ハイパーヨーヨー単語

ハイパーヨーヨー
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ヨーヨーヨーヨーメーカー・ショップ一覧バンダイ > ハイパーヨーヨー

ハイパーヨーヨー(Hyper Yo-Yo®)とは、バンダイから発売されていたハイパーヨーヨーである。

バンダイから発売されていないヨーヨーについては「ヨーヨー」の記事を参照。
ラップユニットハイパーヨーヨ」については、「hy4_4yh」の記事をか作ってください。

概要

バンダイから発売された競技用ヨーヨーシリーズ
1997-2001年頃、2003-2004年頃、2010-2014年頃の3期にわたり、断続的に発売された。

ヨーヨーを振り下ろすと下で空転するスリープという機を標準で搭載している。これにより、多種多様なトリックを行うことができる。
CMPVストリート系のイメージや、中村名人THP-Jなどスタープレイヤーの活躍から人気を博した。
90年代後半の第1期には、玩具店・量販店で売り切れが続出するほどの大ブームを巻き起こし、たまごっちと共に当時のバンダイを支えた。

現在ヨーヨー界における日本勢の活躍は、このブームが育てたと言っても過言ではない。
事実2000年代前半頃の世界大会日本人上位は、この頃からヨーヨーを続けているプレイヤーが占めている。
また、ブーム終了とともに辞めたものの第2期、第3期ハイパーヨーヨーの際に復帰し、現在世界で活躍しているプレイヤーしくない。

時期

ハイパーヨーヨーの展開は断続的であり、それぞれ第1期~3期と呼ばれている。
詳しくは以下の記事を参照。

名称について

スリープヨーヨーをすべて「ハイパーヨーヨー」と称したり、ハイパーヨーヨータグをつける人がいるが、ハイパーヨーヨーはバンダイの登録商標である。
バンダイ発売でないヨーヨーを「ハイパーヨーヨー」と言うのはゲーム機を何でもファミコンというようなもので、正しい言い方ではない。

なお、断じてスーパーヨーヨーではない。 

ハイパーヨーヨーの「偽物」について

ハイパーヨーヨーの偽物

第1期ハイパーヨーヨー期に、ハイパーヨーヨーの類似品が多数登場したが、これらは「ハイパーヨーヨーとは別のヨーヨー」というだけで、偽物」ではない

ハイパーヨーヨーしか使えないのはバンダイ催の大会だけである。
一般の大会では、原則としてヨーヨーの機種に対する制限はない。
ヨーヨーに本物も偽物もない。

ただし、ハイパーヨーヨーやメーカーロゴを使用した、正正銘のブランドは別である。
第1期ハイパーヨーヨーで出回ったヨメガヨーヨーの偽ブランド品については、「ヨメガ」の記事を参照。

プロモーター

第1期の中村名人が有名だが、第2期はナショナルヨーヨーマスター長谷川貴彦、第3期は当時のジャグラーヨーヨープレイヤーが名前を変えてプロモーションに参加していた。

詳細はリンク先を参照。

ハイパーヨーヨーオフィシャルトリック

ハイパーヨーヨーオフィシャルトリック

第1期・第3期には、けん玉段位認定のような認定レベル制度が存在した。
特定トリッククリアすると「レベル」として認定され、ライセンスカードがもらえる。

第1期では、先着順で特製ヨーヨーがもらえたり、「チーム・ハイ・パフォーマンス・ジャパン」加入へ挑戦できたりした。

ラインナップ

バンダイ内製のハイパーヨーヨーは少なく、多くが海外ヨーヨーメーカーからのOEM販売である。
ハイパーヨーヨーはこの手の販売形態としてはしく、元のブランドの名前を全面的に出して販売している
例えば、ハイパーヨーヨー版でも「バンダイファイヤーボール」ではなく「ヨメガ・ファイヤーボール」である。
これは名前が「スピンフェニックス」に変わっても同様である。

ほとんどが元のヨーヨーと名前を変えて販売されている。
第1期・第2期は元の名前に「ハイパー」をつけただけのものが多い。
第3期は全く違う名前がつけられている。

安全対策や改造防止などの観点から、元の機種と若干仕様が違う場合がある。例えば、スピンフェニックスヨメガ・ファイヤーボールの同等品だが、軸が片側しか外れないようになっている。これは、トッププレイヤーの間で流の「ナイスペ化」ができないようにするためと思われる。

以下に、メーカーごとのラインナップを示す。( )内の数字は時期。定価は税抜き。
は、大百科記事あり。ただし、一部例外を除き、記事は海外版の名称で作成されている。

ダンカン

Duncan Toys

1929年創業の老舗玩具メーカーヨーヨーを初めて大量生産したメーカーである。
第1期の時点ではラインナップが固定軸機種ばかりであり、安いが低性というイメージが定着していた。

