ハリー・ポッター単語

ハリーポッター

ハリー・ポッターとは、イギリス女性作家、J.K.ローリングによる小説作品、またはその主人公の名前である。

主人公については「ハリー・ポッター(人物)」の記事を参照。

シリーズの概要

第一巻「Harry Potter and the Philosopher's Stone(邦訳:ハリー・ポッター賢者の石)」は、1997年6月30日イギリスで発売され、当時全く名の新人による作品であるにもかかわらず全世界ブームを引き起こした。また、2001年映画化され大反を呼んだ。日本での略称は「ハリポタ」。

原作小説は全7巻で2007年完結し、2016年には最終巻から19年後を描いた舞台ハリー・ポッターと呪いの子」が上映。さらにその脚本も発売される。

映画シリーズ完結後、前日譚となる映画シリーズ製作が開始された。その第1作は「幻の動物とその生息地」を原案とし、ニュート・スキャマンダーが主人公となる「ファンタスティック・ビースト魔法使い」(Fantastic Beasts and Where to Find Them)。

内容

主人公ハリー・ポッターは、幼い頃に両親と死別し、にあたる叔母「ダーズリー」で育てられた。
叔父叔母従兄のいずれもが、程度の差はあれハリーに対して虐待じみた邪険な扱いをしてきたこと、しばしばハリーの周りで不思議な出来事が起こっていたこと、それ以外は至って普通少年であった。

しかし11歳の誕生日に、魔法学校ホグワーツ」のルビウス・ハグリッドが現れ、ハリー魔法使いの素養を持った少年であること、ハリーの感情起伏に呼応して不思議な出来事が起こるのは魔法の才の片鱗であったこと、そしてホグワーツへの入学および学生寮への入居が既に決定していることを告げられる。

叔父叔母からはハリーの両親の死因交通事故死だと言い聞かされてきたが、実は両親は、魔法界史上最強最悪の魔法使いであるヴォルデモートに殺されていた。そして事件当時、ヴォルデモートは幼いハリーをも手にかけようとしたが、ハリーにかけたはずの死の呪文が何故か自らに跳ね返り、それ以降姿を消していた。
この事件の為、ハリー魔法界では「例のあの人の魔手から、一生き残った男の子」として有名だった。
もっとも、幼い頃からマグル(非魔法族の呼称)であるダーズリーで育てられたハリーは、ハグリッドに告げられるまでその事実を露ほども知らなかったのだが。

一方で、事件以来消息不明となっていたヴォルデモートは、辛うじて死は免れたものの自身に跳ね返った呪詛の魔により、霊魂にも満たない脆弱な消えかけの存在になってしまっていた。そんな状態に成り果ててもなお、忌まわしきハリー・ポッター殺と魔法界の再征を野望とし、復活の機を虎視々と狙っていた。やがて、学校生活を送りつつもハリー・ポッターとその仲間vsヴォルデモートら闇の魔法使い達の壮絶な戦いが始まることになったのである。

ハリー・ポッターシリーズ邦題

日本語版は松岡子氏が翻訳を担当しているのだが、残念ながら誤訳や訳、脚色も多い。今のところ彼女の訳を避けるには原書を手にするしか方法がい。児童向け作品である為本来の読者層にとっては原書を読めというのも酷な話であり、なかなかに根が深い問題と言える。詳しくはWikipediaその他にて。

登場人物

ハリー・ポッターの登場人物一覧」にて

関連動画

関連商品

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ハリー・ポッター

680 ななしのよっしん
2019/01/03(木) 21:13:00 ID: LuscdZb9rv
寿命に関しては説明されてない希ガス
でもマグルよりは長寿命なんじゃないかと個人的にには思ってる
トムリドルも確か年齢的にはかなりのじいさんだったはず
681 ななしのよっしん
2019/01/10(木) 20:01:41 ID: +Q/gGpKOH+
後、話は変るが純血義はマグルバカにする傾向があるけど、ぶっちゃけ魔法族ってルーツを辿れば両親はマグル突然変異起こした「穢れた血」なんだろ?

超能力バトルとかでよく超能力者至上義みたいならが出てくるが、そういらもルーツを辿れば「ただの人」ってのが多くて、それが許せないとか言うお約束だよな。
682 ななしのよっしん
2019/01/10(木) 20:17:23 ID: u1d8RLDfqD
魔法使いが先か、マグルが先かは鶏と卵の問題と同じでしょ
両親共にマグルの所謂マグル生まれも祖先を辿れば魔法族の血が入ってる
スクイブがマグル結婚して魔が隔世遺伝した子孫なのよ
683 ななしのよっしん
2019/01/10(木) 20:48:12 ID: u1d8RLDfqD
ヴォルデモートの一番の的はハリー・ポッターを亡き者にして(予言の成就によって)不滅の存在になることでしょ
グル嫌いは思想というよりトムリドルの両親に対する個人的な嫌悪感情に近いかと
クズなマグル父親とそれに惚れた弱い母親
リンデルバルドは言葉巧みに扇動するような言動で判りづらいが後々自分のしたことを後悔していたらしいことも含めて
案外マグル支配は二の次で「魔法使いが隠れること自由に生きたい」って方が元々の思想なようにも思える
684 ななしのよっしん
2019/01/19(土) 00:47:49 ID: WW26tQO0sW
>>670で言ったように人物としてのハリー・ポッターの記事立てたので報告しておきます
>>678さんの意見を参考にしてハリー・ポッター(人物)で作りました
こちらの記事があったからでしょうけど今日まで記事が作られなかったのは意外でしたね
記事に関して何か気になることあったらレス下さい、もちろんプレミアムならご自由に編集してくださって構いません
685 ななしのよっしん
2019/01/25(金) 16:08:34 ID: ygxjYOJBPp
きゅうべえいるのに今更気付いた
意外と気付かないものだな
686 ななしのよっしん
2019/01/25(金) 21:06:09 ID: gg4dxEwbWR
7巻を読む限りはグリンデルバルドの根本は自身の才への絶対的な信頼に基づく全感、傲慢だと思っていたな。
死をも含むこの世の事物は自身(+ダンブルドアのような自身に匹敵する天才)の支配の客体でしかなく、「世界がどうあるべきか」という観点からる崇高な理念は全て支配を美称的に正当化するためのものでしかないというイメージ
687 名無しさん
2019/01/27(日) 22:38:33 ID: 4JXsVoz3h9
久々ハリーポッター読み直したわ
リンデンバルドにべると俺様ってものすごく根暗に感じる
ハリーニュートもハリーが根暗に感じるし
688 ななしのよっしん
2019/03/12(火) 10:28:48 ID: ygxjYOJBPp
読み返すとやっぱこれMTGモデルにしか見えない
ローリングアイデア考えてた19901995年アラビアンナイト~フォールンエンパイアの時期丸被りだし
ハッフルパフ=、グリフィンドール、スリザリンレイブンクロー魔法生物
1998年ウルザブロックのトレイリアがホグワーツにそっくりなのは公式パロなのかね
2002年ハリポタTCGがウィザーズから発売されることもこの頃から決まっていたのかも知れない
689 ななしのよっしん
2019/03/12(火) 13:19:22 ID: R7PVJCe09D
両方好きだけどそれはないです

急上昇ワード

2019/03/23(土)23時更新