ネクロモーフ単語

ネクロモーフ
  • 18
  • 0pt
掲示板へ

Log

ネクロモーフとは、植民Aegis7(イージス7)で採掘作業を行っていた惑星採掘艦USG Ishimura(USG石村)で確認された正体不明の敵である。ここからさきの閲覧は、忌々しいユニども以外のみ許可する。

 

こいつらを見たらだれだって思うだろう。「エイリアン?」と。ちがうんだ。そうじゃない。エイリアンってのは外国人地球外生命体をすわけだが、ようするに「われわれの外の世界にいる知的生命体」ってことだ。そうさ人間に寄生していきなり胸を食い破って生まれてくる飛び出すアゴつきトカゲとか、強敵をめて銀河を彷徨する狩人とか、三本足のロボットに乗って地球侵略に来たタコとか、ああいったやつらをエイリアンっていうんだ。

ネクロモーフは違う。やつらは知的生命体じゃない。そもそも生きてすらいないんだ。

信じられないかい? ああ、そうだろうな。その反応はもう見飽きたよ。みんなきみのように鼻で笑って取り合わなかった。クリゴンを見つけたときだけ教えてくれとからかったやつもいた。彼らがいまどうなってるか知りたいかい? やつらになっちまったよ! みんな! ひとり残らずだ!

やつらにはぼくたちの常識は通用しないんだ。だから、ここから生きて還るにはやつらのことを理解しておく必要がある。好むと好まざるとにかかわらず。

基本的性質

まず注意しておくべきことは、やつらは生きている生物、そう、ぼくらのような人間を見つけると、さながらティンダロスの猟犬のごとくわきもふらずに襲い掛かってきて殺しに来るということだ。逃げても駄だ。やつらは通気孔を通り抜けてでもぼくらを追跡してくる。どこまでも、どこまでもだ。やつらはコンパスで、ぼくらは北ってことさ。逃げる方法はふたつ。ぼくらが死ぬか、やつらを殺すか。死にたくはないよな。なら方法はひとつだ。

けれども問題がある。さっきも言ったように、やつらは生きていないってことだ。生きていないんじゃ殺せない。当然だよな。やつらとはじめて遭遇したとき……ああ、くそ、思い出したくもない。救難信号をたどって発信の艦がいると思われる宙域にショックイン(編注:間航法で、現在間から離脱することをショックアウト、ある間に入ることをショックインという)したまでは順調だったんだ……そこで第一種接近遭遇ってやつさ。ありえないことにやつらは生身のままで艦に接近し、エアロックもぶち破って船内に侵入してきたんだ。真空で、恒星が当たれば摂氏200℃、当たらなければ150℃の宇宙空間をだぞ。信じられるか? やつらは一気圧の間中はおろか、殺人的な宇宙線の降り注ぐ宇宙空間だろうが酸素がなかろうが遜色なく活動できるってことだ。ぼくらが行けないところでもやつらは自由に行き来できるってことでもある。

やつらはぼくらを見つけるなり襲ってきた。同乗していた海兵隊員は口汚くて、荒っぽくて、彼らの卑俗なジョークの応酬には心底うんざりさせられていたが、このときほど彼らが頼もしく思えたことはない。海兵隊員たちははじめてにする異形の怪物どもにもパニックを起こさず、見違えるような機敏な動作で臨戦態勢に移った。パルスライフル口が並べられる。つぎの間、すさまじい火のが吹き荒れた。まさに暴風雨さ。敵がなんであれ、生物であるならこの圧倒的な火力の前に生命活動を停止せざるをえない。一斉射が終わったときだれもがそう確信したはずだ。

