ハサウェイ・ノア単語

ハサウェイノア

ハサウェイ・ノアとは、アニメ機動戦士Zガンダム」、「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」の登場人物。
小説作品「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」の主人公も務める。
の担当は中康子(Ζ)、佐々木望逆襲のシャア以降)。

概要

Zガンダム 

ブライト・ノアミライ・ヤシマの間に生まれた。当時7歳。
この時はホンコンティに移住しており、カミーユ・ビダンとも対面している。

逆襲のシャア

当時13歳。
アムロ・レイチェーン・アギとは面識があり、共に外出することもあった。
シャアの反乱で地球が恐怖に陥る最中、宇宙に上がるシャトル便でクェス・パラヤと出会い、彼女に惹かれていくようになる。

最初はアムロ興味を持っていたクェスだったが、補のチェーンの出現でアムロから離れていき、シャアに惹かれてネオジオンに合流してしまう。
ハサウェイは、ネオジオンに行ってしまったクェスを何とかして取り戻そうと決意し、プチモビでブライト揮するラー・カイラムに密航。
結局見つかってしまいブライトから鉄拳制裁を見舞ったがハサウェイは折れず、最終的には乗艦を許可される。

アクシズを巡る最終決戦の中、クェスの思念を感じ取り、戦場混乱に乗じてロンド・ベル配備のジェガン断出撃してしまう。

劇場版および徳間版/逆襲のシャアハイ・ストリーマー)での展開】
クェスが乗るαアジール小説版ではヤクト・ドーガ)に薄して説得を試みるも失敗。 
そんな中、チェーンリ・ガズィが放ったグレネードが二人に接近。クェスはハサウェイをうように直撃を受け、撃墜されてしまう。
これに昂し、チェーンに向けてビームライフルを乱射。チェーン必死の制止もしく、彼女を殺した。
アクシズアムロとその他のパイロットの尽を出しながら地球から離れていく中、放心状態でそれを見守っていた。

劇場版およびハイ・ストリーマー(徳間書店)のその後の展開】

ハサウェイの搭乗したジェガンは電装系の故障の為フライト・レコーダーが機していなかった。そしてハサウェイ自身は先の戦闘によるトラウマにより一ヶ間碌に会話も出来ない状態が続いた為、戦場で何があったかはハサウェイ本人以外はも分からない状態であった。ジェガン断搭乗した軍規違反に関しては、ブライトがアクシズショック真実NTサイコフレームと人類の意識が起こした超常現象ではないと認め、連邦の隠蔽工作の片棒を担ぐことでカムラン監の終身刑に匹敵する罪状とともに消滅した。

【ベルトーチカチルドレン角川文庫)での展開】
クェスに会うためにMS断出撃。「シャアは私のものだ、にも渡さない」と独占欲を吐露するクェスはMAのαアジールの巨体で全体重をかけνガンダムごとアムロを押し潰そうとする。そこにたまたま居合わせたハサウェイはアムロを助ける為、ジェガンライフルを一射。これがコクピットに直撃しクェスを殺してしまった。シャアアムロに対するララァのそれと同じようにハサウェイもまた、意中の女性を殺してしまった罪悪感が十二年後の『閃光のハサウェイ』でも彼を苦しめるトラウマとなる。

【ベルトーチカチルドレン(角川文庫)後の展開】

チェーンが登場せず、ベルトーチカ生存しているのでハサウェイは味方を撃墜していない。ハサウェイがジェガン断搭乗した軍規違反による罪状はクェスのαアジールを撃墜した戦果によって帳消しにされ。戦勝ムードも相まって軍の広報に載せられる位持て囃された。

