ハイドロプレーニング現象単語

17件
ハイドロプレーニングゲンショウ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

ハイドロプレーニング現象とは、自動車等のタイヤと地面の間にが入り込み、操作不能になる現のことである。膜現ともいう。

概要

タイヤは通常、地面と接触して摩擦を起こすことで、回転を効率よく推に変換することができる。しかしタイヤと地面との間にが入り込んでしまうと、摩擦が発生せず、車両が地面から浮いてしまう。もちろん停中であれば自重で地面に接触することができるのだが、これが運転中だと、浮いた状態でそのまま面を滑っていくため、非常に危険である。

ハイドロプレーニング現象が発生している最中は、ハンドルブレーキによる操作が受け付けられなくなる。自動車が走行中にコントロール不能になるのは極めて危険なため、ハイドロプレーニング現象を起こしてはいけない。

や池などで石を投げて面でバウンドさせる「水切り」は、この原理を応用した遊びである。

対策

ハイドロプレーニング現象を起こさないために、販のタイヤの多くには溝が彫られている。地面にがあってもこの溝によって排されるので、ハイドロプレーニング現象は回避できる。

しかしタイヤゴム製品なので、使用を続けることで表面が摩耗し、徐々に溝が薄くなっていく。また空気圧が不足して溝が役に立たなくなる場合もあるので、危険な状態で走行しないよう、日常点検でウェアインケーターを見て溝が最低限以上残っているかを確認することや、空気圧の状態をこまめに確認する必要がある。

また、いくらタイヤ溝が深くても、溝で排出しきれないほどが溜まっていたり、スピードが出ていて排が間に合わなかったりした時も、ハイドロプレーニング現象は起こり得る。荒天時には余裕を持った運転を心がけたい。

そして、自動車バイクに乗らない方々も「自分は関係ない」と思わないこと。自転車でもハイドロプレーニング現象は起こり得る。走っている最中にに見舞われたからと、的地に着くためにスピードを上げる行為は極めて危険である。素直に雨宿りするかカッパを着用しよう。

歩行者の靴などの履物でも、底が濡れていたらきれいに磨かれた床でハイドロプレーニング現象が起こって滑って転倒…ということは実はしょっちゅう起きている。降・降時にはな挙動をせず、慎重に歩くことが大切だ。

関連動画

関連静画

関連コミュニティ・チャンネル

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

天外魔境II (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: デューク・ペペ
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ハイドロプレーニング現象

1 ななしのよっしん
2020/09/02(水) 13:05:46 ID: E3gxCseOU1
関連項目に「効果・現象の一覧」の追加をお願いします。

教習所で教わるから自動車で起こることは知っていたけど、自転車でも経験した。
が降って焦っていたからスピードが出ていて、たまりでタイヤそのものが浮いた感じになったけど
信号で立ち止まってる歩行者もいたから本当に危なかった。
これ以来、ならもう濡れていいやって感じで落ち着いて運転するようにしている。
👍
高評価
0
👎
低評価
0

急上昇ワード改