だがやつは止まらなかった。全身をだらけにされても、まったく意に介さずに突っ込んできたんだ。

海兵隊のひとりがライフルで頭を狙った。やつは脳味噌をぶちまけるどころか、首から上が独立記念日の花火みたいにド手に弾けたよ。でもやつは首がなくなっても走ってきていた。まだ襲ってくるんだ。ああ、これは悪夢だ。夢なら覚めてくれ……そう願ってもパルスライフルは鼓膜を賃の督促に来た大家ノックより強いてくるし、なによりぼくはを開けている。ぼくのすぐ近くで悲鳴があがった。だれかと思えばその悲鳴はぼくの口からほとばしってた。情けなくもぼくは、内心で小馬鹿にしてた海兵隊員たちが勇敢に戦ってるそばで、ライトを当てられた鹿みたいに怯えながら、処女を奪われた女の子のように泣き叫んでたのさ。笑ってくれ。

けっきょく何人かの尊い犠牲と、何発か、もしかしたら4桁近い弾を受け、両腕がちぎれ飛んだところで、そいつは死んだ。まあ、生命器官にあたるものがないから死んだって表現は不適切かもしれないが、とにかく活動を停止した。

ジョージ・A・ロメロ世界だって、ゾンビは頭をぶち抜いたらくたばるって決まりごとがある。なのにやつらときたら、頭や心臓を撃ってもピンピンしてやがるんだ。ヘッドショットは狙うだけ意味ってことだ。調べてみてわかったが、どうもこいつらは心臓といった臓器が機しておらず、かぎりなく死体に近い状態であるらしい。なのに生きてる人間より運動は上ときた。反則だ。イエローどころじゃない。

やつらは死体から生まれ、ぼくら仲間にしようとしてる。なにが死体をやつらにしてしまうのかはわからない。わかってるのは、やつらはすべての死体Necro)を変質(Morph)させることだけがその存在理由だってことだ。ネクロモーフ。……Kyne博士はそう呼んでいたよ。

ネクロモーフにはいくつもの種類がある。それぞれ行動パターンや対処法が異なるから、よく覚えておくんだ、やつらになりたくないのなら。

Slasher/スラッシャー

ぼくらが最初に遭遇したネクロモーフで、もっとも個体数が多いネクロモーフだ。おそらくきみもこいつがはじめてのネクロモーフになるはずだ。本当にやつらはどこにでもいるんだ。

外見は人間に似ていて、直立歩行する点も人間同様だが、両腕がのように鋭利な形状に変異している。こちらを見つけると、狂ったように疾走してきて、こので切り刻むってのが、こいつの行動パターンアルファオメガだ。単純だが、逃げ場のない船内でこいつらに囲まれたところを想像してみてほしい。どんな不感症でも括約筋が引き締まるってもんだ。

さっきも言ったが頭をふっ飛ばしても止められない。こいつの弱点はだ。両腕を切断すると絶息する。理由はわからない。とにかく、最大の武器である腕が弱点でもあるってことだ。問題は、海兵隊が標準装備しているパルスライフルは、弾丸を撃ち込むか昔の火式のと同じで、対を開ける「点」の攻撃しかできないことだな。猛スピードで突撃してくる敵の、それも細い腕をライフル弾で切断するなんて芸当、クリスカイルでも不可能だ。なにか離れたところからでも連中の腕を切り落とせる「線」の攻撃ができる武器があれば、確実に優位に立てるんだが。

スラッシャーに限らず、多数のネクロモーフを相手にするときはステイシスを惜しむことなく使用するべきだ。敵の動きが速いなら遅くしてしまえばいい。敵をスローモーションにしてしまえば腕も狙いやすくなるだろう。

元となった人間により個体差があることが確認されている。女性死体ベースにしたものは口からを飛ばしてくる。人前でゲロを吐くような女性は生きてても死んでてもお断りだ。すくなくともぼくはね。

Lurker/ラーカー

胎児、もしくは新生児のような外見と大きさのネクロモーフだ。とにかくすばしっこい。しかもゴキブリみたいにでも天井でもお構いなく登って三次元的に追い詰めてくる。

やっかいなのは飛び道具をつかってくる点だ。背中から3本の触手を伸ばしたら注意しろ。矢を発射してくるぞ。

ただしこの触手を切断されると死体に戻るので、絶好の攻撃のチャンスでもある。

小さいからって甘く見てはいけない。弾薬を節約するという対ネクロモーフ戦ではご法度な考えでこいつを踏みつけて殺そうとした海兵隊員は、反対に跳びかかられて、触手で首を刎ねられてしまった。胴体に別れを告げたくないなら、よほど近接戦闘に自信がないかぎりは火器で倒すべきだろう。

