ネオ・ジオン単語

27件
ネオジオン
3.9千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

ネオ・ジオンNeo Zeon)とは、宇宙世紀舞台とした「機動戦士ガンダムシリーズ」に長期間登場している架の勢国家)である。

※なおU.C.0088まではアクシズ軍と名乗っていたので、本記事もこの呼称を含むものとする。

概要

U.C.0079の一年戦争におけるジオン軍残党が、ザビ一の生き残りであるミネバ・ラオ・ザビを(形式的に)トップに据える形で、アステロイドベルトにある小惑星要塞「アクシズ」に移った事でった勢である。

U.C.0087、ハマーン・カーン率いるアクシズ軍は、エゥーゴティターンズの争い(グリプス戦役)の中、突如地球圏へと帰還して第三勢として参戦。時にティターンズに、時にエゥーゴを貸しながら戦を温存し、両勢が最終決戦で壊滅状態になると最大勢と化して本格的に侵攻を開始する。(第一次ネオ・ジオン抗争/機動戦士Ζガンダム機動戦士ガンダムΖΖ

ジオン公国、ザビの再を掲げて地球連邦を恫し勢を拡大させたが、グレミー・トトが反乱を起こしたために仲間割れをすることになり、そこをエゥーゴに突かれて敗北した。

U.C.0093、シャア・アズナブルが再びネオ・ジオンを結成する。ザビではなくジオンダイクンの子として連邦軍に戦争を仕掛け、最後はアクシズ地球に落下させようとするが、アムロ・レイにより阻止された。(第二次ネオ・ジオン抗争/機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

U.C.0096、ネオ・ジオンの残党は「袖付き」の通称で行動し、「シャア再来」と称されるフル・フロンタルが組織を率いた。そこで「ラプラス」を巡る戦い(ラプラス紛争、又の名を第三次ネオ・ジオン抗争/機動戦士ガンダムUC)が引き起こされた。

主な戦歴

発足当初

一年戦争の最終決戦である宇宙要塞ア・バオア・クー敗北後、ジオン軍残党の一部は連邦に降せず各地へ散った。その中でも最も大規模な勢が、火星木星の間にあるアステロイドベルト小惑星帯)にある小惑星要塞アクシズに身を寄せて、決起の為に数年雌の時を過ごしていた。アクシズの居住区である小惑星「モウサ」は残党軍を迎えるには狭すぎたため、数年かけて居住区画を広げつつ、アクシズ軍事要塞化が進められた。

ザビ一の生き残り、ミネバ・ラオ・ザビを保護しながら、初めはマハラジャカーン摂政として組織を率いていた。マハラジャ自身は穏健で、地球連邦軍との戦争については反対していたが、強硬流となっていった。

この時期も旧軍のMSを応用した新機の開発や、エルメス等に搭載されたサイコミュの技術発展に精を注いだ。後にサイコガンダムMk-ⅡNT研究所のデータを取り込む事で、高火力サイコミュ搭載の第4世代MSを多く生産する事になる。

U.C.0083マハラジャが死去すると、そのハマーン・カーン摂政に就任する。当初ハマーンのことをシャア・アズナブルが支えていたが、ザビハマーンと、ザビを嫌悪するシャアは意見が対立し、シャアは偵察を口実に地球圏に帰還して後にエゥーゴに参加する。

U.C.0083~0087

アクシズに逃亡してから3年、戦は整いつつあるが未だに連邦に対抗出来るまでは至っていなかった。 その為、U.C.0083に発生したデラーズ紛争に対しては先遣艦隊を送り込んだり、試作モビルアーマーノイエ・ジール」を提供したりしたものの、直接戦闘には参加せずにデラーズ・フリート支援及び将兵の回収を行いながら、中立を標榜した。

そしてU.C.0087のグリプス戦役の折に、小惑星アクシズに核パルスエンジンを装備してアクシズごと地球圏に帰還する。新ガザC部隊を携えて第3勢として介入したが、ティターンズエゥーゴといった共闘相手を巧みに変えつつ動いた。アクシズ自体を敵要塞にぶつけたこともある。この際、エゥーゴシャアクワトロ・バジーナ)がミネバハマーンに謁見したが、ハマーンミネバ偏見の塊として育てていたことに激怒する一幕もあった。