第2期の時には、ダンカンを復活させた名機「フリーハンド」が登場。当時破損のため製造中止となっていた「フリーハンド1」を復刻させたことは高く評価されている(当時出ていたフリーハンドは「フリーハンド3」とよばれ、形状が全く異なるものだった)。2004年世界大会では、多数のダンカンプレイヤーオリジナル版ではなくハイパー版のフリーハンドを選択した。

なお、2002年プレイマックスを買収しており、第1期で同社のプロヨーブランドとして発売されていた機種は、第2期以降ダンカンブランドで発売されている。

名前 定価 元になった機種 備考
ハイパーインペリアル(1) 680円 インペリアル 下記3機種と同等
ハイパーグロウ(1) 680円 グロインペリアル インペリアルと同等
ハイパーネオ(1) 680円 ネオ インペリアルと同等
ハイパーミッドナイト(1) 680円 ミッドナイトスペシャル インペリアルと同等
ハイパーパピヨン(1) 680円 バタフライ
ハイパーホイールズ(1) 880円 ホイールズ
ハイパープロ(1) 680円 プロフェッショナル
ハイパーループ(1,2)
ウッドバレット(3)
(1)1500円
(2,3)800円
プロヨー 1期はプロヨーブランド
ハイパーループグロウ(1) 1700円 プロヨー ハイパーループと同等
ハイパーループフライ(2) 800円 プロフライ オリジナルより重い
ハイパーワスプ(1) 5000円 ターボバンブルビー 当時はプロヨーブランド
フリーハンド(2) 2600円 フリーハンド1
フリーハンドZERO
カウンターウェイト付属
のちにZEROとして発売
ウインドオービット(3) 1800円 スピードビートル 付属スペーサーなし
フレイムウイング(3) 1800円 ドラゴンフライ
メタルバレット(3) 1200円 プロヨー ウッドバレットボールベアリング仕様
スパークバット(3) 900円 バタフライXT
ソニックブレス(3) 1200円 Pro-Z 元になった機種よりも先に発売された
トルケーヴ(3) 5500円 トルク プレミアムバンダイ限定

ヨメガ

ヨメガ

史上初のオートリターン機種・ブレインを開発したメーカー
90年代トップブランドとして君臨しており、現在ルーピングヨーヨーにおいては同社の「レイダー」が圧倒的シェアを占めている。

第1期では、高価だが高性ヨーヨーというイメージであり、大会出場者のほとんどがヨメガ製のヨーヨーだった。
第2期以降は、価格定により当時の半額程度の価格で買えるようになった。

名前 定価 元になった機種 備考
ハイパースター(2)
モンスターシェル(3)
800円 オールスター
ファイヤーボール(1,2)
スピンフェニックス(3)
(1)2000円
(2,3)1800円
ファイヤーボール
ステルスファイヤー(1,2) (1)2200円
(2)円
セイバーウイング
ハイパーブレイン(1)
ワイルドクロー(3)
(1)2200円
(3)1600円
ブレイン オートリターン
ステルスブレイン(1) 2400円 セイバーウイングブレイン オートリターン
メガブレイン(2) 1800円 パワーブレイン オートリターン
X-ブレイン(1)
クロスドラゴン(3)
(1)     円
(3)1800円
X-ブレイン オートリターン
X-ブレインウイング(1) X-ブレインウィング オートリターン
ハイパーインパルス(1) パワースピン
ハイパーミラージュ(1) ストロボヨー LED内蔵
ハイパーレイダー(1,2)
ストームタイガー(3)
(1)5000円
(2)2500円
(3)1800円
レイダー
スパイラルジャガー(3) 1800円 レイダーEX 付属の調整用スペーサーが3種類に減っている
ステルスレイダー(1,2) (1)5000円
(2)2500円
セイバーレイダー
ハイパーアールビーツー(1) 5000円 RB
ファイヤーストーム(1) ファイヤーストーム(1999)
ファイヤーストームウイング(1) ファイヤーストームウイング
オールスターウルトラ(1) オールスターウルトラ 認定店限定
ハイパーワープ(1) ハイパーワープ 認定店限定
フリーズワイバーン(3) 1600円 クロスファイヤー(2010)
テクノ2
シンウーOEM
スタヴィティー(3) 3000円 ダッシュ プレミアムバンダイ限定

