編集  

ノースロップ・グラマンB-2単語

ノースロップグラマンビートゥー

B-2

ノースロップ・グラマンB-2 スピリットNorthrop Grumman B-2 Spirit)とは、アメリカ合衆国ノースロップ(現:ノースロップ・グラマン)が開発したステルス戦略爆撃機である。

概要

ノースロップ・グラマンB-2 スピリット
  Northrop Grumman B-2 Spirit
用途 ステルス戦略爆撃機
分類 ジェット爆撃機
製造者 ノースロップ
ノースロップ・グラマン1994年~)
運用者 アメリカ
総生産数 21機 (B-2A
初飛行 1989年7月17日
導入 1997年4月

B-2は大量の爆弾を搭載して本土から直接敵本土へ飛行し防網を突破して重要標を攻撃するATB(先進技術爆撃機)として開発された。この要を実現するためにB-2ではステルスを取り入れた全機というデザインを採用、生産数が当初計画の132機から21機に減らされた影もあり、1機あたりの価格は11.57億ドル(約1700億円:1998年度予算)にもなる。[1]

B-2は全機であり、垂直尾翼平尾を持たない。しかし、この機体形状は非常に安定性が低い為、B-2では4重のフライ・バイ・ワイヤFBW, fly-by-wire control system)、すなわちコンピュータによる姿勢制御装置が導入されている(同様の装置はF-117等にも搭載されている)。

この機体形状はレーダー反射面を減らしてステルスを向上させるためであり、他にもレーダー吸収剤の多用や排気ノズルの工夫などによって、非常に高いステルスを有する機体となっている。

胴体下面にはボム・ラック・アセンブリー(BRA, Bomb Rack Assembly)とロータリーランチャー・アセンブリー(RLA, Rotary Launcher Assembly)と呼ばれる2種類のウェポン・ベイがある。

B-2は初期ブロック10では(ホームベース以外の基地への)展開ゼロだったが、ブロック20ではこれが14日になった。つまり二週間以上経てばコーティングが劣化するなどして、ホームベースに戻っての修復が必要になることを意味している。最新のブロック30ではこの数値は30日に倍増している。[2]

仕様

B-2A ブロック30
B-2A Block 30
乗員 2名
全長 21.03 m (69 ft)
全幅 52.43 m (172 ft)
全高 5.18 m (17 ft)
面積 478.0 m2 (5,140 ft2)
虚重量 71,668 kg (158,000 lb)
全備重量 152,634 kg (336,500 lb)
最大離陸重量 170,551 kg (376,000 lb)
面荷重 329.0 kg/m267.3 lb/ft2
巡航速度 Mach 0.85840 km/h、541 mi/h、470KTAS
最高速 Mach 0.95972 km/h、604 mi/h、524.8KTAS
実用上昇高度 15,240 m (50,000 ft)
航続距離 11,110 km (6,905 mi、6,000 nmi)
エンジン製造者 ゼネラル・エレクトリックエアクラフトエンジン
GEアヴィエイション (2005年4月~)
メインエンジン ゼネラル・エレクトリックF118-GE-100バイパスターボファンエンジン × 4基
最大推 77,000 N (7,852 kgf、17,310 lbf) × 2
重量 0.205
BRA搭載武装 500lb級爆弾Mark 82 誘導爆弾、等) 各種 × 80
又は
CBU-87/B CEM クラスター爆弾CBU-89/B 地雷散布爆弾CBU-97/B SFW スキート対戦車爆弾 各種 × 36発
又は
GBU-39 SDB × 300
RLA搭載武装 2,000lb級爆弾Mark 84 誘導爆弾GBU-31 JDAM 誘導爆弾、等) 各種 × 16発 (一部8発)
又は
巡航ミサイルAGM-129 ACM 核弾頭巡航ミサイルAGM-131 SRAM 2 核弾頭巡航ミサイル) 各種 × 16発
又は
核爆弾(B61 戦術核爆弾、B83 戦術核爆弾) 各種 × 16発