Infecter/インフェクター

ベージュ色のエイのような形状をしたネクロモーフ。こいつを発見したらなにをおいても優先的に排除しなければならない。なぜならこいつは、近くにある死体をネクロモーフに変えてしまう恐るべきをもっているからだ。しかもこいつにはスラッシャーやラーカーのような明確な弱点がない。撃って撃って撃ちまくるのが正解だろう。

思考ルーチンとしては、生きている人間より死体をネクロモーフにするほうが優先順位が高いようだ。の前を素通りして一散に死体に駆け寄ってむしゃぶりついたこともある。もちろん死体がなかったり、すべての死体をネクロモーフに変異させたあとは、ほかの連中と同じように、生者をネクロモーフの素体、別名死体にするべく襲いかかってくる。ぼくの見ている前で同僚がインフェクターに生きたままネクロモーフにされたことがある。肩から……新たな腕が生えて……顔が……縦にっ二つに割れて……あの切りから離れない。……すまない。そのあとのことはよく覚えていないんだ。

対処法としては、たとえその場にインフェクターがいなくとも、死体があればとりあえず破壊しておくことが挙げられる。人間死体はスラッシャーに変質させられるが、これは両腕がなくなると死ぬ。では最初から両腕がない死体はどうなるのかというと、インフェクターはそれをネクロモーフ化させず、視するのだ。やつらなりにお好みの死体ってのがあるらしい。だから、船内で発見した死体はあらかじめ四肢をもぎとっておくことをおすすめする。たとえそれが仲間亡骸でも、人のものであっても。感傷はきみを殺すとなって帰ってくる。やつらに戦をあたえる必要はない。

こいつがすべての元凶だとする仲間もいた。こいつがネクロモーフを生み、増殖させているのだと。けれど、ぼくにはそうは思えない。インフェクターがネクロモーフの元ならこいつの起はなんだ? 進化は必要に迫られなければ起こらない。浅いでの生存競争に負けて、淡河川に移住する必要に迫られて淡が生まれた。そこでも競争に負けて、陸に新地をめる必要に迫られて両生類が生まれた。また競争に負けて辺を離れる必要に迫られて爬虫類となった。楽園で負けたが地上に降り立ち、地で生きるため、遠くを見通せるように後ろ足だけで立つようになり、ヒトが生まれた。どんな進化の過程で、死体をネクロモーフ化するを獲得しなければならない状況に追い込まれたんだ? 

おそらくこいつは、ネクロモーフの因子を運ぶための乗り物、運び屋にすぎないのではないか。なぜならこいつ以外に直接的にネクロモーフを誕生させる存在が確認されていないからだ。繁殖はつねに自己を生産するものだ。だがスラッシャーがスラッシャーを産むことはない。インフェクター死体を感染(インフェクション)させスラッシャーに変えるだけで、インフェクターを産みはしない。インフェクタークラゲのように繁殖のみを的としたロボットにすぎないのか? 姿形が違えども、すべてのネクロモーフをひっくるめてひとつの存在ということなのか? は深まるばかりだ。

ああ、きみは気にしなくていい。ようは、殺せばいいだけだ。

Brute/ブルート

四足といった趣きの非常にパワフルなネクロモーフだ。ゴリラナックルウォークを彷彿させる移動法を駆使することで、巨体に見合わぬ機動を発揮する。その体から繰り出される破壊と敏捷性は脅威のひとことだ。かなりの難敵だぞ。きみがモハメド・アリの生まれ変わりでもなければ接近戦は考え直したほうがいい。かならず距離をとって戦うんだ。

外皮が外格といってよいほど硬質化していて、銃火器でも有効打は与えられない。だがよく見れば関節の隙間に黄色い、いかにも柔らかそうな部分があるのがわかるはずだ。そうだ。そこが弱点だ。弱点は背中にもある。やつお得意の突進のあとや、ステイシスで鈍くなっている隙に回りこみ、ありったけの火力を集中させよう。

