ノックスの十戒単語

ノックスノジッカイ
  • 8
  • 0pt
掲示板へ

ノックスの十戒とは、イギリスの推理作家ロナルド・ノックスが1929年に発表した、推理小説を書く際のルールである。

概要

  1. 犯人物語の最初に登場していなければならない。
  2. 探偵方法に自然を用いてはならない。
  3. 犯行現場に秘密の抜け・通路が二つ以上あってはならない。
  4. 未発見の毒薬や難解な科学的説明を必要とする機械を犯行に用いてはならない。
  5. 中国人を登場させてはならない。
  6. 探偵は偶然や第六感によって事件を解決してはならない。
  7. 変装して登場人物を騙す場合を除き探偵自身が犯人であってはならない。
  8. 探偵読者に提示していない手がかりによって解決してはならない。
  9. ワトスン役の登場人物は自分の判断を全て読者に知らせねばならない。
  10. 双子などの一人二役はあらかじめ読者に知らされねばならない。

以上の10項である。

これらは推理小説執筆の基本方針となるものだが、物語を面くするために故意にルールを破った作品も多数存在する。特に最近の推理マンガエンタメ推理小説では全て守っている作品のほうが少ない。また、最も有名な探偵小説である『シャーロック・ホームズシリーズや、「ミステリー女王」と呼ばれるアガサ・クリスティーの作品(ポワロなど)でも、ルールに抵触するものが結構あったりする。
当のノックス自身、このルールに当てはまらない作品をいくつか発表していたり、「なんではこんなモノを考えたんだ」とコメントしていたり、厳密なルールというよりは本格ミステリやそれに拘る人々へのジョークユーモアとしての側面も大きい。

ルール5の「中国人を登場させてはならない」というのは、当時(20世紀初頭)のイギリス人たちにとって東洋は未知の文化でファンタジックな存在でもあったことから、当時の娯楽小説などに登場する東洋人の多くは奇術を使うケースが非常に多かったという背景による。それがルール2やルール4に反するため。言うまでもないが現代では何の問題もない。
同時代のヨーロッパで「中国人は不可思議な技を振るう存在だ」と見なされていたことを示す別の例としては、1912年から連載開始したイギリス犯罪小説『フー・マンチュー』シリーズや、1926年にドイツで初演された舞台中国の不思議な役人』などがある。
特に『フー・マンチュー』は当時の大衆小説に大きな影を与えた。『フー・マンチュー』とよく似た「悪の秘密結社を率いる、奇怪な技術や奸智に長けた中国人」が登場する小説が、当時の安雑誌(いわゆるパルプマガジンなど)に多数掲載されたと言われる(当時の欧に漂っていた、黄色人種を脅威と見なす思想「禍論」の雰囲気も背景としてあったと想像できる)。ルール5には、こういった「安易な流行もの」をめる意味もあったのかもしれない。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 8
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8E%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%8D%81%E6%88%92

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ノックスの十戒

93 ななしのよっしん
2019/06/17(月) 22:41:58 ID: 7UcOQm5ToD
逆に全部破って推理小説を書いてみよう。
1.犯人は最後に唐突に登場(実はずっと隠れて活動してたのだ凄いだろう)
2.探偵は霊媒師でさらに読心も持つからすぐに犯人が分かるぞ(でも犯人を知らないのでわからなかった)
3.犯行現場はカラクリ仕掛けの密室、屋敷中につながる秘密の通路の中枢だった!(しかしすべての秘密の通路にも犯人はいない!)
4.それもそのはず、犯人は物質転送装置で逃げたのだ!
5.しかも犯人は秘孔をついて被害者・撃者の記憶を消すことさえもやってのけている中国拳法使い!
6.探偵「はっ!これはきっと・・・」
7.探偵犯人は実はだったのだw」。
8.探偵「だからは秘密裏にこういったことを使って犯行できたのよw」
9.ワトソン「これ以後読者の皆にも秘密アル
10.
94 ななしのよっしん
2019/06/17(月) 23:07:33 ID: VlEpT+65BV
実際に一つずつノックスの十戒を破った推理小説短編集がある
ノックス師にげる10の犯罪」とまさにそのまんまのタイトル
95 ななしのよっしん
2019/07/14(日) 11:51:51 ID: 7UcOQm5ToD
>>94
それもいいが自分は「1つの作品で」のつもり。

