケージゲームデータ容量を削減するためにプレイヤー側のPCに入れる素材データ集)に近い。

但しあくまでも世界観についてであり、侮蔑的ニュアンスを含めているのを良い事に「なろう系でよくある展開」「なろう系的つまらなさ」までナーロッパと言う言葉に内包させるのは正確には正しくはない。

ナーロッパではよくある事、のようなジョークは成立するがそれはそれこれはこれである。

そして「ゲームファンタジー世界」というのはあくまでも表層的なテンプレに過ぎない。実に多くの作品で「何故そのような世界観・システムとなっているのか」「魔法モンスター魔王と言った存在が文明や文化、風俗にどういった影を与えているか」が考えられており内容も千差万別である。

アマチュア小説家の中には所謂設定と呼ばれる人種中学二年生のメンタルを保ったまま大人の知識と技術を得た様な人間ゴロゴロおり、「なろう系」と言う言葉に付随する薄っぺらそうなイメージとは逆にむしろ設定が凝りすぎ、重すぎて物語テンポに弊をもたらしているケースも散見どころではなく数多く見受けられるのもここに言及しておく。凝った設定を物語の中で面いものとして自然読者に受け入れてもらうには相応の筆が必要となる。

システム社会、文明といった点に不自然ツッコミどころがある作品は本当に作者が何も考えていない場合も、「設定を練って敢えてそうしている」事もある。批判が正しいかは作品を読まないと分からないので留意すべき。

もちろん作者によっては取材や研究をし「古代と前期中世の中間をイメージした世界観」と言ったある程度リアリティを重視したものを構築する場合もある。

どこからどこまでがナーロッパ

前述のとおり作者や作品によって設定は多種多様なため、ナーロッパと言う言葉が示す範囲を決めるのは困難である。そもそもこの種の悪口的なニュアンスを多分に含む言葉は悪意を持って使用すれば対がどこまでも広がってしまうもので、益々ハッキリと決めることは難しい。

とは言え中世ヨーロッパファンタジーと言う土台から外れることは恐らくはない(と思われる)。和風中華のような架世界をナーロッパと呼ぶのはいくら何でも違和感が勝るだろう。

ナーロッパと言う呼称が相応しいかどうか悩ましい界線として、ナーロッパの先祖の一つと言えるウィザードリィ内に好例がある。職業として忍者と言う当時としては突飛なものが存在するが、その裏付けのために外国人の考える間違った江戸時代そのものなが設定されている。同じようにナーロッパ的な世界舞台にしたなろう系作品でも、あからさまに日本モデルにしたが存在する事がある。世界全体がナーロッパでも物語舞台がその日本っぽいから1ミリたりとも外に出ない場合、それはナーロッパなのか?という命題が存在し得るのである。

また、幼女戦記と言う作品がある。舞台となる世界は「魔法が存在するが、文明が第一次大戦ぐらいまで発展した」時代設定となっており、昔はナーロッパだったかもしれないが現在もそう呼べるかは分からない。

そう言ったわけで正確な範囲は決めようがく、こんなどうでもいい事で考え過ぎてハゲを誘発するのはお勧めしない。余談だが多くのナーロッパでは、主人公が凄まじいチートを持って文明に介入する場合でもハゲの治療は極めて困難な奇跡のような所業(場合によっては死者の生以上)とされている。

ex:埼玉県川越市はナーロッパか

よくあるファンタジーRPG世界、を詞として埼玉県川越市を思い出す人も多いだろう

確かにあれもテンプレRPG世界ではあるが、コンシューマ→RPGツクールVIPRPGと来た流れの延長線上にある「設定の必然性がない冒険者が作中にあんまりいない」「勇者魔王が当たり前のように漫才コンビなどRPGあるあるを下敷きにしたネタ」と言った点もそうだが、そもそも一個のゲーム作品らしく作中で世界観が完結している(ゲームと呼ぶべきかどうかはともかく)。→川越ではよくあること

MMOTRPGの影を強く受けて構築され、チート暴力で時代の停滞やシステムの理不尽を打破いは破壊されるのが存在意義になりがちな世界観ナーロッパとは立ち位置が違う。川越チートと言う異分子ではなく、万遍なく狂っている登場人物などの作中作用で勝手に爆発する。