閃光のハサウェイ

「ベルトーチカチルドレン」から連なる設定で、シャアの反乱後、クェスを自分の手で殺してしまい心に傷を抱えたハサウェイが主人公として登場。
成長するにつれてシャアの唱えた思想(地球の保全)に共感するようになっていたハサウェイは、表向きは植物監察官の補生として生活する傍ら、裏では「マフティー・ナビーユ・エリン」を名乗り、反地球連邦政府組織「マフティー」のリーダーとして、政府は全人類を地球から宇宙に上げる政策を実施するよう要しながら、モビルスーツで閣僚だけをピンポイント粛清する二重生活をしていた。
戦場で殺めてしまったクェスのことは未だに根強いトラウマとなっており、夢の中で彼女の幻影が彼を責め立てることになる。

アムロνガンダムに続くギリシャ文字を与えられた「Ξガンダム」をアナハイム発注、受領したマフティーは、当時最強クラス戦闘力連邦キンバレー部隊(後にキルケー部隊に名)を圧倒。
更に連邦議会の開催されるアデレード強襲を予告して議会法案の成立阻止を迫る。
決行時にはキルケー部隊のエース、レーン・エイムの駆る高性機「ペーネロペー」相手にも終始圧倒するが、設置されたビーム・バリアーに誘導されてガンダムは中破、ハサウェイも全身火傷と打撲の軽傷を負って逮捕された。

逮捕されたハサウェイは裁判も行わず即刻銃殺刑が科せられた。普段の業務とは打って変わり、自分達を乱す邪魔者にだけ発揮される連邦政府のこの早急な対応には、ケネスだけでなくキンバレー部隊の軍人達も嫌悪感を示していた。銃殺刑揮を執ったのは、キルケー部隊の指揮官であり、皮にもハサウェイの友人であった、ケネススレッグ准将であった。
さらに、キルケー部隊の後任指揮官としてよりにもよってハサウェイのブライト・ノア大佐が着任する予定であった。
ブライト息子殺しをさせない為に(可ならマフティーの正体をブライトに知られない為に)ケネスは予定を前倒しし、速にハサウェイの処刑を実行。火傷のダメージが抜けきらず看護婦の介助で漸く立てるような状態のハサウェイはベッドのまま移送され、友人であるケネスは彼が苦しむ時間を長引かせないよう速に業務を行い、彼は処刑された。享年25歳。

かしこうしたケネスの努もむなしく、処刑前にケネスが友人を殺す重圧に耐えかね上であるメジナウム・グッゲンハイ大将にマフティーの正体を打ち明けてしまったことにより全部破算してしまう。グッゲンハイ大将の裏工作により新聞社にマフティーの正体はハサウェイであると表された。またその報道では処刑を揮したのはインタビューに答えたブライト・ノア大佐であり、処刑の寸前まで人類の健やかな精を信じ連邦が不正を続けるならこれからもマフティーが粛清を続けると宣言したハサウェイに関しても、自分の間違いを認めによる裁きのを受け入れ、であるミライであるチェーミンも納得していると捏造された事実報道されてしまうのであった。


その後ハサウェイ・ノアの名前は人類の生活エリア全域でマフティー・ナビーユ・エリン(真実、正当なる予言者の王という意味)としてマランビジー(枯れることのない)のように伝説神話になっていったようである。

その他

初登場となるGジェネレーションシリーズF以降では機のΞガンダム共々使用出来る機会が増えている。

ガンダムVS.シリーズ最新作であるEXVSFBでもアップデート解禁という形で参戦。庭用EXVSにもDLCという形で参戦を果たしている。

SUNRISE WORLD WAR Fromサンライズ英雄譚』では、ハサウェイ本人が登場し、さらにはΞガンダムが登場(ハサウェイは逆シャア時代のままだが、Ξガンダム搭乗時はマフティーのスーツ)。ちなみに「閃光のハサウェイ」は、一の未映像化作品として参戦を果たした。

スーパーロボット大戦Z」では本人の出演はかったが、「閃光のハサウェイ」を暗喩するような台詞が含まれていた事でファンの話題になった。続編「第3次スーパーロボット大戦Z」にてハサウェイ自身も参戦[1]するが、同作の展開から閃光のハサウェイに至るが消滅したことが登場人物によりられている。
閃光のハサウェイ自体は「スーパーロボット大戦V」で初めて参戦することになったが、この時は機体のみ参戦という措置が取られている。ハサウェイ自身も、外見自体は閃光のハサウェイ時代を基準として、表記はハサウェイとしてPVに出演している。