四肢を落とされると、移動できなくなるかわりに、部から爆弾を飛ばす遠距離攻撃に切り替えてくる。きみのRIGにもキネシスの機があるな? 爆弾をキネシスで捕らえ、投げ返すことで、大打撃を与えることができるぞ。

Swarm/スウォーム

見たヒルや巨大なアメーバで、非力な存在だが、かならず大群で行動している。群れに襲われると数の暴力で全身にまとわりつかれて殺されてしまう。見つけたら爆発物や火炎で一網打尽にしてしまうのが手っ取りい。

最初から見えていれば対処できるんだが、こいつらは物陰に隠れる習性がある。造作に置かれたを開けるときは注意しろ。スウォームコロニーと化している可性がある。びっくりどころじゃない。魂消るというより命が消える。

Pregnant/プレグナント

スラッシャーのなかでも妊婦のようにが大きく膨満した個体をプレグナント妊婦)と呼んでいる。スラッシャーと違って走ることはできないが、体重が重いぶん打撃は強くなっている。

いいか、絶対にこいつのは撃つな。が破れると、破し、胎内に宿していたネクロモーフが覚め、さらに敵が増えることになる。プレグナントの胎内にいるネクロモーフは、確認がとれたものだけでいいなら、ラーカー、ディバイダー、大量のスウォームのいずれか。通常のスラッシャー同様、両腕を切断する手が定石となる。

移動速度が遅いから、べつのネクロモーフと同時に出くわしたときは、走り回って距離をあけるといい。足の速いネクロモーフがさきに追いついてくるので、一対一とまではいかないにしてもそれに近い状況をつくることができる。ステイシスのパワーが心もとないときの次善の策として覚えておけば役にたつこともあるかもしれない。

Leaper/リーパー

両足がまとめられて1本になり、尾のような形状に変異した、地球でいうサソリに近いフォルムのネクロモーフだ。

やはり腕が弱点だが、動きが俊敏で捉えにくい。ラーカーと同じく天井自由自在にり付いたり飛び移ったりできるし、尾を使った跳躍もかなりのものだ。

その尻尾には十分な注意を払わなければならない。スラッシャーの武器が腕ならリーパーのそれは尾だ。こちらが後退して間合いをとろうとしたら縦に振り下ろし、横に逃げようとするとなぎ払うという、2パターンとはいえ状況に応じて攻撃方法を使い分ける程度の知がある。威も申し分ない。1週間前のポーカーの賭けうやむやにして払おうとしなかったある同僚は、こいつの尻尾に上半身と下半身をたやすく分断させられてしまった。まさに死神(リーパー)の大が振るわれた間だった。

ラーカーとこいつは、重力間でもなんら問題なく通常どおり活発に行動できる。人類が泳ぎで魚類に勝てないのと同様、重力下での活動はやつらに一日の長がある。船倉など広大な場所では敵の発見が遅れ、予想外な方向から奇襲を受けることもある。とくに頭上には気をつけよう。

Guardian/ガーディアン

まるで門番のように行く手を阻むのがこのネクロモーフだ。やつの6本の触手には近づくな! こいつの横を走って抜けようとしたぼくの仲間は、一された触手に頭をスマッシュヒットされた。彼は首の断面から心拍に合わせて噴水のように血を噴かせながら、「首は? おれの首は?」とでもいうように両手で頭があった場所をしばらく探っていたが、やがて糸の切れた人形みたいにくずおれた。そうなりたくないなら、絶対に近寄ってはだめだ。

もうわかっていると思うが、こいつの弱点もやはり6本の触手だ。すべて切断すれば活動停止する。離れたところからで攻撃すればいい。可燃物があれば、それをキネシスで投げつけて爆発させるという手もある。

移動できないという自身の欠点を理解しているのか、こいつは敵を認識するや否や幼生のようなものを出産して、それに攻撃させることで身を守ろうとする。幼生も移動はできないが、ラーカーのように飛び道具を発射できるので、多数を産み落とされると手がつけられなくなる。しかも幼生は敵に接近されると自爆しやがるときた。

