ノニト・ドネア単語

ノニトドネア

ノニト・ドネアとは、フィリピン出身のアメリカプロボクサー。5階級制覇王者。

通算成績は42戦38勝(24KO)4敗。

概要

出生地はフィリピンで生フィリピン人ではあるが、11歳の頃にアメリカへと移住。
ついてはボクシングに関してもアマチュア時代はアメリカ籍で戦っている。
閃光のような左フックと強な左アッパーを武器に相手を倒していく姿から、
 “フィリピーノ・フラッシュ(フィリピン閃光)”という称を持つ。

KOで魅せる試合を行える事で非常に人気が高いボクサーではあるものの、
実際は抜群のスピードに加えて状況に応じてスイッチできる器用さも兼ね備えたボクサーである。
また、アジア人としては初の要4団体で世界王座を獲得したボクサーでもある。

ちなみに、プライベートで何度も来日するほど大の親日である事はファンの間では有名であり、
WBC世界スーパーバンタム級王者西岡利晃プロキャリア最後の対戦相手としても有名である。

戦歴

<フライ級時代>
最初のメジャータイトル挑戦の対戦相手となったのは、
当時28敗の戦績を誇りIBF世界フライ王座を6度防衛していたビックダルチニャンだった。
オッズが[王者:15-挑戦者:1]とされた圧倒的不利の下評を覆し、5回TKO勝ちを収めて王座奪取を果たした。
その後、3度の防衛を成功させてスーパーフライ級への階級転向を表明する。

<スーパーフライ級時代>
元WBA世界スーパーフライ級暫定王者ラファエル・コンセプションとWBA世界スーパーフライ級暫定王座決定戦を行い、3-0の判定勝ちを収めて王座獲得に成功し2階級制覇を果たす。
後のWBA世界フライ級王者エルナン・マルケスを相手に初防衛戦を行い、8回TKO勝ちを収めて初防衛に成功。
その後、王座を返上してバンタム級への階級転向を表明する。

<バンタム級時代>
バンタム級初戦で元WBA世界バンタム級王者ウラジミール・シドレンコと対戦し、防御面で優れKO負けの経験がない元王者から3度のダウンを奪い4回TKO勝ちを収める。

そして、WBC・WBO世界バンタム級統一王者フェルナンド・モンティエルとの一戦が決定する。
2010年4月に来日し10度の防衛を果たしていたWBC世界バンタム級王者長谷川穂積に4回TKO勝ちを収め、
既に3階級制覇を果たした上に統一王者となりバンタム級最強の呼びも高かったモンティエル
ファンや関係者による戦前の予想はほぼ五分五分だったが…。
衝撃の2回TKO勝ちを収めて2団体の王座を獲得し統一王者となり、3階級制覇を果たす。
この勝利によりドネアは軽量級でのスターという地位を不動のものとする事となる。

バンタム級王座の初防衛戦は37敗のWBO世界スーパーフライ級王者オマール・ナルバエスを相手に行い、3-0の判定勝ちを収めてWBC・WBO両王座の初防衛に成功。
その後、両王座を返上してスーパーバンタム級への階級転向を表明する。

<スーパーバンタム級時代1>
スーパーバンタム級でのテストマッチなしで元WBO世界スーパーバンタム級王者ウィルレドバスケJr.とWBO世界スーパーバンタム級王座決定戦を行い、2-1の判定勝ちを収めて王座獲得に成功し4階級制覇を果たす。

初防衛戦でIBF世界スーパーバンタム級王者ジェフリー・マセブラ王座統一戦を行い、3-0の判定勝ちを収めてWBO王座の初防衛とIBF王座の獲得に成功し、バンタム級に続いて2団体統一王者となる。

スーパーバンタム級第3戦WBC世界スーパーバンタム級王者西岡利晃との一戦が決定する。
ジョニーゴンザレスラファエル・マルケス等のビッグネームを下してWBC王座を7度の防衛を果たし、
スーパーバンタム級最強とも言われていた西岡もドネアとの一戦を待ち続けていた。

歴史的な一戦と言われた試合は2012年10月13日に試合が決定し、この試合前に西岡は正規王者ではなく名誉王者となりWBC王座が懸けられない状態となったので、WBCホセ・スライマン会長が「この試合の勝者には“WBCダイヤモンド王座”を贈与する」と発表する。

加えて試合前日の計量時にドネアが保持していたIBF王座を返上する事を決めたため、
試合はWBC世界スーパーバンタム級ダイヤモンド王座決定戦を兼ねたWBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチとして行われる事となった。

そして試合では序盤からディフェンシブな西岡をドネアが手数で圧倒し、6回と9回にダウンを奪った上で9回TKO勝ちを収めてWBO王座の2度の防衛とWBCダイヤモンド王座の獲得に成功し、スーパーバンタム級最強明した。

西岡戦から僅か2ヶ弱の間隔でメキシコ人初の5階級制覇を果たしたホルヘ・アルセを相手に3度の防衛戦を行い、アルセにど何もさせず3回に2度のダウンを奪い3回KO勝ちを収める圧勝で3度の防衛に成功。