閃光のハサウェイ」より時系列的には前の話である「機動戦士ガンダムUC」でも、植物学を勉強している事がチラっとられている。また、死亡したクェスの事がトラウマのままで、まだ療養中と思われる。なお、アニメ版のガンダムUC最終回ではグスタフ・カール小説と異なるデザインで登場した。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

ハサウェイ・ノアに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

脚注

  1. *スーパーロボット大戦R」以後は登場していなかったため、12年ぶり

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8F%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%82%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ハサウェイ・ノア

752 ななしのよっしん
2019/05/19(日) 01:04:59 ID: 80DzsjknK8
もうちょっと喋る。これは>>691への返答でもある。流石に妄想が過ぎると自重していたけどまあいいだろ

>でももっと妄想言うとチェーンは撃ってもハサは死なないと根拠なく思ってトリガー引いたんじゃないかなぁと思ってる。

相手はこう躱すからこう撃てば当たる、みたいな思考の先読みNTはできるとされてるけど、あの時のチェーンNTのそれに近い状態になっていたよね。
もつれあったあの両機に発してもクェスはうように動くと感じたんじゃないか、という妄想を持ってるんだよね
ただ、そこまでの具体的イメージチェーン出来てなくて、サイフレに引っられた形で引き金を引いたんだと思う。自分「以上」の意思に引かされたといってもいいかも。
とにかく撃たなくちゃ、みたいな
なんか宗教じみた考えだけどあの時のチェーン錯乱ぶりはちょっと納得できんのよいまだに。強迫観念で常心失くしてるように見える

753 ななしのよっしん
2019/05/19(日) 01:34:31 ID: 80DzsjknK8
ハサウェイについても思う所がある
前にも書いたけど、チェーンは暴挙であるけどそこには「大人責任」も絡んでると思う
具体的にはジェガンの管理責任
ハサウェイチェーンに明確な殺意を持った。殺意があって殺したわけだけど、そこには不幸にもビームライフルがあったからであって、MSに乗ってなければ掴みかかったり殴りかかったりといった行動だったように思う。乗りになって首絞めて死ね死ねという殺意じゃない気がするんだ。思わずナイフで刺してしまったに近い気がする。
幼さからくる情というか・・・。自分は現実での少年犯罪に寛容ではないし厳罰たれと思うが、手に器もってしまっていたからああなった事故の意味合いも強いと思う。
またここから考察だけど見方機に対して簡単に発できたのも気にかかる。
ハサウェイは殺意があったわけだけど、明確にロックオンして撃ってたのか?というと違うと思う。
システム的にも、まあ撃てたから出来るんだろうけど韓国のレーダー照射事件とかみても警告や確認の段階ふまないと撃てないんじゃないかな。もちろんアニメでそ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
754 ななしのよっしん
2019/05/19(日) 09:43:59 ID: haPnsRkoXh
確かにジェガンの管理責任者の責任はあるだろうけど
それよりも軍艦に勝手に入り込んだ民間人を
自由にさせたていたブライトを初めとした
ロンドベルの責任の方が大きいと思うな

