ノイエン・ビッター単語

ノイエンビッター
1.8千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ノイエン・ビッターとは、OVA機動戦士ガンダム0083』の登場人物である。
CV:池田勝

概要

々の意地を見よ!」

ジオン公国軍に所属する男性の軍人。初登場作品は一年戦争後を描いた『0083』。のちに製作された『MS IGLOO2』第2話「陸の王者、前へ!」では名前のみ登場した。

官の立場でありながらモビルスーツパイロットであり、揮を執る。武人の鑑と称されるほど優れた人物のため部下から絶大な信頼を勝ち得ており、一年戦争敗戦から3年もの間、キンバライト基地を維持できたのも彼の人徳が成せる技と言える。

来歴

一年戦争時の階級は大佐宇宙世紀0079年3月18日、資確保の的でアフリカ大陸に降下し、連邦軍のキリマンジャロ基地を攻略。以降はアフリカ方面軍の官として采配を振るっていたが、『MS IGLOO2』によると欧州方面にも出張していたようで、7月頃にノイエン揮下のMS部隊がヨーロッパ連邦軍をドーバー海峡側へ追いつめていた。ところが連邦軍の策略に引っかかり、南方に用意された囮に向かって進軍。MSの援護を受けられなくなったマゼラアタック61式戦車の逆襲を受けて損を出すも、エルマー・スネル大尉ザクが残ってくれたおかげで何とか敵の機甲戦を殲滅した。

00801月1日一年戦争ジオン軍敗北に終わった。地球に残留していたアフリカ方面軍は依然戦と高い士気を保持しており、ノイエンは彼らをまとめて秘密裏に整備したキンバライト基地で潜生活を開始。連邦が届きにくいアフリカの地で抵抗を続けた。基地の戦としてドム・トローペンや後期ザクⅡを10機前後を保有。その中には自身の専用機であるザクF2も含まれている。来るべき決起に備えて整備を続けていたが、部品の不足からかニコイチしたザクが見られるなど厳しい台所事情が散見される。また、大切に保管しているHLV1基があった。敗戦後はいつのまにか少将に進級。

008310月13日ジオン残党組織デラーズフリートが「作戦」を発動すると、ノイエンはそれに協GP02強奪を支援すべくザメルドム・トローペントリントン基地派遣した。強奪には成功したもののアルオン隊の追撃を受け、翌14日の戦闘で送り込んだ戦を全て失う。GP02を強奪したアナベル・ガトーはコムサイ宇宙へ脱出しようとしたが、アルオン隊の追撃により失敗。万が一に備えて用意していたもう一つの脱出経路を使うべく、ユーコン潜水艦に乗ってアフリカに移動。キンバライト基地へとやってきて、歓呼ので出迎えられた。脱出に使うのは当基地のHLVで、この大任が終わった後は基地ごと降させる積もりだった。ガトー重なシャンパンを酌み交わして楽しい一時を過ごしたが、ノイエンにも作戦の全容が知らされていなかったという。

10月23日、追撃のアルオン隊がアフリカ大陸にまで現れ、スパイとして潜入させていたニック・オービルを逆に利用してキンバライト基地の所在を割り出そうとしてきたため、2機のザク派遣してオービル機を撃墜。更に数少ないMSを囮に使ってアルオン隊からMSを引き離し、最後の総仕上げとして自らが率いるMS隊で母艦に襲撃をかけた。ビッター隊とアルオン隊の戦いが始まった。アルオンの撃沈だけを狙い、薄していく。ところが誘引していたはずのゼフィランサスたちがアルオンの下に戻り、敵の戦が増強される。ザクドムが撃破されていく中、ついにキンバライト基地からHLVが発射された。アルオンが慌ててを撃つが、ジオンの執念が守っているかのように命中しない。やがてHLVは高く昇って行き、射程距離から脱出。それを安堵の表情でビッターは見送った。そして眼前の敵に引導を渡すべく、跳躍。アルオンの艦に接近し、口を向ける。あと少しで撃沈させられるはずだったが、ゼフィランサスビームライフルを受け、爆散。ビッターは戦死した。彼のザクは、を仰ぐかのように右手を突き立てていた。

ビッターの命通り基地の最高責任者となったヴァー大尉旗を掲げ、キンバライト基地は降した。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ノイエン・ビッター

1 ななしのよっしん
2021/03/22(月) 18:34:47 ID: VpOC97FMQb
もし作戦作戦内容を知ったらビッター閣下はどう反応しただろう?