ネオ・ジオング単語

ネオジオング
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

ネオ・ジオングとは、アニメ機動戦士ガンダムUC』に登場するMA(モビルアーマー)である。

アニメ版にのみ登場するオリジナル機体で原作小説には登場しなかったが、後の短編小説不死鳥狩り」で原作世界でも存在したという設定になった。

概要

機体データ
式番号 NZ-999
名称 ネオ・ジオング
全高 116.0m
全幅 58m
重量 153.8t
全備重量 324.3t
35.660kw~不明
28.827.500kg~不明
センサー
有効半径
不明
装甲 ガンダリウム合
武装 ・有線式大ファンネル・ビット
・肩部大メガ粒子砲×6
部Iフィールドジェネレーター
大口ハイメガ粒子砲
サイコシャード発生機
バズーカ×2
60mmバルカン砲×2(シナンジュ部)
ビームサーベル×2
シールド
搭乗 フル・フロンタル

5月より開の機動戦士ガンダムUC最終話Episode7にて登場したフル・フロンタルの搭乗機。

名称こそジオングだが外観は映画機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」に登場したαアジールの方に似ており(更に言えばネオ・ジオングという名は元々αアジールの初期案段階での名称だった)ジオングノイエ・ジールにも搭載されていた有線アームを装備している。

頭部が非常に小さい印だが、これはネオ・ジオング内部にシナンジュコアユニットとして格納されており、露出した頭部がコアMSシナンジュ)だからである。
ガンダム試作3号機ガンダムTR-6[インレ]等に見られた“MSを肥大化させた決戦兵器構想”と同様、恐竜化していくMS(MA)の極致と言えよう。

αアジール同様に大プロペラントタンクとスラスターを一体化させた強襲用シュツルムスラスタユニットを装備しているためサイズもかなりのものである。6月に発売されたHGUCのネオ・ジオングの全高が80cmHGUCのデンドロビウムの全長が身込みで約1m)という点からも劇中では相当な大きさとなっている。

シナンジュを覆う巨大な外装は“ハルユニット”と呼ばれ、ユニット自体は袖付き側が設計したものとされる。
なぜこんな大掛かりなものを懐事情の厳しい袖付きが用意できたかというと、そのユニットアナハイムエレクトロニクス社がユニコーンガンダムへのカウンター兵器として制作し、袖付きに譲渡したためという説がある。

コンセプトが旧ジオングのような対MS戦闘用ではなくビグ・ザムと同じ拠点制圧用MAだけあって凄まじい火力を有しており、両腕の5連メガ粒子砲、両肩部に前後左右合わせて6門のメガ粒子砲、そして部にも大口径のハイメガ粒子砲を搭載している。さらに腕のに当たる部位の一本一本は有線ファンネルビットとして分離させる事もでき、それを飛ばしてのオールレンジ攻撃を得意としている。

ファンネルビットは腕の中にスペアパーツが仕込まれているため、たとえ損失してもすぐに交換でき、しかもこのファンネルを敵機や他のメカに撃ち込む事で相手の制御システムを乗っ取ってしまうという恐るべき機も兼ね備えている。さらにこのアームユニットは背部にもう4本マウントされており、最大で合計6本もの腕を同時に動かして撃から格闘まで全ての攻撃に対応する事が可となっている。その上スカートアーマーの中にはジ・Oと同じくランディングギアを兼ねた小アームが2基内蔵されている。

巨大化に伴ってシナンジュの売りであった高い機動性と運動性は失われてしまっているが、推進の規模はもはや戦艦のそれに匹敵する域に達しており、防御面においても全身を覆うIフィールドによりいかなるビーム攻撃も化し、ミサイルなどの実体兵器に対してもその数の武器で即座に撃墜する事が可である。

本体のシナンジュ戦闘中に分離できるのかどうかは不明だが、上半身の自由それなりに利くらしく、シルヴァ・バレトの有線ハンド攻撃を防ぐ際にはビームサーベルを、ユニコーン達との戦いではバズーカハルユニット内のウェポンベイから取り出して使用し、さらに格闘戦を仕掛けてきたユニコーンに対して自身も拳で応戦している。

余談だが、ガンプラではSDおよびHGどちらのネオ・ジオングも同梱されているシナンジュと分離できるようになっているのだが、そのシナンジュを取り外した外装に他の作品のフィギュアガンプラを載せてみるという遊びが流行った。
そこの所はデンドロビウムと似たようなもので、Pixivニコニコ静画でもそんなイラストが多かったりする

本機はユニコーンバンシィが2機がかりでシナンジュに苦戦するのは映像作品的に苦しいと危惧されたことから、原作小説版の最終決戦シナンジュった巨大なオーラ存在感を表現する機体としてOVAで新たに生み出された経緯がある。

サイコシャード

上記の火器以外でネオ・ジオング最強武器と言えるのが、肩から突き出すスラスタユニットスカートアーマーから円状に配置したパーツより、擬似サイコフレームサイコシャード」を発生させるシステムである。

ハルユニット自体にはサイコフレームが搭載されていないが、コアモビルスーツフレームからサイコミュチップ放出、それを“核”として一時的に単機の総積載サイコフレーム量を増させる。これによって、かつてνガンダムが起こした「サイコフィールド」を同じく擬似的に再現することが可となる。ただし、『尽蔵』と言えるほどの規模ではなく、例えば後述のネオ・ジオングは防御に回すだけの“余”がかったためにジェガンA2からの反撃で、少なくない被弾を被っている。加えてユニコーンガンダム3号機フェネクス”のビームサーベルで両断、崩壊するなど、そのものは物理的に強固なわけではない。

