ニッケルカドミウム単語

ニッケルカドミウム

ニッケルカドミウムバッテリーとは、充電式電池(二次電池)の種類のひとつである。
英表記では、「Ni-Cd」と表記される。

概要

ニッケルカドミウムバッテリーは別名「ニカドバッテリー」「ニッカバッテリー」「ドニバッテリー」と呼ばれる。
正極(プラス側)にニッケル、負極(マイナス側)にカドミウムを用い、電解液にはカリウム溶液を用いている。
電用の充電式バッテリーの元祖的存在である。
しかし、カドミウム1920年から富山県で発生した「イタイイタイ病」の元であるなど非常に有金属なので、棄の際には注意をめられる。
近年ではニッケル水素バッテリーリチウムイオンバッテリーなどに押され需要は全盛期よりもうんと落ちている。

メリット・デメリット

メリット

  • 製造コストが安い。
  • 内部抵抗が少ないので大電流を取り出せる。
  • 万が一過放電させてしまってもセルへのダメージが少なく、回復が容易。
  • 低温環境下に強い。

デメリット

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%89%E3%83%9F%E3%82%A6%E3%83%A0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ニッケルカドミウム

1 ななしのよっしん
2017/07/15(土) 00:24:15 ID: K3urI38gSu
ニッカドと言えばミニ四駆イメージ

急上昇ワード