ノトーリアス・B・I・G単語

ノトーリアスビッグ

ノトーリアス・B・I・Gとは、

  1. アメリカHIPHOPアーティスト
  2. 漫画ジョジョの奇妙な冒険』第5部『黄金の風』に登場するスタンド。1が名前の元ネタ

間違えやすいが、『ノトーリアス』であり『ノートリアス』ではない。

1.の概要(HIP HOP アーティスト)

本名クリストファージョージレイトア・ウォレスニューヨーク州出身のラッパー。
90年代を代表するHIPHOPアーティストの1人であり、24歳没という短命ながらヒットを飛ばした。

MCネーム「B・I・G」Business Istead of Gamesゲームの代わりにビジネス)」の略で、「ビー・アイ・ジー」と読むのが正しいが、ビッグと呼ばれることもある。
身長190cm、体重136kgという巨で、幼少の頃からその体格から「Big」と呼ばれていたことが由来のひとつ。称は『ビギー』。「ノトーリアス」は「悪名高き」という意味。

暴力ドラッグが蔓延するブルックリンベッドスタイで育ち、12歳にしてギャング入りしコカインの売人として働く。17歳の時にはの不法所持で逮捕され、19歳の時にはコカイン売買で摘発され9ヶ役している。

麻薬の売人をしていた頃からラップ興味を持ち、フリースタイルラップを行っていた。
作成したデモテープが音楽プロデューサーに留まりデビューリリースした1stアルバム『Ready To Die(死の覚悟)』は大ヒットし、現在もなお名盤として高い評価を得ている。

転機が訪れたのは彼が22歳の時。同業者である2Pacレコーディングスタジオから出た直後撃され負傷する事件が起き、たまたま同じスタジオで収録していたノトーリアスBIGを彼が疑った事から、2者の関係が悪化。2Pac西海に拠点を置くデスロウレーベルへと移籍し、2Pacら「西海」ラッパーとビギーら「東海」ラッパーの間で東西抗争が繰り広げられることになる。

このアメリカ西海ヒップホップ抗争は半ばショー的な意味合いも含んでいたが、ギャングスタ・ラップという彼らのスタイルから本物のギャングまで巻き込んで化し、とうとう2Pacが何者かの撃により殺されてしまう。2Pacからのディス曲をスルーするなどもとより抗争に乗り気でなくなっていたビギーは2ndアルバムの収録作業を進めるが、アルバム発売直前のプロモーションパーティーの帰路において、彼もまた何者かの撃を受け死亡という悲劇の最期を遂げる。没年24歳。犯人は未だ見つかっていない。

暗殺の約2週間後に発売されたアルバムLife After Death死後の世界)』は、全世界1000万枚える売上を記録。短い活動期間ながら、その名は伝説としてHIPHOP界に深く刻まれている。

2.の概要(ジョジョの奇妙な冒険)

概要へ行きたい。ぼくたちは 死体に喰われる。

カルネ

CV阪口大助TVアニメ

ギャング組織『パッショーネ』内『ボス親衛隊』の1人「カルネ(右図)」のスタンド。後述のゆえスタンド名のほうでられる事が多い。

ボスを裏切り、追手を振り切るため空港へ向かったブチャラティチームを単身で襲撃。正面から不気味な笑みを浮かべながら一行へ接近し、ミスタ撃での巣にされ、あっさり死亡する。

しかし彼のスタンド『ノトーリアス・B・I・G』は「本体の死により本格発動する」恐ろしいスタンドだった。
ゾンビのごとくったノトーリアスBIGは飛び立った飛行機の中という閉鎖間で襲撃を再開し、触れるものみな喰らい尽くす恐るべきミスタナランチャジョルノと次々に戦闘不能にしていく。

霊のごとき無敵スタンドに追い詰められた末、トリッシュがついにスタンドスパイスガール』を発現。「物を柔らかくする」を駆使してノトーリアスBIGを細切れにして消滅させることに成功する。

