ニューロマンサー単語

ニューロマンサー
The sky above the port was the color of television, tuned to a dead channel.
港のの色は、チャンネルに合わせたTVの色だった。

ニューロマンサー (Neuromancer) とは、ウィリアム・ギブスンによるSF小説

概要

1984年Ace Booksより出版された、ギブスンの代表作である。地球を覆う通信回線の網、電間への精接続、サイボーグ手術が普遍的となった世界Strong AIドラッグ等々、印的なヴィジョンを提示したサイバーパンクでもある。

同年のネビュラ賞、P・K・ディック記念賞を受賞し、1985年度のヒューゴー賞をも受賞、ローカス賞にもノミネートされた。日本国内では丸尚による訳が1986年ハヤカワ文庫SFとして出版された。ルビを多用したその独特の訳文は今でも高い評価を受けている。

タイトルの「Neuromancer」は、「neuro(ニューロ。「経の」の意)」と「romancer(ロマンサー。「夢想」の意)」とを合わせたギブスンによる造で、「Necromancer(ネクロマンサー。「降霊術師」の意)」ともかけている。

舞台

本作の第一部 "千葉市憂愁 (Chiba City Blues)" はその章題からも分かる通り、日本千葉県千葉市舞台となっている。作品内の描写によればこの世界千葉市

らしい。

関連商品

上3作は合わせてスプロール・トリロジーと呼ばれる

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ニューロマンサー

64 ななしのよっしん
2017/08/23(水) 02:54:42 ID: K0aZWlhmrs
ネットに上がっていた批評で
マトリックスや攻殻に引っられて誤読しているのを見て吹いたことがある
自由界(実際はスペースコロニー)がサイバースペース内に浮かんでるだとかさ

それは極端としても今の読者にはなおさら読解しにくいと思う
当時は造だったのに今は現実テクノロジーで同じが出ていて意味が全然違う上、作内で説明されてないとかが次々と出てくるしね
むしろこれを面いといってよく読み通せるもんだと思う
65 ななしのよっしん
2017/09/07(木) 23:40:44 ID: 03Mx8eqVYO
読み終わるのに20日ぐらいかかったけど面かったゾ
66 ななしのよっしん
2017/11/05(日) 12:25:34 ID: 3M/pWWfffD
みんなやっぱ読みにくかったんだ…と安心した
読後にギブスンの他のも読んでみたくなるぐらいには面かったんだが
67 ななしのよっしん
2017/11/05(日) 19:23:49 ID: 044ZE0pxoq
挫折してたけどブレラ2049を観てサイバーパンク熱が出てるうちに読んでしまおうか
68 ななしのよっしん
2018/03/14(水) 17:58:20 ID: fEvrULtkX2
最初に読んだとき途中で宇宙行ってること気付かずに読んでたわ
それはよく読めばまあ普通にわかるんだけど。
一番やばいのは他人をハッキングして立体映像を見せるイリュージョニスト?的なが初登場した辺りの描写

というかそもそも今でも何であいつが仲間になって何で終盤で裏切ったのか(だよね?)理解してない。
69 ななしのよっしん
2018/09/05(水) 16:02:05 ID: cKXbyIgeN7
何度読み直しても「コブラ」がどんな武器なのか想像できない
そもそも銃器の類なのかすら分からん
70 ななしのよっしん
2018/10/16(火) 00:48:25 ID: Iii39BPtUQ
読みにくいことこの上ないけど他では味わえないデジタルな感じの表現が多くて好き
あとテクノロジーとかの説明がほとんどなくて想像しづらいのは、まるでそれが当たり前な世界で書かれた物語かのような感じでどことなくロマンを感じて好き
でもやっぱり読みづらいからよくわからない部分多いし続編に手を出しづらい
71 ななしのよっしん
2018/10/31(水) 08:14:35 ID: xaAGLIudA9
>>70
続編はサスペンス色が強くなって読みやすいよ!ニューロマンサーのその後がられるし読んでみて!
72 ななしのよっしん
2019/01/30(水) 00:59:14 ID: K0aZWlhmrs
続編2冊がこのスプロールシリーズ
テクノロジーバイオレンス」(裏表)なんぞじゃなく、「ゴチック・モザイク趣味」と、それがテーマ・設定・プロット・表現まで浸透してる文章世界本質だってよくわかるはず

ただ「普通小説のように読もうとしてわからなかった」という人は覚悟が必要
ニューロマンサーで一応一人だった主人公がさらに数人並行して入れ替わりながら進んだりするから

プロールの短編を勧めてもいいが(短編はさらに出来がいいという評も多い)理解しやすいとか入門になるとかいうわけでもないからな…
73 ななしのよっしん
2019/04/19(金) 00:01:31 ID: 3M/pWWfffD
短編集クローム襲撃に入ってる
「記憶屋ジョニィ」、「ドッグファイト」、「クローム襲撃」
読みやすい方と思う

急上昇ワード