ハカイダー単語

ハカイダー

ハカイダーとは、特撮番組『人造人間キカイダー』および『キカイダー01』に登場したキャラクターである。彼をモチーフとした映画に関しては『人造人間ハカイダー』を参照されたい。

概要

今持って人気の高い悪役であり、彼を模したキャラクターがしばしば登場するほどである。人間体も存在し、その際には「サブロー」を名乗った。自らを「ジロー兄弟」とり、「ジローが壊れた時に自動的に動き出す」と騙った。人間体は「人造人間キカイダー」のみの登場で、「キカイダー01」においては登場していない。

飯塚昭三である。

人造人間キカイダー

初登場は35話「ジロー デンジエンドの最期!」の予告編である。次回予告等でシルエットで登場していたが、やや両手が長いものであった。37話の「ジロー 強敵ハカイダー!」で本格的に登場し、41話の「変身不能!? ハカイダー大反逆!」まで活躍した。

明寺博士マインドコントロールさせた上でハカイダーを制作した。良心回路とは対極の存在にある悪魔回路を体内に設置した。なお、その開発には膨大な資が必要であったとされ、この前後にダーク銀行強盗を重ねている。

その的はジローキカイダーの破壊であり、その行動原理に忠実に従って行動をする。その為、父親を殺された(と誤解した)マサルを利用し、キカイダーをおびき寄せようとしていたが、一方で独自の美学を持っており、人質を取る作戦を嫌い、またバラバラになったキカイダーが生きていると知った時に喜びにも似た感情を示したり、元に戻るまで待つなどあくまでっ向勝負で破壊する事に執着している。その為、アカ地雷ガマにキカイダーを先に倒されてしまった際は自分の存在意義を失い自が崩壊、自分を創造したプロフェッサーギル明寺博士に対して自分を創造したことへの怒りをあらわにし、手にかけようとした。

キカイダー手出しをさせない様に頭部には明寺博士移植されている。そしてこれがハカイダーにとっては最大の武器であり、弱点でもある。の血液を一定時間内に交換しなければが死んでしまい、ハカイダーはアンドロイドマン以下のとなってしまう。

その最期はダーク最後の破壊部隊のササビの攻撃を受けて、機を停止してしまう。そして、ミツ子の手によって、明寺のは本人に戻された。

ダーク基地崩壊の際に運命を共にしたかに見えたが…

キカイダー01

人造人間キカイダー』第42話で死んだかと思われたが、プロフェッサーギル移植されて「ギル・ハカイダー」となってり(ただし呼び名は一貫して「ハカイダー」)、レッドハカイダー、ブルーハカイダー、シルバーハカイダーの3人を従えた「ハカイダー部隊」を結成する。ギル・ハカイダー以外のハカイダー部隊のダーク科学のものを使用している。

オリジナルとの違いは、人間体変身できないことと顔の黄色い模様がギザギザでなくなったこと(ギザギマークは一部シーンで見ることができるが、それ以外は一貫してだらーっとした模様である)。

当初は、前作でギルの役であったギルを吹いてジローを苦しめたり、他の3人との連携でキカイダー01を苦しめたりとそこそこいい活躍をしていたが、ハカイダー部隊壊滅後に現れた犯罪組織シャドウに入ってからは使いパシリのような扱いをうけるなど、没落の一途をたどるようになる(一応、第19話で3倍にパワーアップしたらしいのだが…)。

本作のハカイダーには、前作のようなニヒルさ、格好良さは存在しない。
やはり組み込んだがいけなかったのだろうか?

明寺の移植した時と一緒で基本的にそのの持ちパーソナリティが反映されることはないが、催眠術プロフェッサーギルの記憶が出てきた事もある。

なお、ハカイダー4人衆はそれぞれ怪物ロボット変身する事ができ、さらに4人が合体してガッタイダーになる。

悪魔回路

ハカイダーの体内にある回路で良心回路とは対極の存在と劇中において説明がなされているがその内容がどのようなものであるかははっきりとしていない。

仮に劇中における説明の良心回路をジローのものとして、ジローの良心回路は不全であり、善と悪の間でをして、時には悪の手に落ちる不安定な物である。言わば人間に最も近い心理状況を構築している事になる。つまりその対極とはそう言ったがなく、自分自身の的、つまりプログラムに対してなく行動できると言う意味で対極と表現されるかもしれない。