スーパーバンタム級第5戦アマチュア最強との呼びも高く、プロ7戦世界王者となったWBA世界スーパーバンタム級王者ギレルモ・リゴンドーと王座統一戦を行う。
試合では序盤から有効打とスピードで劣勢に立たされ、10回にダウンを奪ったものの0-3の判定負けを喫して、WBA王座の獲得とWBO王座の4度の防衛に失敗し王座から陥落した。
この敗戦により、3戦から続いた連勝も30ストップした。その後、フェザー級への階級転向を表明する。

<フェザー級時代>
約7ヶぶりの再起戦として約6年前に対戦したビックダルチニャンとノンタイトル戦で再戦。
自身を底的に研究してきたダルチニャンに対して動きも良くなく思わぬ苦戦を強いられたが、
9回に左フックダウンを奪い立ち上がってきた相手に連打を浴びせ9回TKO勝ちで再起に成功した。
その次戦で日本長谷川穂積との対戦経験があり、名王者クリスジョンから王座を奪取したWBAフェザー級スーパー王者のシンピウェ・ベチェカに挑戦し、4回負傷判定にて下し5階級制覇を達成した。
しかし初防衛戦にてWBA正規王者ニコラス・ウォータースとの王座統一戦では体格差から劣勢を強いられ、キャリア初の6回KO負けを喫し、王座陥落。
この敗戦により、再びスーパーバンタム級への転向を表明した。

<スーパーバンタム級時代2>
約6ヶぶりの再起戦として、ウィリアム・プラドとNABF同級王座を争い、2回TKO勝ちで再起に成功した。
その後1試合をはさみ、WBO同級王座決定戦として同級1位のセサール・フアレスと対戦。下評では圧倒的優位であったが、思わぬ苦戦を強いられる形となりながらも3-0の判定勝ちを収め、2度の同級王座獲得に成功した。
初防衛戦は同級4位のゾルト・ベタクとの対戦となり、3回TKO勝ちを収め初防衛に成功。
しかし2度の防衛戦で同級1位敗挑戦者のヘスス・マクダレノに0-3の判定負けを喫し、2度王座防衛に失敗し、王座から陥落した。この敗戦後契約していたトップランクから見限られる形で離脱、フェザー級への転向・再起を表明した。またアル・ヘイモンと関係が深いリチャード・シェイファー率いるリングスター・スポーツ契約

フェザー級時代2
約10ヶぶりの再起戦として、ルーベンガルシアエルナンデスWBC同級シルバー王座を争い、3-0で判定勝ちした。

獲得タイトル(メジャー団体のみ)

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8E%E3%83%8B%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%8D%E3%82%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ノニト・ドネア

5 ななしのよっしん
2013/01/21(月) 02:47:14 ID: a8Uf6MWvGH
化け物だろこいつ。モンティエル戦やアルセ戦の左フック速すぎ。
6 ななしのよっしん
2013/01/29(火) 15:49:25 ID: BL7zj4hFPn
はじめの一歩大好きらしいなw
7 ななしのよっしん
2013/02/25(月) 11:23:47 ID: Nub8KMSWRj
日本大好きだそうで、うれしい限りだな。ギレルモ・リゴンドーとの試合が決定したらしい。これをクリアすればフェザー級にも思い残すことなく上がれる。

さあ六階級制覇まであと二つ!正直、頑ればライト級くらいまで行けそうな悪寒もする!!
8 ななしのよっしん
2013/04/14(日) 17:50:54 ID: tg6yI/jhMJ
ネアは強いがリゴンドーがさらにその上をいった
9 ななしのよっしん
2013/09/06(金) 11:20:36 ID: Nub8KMSWRj
うーむ、確かにリゴンドーは予想よりもかに出来がよかったな。ドネアに油断はかったと思うけど、こういうこともあるんだな。
10 ななしのよっしん
2013/11/11(月) 00:48:21 ID: mZ5onXemhe
正直パッキャオより好きだわ
11 ななしのよっしん
2013/11/11(月) 20:50:04 ID: Lt+KLWtq7h
>、日本WBC世界バンタム級王者長谷川穂積事実上の王座統一戦を>行い4回TKO勝ちを収め

ってあるけど、ドネア長谷川ってヤってたっけ?
12 ななしのよっしん
2013/11/14(木) 07:36:25 ID: OjA9F+Lpax
>>11
次の行にモンティエルって書いてある。
13 ななしのよっしん
2014/02/20(木) 06:55:23 ID: mZ5onXemhe
ジョー小泉さんをしてモノが違うと言わしめたボクサー
当時向かうところ敵なしだったダルニアンを強カウンターで倒した試合は衝撃的だった
タフなシドレンコをめった打ちにしてストップした試合もすごかったな
14 ななしのよっしん
2019/05/19(日) 23:44:04 ID: yM9l9p3ENz
そして井上尚弥と試合ですよ。多分、ラストマッチになるのだろうけど……