安心した矢先、突如飛行機墜落を始める。異変を感じて振り返ったトリッシュの眼前には、飛行機エンジンを取り込み巨大化したノトーリアスBIGの姿があった。

もはや絶対にこいつは倒せないと悟ったトリッシュは、飛行機をノトーリアスBIGごとティニア墜落させ、自分たちは飛行機の一部を“柔らかく”して作ったパラシュートにより脱出し、的地へ降り立った。本体不在の不死のスタンドは、結局一行に倒されることはなく退場した。

その後、墜落したノトーリアスBIGは、上で炸裂する波しぶきを永遠に自動追跡しつづけ、たまたま通りかかった船舶などを攻撃し沈没させたことから、この域は付近の漁師たちに「ティニア袋」と呼ばれ不吉がられることとなった。

敵スタンドの名は『ノトーリアス・B・I・G』

ノトーリアス・B・I・G
【破壊:A / スピード限)/ 射程距離限)/ 持続限)/ 精密動作性:E / 成長性:A】
A-スゴイ B-スゴイ C-人間と同じ(普通) D-ニガテ E-ニガテ
本体のカルネ死亡後、その念のエネルギーによって発動する自動追跡スタンド
頭部と両腕部にカバーが付いたスライム状の外観をしている。
攻撃を受けたものは、触れた部分から侵食されるように喰われて吸収される。スタンドで攻撃するとスタンドごと喰われるため、機物を介した攻撃以外は厳禁である。
「本体がいない」ため射程距離という概念がなく、周囲の物のエネルギーを取り込んで永久に活動するため持続限である。既に「死んでいる」ため、ジョルノゴールド・エクスペリエンスでも生命エネルギーを察知できなかった。
付近の『最も速く動くもの』を最優先に追跡し攻撃する習性がある。スピードが速れば速いほどそれと同じスピードで追跡するため、スピードにも実質上限がない。もし速く動く乗り物の中で発現された場合、一時的に外へ追い出しても、「高速で動く乗り物」を追跡してしまうため、すぐに戻ってくる。劇中のように時速800Kmの飛行機内で発現された場合は最悪である。
逆に速く動かない限り攻撃対にはならないため、パイプなどの機物を用いてものすごくゆっくりすり潰すように攻撃するとダメージを与えることができる。ただし細切れにしても劇中ではほんのわずかな体液から復活しており、地の文の説明でも全殺不可能と謳われている。
ちなみにカルネ死亡前に人スタンド像を出していたが、何もすることなく死亡したため、生前どういった使い方をしていたのか不明である。本体のカルネも一言も喋ることなく死亡しており、「どうやって死ぬ前に自分の把握したか」などはよく読者議論されている。
「本体がいない」スタンド3部の「アヌビス神」、4部の「チープ・トリック」などがいたが、いずれも第三者の仮の本体に取り憑いてを発揮するタイプであり、全に単独で活動するため無敵かつ脅威であったノトーリアス・B・I・Gは毛色が違う。
なお名前の由来であるHIPHOPアーティスト「ノトーリアス・B・I・G」は、殺された直後リリースされたアルバムLife After Death死後の世界)』が世界的大ヒットを記録しており、このスタンドにもそのエピソードの片鱗がい見れる。

各メディアにおけるノトーリアス・B・I・G

PS2ゲーム『黄金の旋風』

トリッシュ戦闘の敵として登場。初操作時のトリッシュスタンドを発現していないため、シートリクライニングさせてノトーリアスの攻撃を誘導しながらステージへ向かう。ジョルノのブローチに近づくとスタンド発現イベントが発生し、スパイスガールが発動可になる。

トーリアスは触れたらアウトなはずだがゲームではスパイスガールのラッシュで普通ボコボコにできる。原作通りパイプですり潰す攻撃も可

を削り切ると、今度は飛行機エンジンを取り込み巨大化したノトーリアスとのバトルになる。原作では戦闘を諦めたがゲームでは正面からパンチをぶち込みに行く。同社開発ゲームであるバイオ2のG第5形態のように、機内後方から巨体で迫ってくるノトーリアスを攻撃で押し戻し、一定時間耐え切るとクリアとなる。

フリーゲーム『ディアボロの大冒険』

原作の「速く動くものと同等のスピードで襲ってくる」という性質から、こちらが倍速で行動しても同等のスピードで行動してくる敵になっている。逆にこちらが鈍足状態の場合は敵に気づかれることはない。