B-2A 一覧

製造
番号
ブロック
番号
シリアル番号 正式名
(個別名)
経歴 修経歴
AV-1 82-1066 スピリットオブアメリカ
Spirit of America
1989年7月17日 初飛行
2000年7月14日 配備
現在運用中
1999年12月 ブロック30
AV-2 82-1067 スピリットオブアリゾナ
Spirit of Arizona
1990年10月19日 初飛行
1997年12月4日 配備
現在運用中
1997年11月 ブロック30
AV-3 82-1068 スピリットオブニューヨーク
Spirit of New York
1991年6月18 初飛行
1997年10月10日 配備
現在運用中
1999年10月 ブロック30
AV-4 82-1069 スピリットオブインディアナ
Spirit of Indiana
1992年10月2日 初飛行
1999年5月22日 配備
現在運用中
1999年3月 ブロック30
AV-5 82-1070 スピリットオブ・オハイ
Spirit of Ohio
1992年10月5日 初飛行
1997年7月18日 配備
現在運用中
1999年7月 ブロック30
AV-6 82-1071 スピリットオブ・ミシシッピ
Spirit of Mississippi
1993年2月2日 初飛行
1998年5月23日 配備
現在運用中
1998年1月 ブロック30
AV-7 10 88-0328 スピリットオブ・テキサス
Spirit of Texas
1994年8月29日 初飛行
1994年8月31日 配備
現在運用中
1998年9月 ブロック30
AV-8 10 88-0329 スピリットオブミズーリ
Spirit of Missouri
1993年12月11日 初飛行
1993年12月17日 配備
現在運用中
1997年12月 ブロック30
AV-9 10 88-0330 スピリットオブカリフォルニア
Spirit of California
1994年8月16日 初飛行
1994年8月17日 配備
現在運用中
1998年6月 ブロック30
AV-10 10 88-0331 スピリットオブ・サウス・カロライナ
Spirit of South Carolina
1994年12月29日 初飛行
1994年12月30日 配備
現在運用中
1998年3月 ブロック30
AV-11 10 88-0332 スピリットオブワシントン
Spirit of Washington
1994年10月27日 初飛行
1994年10月30日 配備
現在運用中
1998年12月 ブロック30
AV-12 10 88-0127 スピリットオブカンザス
Spirit of Kansas
1995年2月16日 初飛行
1995年2月17日 配備
2008年2月23日 墜落・損失
1996年9月 ブロック20
1999年1月 ブロック30
AV-13 10 89-0128 スピリットオブ・ネブラス
Spirit of Nebraska
1995年6月26日 初飛行
1995年6月28日 配備
現在運用中
1996年7月 ブロック20
1999年3月 ブロック30
AV-14 10 89-0129 スピリットオブジョージア
Spirit of Georgia
1995年9月25日 初飛行
1995年11月14日 配備
現在運用中
1997年5月 ブロック20
1999年4月 ブロック30
AV-15 10 90-0040 スピリットオブアラスカ
Spirit of Alaska
1995年1月12日 初飛行
1996年1月24日 配備
現在運用中
1997年3月 ブロック20
1999年7月 ブロック30
AV-16 10 90-0041 スピリットオブハワイ
Spirit of Hawaii
1995年12月21日 初飛行
1996年1月10日 配備
現在運用中
1996年11月 ブロック20
1999年8月 ブロック30
AV-17 20 92-0700 スピリットオブ・フロリ
Spirit of Florida
1996年3月29日 初飛行
1996年7月3日 配備
現在運用中
1999年11月 ブロック30
AV-18 20 93-1085 スピリットオブオクラホマ
Spirit of Oklahoma
1996年5月13日 初飛行
1996年5月15日 配備
現在運用中
2000年1月 ブロック30
AV-19 20 93-1086 スピリットオブキティホーク
Spirit of Kitty Hawk
1996年8月30日 初飛行
1996年8月30日 配備
現在運用中
2000年4月 ブロック30
AV-20 30 93-1087 スピリットオブペンシルヴェニア
Spirit of Penssylvania
1997年8月5日 初飛行
1997年8月5日 配備
現在運用中
AV-21 30 93-1088 スピリットオブルイジアナ
Spirit of Louisiana
1997年11月10日 初飛行
1997年11月10日 配備
現在運用中
AV-22 スピリットオブセントルイス
Spirit of St. Louis
キャンセル