U.C.0088

グリプス戦役最終盤でアクシズ軍はいちく戦線離脱した為に戦温存に成功、一方でティターンズは壊滅。勝利したエゥーゴも深手を負い、地球圏で実行的支配を持つものがいない空白状態となる。アクシズ軍はこの隙に乗じて各サイドの制圧を行っていく。

しかし、百式メガバズーカランチャーによるガザC部隊壊滅のダメージが大きく、現場では若年兵中心の不安定な揮が多かった。 とは言え、ジオン共和軍やティターンズ残党を取り込んだ事で一定の戦を得たハマーン「ネオ・ジオン」と組織名をめて、地球侵攻を宣言した。

連邦首都のあるダカール無血開城(大気圏突入の際に旧老兵達を事故に見せ掛けての粛清を行った)し、ハマーン不在のアクシズ攻撃に対する報復を兼ねたダブリンへのコロニー落としを成功させる。その後に、本願のサイド3の旧ジオン領であるコア3譲渡の実現に漕ぎつけるまでに至った。

だが、王手を掛ける寸前で思わぬ事態になる。ザビの血を引くとされる将校グレミー・トトハマーンのザビネームバリューを利用したやり方に疑念を抱く将兵に呼応して反旗を翻したのである。

火力重視の第4世代の矛先を連邦軍でなく自軍で向け合うことになり、さらにガンダムチームの介入で皮にも両軍の導者を失う形で敗北した。そしてアクシズ連邦に接収される。

ザビという狭い概念に拘った故の自滅であった。

なおこの時期のミネバ影武者であり、本物のミネバシャアが密かに匿っていたとされる。

U.C.0093

ハマーン亡き後のネオ・ジオンに、かつてエゥーゴ導者であったシャア・アズナブル大佐が接触し、腐敗を一向に正そうとしない地球連邦に対抗する為の再編成を行った。 その時の戦は旧アクシズ製は鳴りを潜め、昔のジオン時代へ回帰するごとくギラ・ドーガサザビー等のMSは全てアナハイム製となっている。

その際、ザビのためではなく、ジオン・ズム・ダイクンの遺志を継ぐ者として戦う姿勢を見せた事で彼のカリスマ性と併せてザビを嫌う多くのスペースノイド達の心を掴みにした。

採掘衛星5thルナ」の地球落下作戦成功後、士気高揚の為の演説シャア一年戦争勝利した故にティターンズという反連邦政府運動を産みだした地球連邦の増長と、ザビネームバリューを利用しようとしたハマーンのやり方を批判した。

と表してのアクシズ譲渡を連邦政府との間で進めていたが、騙し討ちという形で奪ってしまう。最後の仕上げとしてアクシズを落とす地球寒冷化作戦を実行したが、 連邦軍の一の実戦部隊であるロンド・ベル隊の抵抗サイコフレーム奇跡によって作戦は失敗に終わり、シャア行方不明となった(公式では死亡したとされている)。この奇跡は後年、アクシズショックと呼ばれるようになる。

U.C.0096以降

シャア亡き後も、ネオ・ジオン残党はミネバの身柄を確保しており、そこに「シャア再来」と呼ばれるフル・フロンタル導者の座におさまることになる。

以後、フロンタル率いる残党軍は、MSの両腕に装飾品を施した経緯から『袖付き』と俗に呼ばれるようになり、「ラプラス」を巡って紛争を起こすことになる。この時代の機体はギラ・ドーガの発展機ギラ・ズールとしつつ、デラーズ・フリートが使っていたドラッツェハマーン時代のガザCなどがリサイクルされていた。勢としてはハマーンシャアの時代とはべ物にならない小組織で、メンバーハマーン時代から参加していた者もいれば、一年戦争後ずっと雌していた者もおり、そうした雑多な軍団を、ミネバというザビ徴とシャアカリスマを引き継ぐフロンタルの存在で、なんとかまとめ上げていた。ラプラス紛争を経てフロンタルは戦死し、『袖付き』は壊滅した。

生き延びたミネバ彼女の私兵たちは、ジオン共和に匿われる形で微ながら存続する。

U.C.0100ジオン共和は解体され、ジオンの名を持つ国家歴史から消え去った。

だが、それでもなおジオンの残党として活動する者は細々ながら存在していた。20年ほどが去ったU.C.0120年頃においても、一年戦争の後に火星へと拠点を移した者たちが『火星独立ジオン軍』という名前連邦軍からは『オールズ・モビル』と呼ばれる)で再び起した(機動戦士ガンダムF90)。