TVアニメ『黄金の風』

漫画では本体のカルネは一切のを発しなかったが、アニメでは「フフ…(薄ら笑い)」「ウッ!ウッ(撃たれる)」「ウッ…ウッ・・・(呻き)」と喋る(CV阪口大助)。メディアで初めてカルネボイスがついたことになる。

・劇中ノトーリアスBIGを飛行機外へ放り出した後にトリッシュ飛行機上に見たものが「サッカーボール」から「何かい球体のもの」に変更されており、戻ってきたノトーリアスBIGであったことが明確になっている。

原作では文章での説明のみだったノトーリアスBIGのその後について、船舶を沈没させている様が一枚絵で描写されている。肥大化した本体から触手のごとく複数の手が伸びている姿は、さながらクラーケンのよう。

女の子と関連動画へ

買うことによって 初めて作動するエネルギー。

死ぬ前に あの男さえもみたことのなかった コミュニティ。

死体だから 関連項目へ行くいことは できない。

ティッツァーノ(トーキング・ヘッド)

ヴィネガー・ドッピオ

死ぬ前に 故郷ネアリスピッツァが食べたい
ジョルノ ジョバァーナ

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8E%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%BBb%E3%83%BBi%E3%83%BBg

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ノトーリアス・B・I・G

262 ななしのよっしん
2019/05/19(日) 20:57:58 ID: zRW8YmJsGo
ノトーリアスBIGは一巡後の世界でも残ってそう
263 ななしのよっしん
2019/05/24(金) 22:45:11 ID: /czfipkP4A
カルネヴァニラ並みの忠臣説すき
ただのヤク中説あんまりすきじゃない
264 ななしのよっしん
2019/05/24(金) 22:50:18 ID: /czfipkP4A
>>226
実際撃たれた直後にわざわざスタンド出してるしね
生前でも何かしらのがあったのは間違いなさそう
それで迎え撃とうとしたけどミスタが一足先にトドメ刺した感じに見える
265 ななしのよっしん
2019/05/28(火) 01:45:39 ID: ZRKtkYzafE
三部・四部みたいに主人公組が基本不殺なやり方だったらここまで被害は及ばなかったかもしれんが……いや、エボニーデビルの様に恨みを糧して成長するスタンドだったら変わらないか……
266 ななしのよっしん
2019/06/23(日) 23:46:23 ID: qV/x1QgJ4n
阪口大助無駄遣い
267 ななしのよっしん
2019/07/01(月) 15:50:00 ID: Z0CjGPSgB3
個人的にノトーリアスは『スタンド発動中に自分を殺した相手を補足して、ターゲットの殺後にその途中捕食したエネルギーカルネ生させるシビル・ウォーの様なスタンド説』を推したい。
これなら防備に歩いて来たのも解るし生出来るとはいえ一回防備に殺されるからあの表情や顔色悪かったのも説明がつく
本編ではターゲットミスタを殺出来なかったから条件が満たせずそのまま
268 ななしのよっしん
2019/07/01(月) 16:51:39 ID: q/9xD3EP8G
く動くものを差別に攻撃、捕食するから補足するのはちょっと理があるような。
269 267
2019/07/02(火) 03:39:21 ID: Z0CjGPSgB3
>>268
ごめん、正確には

1.スタンド発動時に殺した相手をターゲットロックオン
2.ノトーリアスBIG発進
2a.精密動作性:Eなのでターゲットをピンポイントに狙わず動く物を差別捕食する
3.そんなこんなで周りを食い尽くしてターゲット捕食しきったら今回のノトーリアス終了、それまでに捕食したエネルギーカルネ

こんな感じかなと。
270 ななしのよっしん
2019/07/02(火) 05:06:09 ID: yJet2SoCRu
脚本の人そこまで考えてないと思うよ
271 ななしのよっしん
2019/07/07(日) 14:53:32 ID: Sp1iVqukiE
動かないかぎり攻撃されないというが、
どうせ周囲に動くモノがい状況で
1対1になった場合、心臓鼓動すら
探知されて攻撃されるというオチが待っているんだろう。
ああ、やだやだ。出くわしたくないスタンド
ナンバー1だな。