しかし、そうであれば、ダーク破壊部隊のロボットも似たようなものである。ここで一つの注すべき台詞があり、ヒトデムラサキに向かって「お前らのように命通り動く低ロボットではない」と言うセリフがある。この台詞よりハカイダーは命によってではなく自らの意志をもって行動をする事を表し、これらの組み合わせをもって悪魔回路は構築されているのかもしれない。

一つの答えとしては悪魔回路は「的に対して一切のをせず、そして自的に考え行動する」部品ともいえる。おおよそ、ロボットとしては必要のない戦いの美学を重要視したりと人間臭さが垣間見える。良心回路とは対極にありながら、実はかなり近い存在であるのかもしれない。

武器など

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

ハカイダーに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8F%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ハカイダー

8 ななしのよっしん
2014/05/26(月) 19:28:59 ID: 39wLNHsXRB
EBOOT版個人的にいい感じです。
無印、01、漫画版ともまた違う暴さが増し増しになったタイプで強敵感が半端なかった。
9 ななしのよっしん
2014/05/30(金) 22:01:13 ID: 87CnCfPCbg
いきなりギルハカイダーだったのはサブローだと2時間に収まらないからかな
10 ななしのよっしん
2014/06/03(火) 17:16:37 ID: EbiVC5GgRg
今度のReboot版ハカイダーサブローみたいなクールな格好良さはないけど、強さだけなら歴代最強じゃないか?

1)たった1人で自衛隊グレイサイキングの部隊を退ける。
2)正々堂々としたサブローと違い、無慈悲ギルの人格のおかげで強ハカイダーショットなく使える。
3)ギル左手に内蔵。しかも昔と違ってチェンジしたキカイダーにも有効。
4)最終的にはキカイダーが捨て身で電磁エンドをくらわせないと倒せなかった。

サブローみたいなキャラクターを期待してるとガッカリしてしまうかもしれないけど、ギルが入ってるのもあって、キカイダーに立ちはだかる最大の敵としては最高だったよ。
11 ななしのよっしん
2014/06/12(木) 19:05:16 ID: viCFSZHX+S
TVダークの一番の失敗はハカイダーを作っちゃったことだと思う。キカイダーアカ地雷ガマが倒せているんだし、こいつがいなきゃそこで物語は修了してた。
12 ななしのよっしん
2014/07/16(水) 11:04:41 ID: XS4Ay47Wed
>>9
実際THE NOVELの方のハカイダーサブローだったからね
13 ななしのよっしん
2015/09/14(月) 04:06:17 ID: hsRUqVGEJN
>>9
悪魔回路」という名称を使わなかったり、明寺博士髄が保存されているのを見るとRebootでは原作とは逆に次回作(出せたらだけど)で独自の思考回路(悪魔回路)を搭載してサブローになるという構想なのかなと思った。

>>11
正直Novelでもギル明寺の髄をハカイダーに載せたのは蛇足だったんじゃないかと読んでて思った。
14 ななしのよっしん
2015/11/19(木) 11:31:26 ID: RdMitAgohE
ハカイダー原作漫画だとギルハカイダーのほうが悪役悪役してて潔いんだよなぁ・・・サブローの頃は全に明寺のお芝居だから・・・
15 ななしのよっしん
2015/11/19(木) 11:44:04 ID: 4xzGVkKXrm
マンガハカイダーで1,2を争うカッコイイシーン1Pブチ抜きで波を背に受けるシーンがあるけど考えてる内容は「シャドウやばいなあれ、アキラを取り戻したいけど一人じゃ理だからジロー達をだましてやろう」という非常に小物臭いギャップが好き
16 ななしのよっしん
2016/01/20(水) 20:59:37 ID: /9udN8uJ+C
>>10
どう見ても雨宮版のが強い
17 ななしのよっしん
2017/05/26(金) 14:52:24 ID: /9udN8uJ+C
雨宮ハカイダーってトライガンだよなw

急上昇ワード

2019/08/22(木)03時更新