確かに、ハイストリーマーでは殺した後で
に返った描写があったけど
映画でもそういうのあれば印は違ったかもね
755 ななしのよっしん
2019/05/19(日) 10:12:43 ID: 80DzsjknK8
>>754
言葉が足りなかったな。そう言いたかった。
ロンドベル、アストナージ・・・もっと言えばブライトも含む管理責任、親や大人責任視できないと思うんだよな個人的に。
に返った描写は確かに欲しい。・・・が叫ぶしか出来なかったというのもそれはそれでいいかな~幼さの表現として
とにかくロックオンの有は描写されてない所だけど、個人的には大きい論議ポイントだと思う。
確かに殺すつもりでトリガーを引いたが、そこでさらに照準合わせの操作をしたかどうか。はしてないと思うんだよなぁ
756 ななしのよっしん
2019/05/19(日) 11:13:48 ID: 80DzsjknK8
もいっかい見直したらハサウェイ叫んでなんかなかったわ。
ここは明確に覚え間違えてた。訂正する。
757 ななしのよっしん
2019/05/19(日) 22:05:35 ID: haPnsRkoXh
本来は最低限軟禁ぐらいはするべきだったんだろうな
身内に対する甘さというのもあるだろうけど
ブライトアムロも軍人としては特殊な環境で戦ってたから
民間人に変に寛容になってたのかな

ロックオンはしていないと思うな、乱射って感じだったし
は今までの書き込みの通りハサウェイに対しては
かなり批判的だけど
ロックオンする冷静さがあれば攻撃しなかったとも思う
758 ななしのよっしん
2019/05/24(金) 11:39:41 ID: etKdkM4zP7
チェーンキチの人はチェーンの側に立ってチェーンのお気持ちを代弁しているだけだからな
だからなんというか「ズレた」感じになってしまう

チェーンからしたら「クェス」を殺して「ハサウェイ」を救うおうとしたわけだから
チェーン視点からすればそれはものの見事に成功している
だからなんでハサウェイが撃ってきたのか全く理解できないし理解することもできない

しかしハサウェイ視点からしたらそうじゃない
彼を救ってくれたのは「クェス」で彼女わなかったら「チェーンに撃墜されていた」

確かにあのまま放っといてクェスがハサウェイを殺していた「可性」はあるだろ
でも殺さなかった「可性」だってあるそれは掛け論の駄な話
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
759 ななしのよっしん
2019/05/24(金) 18:40:33 ID: haPnsRkoXh
ID: etKdkM4zPZのいうハサウェイ視点ハサウェイ視点ではないな。あくまでID: etKdkM4zPZの視点
>彼女わなかったら「チェーンに撃墜されていた」
>>696の①の通り、わなくてもハサウェイ死ぬとは限らないし
作中の描写でもクエス殺したことには逆上していたが
われなければ撃墜されていたとハサウェイが考えた描写なし
ハイストリーマーではわれないでクエス普通に撃墜されたけど、結果は同じ
つまりわれたかどうかはハサウェイ視点では関係なく
クエスが撃墜されたことだけがチェーン攻撃した理由なんだ
>「チェーンは危うくハサウェイを殺そうとしてしまい
>クェスがって事なきを得た」
同じく>>696の①でこれも否定できる
>ハサウェイにとっては「全く関係ない」
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
760 ななしのよっしん
2019/05/25(土) 02:56:27 ID: etKdkM4zP7
一人チェーンを殺したことが正しいなんて言ってない件

否定できる否定できるって言ってるけど
否定できているつもりで全く否定になってないのよ悪いけど
ハサウェイ的を考えればそんな理屈通らないことは逆シャア見た人100人いたら99人は理解できる

と、いうかクェス撃墜する前は~のあたりの文章読むに
なんというか都合の良い解釈で理やり結論づけてる感じだけども

今更こんなこと説明するのもアホらしいが

なんでハサウェイは散々どきなさいとチェーンが言ってるのにどかなかったのかわかってる?
自殺志願者だった?
761 ななしのよっしん
2019/05/25(土) 19:14:22 ID: haPnsRkoXh
>>760
そりゃクエス助けるためでしょ、そこはわかっているよ

要するにあなたの言いたいことは
チェーン攻撃したのは正しくはない
チェーンは助けるつもりで攻撃したかもしれないし
攻撃しなくてもハサウェイ死んだ可性もあるかもしれない
でもそんなのはハサウェイ視点では関係ないから
チェーン視点での話は
ハサウェイを非難する理由にはならんってことかな?