ニホンオオカミ単語

ニホンオオカミ

ニホンオオカミとは、かつて日本に生息していた、イヌイヌ属の、その名の通り日本固有のオオカミである。

絶滅動物であり、日本固有の絶滅動物としては有名な種類の一つ。
古くは山狗(ヤマイヌ)と呼ばれており、ニホンオオカミという呼称は明治頃に定着したものである。

概要

北海道固有のエゾオオカミ(同じく絶滅)の別亜種だと言われているが、今でも専門の間では意見が別れている。
元々エゾオオカミ大陸産のハイイロオオカミの別亜種とされており、ニホンオオカミもそれと同じく別亜種であるという意見が大数を占めているが、まったくの別種であるという見方があることも覚えておいてもらいたい。

生態

実はその生態はよくわかっていない。

体長は105cm、尾長は30cm程度だったとされ、これは現在日本の中程度である。
は頭から鼻にかけてみがあるが、ニホンオオカミにはそれがなかった。前述のエゾオオカミべると身体は小である。
毛の色は季節によって変わり、これがカモフラージュの役割を果たしていた。 

エゾオオカミとは違って群れはそれほど大群を作らず、2頭から10頭程度の群れを形成して暮らしていた。
獲物はに弱った生き物であり、負傷中、または
老いたシカなどはニホンオオカミにとって格好の獲物だった。また、人の飼い犬を襲っていたという話もあり、その他畜なども襲撃していたため、徐々にニホンオオカミの認識も変わっていったと憶測される。
ニホンオオカミ遠吠えは障子を揺らすほどき渡るものであり、人々はそのに恐怖していた。 

動物研究者である吉が遺した著によると、ニホンオオカミは山間部だけではなく人里にも現れ、人に侵入しては時折人を襲っていたという。

山麗の岩に巣を作り、毎年2、3頭の子供を産んで育てていた。

絶滅するまでの経緯

実はこれもよくわかっていない。
ジステンパーの流行、狂犬病畜にを与える害獣としての駆除、明治以降の土開発による生息地の減少、餌となりえる動物の乱獲といった複数の要因が重なった結果、絶滅したのではないかと言われる。

1905年、奈良県で捕獲された若いオスの個体が最後の生存個体であると言われている。
その後個体は標本とされ、現存している。

復活の兆し

ニホンオオカミ絶滅した後、敵の居なくなったシカイノシシは繁殖し放題となり、生態系は大きく破壊された。このことから日本固有動物絶滅例として知られている。

そしてこのニホンオオカミ、今でも撃談が度々報告される。
ググるとわかるが写真付きの有情報もある。しかしあくまで可レベルでしかなく、いずれも決定打になる情報は存在しない。
だが日本には未だにニホンオオカミ生存を信じる団体も存在している。

破壊された生態系を修復する的で、海外産のオオカミ日本に持ち込んでかつての生態系に戻そうという動きや、ニホンオオカミクローンを作ろうという動きもある。
だが慎重論も根強く、実行するにまでは至っていない。 

伝承のオオカミ

古来オオカミの化身であるとされ、大口」(おおくちのまがみ、おおぐちまかみ)と称し、として崇められた。埼玉県秩父市の三峯神社東京都青梅武蔵御嶽神社などでは、現在大口られている。

また大和現在奈良県)のの話が「大和土記」に記述されていたと伝えられる。それによると明日香(飛鳥)の地に老いたがおり、多くの人を食らった。土地の者は大口と呼んで畏れ、その住処を大口神原と呼んだという。

一方、その恐ろしさから妖怪として扱われる伝承も多い。

最もよく知られるのは「送り」(送りで、中に山歩くが現れ、ぴったり後について来る。何かのはずみで転ぶと食い殺されるが、転んでも慌てず「一休みするか」と休憩するふりをすれば襲われない。事にまで辿り着き、食べ物や履の片方を与えると、送り満足して帰るともされている。
転じて、好意を装って女性まで送りながら下心を抱いている男性を「送り」と呼ぶ。
ニホンオオカミは縄りに入ってきた人間を監視し、出ていくまでついてくるという習性があったとされており、この習性が人間にとって都合よく解釈された結果生まれたものともされる。
なお、ニホンオオカミの学名「Canis lupus hodophilax」は「を守るもの」という意味がある。この習性が由来となっている事は言うまでもない。

