ネオ演歌単語

ネオエンカ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ネオ演歌とは、1980年代後半から1990年代に出来た演歌ジャンルである。

概要

ネオ演歌は、従来の演歌に対して実験に満ちた、新しいタイプ演歌テクノ演歌もネオ演歌の1つ。起1980年代YMO大瀧詠一といったテクノ音楽を担当していた人間が、次々と歌謡曲テクノ音楽の要素を加えていったのでその延長上で演歌の楽曲も提供するようになる。

ネオ演歌がクローズアップがされたのは、1992年リリースされた演歌歌手冠二郎の楽曲『炎』である。作曲和田香苗が「新たな演歌の姿」として制作された。1993年には『ムサシ』、1998年には『バイキングリリースされる。2001年和田香苗の死去により、このシリーズ打ち止めとなってしまったがその強な楽曲は、今でも歌い継がれる。

関連動画

関連商品

 

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8D%E3%82%AA%E6%BC%94%E6%AD%8C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ネオ演歌

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ネオ演歌についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!