しかしそれ以前に「よくあるファンタジーRPG世界埼玉県川越市」が作者および作品群の名刺代わりになるほど知られているのはワンアンドオンリーの独創的な世界観と呼ぶべきであり、何でもかんでもナーロッパに入れようとするのは川越地球の消滅、取って付けた様な社会問題提起や教訓でのエンディングを招くことになる

関連商品

ナーロッパに限らず「魔法ファンタジー世界」の共通認識を得たいのであれば、TRPG方面のルールブックを漁ると良いだろう。

TRPGファンタジー世界あるある」についての話は80年代末からよく行われていたことが解る資料も置いておこう。

関連項目

外部リンク

ナーロッパ - ピクシブ百科事典exit 本項と補し合う内容となっている。

【スポンサーリンク】

  • 30
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%91

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ナーロッパ

1388 ななしのよっしん
2020/05/31(日) 20:59:58 ID: 9gzBtNDubq
2000getを記念するまで消えないつもりなんだろうか
1389 ななしのよっしん
2020/06/01(月) 00:29:41 ID: Rfx+JCMFNc
まぁ話を戻して、なろう外にも広がってるかどうかを抜きにして
過去なろうで流行ったからナーロッパ要素だとするのであれば

2010年代前半には既にいくつかテンプレらしきものが出来てて
悪役令嬢ものは2013~14年頃には流行り出してた異世界恋愛

2016年ランキング再編による異世界転生転移の分離で
に勢を拡大した現地人主人公やそれに伴う新要素とか

その辺りについてって記事に乗せないと不足過ぎる気もする
1390 ななしのよっしん
2020/06/01(月) 01:54:28 ID: tcx7Tvy/xw
それにしてもなぜヨーロッパはここまで人を魅了し続けるのか
1391 ななしのよっしん
2020/06/01(月) 01:55:11 ID: XMnOrx0KjL
海外におけるニンジャサムライスシヤクザみたいなものでしょ
1392 ななしのよっしん
2020/06/01(月) 19:35:52 ID: jjk8krLSfv
ヨーロッパナーロッパ日本ナルトスくらいに
かけ離れてると思うんだがなあ

ファンタジーヨーロッパの相性自体は悪くないけど
ヨーロッパ要素が濃くなるほど一般受けしないと思う
1393 ななしのよっしん
2020/06/01(月) 20:52:14 ID: /nPtuM6I1/
>1389
現地主人公が増えたのは、ナーロッパテンプレが一周して細かい説明が不要になった、という割り切りの結果でもある気はする。

>1392
そいや、本好きの下克上キャラ名がいのが分かりにくいって感想があったな。
確かに中世辺りだと名字とか名って習慣はあまりいらしいんで、そういうノリの設定なんだろうけど。

なろうテンプレの「名字を名乗ると貴族と勘違いされる」ってのは、江戸時代イメージなのかなアレは。
1394 ななしのよっしん
2020/06/01(月) 22:25:28 ID: lL5okcqUc9
>>1392

似てるどうこうではなく「魅了」だからな。そういう意味ではステータスとか以外(レンガだのとか)は「海外の思ってる日本」みたいなものって意味じゃねえの?
まあそもそも中世ガチで表現するんなら、排せつ物をその辺のに放り出してるせいで疫病が~だのなんだのと、色々とアレな部分を見せる事になるからなあ。

>>1393

ヨーロッパで庶民が苗字もったのは1800年の最初の方だったからじゃないの?
1395 ななしのよっしん
2020/06/02(火) 00:07:32 ID: Rfx+JCMFNc
>>1393
むしろ説明を割り切る上でも転移転生の方が有利というか

「前に読んだ作品の真似してステータスオープンとか試したけど
コレとソレはあってアレとドレはなかったなぁ」とか
に行ったらお約束○○はあったけど△△はなかったな~、
流石にアレがあったらファンタジー過ぎかw」みたいな感じで
メタ的な概念に言及しやすいから理由としてはどうだろう

それで実際説明するのがめんどくさくなったのか
隔離後から傾向が変わったり採用率落ちたりしたテンプレも多いし
1396 ななしのよっしん
2020/06/02(火) 10:57:11 ID: JPVFbRKOZr
転移させられて10年ぐらい経った……で始まるやつも多くなってきたようなないような
1397 ななしのよっしん
2020/06/02(火) 17:12:17 ID: BCT7PtYIe2
>>1393
中学生の時に精霊ルビス伝説読んだときは、名が長いのにちょっと困った

急上昇ワード