ネクログ単語

ネクログ

ネクログとは、月刊アフタヌーンに連載されていた熊倉敏による漫画作品。

概要

近代中国舞台の、キョンシーバトルアクション漫画
フリーライター普通青年玉生(ソン・ユーシェン)が、僵尸(チィアンシー、いわゆるキョンシー)であるバイシンを生き返らせるべく、彼女を操る凄腕の胡才良(フー・ツァイリャン)子入りし奮闘する物語

作者の前作「もっけ」と違い、バトルアクションエログロ描写を全面に押し出した作。しかし、根っこである伝奇・怪奇モノが大好きな作者フェチズムは変わらず。

主な登場人物

  • 玉生(ソン・ユーシェン)
    主人公
    青年というには少し老けているフリーライターで、オカルトめいた事件を集めては新聞社に通っている。フーの連れているバイシンを反魂(はんごん)の法で生き返らせるべく、フーに子入りし修行・情報収集(という名の雑用)をしている。幼い頃、生前のバイシンである薛(シュエ)を薛(シュエねえちゃん)と慕っていた。
    熱血常識人ではあるが、現在バイシンを死体であるにもかかわらず(ねえちゃん)と呼び慕い、フーが戦闘時にバイシンキョンシーとして使役することを嫌う。たとえの規を犯そうとも「死人を生き返らせる」ことには疑念を持たず、そのことに執着している。
  • 胡才良(フー・ツァイリャン)
    士でユーシェンの師。
    黒髪三白眼少年少女?)だが、姿は性別含めて自在に変えられるらしい。士としてはかなり高いを持っているが、本物の仙人には敵わないようだ。
    こそ丁寧だが、性格は傲不遜かつ大胆不敵。過去に太上老君の怒りに触れ、を制限する首輪を付けられたらしいが、その原因を含め首輪を付けられる前の記憶がい。過去と記憶を取り戻すべく、「走常(ツォウウチャン)」と呼ばれる府のおおっぴらに出来ない仕事を請け負っており、ユーシェンを使い情報を集めている。 
  • バイシン
    フーの操る女僵尸(ニユチィアンシー)。
    非常に高度なキョンシーであるらしく、一見しても普通人間と区別が付かない。普段は物静かな仕だがフーのボディガードでもあり、戦闘時には強無慈悲キリンマシーンと化す。身体はフーの術で強化されており、素手で人間叩き切る怪力と、類も受け止める強固な体を併せ持つ。死体なのでたとえ損傷しても痛みも感じず、怯むこともい。
    • 薛(シュエ)
      生前のバイシン
      幼い頃のユーシェンを可がっており、火事の際に彼を救ったこともある。ユーシェンの実家の小作農のであったらしく、を助けるために有者のとしてぐ矢先、その中で賊に襲われ命を落とすという幸薄い人生を送った。
      死んだ直後、魂が抜けきる前に偶然フーと出会い、フーから生の提案をされたが断った。その後シュエの体はフーの術によってキョンシーバイシンとなり、シュエの魂は府に立った。
      現在府のどこかで静かに暮らしているらしいが・・・
  • 子(チェンチョンツ)
    フーが山で生活していたときの友人の士。
    姿は童女だがフーと同じぐらい凄腕で、やはり姿・性別は自在に変えられるらしい。ある日突然山を降りたフーを追いかけてきた。事あるごとにフーの仕事にちょっかいをかけていたが、その理由は「フーに危険なことをさせたくないから」という根っからのツンデレ。後にフー達の住処の隣に引っ越してきた。
  • スー・シウメイ)
    士の少女可愛い
    修行中に殺された師のを探ししていた。冥界で窮地に陥っていたユーシェンを救ったのが最初の出会いで、その後ユーシェン達のを訪れる。ほぼ普通人間であるユーシェンとべればはるかに強いが、士としては未熟でありフーやチェンには遠く及ばない。
    師のがフーの「仕事」で成敗された後、いたく気に入られたチェンに半ば強引に子入りさせられ、そのままチェンと一緒にフー達の隣の部屋で生活することとなった。ユーシェンがバイシンの反魂に執着することに反感を示している。「人のに外れた行為」だから、だそうだが…
    可愛い大変重要なので二回言いました。
  • コアン)
    メイド喫茶オーナー府の役人。
    府中情報管理局第一録事を名乗る男で、フーに府のヤバイ仕事を依頼している本人。
    シュエの魂が死後府のどこで暮らしているかも知っており、フーの仕事を手伝い実績と縁故を得れば教えるとユーシェンに告げる。

関連商品

第一話試し読みexit

関連静画

ニコニコ静画でも電子書籍版が開されている

ネクログ第一巻(電子書籍版) ニコニコ静画exit_nicoseiga

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ネクログ

2 ななしのよっしん
2012/11/03(土) 22:51:54 ID: S5YWlBEPkf
ニコニコ静画電子書籍無料ネクログあるね
3 ななしのよっしん
2012/11/15(木) 16:31:52 ID: tR0HpktcCz
>連載されていた
おい!まさかの打ち切りかよ!おもしろくなってきたところだったのに!
4 ななしのよっしん
2013/01/05(土) 01:22:37 ID: z5vrs5mA/U
いつの間に終わってたっていう…
ちゃんと話とか複線とかはめてたからマシだけど、もう少し続けてほしかったなぁ
5 ななしのよっしん
2013/01/24(木) 22:52:04 ID: 1G2Orkppbz
凄く面かったのにやっぱり打ち切りなのかなぁこの4巻の分厚さは。
もう作者ファンになってしまって、もっけも全部買いえてしまったよ、く新作を読みたい
6 ななしのよっしん
2013/02/02(土) 01:06:28 ID: dP4JctFq8+
最終巻のぶ厚さにはビックリしたよね。
でもとおねえちゃんの関係が
綺麗に終えられていた点は素晴らしいと思います
7 ななしのよっしん
2013/02/15(金) 22:15:00 ID: q/31hOSjaY
もっけと違って明確な終わり(的)があるから、駄に引き延ばされてグダグダになるよりかは良かったよ
でももっと読みたかった
8 ななしのよっしん
2013/03/27(水) 23:58:06 ID: d1Qm4CpbgW
おねえちゃんの人生ハードだったな…死後うまくやってるなら、そっとしておいてやりたい
9 ななしのよっしん
2013/06/02(日) 21:32:10 ID: vYtAuziJZh
なんかあっさり終わっちゃったな。
なんだかんだ言って、ねえちゃんを生き返らせる的は遂げてたところは好き
10 ななしのよっしん
2014/02/08(土) 11:20:01 ID: pnB9TZcOLX
情を感じる記事だ。
関連商品は後書きで作者がお奨めしてた書籍だね。
お疲れ様。
11 ななしのよっしん
2016/02/27(土) 01:51:37 ID: cJHHFvalQJ
題材が地味だった所為かねえ
本格的な中華ファンタジー漫画で面かったのに…