近くに爆発物があれば、幼生を出産される前にケリがつけられるんだが……。

Tentacles/テンタクルス

足元に通気孔がある通路は気をつけろ。こいつが息を潜めているかもしれないからな。

直径が女の胴回りほどもある太い触手で、これが本体なのか、人間でいう腕や足にすぎないのかは不明だが、突然現れては人間へと引きずりこむ。仲間は3人やられた。彼らがどうなったかは想像しようと思えばできるが、考えたくもないというのが本音だ。

触手にある黄色いコブが弱点らしい。仲間のひとりがこいつに足をつかまれたとき、みんなで無我夢中になって撃った弾の1発が偶然にもコブに命中したが、そのとたんに触手は彼を解放し、逃げるようにへ戻っていった。

…つぎに現れるテンタクルスにコブがなかったらどうするんだって? 古代地球のあるでは、が落ちてくることを本気で心配していた男がいたそうだよ。きみの憂いは、未来では故事になっているかもしれないな。

Exploder/エクスプローダー

左腕が爆発性の器官に変異していて、敵に近づくと自分もろとも爆発させるクレイジーな野郎だ。いったん接近されるとこいつのスーサイドアタックを防ぐ方法はない。人間なんて簡単に吹っ飛ぶぞ。遠距離にいるうちに倒すんだ。左手爆弾を狙ってもいい。左腕を切断すると、キネシスで投擲できる手榴弾としても使える。

近づかれそうな場合はステイシスだ。遅くなっているうちに横を通り抜けてしまおう。ステイシスで鈍くさせて近づき、また離れることで、安全に自爆を誘発させることもできる。

こいつの奇は特徴的だ。宇宙の果てまで届きそうな甲高い奇怪な叫びいたら、まずは周囲の確認を。

Wheezer/ウィーザー

背中に大きく発達した肺をもつネクロモーフ。土下座したままその場を動かず、ひたすらガスを排出しつづけている。ネクロモーフに代謝という概念があるのなら、人間酸素を吸って二酸化炭素を呼気するように、ウィーザーもまた空気中のなにかしらの気体を吸気して、老物としてガスを吐いているということになる。だが、ほかのネクロモーフが真空中でも問題なく生存している点から鑑みて、ウィーザーのガスが生命活動の副産物であるとは考えにくい。むしろ、ガスの生産こそがウィーザーの存在意義なのではないか?

スラッシャーやリーパーは物理的に人間を殺して死体をつくる。ウィーザーは、ガスによって化学的に人間を殺して死体にする。手段は違うが的は同じだ。ネクロモーフは死体から生まれる。ネクロモーフにとって死体を作るということは仲間を増やすことにほかならない。やつらは生物を殺すことで繁殖していやがるんだ。

もし、生物を殺する的でガスを生成しているのだとしたら、有機生命体に致命傷を与える物質をやつらは知っているということになる。連中はぼくらの予想以上に高度な、かつ的確な知性と知を有しているってことだ。やつらが自然に発生した生命体であればだが。

Divider/ディバイダー

一見すると長身人間みたいなネクロモーフ。だが実際は死体に5体のネクロモーフが連結した集合体だ。それぞれが頭と四肢に擬態し、あたかも1体のネクロモーフに見せかけているというわけだ。攻撃を加えると偽装が解け、頭の個体と手足だった状の4体、計5体に分裂(ディバイド)する。

分裂すると5体がバラバラに攻撃してくるため、かえって厄介かもしれないな。1体にまとまっているときにステイシスをかけて逃げてしまうのも手なんじゃないか?

