ネルソン・ピケ単語

ネルソンピケ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ネルソン・ピケNelson Piquet Souto Maior、1952年8月17日 - )は、ブラジル出身の元F1ドライバーのことである。

息子ネルソン・ピケJr.」もF1ドライバーとして活躍した。

経歴

F1以前

1952年ブラジル・サンパウロ州にて生まれる。

父親国会議員であり、息子プロテニスプレイヤーにしようと考えていたものの、ピケ自身はテニスにあまり興味はなく、モータースポーツにハマっていく。

父親にバレないよう方の旧姓である「ピケ」を名義に使用し、14歳頃にカートレーサーとしてキャリアを歩みはじめる。

1971年ブラジルカート選手権でチャンピオンになると、翌1972年も連覇。1976年にはジュニアフォーミュラ・Veeでチャンピオンとなり、この活躍がブラジルレーサーの先駆け的存在であるエマーソン・フィッティパルディのに止まり、彼の助言・助もあり舞台ヨーロッパへ移す。

1977年ヨーロッパF3選手権に参戦し、2勝をあげランキング3位の好成績を収め、翌1978年にはチャンピオンく。この年のシーズン中にF1世界からがかかる。

F1デビュー

1978年第11戦ドイツGPでエンサインからスポット参戦しF1デビュー(決勝はリタイア)。続く第12戦からはBSファブリケーションズから参戦、第14戦イタリアGPで9位完走。最終戦は名門ブラバムから参戦し11位完走

1979年ブラバムレギュラードライバーとして契約ワールドチャンピオンに2度いたニキ・ラウダチームメイトとなった。予選で速さを見せることはあるものの信頼性の低いマシンに苦しみリタイアが続く(15戦中9戦リタイア)。そんなマシンではあったものの、第12戦オランダGPでは4位に入賞し初のポイントを獲得、最終戦アメリカ東GPでは予選2位フロントローを獲得した。

1980年マシンエンジンアルファロメオからフォードDFVに変更し戦闘力が大幅に向上。開幕戦アルゼンチンGPでいきなり2位台を獲得すると、第4戦アメリカ西GPでは予選でポールポジションを獲得し決勝も優勝、更にはファテストラップも記録。その後も安定して上位で走行、シーズン3勝をあげ一時はランキングトップに立つものの、終盤の2戦連続リタイアがランキング2位となった。

1981年、第3戦アルゼンチンGP、第4戦サンマリノGPで連勝、その後リタイアが続いたものの第10戦ドイツGPで優勝し、ウィリアムズ勢としいチャンピオン争いを繰り広げる。1ポイント差で2位の状態で迎えた最終戦ラスベガスGPで見事に優勝1位であったカルロスロイマンが8位に終わりポイント獲得出来ず、逆転で初のワールドチャンピオンとなった。

1982年、この年はエンジン完成度が低く苦戦を強いられた。第8戦のカナダGPで優勝するものの、第7戦デトロイトGPでは予選落ち、第2戦のブラジルGPではトップチェッカーを受けたものの、マシン最低重量違反で失格など苦しんだ。ランキングは11位と大きく下降し、チームメイトリカルド・パトレーゼにも遅れを取ってしまった。

1983年レギレーション定の恩恵を受けマシン戦闘力が向上。中盤戦までルノーの新鋭アラン・プロストに押される場面が立ち、一時は14ポイントも差をつけられたものの、終盤に2連勝し一気に2ポイント差まで縮めると、最終戦南アフリカGPではプロスト々にリタイア、優勝がほぼ決まった段階でパトレーゼに順位を譲り、自らは3位でフィニッシュ。2度めのワールドチャンピオンいた

1984年、当時の記録となる9度のポールポジション獲得や、3度のファテストラップなど速さを見せ、シーズン2勝をあげたものの、シーズン通してマクラーレンのラウダプロストが圧倒。リタイアも多くランキング5位に終わった。

1985年、第7戦フランスGPで優勝したものの、ブラバムマシン戦闘力が低下、リタイアも多くランキング8位と低調に終わる。シーズン後、長年所属したブラバムと年俸交渉で決裂、ウィリアムズマシンに惹かれオファーを受諾。翌年からウィリアムズで走ることとなった。

1986年スペックの高いマシンを駆り4勝をあげチャンピオン争いを繰り広げたものの、契約時No.1待遇で契約したはずが、蓋を開けてみればチーム内で同僚のナイジェル・マンセルとの閥争いのような形となってしまい、マンセルとピケ情報共有もしの状態で戦った事がき、最終戦オーストラリアGPでマクラーレンプロストワールドチャンピオンの座を奪われた形となってしまった(ランキング3位)。シーズン後、なぜチャンピオンになれなかったのか?という問いかけに「No.1が二人いたから」と答えた。

1987年、第2戦サンマリノGP予選でしいクラッシュ、その後遺症のせいで充分な睡眠が取れなくなり睡眠不足で戦う事となったシーズンであったが、第4戦から4戦連続2位、第8戦から2戦連続優勝、その後も安定して表台に登り、速さはあるもののリタイアも多く、ムラのあるマンセルとは対照的にポイントを積み重ね、3度ワールドチャンピオンを獲得シーズン後、チームの体制がマンセル寄りになっていることなどの不満から移籍を決意、No.1体制を確約しホンダエンジンの供給が決まっていたロータスへ移籍することになった。

1988年チームも変わり新たなチームメイト中嶋悟とともに戦うことになったシーズン。しかし、マシンコーナリング性が低く苦戦、コンスタントに入賞し3度の表台を獲得するものの優勝争いにはなかなか加われず、中嶋に遅れを取る場面も立った。

1989年ホンダエンジンを失い戦闘力が低下、中団での戦いを強いられることとなった。表台もく入賞4度に終わってしまい、第11戦ベルギーGPではロータス歴史上初となる2台って予選落ちを喫するなど厳しいシーズンとなってしまった。シーズン後、1ポイント10万ドルという全出来高制の契約ベネトンへ移籍。

1990年シーズン通して安定して入賞を積み重ね、チームメイトアレサンドロ・ナニーニを上回る活躍を見せ存在感を示す。第15戦日本GP開催前にナニーニが自ヘリコプター事故で右腕を切断する事故で離脱し、代役にブラジル時代から付き合いのあるロベルト・モレノが起用されるとモレノを従え1-2フィニッシュを達成、自身3年ぶりの勝利をあげると、続く最終戦オーストラリアGPでも勝利し2連勝でシーズンを終え、ランキング3位と復調した。

1991年ナニーニに代わりモレノと戦う事となったシーズン。第5戦カナダGPで最終周にマンセルリタイアし逆転優勝、これがピレリタイヤにとっても5年ぶりの勝利であった。F1参戦通算200戦の第12戦イタリアGPでは6位に入賞、しかし、このレース直前にモレノ解雇ミハエル・シューマッハを加入させたことでチームへ不信感を抱き、更にチームがピケとの契約を延長しない方針であると知り、移籍先を探すも交渉が上手くいかず、結局この年限りでF1舞台から去ることとなった。

F1引退後

F1から去った後には、インディ500ル・マン24時間耐久レースに参戦。2000年モータースポーツ殿堂入り

レーサーとして引退した後は実業として様々な事業で活動している。

人物・エピソード

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%94%E3%82%B1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ネルソン・ピケ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ネルソン・ピケについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!