ヨーヨーファクトリー

ヨーヨーファクトリー

2003年創業の新メーカー。戻りやすくメンテナンスも簡単なF.A.S.T.スターや、溝幅を簡単に調整できるダイヤシステム、軸の部分だけつまんで回すことができるハブスタックなど、奇抜なアイディアを形にするメーカーとして知られる。

フルメタル機種を実用レベルにまで引き上げたメーカーでもある。

このメーカーのみ、ハイパーヨーヨー専売の機種が存在する。
グラインドサターン」のように、もとのヨーヨーに大幅なカスタムが施されているものもある。
また、「ハイパークラスター」の開発にも関与した。

名前 定価 元になった機種 備考
ハイパーコメット(3) 800円 ファイヤードッグ
マーキュリー(3) 1800円 F.A.S.T.201
スターフライ(3) 900円 (ハイパー専売)
ダイアルマーズ(3) 2200円 ヴェロシティ(ver.3) ダイアルが初期のもの
ギャラクシーフライ(3) 1200円 (ハイパー専売)
グラインドサターン(3) 2500円 グラインドマシーン
(プラスティック版)
ハブスタック搭載
内蔵リム地加工なし
アストロフライ(3) 1400円 (ハイパー専売)
ディヴァルト(3) 3800円 ノーススター
プロスター
2機種のチャンポン
エースラッシュ(3) 2800円 LOOP1080 ギャップ調整用キー付属
アクロナイザー(3) 8000円 スーパースター(2013) プレミアムバンダイ限定

シンウー

シンウー

韓国ヨーヨーメーカー
低価格帯のヨーヨーに定評があり、ダンカンプラスチック機種と(精度にをつぶれば)同等性ヨーヨーが格安で買えることから、初心者に重宝されたメーカーである。

ハイパーヨーヨーには1機種のみ提供
シンウーは当時、同社の「テクノ2」をヨメガに「クロスファイヤー」としてOEMしているのだが、ヨメガはさらにそれをバンダイに再OEMして発売している。

名前 定価 元になった機種 備考
フリーズワイバーン(3) 1600円 テクノ2
クロスファイヤー(2010)
ヨメガブランドで発売

ラッセル

Russell Promotions

70-80年代コカコーラヨーヨーを販売し、世界的なブームを巻き起こしたメーカー

ハイパーヨーヨーにも、1984年版と同性ヨーヨーを2機種提供している。

名前 定価 元になった機種 備考
ハイパーラッセルスーパー(1) スーパー(1984)
ハイパーラッセルプロフェッショナル(1) プロフェッショナル(1984)

ヘンリース

ヘンリース

ドイツメーカー
ディアボロ(中国ゴマ)などの大芸用具が商品だが、その技術を活かしたヨーヨーも少数販売している。

ハイパーヨーヨーには1機種のみの提供だが、コロコロコミックなどでは、この機種を使った「オフストリング」というプレイが紹介されており、当時の世代にオフストリングを定着させた。

名前 定価 元になった機種 備考
ハイパーバイパー(1) 7500 バイパー(クラシック)

プロヨー

プレイマックス

かつて存在したプレイマックス社のブランド。前述のとおり、2002年ダンカンに買収された。
買収後、旧プレイマックス経営が立ち上げたメーカーが、ヨーヨーファクトリーである。

ハイパーヨーヨーとして発売されたヨーヨーのうち、以下の機種がプロヨーから移管されたものである。
(は、買収後にハイパーヨーヨーとして発売された機種)

ハイパーヨーヨー プロヨー ダンカン
ハイパーループ
ウッドバレット
プロヨー プロヨー
ハイパーループフライ プロヨーGT プロフライ
ハイパーワスプ ターボバンブルビー バンブルビー
フレイムウイング ターボバンブルビーGT ドラゴンフライ

バンダイ

バンダイ

日本最大級の玩具メーカーバンダイナムコグループ子会社

バンダイ内製のハイパーヨーヨーも存在する。

ハイパープロであるハイパーミレニアムは、ダンカンブランドで発売されていたが、バンダイ製である。
のちに、これと同等品の各種ノベルティが存在する。

他のコロコロホビーに合わせ、ハイパードラゴンハイパークラスターなどのカスタマイズ機種も発売された。
第3期では、もが一度は考えるモーター内蔵ヨーヨーを実際に販売するなど、よりも子供の夢を実現するようなヨーヨーがあれば、自分で作ってしまう。