ジャック・ノースロップの悲願

ノースロップ社の創始者でもあるジャックノースロップは、全機の開発に心血を注いでおり、そのために生涯3回に渡って航空会社を起業している(ノースロップ社は三度の会社)。ノースロップ社でもYB-35、YB-49などの全機の開発を手がけたが、結局操縦性などの問題から量産化はされず、ジャックの夢は実現しないまま会社から退くこととなった。

しかし、全機の制式採用は、ジャックの去った後のノースロップ社により、B-2で実現されることとなる。1980年パーキンソン病に冒され車椅子生活となり、余命いくばくもないジャックノースロップ社へと招かれ、当時軍の最高機密であったにも関わらず、特別許可を得て製作されたB-2模型プレゼントされた。模型を手にしたジャックは、「今こそ、が私に25年の余生を与えたもうた理由がわかった」と涙を流したという。その翌年、ジャック85年の生涯に幕を閉じた。

B-2 ステルス・バイク

20周年を記念して、ノースロップ・グラマンB-2 ステルスバイクNorthrop Grumman B-2 Stealth Bike)と呼ばれるアメリカタイプオートバイが特注で製作された。カウル形状をB-2に模した痛バイクであり、スピリットオブイノヴェイション(Spirit of Innovation)のパーソナルネームが与えられている。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *B-2中国本土ステルス爆撃軍事情報研究会 軍事研究2014年9月
  2. *「全爆撃機B-2Aスピリット石川潤一 軍事研究2015年7月

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3b-2
ページ番号: 2764466 リビジョン番号: 2564158
読み:ノースロップグラマンビートゥー
初版作成日: 09/04/11 18:21 ◆ 最終更新日: 18/02/20 19:42
編集内容についての説明/コメント: 概要の一部を更新しました(展開能力
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ




この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ノースロップ・グラマンB-2について語るスレ

97 : ななしのよっしん :2017/03/27(月) 19:19:01 ID: NQTFvvzyl/
XB-70にいたっては試作機数機だけ作るとかに計画変更だしな
完成する可性すら奪われた
98 : ななしのよっしん :2017/03/27(月) 20:42:42 ID: pL7As555k+
ゴジラセルリアンおやつ
99 : ななしのよっしん :2017/04/18(火) 01:19:05 ID: 9QKUnK+bUZ
このヒコーキって凄い兵器だったんだな
なんか玩具っぽいというか、エイみたいで格好いい、可愛いという印しか持ってなかった
100 : ななしのよっしん :2017/07/17(月) 14:37:05 ID: h4eKHczijv
>>96
コマンチとかなー。
20年の期間と80億ドルの費用かけて結局開発中止ってのもなかなかすごい話だ。
101 : ななしのよっしん :2017/12/02(土) 13:49:10 ID: 3C2a1i4IO9
開発経験や技術は残るんだから、丸損ってワケでもないんだろう。
実弾演習みたいなもんかもしれん。
102 : ななしのよっしん :2017/12/30(土) 14:48:24 ID: 3YUk42P8dZ
非対称戦争に投入する様な機体じゃないからお役御免になる可性も高いと言われれたが、中国が着実に軍備レベルを上げていてステルス機も実戦投入してるから、何やかんやで沖縄や岩に配備されて中国大陸爆撃する日がやってくるかもな
103 : ななしのよっしん :2018/02/15(木) 10:04:03 ID: BcQnqyFxGo
B1、B2爆撃機退役へ=20年代後半から-
www.jiji.com/jc/article?k=2018021400785&g=int
B-52を置き換えることなく退役か
104 : 名無し :2018/03/23(金) 13:33:54 ID: rmZLR1WWbW
B-2といいYB-35といい、全機好きやなこの会社。
まあB-21B-2のノウハウを下地にしてるのかも知れんけど
105 : ななしのよっしん :2018/06/02(土) 20:15:59 ID: lHFBiPke5D
ポケモンマンタインはこの戦闘機モデルなんだろうな
106 : ななしのよっしん :2018/08/11(土) 16:26:35 ID: UDnUJtD8op
>>103
F-117が置き換え可な機体(F-22)が実用化したら維持コストを理由に
速攻で退役させられたのを見るに、F-22ですらステルス性の維持に
新しいF-35より手間食ってしゃあないと文句垂れてる現状では、
それより古いB-2にどれだけのコストがかかってるのかお察し
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス