ハヤカワSFシリーズJコレクション単語

ハヤカワエスエフシリーズジェイコレクション

ハヤカワSFシリーズJコレクションとは、早川書房が刊行している(いた?)日本SF書。

概要

四六判変形ソフトカバー2002年4月創刊。初期はい背表印だったが、最近は作品によって背表の色は異なる。略称に「Jコレ」。

そもそも日本SFは、70年代小松左京日本沈没』に端を発する爆発ブームのあと、徐々に下降線を辿り、90年代には商業ジャンルとしてはほぼ壊滅的な状態に陥っていた。1997年には『本の雑誌』の「この10年のSFはみんなクズだ!」と題された特集を発端に、「SFの時代」と言われ大論争が巻き起こった。

しかし21世紀の到来に前後して、小松左京賞日本SF新人賞と、新人賞がふたつ創設。文芸書全体の売上げが落ち込みだしたこともあり、固定読者のついているSFの立場は相対的に復権していった。

そんな中、SFの老舗にして牙早川書房の『S-Fマガジン』編集長・澤快浩が、日本SFの最先端のショウケースとして2002年に満を持して創刊したのが、ハヤカワSFシリーズJコレクションである。

創刊当初から野尻抱介太陽の簒奪者』、牧野修『傀儡后』、飛浩グランヴァカンス 園の天使Ⅰ』といった作・意欲作を次々と送り出し、ハヤカワ文庫JAが仕掛け冲方丁小川一水ブレイクさせた「次世代作家リアルフィクション」とともに、21世紀初頭の日本SFを牽引していった。2007年には円城塔伊藤計劃デビューさせ、2009年には長谷敏司SF界に紹介、2010年上田夕里が『の宮』でブレイクするなど、現在日本SFはこの書の存在なくしてあり得ない。

基本的に新進気鋭のSF作家作・意欲作を刊行する書。2013年以降はにハヤカワSFコンテストの受賞者の受け皿となった。娯楽SFの大作から、とてつもなく実験的な作品まで、非常に様々な作品が刊行される。また刊行物は小説に限らず、漫画、戯曲、歌集まで出ていたりする。それ故に文庫化されないものも多いが、わりと長く細々と売られているので、古めで文庫化されていない作品も本屋さんで探してみよう。

2019年現在2015年11月小川哲『ユートロニカのこちら側』を最後に新刊が出ておらず、ハヤカワSFコンテストの受賞作も第5回からはこの書とは関係ない単行本として出ているので、公式アナウンスは出ていないが書としての刊行は終了したのかもしれない。

大百科に記事のあるJコレ作家

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8F%E3%83%A4%E3%82%AB%E3%83%AFsf%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BAj%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ハヤカワSFシリーズJコレクション

1 ななしのよっしん
2016/04/02(土) 12:50:56 ID: /Mx9+yK0ye
>70年代小松左京日本沈没』に端を発する爆発ブームのあと
{当初は3万部ずつだったが、版数を重ねるごとに出版数が増え、上巻204万部、下巻181万部の計385万部まで伸ばし「前の大ベストセラー」とも評された}てあるからそうなんだろうけどこれがそんなに読まれてたとは知らなかった。
にしてもSFに関してはなんで漫画の方が色々といんだろうな。
2 ななしのよっしん
2017/01/29(日) 21:49:43 ID: B/BwVLEZ13
戦後空白地帯を手塚と石が盛り上げ、漫画家志望だった小松筒井らがそこに入れず小説に流れたから?