なお、以下のラインナップには、ハイパーヨーヨーではないバンダイ製のヨーヨーも掲載する。

名前 定価 元になった機種 備考
ハイパーミレニアム(1) プロフェッショナル ダンカンブランドで発売
長野オリンピック(1) プロフェッショナル ミレニアムと同等
フランスワールドカップ(1) プロフェッショナル ミレニアムと同等
名探偵コナン(1) プロフェッショナル ミレニアムと同等
マイメロディ(1) プロフェッショナル ミレニアムと同等
ハイパーヨーヨーではない
てんしっちのたまごっち(1) プロフェッショナル ミレニアムと同等
ハイパーヨーヨーではない
ハイパードラゴン(1) 2200円 なし カスタム
ハイパードラゴン THP-Jバージョン(1) 2400円 なし ハイパードラゴンと同等
ハイパードラゴンファイヤー(1) 2400円 なし カスタム
ハイパードラゴンアクア(1) 2400円 なし カスタム
ハイパードラグーンスタンダード(1) なし カスタム
一部パーツドラゴンと共通
ハイパードラグーンプロ(1) なし カスタム
ハイパーインフィニティー(3) 3800円 なし モーター内蔵
ハイパークラスター
PBスターウイング(3)
1500円 なし カスタム
ハイパークラスター
PBスターループ(3)
1500円 なし カスタム
ハイパークラスター
マッハフェニックス(3)
1600円 なし カスタム
ハイパークラスター
ブレイズグリフォン(3)
1600円 なし カスタム
ハイパークラスター
スラッシュドラゴン(3)
1600円 なし カスタム
オートリターン
ハイパークラスター
サンダードレイク(3)
1800円 なし カスタム
LED内蔵
ハイパークラスター
レジェンドクラスター(3)
2500円 なし カスタム
ハイパークラスター 
マッハフェニックスEX(3)
1500円 なし カスタム
ハイパークラスター
スピードファルコン(3)
2000円 なし カスタム
ハイパークラスター
フラッシュフェンリル(3)
1600円 なし カスタム
ハイパークラスター
メテオバハムート(3)
2800円 なし カスタム
ハイパークラスター
キングクラスター(3)
2200円 なし カスタム
ハイパークラスター
レーザーイーグル(3)
2000円 なし カスタム
LED内蔵
スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ 1/1ヨーヨー 1900円 なし ウェブシリーズ
ハイパーヨーヨーではない

関連動画

関連商品

関連項目

人物

メーカー

トリック

コレジャナイ

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ハイパーヨーヨー

9 ななしのよっしん
2017/06/08(木) 14:09:08 ID: ItmQ2ATO5J
コロコロ漫画セオリー通りハイパーヨーヨーを用いた悪の組織とか出てきてて笑った
10 ななしのよっしん
2017/06/08(木) 17:17:22 ID: P8wPCvlKdh
その昔ヨーヨーで闘うデカがいたとか何とか
これ実際当たるとかなり痛いからなあ特にステルスファイヤーみたい形のとか
11 ななしのよっしん
2017/07/04(火) 01:52:54 ID: fo8x/QsnmB
>>sm31471087exit_nicovideo
12 ななしのよっしん
2017/08/15(火) 07:23:26 ID: N13Imcc8N2
昨日ヨーヨー練習していたら中~高校生くらいのガキンチョ数人が「ハイパーヨーヨーw」って騒いでいたなぁ。
やはり世間ではヨーヨーハイパーヨーヨーなんだなってめて思った
13 ななしのよっしん
2018/03/08(木) 21:03:56 ID: WPHdk9rYGr
ぼったくりだしよくこんなもんが流行ったよな
当時のコロコロの影徴だと思う
14 ななしのよっしん
2018/03/08(木) 21:05:22 ID: FeJyqpPJBA
それほぼ全てのオモチャに同じことが言えると思うんですけど…パチンコとかメンコとかおはじきとか
15 ななしのよっしん
2018/03/16(金) 00:21:47 ID: JRjZDSxEDN
文中で断じてスーパーヨーヨーじゃないと言っているけど、海外展開用の商標はスーパーヨーヨーだぞ?
16 ななしのよっしん
2018/03/16(金) 00:50:28 ID: Rx872AphwZ
>>15
Super Yo-Yo』は超速スピナーの英題。
17 ななしのよっしん
2020/02/05(水) 10:34:28 ID: wBv6XXqwaT
ハイパーヨーヨーが色んな所から輸入販売してるだけのコンテンツなんて子供の頃は知りもしなかった
当時コロコロとか子供向けの媒体で海外からやってきたおもちゃとか説明とかしてることあったっけ?
18 ななしのよっしん
2020/02/05(水) 14:13:36 ID: Rx872AphwZ
>>17
第1期の頃は、ハイパーヨーヨー関連書籍やコロコロコミックコラムで繰り返し紹介されていました。