犯人探偵の別人格で、それゆえ読心持ちの探偵も自分だと見抜けなかった。
別人格は被害者を殺す前に記憶を奪ったので、霊媒術で被害者に聞いても分からない。

ワトソン知ってたけど黙ってたw
96 ななしのよっしん
2019/07/14(日) 12:03:02 ID: CTuOyaDb05
>>95
ナランチャ死んだ時のトリッシュボスがそこそこ当てはまってて
97 ななしのよっしん
2019/12/07(土) 18:36:16 ID: O0Sa/T0E48
この十全部破るって逆にかなり高難易度な気がする。メアリースーテスト高得点にして小説書くのより難しいと思う
ところで、一般の小説書くときの十みたいなのってか書いてないんかね?調べても出てこない...(漫画アニメ用でも可)
98 ななしのよっしん
2019/12/07(土) 18:57:27 ID: Mr0PbOamSh
>>97
全部破るとなると、双子などの一人二役と中国人が登場して、ワトスン役の登場人物は自分の判断を読者に隠し
探偵読者に提示していない手がかりと自然を用いて偶然や第六感によって
物語の最初に登場せず未発見の毒薬や難解な科学的説明を必要とする機械を犯行に用いて
犯行現場の秘密の抜け・通路を二つ以上使って
変装せず登場人物を騙さず探偵自身が犯人であることを暴くのか?
わけがわからないよ
99 ななしのよっしん
2019/12/08(日) 23:01:43 ID: 5fbIMdOhS8
>十全部破る
よくよく精すれば可ではあるかな
1.犯人を中盤~終盤に初めて登場させる
2.探偵自然を使用
3.犯行現場に抜け等を2つ以上用意する
4.一般人には知られていない高度な専門知識や技術、架などを犯行や推理に使用
5.超能力者、特殊者を登場させる
6.推理に際し、運の要素や直感が役に立つ
7.探偵自身が実は犯人
8.推理に使用された要素の一部は、種明かしの段階以降に初めて開示する
9.ワトスン役の一人称で書かれた作品だが、その一人称の部分でワトスン役はをつく
10.登場人物の一部が実は双子(等)だったことが、種明かし以降に読者開示される
100 ななしのよっしん
2019/12/08(日) 23:14:54 ID: Mr0PbOamSh
>>99
別人に変装していない犯人探偵を中盤まで登場させずにどうやって事件を起こすんだ?
101 ななしのよっしん
2019/12/08(日) 23:22:58 ID: 5fbIMdOhS8
>>99の続き
1~6は特に問題はない要素だと思う。
犯人黒幕)が中盤~最後に初めて登場するのは、サスペンス物やアクション物のハリウッド映画とかでは良くある展開なので、むしろうまく活用できそう。
自然的な特殊持ちや自分の高度な専門知識技術を推理に生かす作品や高度な科学を題材にした作品は近年すでに多数ある。
また、未知のウィルス(病原菌)もテロを題材にした作品を中心にそうしくはない。
運の要素や直感は、あんまり露だとあれだが、推理のきっかけやヒントになったくらいなら問題にならないだろう。

問題は7~10。
ここはよほど練りに練って話を構成しないと話が破たんしかねない。
102 ななしのよっしん
2019/12/08(日) 23:32:10 ID: 5fbIMdOhS8
>>100
やり様は色々ありそうだけど、一例としては以下の感じかな。
犯罪現場と被害者の遺体などがあれば犯人探偵が作中に登場しなくても事件発生の描写は出来るので、登場しないと事件が起きないということはない。
あとは中盤までは探偵(=犯人)役ではないワトスン役だけで話を進めるとか。

急上昇ワード