頭部に擬態する個体は、人間の顔のような造形もあり、首からは何本も触手が生えているから、ぼくはタコ頭って呼んでる。この、まるで南極基地に根をった宇宙生物みたいなタコ頭は、つねに寄生する対を探している。あいつ……クリゴンが見つかったら教えてくれとぼくを笑ったあいつは運が悪かったんだ。ディバイダーは最初から5体に分裂した状態でしていることもあるんだ。あいつは死から飛びかかってきたタコ頭に反応できなかった。触手で喉を締め上げられたかと思うと、一あとには、あいつの首はぼくのあしもとに転がってたよ。

それだけなら……まだましだった。ただ死ねるだけがどんなに幸福か、多くの人間は知らないんだ。そのときまでぼくだって知らなかったんだから。

タコ頭は、首がもげて血しぶきを上げる頸部の断面に、触手を刺し込み、ねじ込んで、まるで最初から自分がその体の持ちだったかのように、新たな頭部として居座ったんだ。手で頭の位置を調節さえしていた。ふとした拍子にぼくのほうへふりむいたときの、あのおぞましいは死ぬまで忘れられない。いまでもを閉じるとまぶたの裏に浮かぶんだ。タコ頭に乗っ取られたあいつの体は、機械みたいにぎこちないながらも歩いてどこかへ行ってしまったよ。ネクロモーフの乗り物となったあいつの体は、いまでもどこかをさまよってるんだろうな。

なあ。そうはなりたくないよな

Twitcher/ツウィッチャー

海兵隊が例のくそったれインフェクターによって変異させられたとき、あきらかに通常のスラッシャーとは違う現が起きていた。あらゆる動作が異常に高速なのだ。まるで映像回ししているかのようだった。おそらくは隊員が装備していたステイシス・モジュールが、ネクロモーフ化に際し暴走し、本来の鈍足化とは逆の効果、すなわち高速化を誘発してしまったものと思われる。痙攣(Twitch)さえも速いので生理的嫌悪感のオマケつきだ。

その速さはほとんど神速と言ってもいい。こいつに胴を上下に両断された仲間の脚は、られて上半身がなくなっていることに気づかず、何歩か歩いてからようやく倒れたほどだ。こいつからすれば、ぼくらはそれこそステイシスをつねにかけられているかのごとくノロマなのだろう。

異常に速い以外はスラッシャーと変わりがなく、両腕の切断で倒せるのだが、あまりに素いので狙いをつけるどころか安全な間合いをとることさえ難しい。ステイシスをかけても、高速化の原因のせいか、通常より効果時間が短いときた。とはいえ接近されたら終わりなので、どんどん使って近づかれる前に対処してしまったほうがいいだろうね。

Hunter/ハンター

人間から賜ったありがたい贈り物、つまり「慣れ」のおかげですでにネクロモーフに慣れてしまっていた海兵隊員たちは、やつらをただ化するのに飽きていて、いろいろな方法を試していたんだ。こんな殺し方はどうだろう、いいね、おまえの料理よりユニークだ。そんな調子さ。

そんなときに現れたのがこいつだった。ぼくらは最初、こいつをただのスラッシャーだと思っていた。体格こそ大きいが、個体差の範疇だと片付けてしまった。

ぼくたちはやつらに慣れていたはずだった。だがぼくらはなんにもわかっちゃいなかったんだ。なんにも。

このスラッシャーもどきが歩いてくるあいだに、だれがこいつを攻撃するか、海兵隊員たちはのんびりと決めた。退屈な仕事を仰せつかった一人の隊員がめんどうくさそうライフルを構えた。彼らはスラッシャーに嫌気が差していたんだ。どうせ戦うならもっと倒し甲斐のある相手――ツウィッチャーやブルート――が欲しかったのさ。