「千の伝承は全各地にあり、「弥三郎婆」「鍛冶が嬶」といった名前で知られている。
ここでは「鍛冶が嬶」の物語を紹介する。

ある旅人中に山越えをしようとしていた所、の群れに出くわした。咄嗟に高い木に登って難を逃れたものの、降りるに降りられない状態になってしまう。
すると一頭のが後ろ足で立ち上がり、前足を木の幹に乗せる。その肩に次の一頭が乗り、そして更に……というに、達は肩をしてどんどんと旅人のいる場所まで登ってきた。
しかしあと一歩高さが足りず、一番上のが「佐喜鍛冶が嬶(かじがばば)を呼べ」とえた。暫くすると一際大きなが現れ、仲間の肩をよじ登って来る。旅人は思い切って護身用のを振るうと、は悲鳴を上げて転げ落ち、肩が崩れ、そのまま散り散りに逃げていった。
が明けてから旅人が佐喜に向かうと、ここの鍛冶屋に怪人が出たという。旅人鍛冶屋に出向くと、鍛冶屋の老が頭に大怪をして寝込んでいた。
旅人はその場で老殺。するとたちまちその死体は大きなの死体に変わり、また床下からはおびただしい数の人が見つかった。

伝承によっては怪異の正体は山姥や化け猫であったり、用心深くを被っていたり、に食い殺された女性念がに取り付いて旅人を襲っていたりと様々である。

一方で人間を助ける物語も伝えられている。

ある村に、正直者だが貧乏人の男が暮らしていた。男は近隣のを借り、の底にこびりついた焦げ飯で飢えをしのいでいたが、ある時隣のの者に知られてしまった。
これ以上生き恥したくないと思った男は、覚悟を決めて山に登った。そこでに出くわすと「どうか私を食べてください」とお願いする。
ところがは「らは性根の悪い人間は食うが、お前のような人間は食わぬ。眉毛をやろう、これがあれば助けになろう」と言い、己の眉毛を一本男にやって姿を消してしまった。

不思議に思った男だが、仕方がないので山を下り、町にやって来た。そこで何気なく眉毛の上にかざすと、行く人の顔がみんな動物に見える。
するとそこに町一番の長者が通りかかった。眉毛を透かしても普通人間に見えるその長者は、男が眉毛を持っているのを見て感心した。
く、眉毛は人の真実を見抜くを持ち、まっとうな人間にしか手に出来ないという。何故そんなものを持っているのかと聞かれた男が正直に答えると、長者めて男の正直さに感し、彼を自分の婿に迎える事にした。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8B%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%83%9F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ニホンオオカミ

67 ななしのよっしん
2018/03/20(火) 21:15:37 ID: PuVoDw1TnG
勝てば官軍負ければ賊軍
ヒトは生きるの楽やね
68 ななしのよっしん
2018/03/26(月) 22:49:12 ID: 35cJgyuxw8
>>67
そーゆーチミもヒトの端くれなんやで?
69 ななしのよっしん
2018/05/05(土) 14:39:39 ID: K3Aw6ud+7l
黙れ小僧
70 ななしのよっしん
2018/05/05(土) 14:59:22 ID: DDi8Mq80jB
外来種からの病気絶滅したんなら次の氷河期絶滅してたってことだよな
71 ななしのよっしん
2018/07/18(水) 17:09:52 ID: r7P4sInGPp
シカイノシシを食ってたというのが憶測
格からせいぜい柴犬ぐらいの大きさしかないので
大きな鹿を襲って食うなんて
とか論外

生態がわかってないのは野との交雑個体が多い
つまり山として扱われてたから
明治時代に特に区別されず野としてまとめて駆除されただけの話
もともと生態系と絡めてられるような動物ではない
のような大きなを想像してるようなのは論外
72 ななしのよっしん
2018/10/13(土) 22:02:29 ID: jDAmbgWO8d
ニホンオオカミだって絶滅してなかったらただの害獣あつかいだからな
在来種なのに外来種アライグマと同等の扱いを受ける事に絶滅してるからりあげられてるだけなんだよかといって絶滅したらよかった訳でもないがな
73 ななしのよっしん
2018/12/26(水) 09:32:15 ID: QkoJtyfR7+
アライグマアカミミガメは近年持ち込まれたもともといなかった種だから一匹残らず駆逐、対してオオカミクマは昔からいたから駆除しつつ共存って考えだと思う
史前帰化種になる野良猫とかはどうかわからん
74 ななしのよっしん
2019/03/15(金) 21:53:00 ID: jDAmbgWO8d
クマイノシシシカ絶滅したらこの生き物の様に
何で滅ぼしたんだとか可哀想だとか異を唱える人がいるんだろうな
75 ななしのよっしん
2019/03/15(金) 21:56:17 ID: mRYxnQ1/Zp
当たり前なのでは?
76 ななしのよっしん
2019/03/18(月) 15:09:35 ID: jDAmbgWO8d
当たり前っちゃ当たり前なんだけど当時の人からしてみたら
現実わかってねえな狂犬病をもたらす大害獣だぞ住民の命がかかってんだぞ」的な感じかねえそれのおかげで日本から狂犬病がほとんどなくなったっていうのはあるけどな