またある者たちは厭戦気分でコロニーで余生を過ごすという時代故の終焉を迎えている。U.C.0123頃にはネオ・ジオンの残党狩りは禁止されていたが、快楽的で密かに残党狩りを行う連邦軍人もおり、弱い立場に置かれている(機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91)。

主要メンバー

0083~0088

0093以降

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

天外魔境II (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: デューク・ペペ
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ネオ・ジオン

30 ななしのよっしん
2024/01/20(土) 16:50:13 ID: 9bAEP5VY1G
シャアネオジオン構成員は、サイド3以外のコロニー出身者の方が多いかもしれない
👍
高評価
1
👎
低評価
0
31 ななしのよっしん
2024/01/22(月) 21:58:20 ID: 5tELCuU24E
νガンダムスレレズンの過去の経歴について触れてる人がいたけど、あの人って元ジオン公国軍かアクシズ軍だったのかな?
エゥーゴかエグム、あるいは逆にティターンズからの流入組の可性もありそう。

>>29
情報サンクス
思ったよりはムサカ級の残存数は多かったのね。
それとも新規建造でもしたかな。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
32 アッシュ
2024/01/31(水) 13:09:57 ID: PHhfZqrr7H
>>31
Wikiによると、第二次ネオ・ジオン抗争後も数隻新規建造されたらしい。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
33 ななしのよっしん
2024/01/31(水) 22:44:50 ID: di4J1zsGao
単語記事サイド」から飛んできたんだが、
サイド」の記事本文に
>「逆襲のシャア」ではネオ・ジオン連邦政府への不満を背景に広範囲に支持を得る描写が描かれており
って書かれてたのが気になって、
この「ネオ・ジオン」の記事を読んでみた
>ザビのためではなく、ジオン・ズム・ダイクンの遺志を継ぐ者として戦う姿勢を見せた事で
>彼のカリスマ性と併せてザビを嫌う多くのスペースノイド達の心を掴みにした。
と書かれてて何か納得した

シャアの反乱ってスペースノイドからどう思われたんだろうって気になってたんだが
連邦ってだけじゃなく反ザビでもあって、そこにシャア本人のカリスマも加われば
結構幅広いスペースノイドからシャアの反乱が支持されてたってのも、まあ納得感はある
👍
高評価
2
👎
低評価
0
34 ななしのよっしん
2024/02/03(土) 15:59:34 ID: vdolFNgbJt
一応隕石落としは極秘の作戦だったので
それを知らない人とネオ・ジオンに参加するほど熱狂してた人からの支持はあったろうね

知られたあとは結構な人からやべーらじゃんって見放されるはずだけど
👍
高評価
1
👎
低評価
0
35 アッシュ
2024/02/04(日) 00:17:49 ID: PHhfZqrr7H
>>34
ダブルフェイクカラードがまさにそんな感じだね
👍
高評価
0
👎
低評価
0
36 ななしのよっしん
2024/02/05(月) 12:16:26 ID: 5tELCuU24E
アデナウアーたちとの密約に集まってたネオ・ジオン軍の制服組幹部って階級だけで言ったら大佐よりも階級高そうだったな、と思ったけど、同時にそのデザインもまちまちだったような気もする。

あの面々って、グリプス戦役前後の混乱に乗じて私兵集団を拵えちゃった、実はジオン系かどうかも怪しいような軍閥の分たちだったりするんだろうか。
👍
高評価
2
👎
低評価
0
37 アッシュ
2024/02/05(月) 15:49:36 ID: PHhfZqrr7H
>>36
大佐より、とは言っても、ジョニ帰とか見る限りシャアの階級は『総帥』で、『大佐』というのは称というか名前だけのものだったんじゃないかな。そもそも新生ネオ・ジオン体が、ダンジダンポジドン少将』が率いるネオ・ジオン残党だったし
👍
高評価
2
👎
低評価
0
38 ななしのよっしん
2024/02/08(木) 11:55:42 ID: 5tELCuU24E
確かにジョニ帰のシャアって、「大佐」より「総帥」って呼ばれてることの方が多かったな。
少なくとも、シャアに対してかしこまって物を言う時は「総帥」だった感じはあった。
👍
高評価
1
👎
低評価
0
39 ななしのよっしん
2024/04/13(土) 22:02:12 ID: 57bLHts57c
カダフィ大佐みたいなもんでしょ
(最高導者で公式文書でも導者閣下表記だったけど大佐呼びの方が有名)
👍
高評価
1
👎
低評価
0