ともかくも彼はパルスライフルでやつの両腕を狙い撃って、難なく切断した。やつはその場にうずくまった。終わりだとだれもが思った。中断されていた雑談に戻ろうとした。

でもつぎの間、みんなを疑った。やつはみるみるうちに両腕を生やして、なにごともなかったかのようにまた歩いてきたんだ。

今度はその場にいた隊員全員ライフルを向けた。そしてはじめてネクロモーフに出くわしたときのように一斉射した。

容赦なんて素粒子ほどもない猛攻に、やつの腕も足もちぎれ飛んだ。そのたびにやつは四肢を再生させて元通りになった。

ぼくにはテレパシーはない。でもあのとき、みんながおなじことを思ったと断言できる。つまりこういうことだ。「こいつは不死身なんじゃないか――」。

そしてぼくらは、神さまからの贈り物をためらうことなく捨てて、両親からのかけがえのない贈り物である2本の足を使って逃げ出した。こいつはいまもぼくら狩人のごとく狙っているんだろう。この難敵をほかのスラッシャーと区別するため、だれからともなくハンターと呼ぶようになったよ。特別な素体がネクロモーフ化するとハンターへ変異するのか、スラッシャーが成長するとハンターになるのか、それはわからない。……だれかがスラッシャーを品種良した? なるほどおもしろい推論だ。ネクロモーフを兵器として運用するなら、スラッシャーの最大の弱点である腕をいくらでも再生できるよう良すれば、むかうところ敵なしになる。やつの有用性をいままさにぼくら明しているってわけだ。

実際、ぼくにはハンターを倒す具体的な方法は思いつかない。遭遇したら、とりあえず四肢を切断してステイシスをかけ、やつが再生に専念しているうちに逃げてしまうのが最上の策だ。「ジェットエンジンの排気口の前にでもやつを立たせて、フルスロットルで焼きつくしてしまえばいいじゃないか」とは、例のユニーク料理を作る海兵隊員の言だ。最高のプランだと思うよ。ハンター以外の敵にも対処しつつ、やつを排気口まで誘導して、そこで四肢を破壊し、ステイシスをかけ、その効が切れる前に安全な場所にまで退避する、そんな大仕事ができるのならね。

Leviathan/リヴァイアサン

ぼくらの船の管制システムが、あるとき貨物室に尋常でない大質量の異物を検知した。ああ、こいつだ。こいつに寄生されたせいで船は離陸すらできなくなった。貨物室で「食糧」を節操に摂取した結果、際限に肥大した塊のようなこのネクロモーフは、あまりの巨大さからリヴァイアサンと仮称された。

質量保存の法則に従えば、もしリヴァイアサンが船の食糧を暴食して巨大化したのなら、成長した質量は積載されてあった食糧のぶんをえるはずはない。質量は食糧からこの忌々しい醜いネクロモーフに変換されただけで、船が飛べなくなるほど重くなるわけがないんだ。その重量の貨物を積んで第二宇宙速度えて重力を振り切ってきたんだから。

だから、こいつは備蓄されてあった食糧だけでジャバ・ザ・ハットになったんじゃない。こいつからはあの触手野郎……テンタクルスが何本も生えていたんだ。きっと、ぼくらの仲間ばかりか、船外にまで触手を伸ばして、数えきれないほどの人々を「食糧」にしてきたんだろう。

海兵隊が駆除に当たったのだけれど、圧倒的な威容と膨大な質量にたがわず、とんでもない耐久を有していて、ハンターとはまた別の理由で倒しきれなかった。行動パターンそのものは単純で、どうやら触手を3本ほど切られると本体が口から爆弾を飛ばしてくるみたいだ。爆弾はかならず5発連射してくることも判明した。だから4発めまでは回避して、5発めをキネシスでとらえて投げ返せば勝機はある。前回は残念ながら弾薬が尽きて撤退を余儀なくされたが、物資さええれば船を取り戻せるだろう。ペイバックだ。

さあ行こう。帰るんだ、ぼくらの星へ。

ネクロモーフの耐久戦闘力は脅威だ。軍隊でさえ全滅してしまった……そして少なくない数がやつらとなって、ぼくらを自分たちと同じようにネクロモーフにしようと付け狙っている。

みたところネクロモーフどうしで殺しあっている様子はない。たぶんだけれど、スラッシャーとかラーカーとかいった個体たちは、個体であって個体じゃない。ネクロモーフという大きな存在の手足というべきなんじゃないだろうか。右手左手が喧するようなことがあるかい? それと同じなんだよ。ネクロモーフたちは、すべてが同じ的に向かって互いを補しあいながら進む透したひとつの意志なんだ。そこには人間のような同種間の奪い合いや殺し合いはない。戦争も。

