ネーナ(ジョジョ)単語

キメーナ

チュミミ~~~ン

ネーナ(ジョジョ)とは、ジョジョの奇妙な冒険Part3「スターダストクルセイダース」のキャラクターである。

概要

ちゅーみみぃぃぃん☆

DIOジョースター御一行を駆除するべく送った刺客。エンヤ婆責任を持って送り付けた模様。

非常におしとやかで美しい女性ポルナレフも惚れた。最初はホル・ホース人として登場、その後の戦闘相棒を失い逃げに転じるホル・ホースをかばう役で再登場し、見事に逃走させた。

その後彼女を刺客だと知らないジョースター御一行は彼女に乗せて、エジプトす。しかし、すでにジョセフ・ジョースターの右腕に彼女スタンドを取り付けており、スタンドを肌が腫れたものと勘違いしたジョセフ病院に行くが、行った先の医者ネーナスタンドによって殺されてしまった。ここでようやくジョセフは攻撃が始まったものと認識する(但しこの時点ではネーナの仕業とは分かっていなかった)。

まんまと医者を殺した後は、ジョセフを追い詰めるべく医者殺しの罪をジョセフにかぶせてしまう。やむなくジョセフは逃げるが、逃げてる最中でもキャベツリンゴなどを露店からひったくってはムシャムシャと食べ、体を成長させていった。

あたいが「女帝(エンプレス)」よッ!チュミミ~ン!!

【破壊:C/スピード:E/射程距離:A/持続:A/精密動作性:D/成長性:D】

ターゲット体と融合して発現するスタンド。作中では人間の上半身に相当する部分まで出てきた。人間の言もしゃべることができ、意思を持ったスタンドと言える。女帝(タロットカード)が由来。

最初は腕に顔が描かれているような感じだったが、次第に輪がハッキリしてきた上に腕も生えて、あっという間に人間の形にまで成長した。「その割に成長性低くね?」と思った方も居るだろうが、あくまでの一環として体を成長させているだけなので、スタンドそのものの伸び代である成長性とは関係ない模様。

成長すれば数発殴るだけで製の義手をボロボロにするほど。ジョセフ体と融合しているので一般人にも見えるしも聞こえるが、生物ではなくれっきとしたスタンドなので腕ごと没させられても窒息しないでぴんぴんしていた。

余談だが、このスタンドチュミミ~ンという独特の口癖(鳴き?)は、後々に第七部の主人公スタンドにも見られるようになった。そのスタンドも姿や性質が変化はするが、醜くない。

決着

上記のようにかなり強いパワーがあるほか、ジョセフスタンド隠者の紫」ではコイツを殺すほどのパワーもなく、更にくすねた釘をジョセフの首に刺されるといった絶体絶命

しかし、実は先ほど腕を漬けていた液体はただのではなくコールタールであり、時間経過でいたコールタールによりガチガチに固められてしまった(ちなみにコールタールの場所はジョセフが念写で調べた)。これで形勢大逆転。抵抗になった「女」を、棒に引っ掛けて体重を掛けることでパワーを補った隠者の紫で絞殺したのだった。

そしてこのときネーナさんはというと、当然スタンドダメージがあったので、自分もダメージをくらうのだが…。

         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『おれはネーナの前で吐いたと
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        思ったらいつのまにかニクダンゴにすり替わっていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    催眠術だとか超スピードだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/` /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

実は、普段のネーナは自身に「女」を寄生させて腫瘍で体を覆うことで外見を替え、美人として生活していたのであった。その本当の姿は………。とても言葉で表現できないものなので、実際に見てみることを推奨する。聞は一見に如かず。

歴代担当声優

なおOVAドラマCDではスタンド使いではなく名前も異なる。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

 J・ガイル(ハングドマン)

ズィー・ズィー(ホウィールオブフォーチュン) 

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%83%8A%28%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%B8%E3%83%A7%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ネーナ(ジョジョ)

66 ななしのよっしん
2014/08/22(金) 14:53:24 ID: sZYzy1WOpz
個人的に最も気持ち悪いスタンド
人面瘡みたいに逃れられない設定もさる事ながら
突然取るカンフーの構えが滑稽を通り越して不気味だし、
とどめにあの醜悪ななりで女ってのが恐さを倍増させる。
67 ななしのよっしん
2014/08/25(月) 02:17:00 ID: 6LARf/rhWz
>>63
>>65
根拠もいが矛盾いと思うけど?
むしろ、同一人物だとすると、貴族としての立場をどうやって作り出したか、
そこまで手間をかけてホル・ホースを騙す必要があったのか、等々別の問題が生じる。
ホル・ホースの監視や裏切り防止とかなら、肉の芽で良いし、組んでいるJ・ガイルもいるのに、
ホル・ホースと同行しない貴族のふりをする必要はいよね。
論、同一人物だと断言できる根拠があるなら別の話だけど、そんなのあったっけ?
68 ないちゃん
2015/06/21(日) 20:35:09 ID: O15Fhh0osw
ぬんっ
タイトル:ちゅーみみぃぃぃん☆
画像をクリックして再生!!
 
Twitterで紹介する

69 ななしのよっしん
2015/09/14(月) 22:52:38 ID: /vtzdk4ZHK
これ現実にもよくある話だよな。

例えばネット上や本人の内ではベヨネッタ
現実ではエンツォみたいなおばちゃんとかおっさんだったり、みたいな。

性格と外見のイメージが一致しないことも現実にはよくあるし。
(一見紳士的な男性がとんでもなく変態的な感性や性癖を持ち合わせているとかね。
そういうギャップは嫌いではないけど)
70 ななしのよっしん
2017/02/04(土) 02:47:31 ID: WQSL0lOH6r
エンプレスの「成長性」の低さについてだが、似たようなイエローテンペラスも「成長性:D」だったりするので、依代を集めてでかくなるのはスタンドの「成長」じゃないみたいだな。
71 ななしのよっしん
2017/08/01(火) 00:56:22 ID: wUz6tCBEpf
ホルホースにも正体伏せて連携しなかったのは、ホルホースたちが任務成功しても手柄横取りする気だったのかな
72 ななしのよっしん
2017/08/15(火) 00:48:15 ID: 8V89jmirxq
は別人の方がしっくり来るけど、同一人物の人はホルホース
行動をどうみるんだ?
全に正体を知らなかったか、インド人のスタンド使いとでも思っていたのか。
知ってたとしても醜女と知って演技してたのか。
色々かいしゃくあるだろし教えてほしい。
73 ななしのよっしん
2018/03/18(日) 16:16:46 ID: bcj6PIqRwn
元ネタ進一のかわいいポリーというのは
書く必要ないかね?
74 ななしのよっしん
2018/04/19(木) 22:41:48 ID: q5AWK8ouQo
>生物ではなくれっきとしたスタンドなので腕ごと没させられても窒息しないでぴんぴんしていた。
スタンド使ってる本人がゼイゼイ息を切ってたから
スタンドだから没しても効かないはハッタリだと思う

>>72
ホルホースが信用されてなかったと考えるのが自然かな
75 ななしのよっしん
2019/02/01(金) 22:50:45 ID: 7e1dUr/IYx
元ネタというか着想元は落語のこぶ弁慶じゃないの
荒木先生落語好きだし

急上昇ワード