またサイコミュシステムを応用して例え搭乗者が本機を離れていたとしても感応波を受信する事で人でもある程度の戦闘をこなす事ができるようになっている。

一説には、かつてユニコーンガンダムの試験中に偶然発生したサイコシャードから得たデータをフィードバックして開発されたとも言われている。
サイコミュ自体がブラックボックス化している為、予備パーツからハルユニットを組み上げたジオン共和には「動きはするが原理は解らない」とられている。

擬似的と言えどもサイコフィールドを形成させるその性は、通常兵器体系からすれば驚異であり、「本来この世界にあってはならないもの」と評する者もいた。

Ⅱネオ・ジオング

劇場版作品「機動戦士ガンダムNT」に登場。「ラプラス事変」後、地球連邦軍が接収していたネオ・ジオングの2号機。機体名の読み方は「セカンドネオ・ジオング」。肩部のウェポンユニットに設けられていたカバーはオミットされており、機体剛性強化のためにい補強材が肩部フレームに追加されている。機体色はからに変更され、コアユニットにはシナンジュ・スタインが使用される。

宇宙世紀0097年、"フェネクス"を捕獲するキーアイテムの1つとして、ルオ商会がジオン共和軍に独断で横流しし、同軍のゾルタン・アッカネン大尉の乗機となる。1号機がどっしりとした重厚感のある描写であったのに対し、ネオ・ジオングは様々な武装と機動性を活かして縦横尽に暴れまわる描写で描かれた。

こちらのガンプラプレミアムバンダイで限定販売され、一般発売は行われていない。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8D%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%82%B0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ネオ・ジオング

483 ななしのよっしん
2020/06/26(金) 05:58:07 ID: zkKTmPFk+A
仮にネオジオング3機がUC2で現れた場合、コアユニットは何の機体になるのだろうか?
まさかジオン残党に封印中のユニコーンを強奪されてネオジオングと合体させられたりして。
484 ななしのよっしん
2020/07/01(水) 19:37:51 ID: 5qr6mElC2J
現行は時期ずれを見ると3機どころでは済まないだろう
1 UCアニメ 2Bプランムービー
NT 4ネオジオング
485 ななしのよっしん
2020/08/04(火) 16:45:49 ID: zkKTmPFk+A
ネオジオングのサイコシャードフロンタルが設計したブラックボックスの塊とはいえ、その設計を元に建造したのはアナハイムなのだから、設計図さえ残っていれば、原理はわからなくても再建造は可かもしれない。
486 ななしのよっしん
2020/08/04(火) 18:07:35 ID: ewPf6Yuwx0
プログラム関係かもしれない
ガワは作れても作動させるためのシステム再現不能かも
なぜ動くのかもわからないって言ってたし
487 ななしのよっしん
2020/08/04(火) 18:35:09 ID: xGHdeepAsE
プログラムこそ、コピーすればそのまま使える。

予備パーツ=部品状態で横流ししてもらったから、組立設計図ももらってるだろうし、リバースエンジニアリングし放題だよ。


そもそも、エンジニアとしてご飯食べてる人間からすれば「動きはするが、原理はわからない」っていうセリフが、あり得なさすぎて笑える。
488 ななしのよっしん
2020/08/04(火) 18:49:34 ID: k0LC0dmveL
>>487
フロンタル「こういう機体の基礎設計したんやで。これを基に作ってくれ」

エンジニアワンマンで基礎設計しよったでこいつ……しかも基礎設計読み解こうにも動く原理がさっぱりわからん。しょうがないから、依頼通りに作ったろ」
→「本人が死んだから、動く原理がどうやってもわからなくなった……」

こうかもしれない。
489 ななしのよっしん
2020/08/04(火) 20:23:03 ID: ewPf6Yuwx0
ソースコードも独自のプログラミング言語かもしれない
490 ななしのよっしん
2020/08/04(火) 21:02:02 ID: ewPf6Yuwx0
ディスクとか書き換え技術は実用化されたけど
数十年たって解明されるまで原理はわかってなかったし
原理はわからないが書き換えれるディスク
491 ななしのよっしん
2020/08/04(火) 21:05:51 ID: xGHdeepAsE
>488
いや、工学機械は設計図どおりに組み立てたらそれで動くものじゃないねんで。

ネジを締める」だとしても、「ゆっくり柔らかく締める」と「高速でぎゅうぎゅうに締める」の差だけで、モーターの機嫌がごっつい変わるねん。
だからみんな、上から目線が立っても○製鋼のモーターとかコンプレッサーを大枚はたいて買うんや。あいつらのノウハウでしか組み立てられないから。

>489
コンパイラも独自なんか。基礎設計とかいうレベルじゃなくて、個人でマイクロソフト立ち上げるレベルじゃね?
492 ななしのよっしん
2020/08/04(火) 21:30:48 ID: xGHdeepAsE
>>480
ディスクだったのは、「記憶/消去によって変わる(転移する)素材並び方(結晶構造)」について。

何で記憶してくれるのか?
何で消却できるのか?
の原理は最初からわかってた。じゃないと、ドライバ=書き込み/消去装置も量産できへんやろ。

理論上は○構造でなければならないはず、というのは数パターン出てたのよ。それが、姫路の書写山加速機のお陰で、明できたってだけ。

て言うかSPring-8は、いまだにいつ見ても予約が半年先まで埋まっててゲンナリする……

急上昇ワード

おすすめトレンド