もしもすべての人類がネクロモーフになってしまったら。

飢餓や貧困戦争といった、有史以来ずっと人類を悩ませ続けたあらゆる問題が一気に解決する。もう争うことはない。理想の世界が実現できるだろう。みんながひとつになれるんだ。ネクロモーフという形で、みんなが群居する精Hive Mind)となれば、みんなが自分になる。自分とは争わないし、よって戦争の根たる憎しみも生まれない。

だが、そんな世界を受け入れるかと問われれば、答えは否だ。断じて否だ。

人間はみんな違う。違うからこそ歴史を紡いでこられた。たしかに人類は愚かだ。こうして宇宙に進出したのも、地球の資を食いつぶし、みずから住めないにしてしまったからだ。

だからこそ、人類が人類の手で、ひとつひとつ問題を解決していくことが重要なのだ。その姿勢そのものにかけがえのない価値があるとぼくは思う。人類は、人類みずからの手で未来を切り拓かねばならないんだ。安易にネクロモーフなんかに委ねていいもんじゃない。

ぼくは最後まで戦う。たとえその結果死ぬことになったとしても、おまえたちに膝など折らないと、あがききってみせる。

さあ行こう! 人類の新たな明けのために!

 

 

 

報告書抜粋

        

捜索救難艦USG    船内居住区第  エリアにて、1体のネクロモーフ(以降、検体E1008と呼称)およびLogを回収。


  

検体E1008は         に収容。経過観察。
Logの解析終了。全文を記録。Log機器は破棄。


    

発見時の状況、Logの内容等から、E1008は同Log              博士である蓋然性が高いとの意見。

USG    は外宇宙生態系の調も兼任か。

重要性は低との認識多数。収容の継続は必要なし。


  

E1008の殺処分執行。     標準時 時開始。   分、全機停止を確認。


 備考

Logの内容から、E1008が変異する以前は、E1008以外の人物が存在したことがわれるが、発見時には同船内にE1008以外の生存者はいなかった可性が高いとの調結果。


 

 以上をもって第      号の調は終了するものとする。

The Church of Unitology

 

 

 

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 18
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%95

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ネクロモーフ

4 ななしのよっしん
2015/12/31(木) 04:04:38 ID: LEF1qGvId/
>>1>>2

私はユニトロジストではないけどこの記事は
ちょっとコンバージェンスを悪く書き過ぎな気がします
5 ななしのよっしん
2016/03/13(日) 15:31:25 ID: DXsS6pp+dK
ヘイローのやばい菌類とどっこいなやばさだよね
マグロ壊せば止まる分まだ辛うじて優しいけど
6 ななしのよっしん
2017/01/16(月) 14:28:51 ID: kXIxqFmD8Y
そのマグロ自体が頭おかしくさせるからなぁ…。
近づくだけでも発狂させたりバトルはじめたり。
7 ななしのよっしん
2017/02/10(金) 10:36:08 ID: m0ooMydGmL
>どんな不感症でも括約筋が引き締まるってもんだ。
これ本編ログから?
8 ななしのよっしん
2017/05/20(土) 04:08:29 ID: TM4Swt2FWL
フィギュアやたらに値上がりしとるな
安いうちに買っといてよかった
>>azB004KX5IOQexit_nicoichiba
9 1807
2017/09/27(水) 16:44:35 ID: TmBAFSOiHk
記事作成者(編集者?)に文才がありすぎて怖い
よくやった
10 ななしのよっしん
2019/01/21(月) 02:07:57 ID: j0VY95KGJg
うーん正直SCPパクリっぽくて寒く感じた。作品との整合性もいし
まぁ凝った作りなのは確か
11 ななしのよっしん
2019/04/07(日) 23:57:07 ID: NGk6gFWZny
>>10
うっざ
12 ななしのよっしん
2020/08/04(火) 16:58:29 ID: TmBAFSOiHk
>>10
こういうコメントは逆効果だら止めた方がいいぞ
SCPファン=失礼な、と紐づいちゃうぞ
13 ななしのよっしん
2020/10/26(月) 11:49:37 ID: 9kiP52uN6D
読みづらいな。

急上昇ワード改

おすすめトレンド