ハルウララ単語

ハルウララ
  • 15
  • 0pt
掲示板へ

ハルウララとは、1996年まれの競走馬高知競馬で通算113連敗を記録したである。

曖昧さ回避 この記事では実在競走馬について記述しています。
このを元にした『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するウマ娘については
ハルウララ(ウマ娘)」を参照して下さい。

概要

ニッポーテイオーヒロインラッキーブリンという血統。

ニッポーテイオーは種としては、インターマイウェイ1995年産経大阪杯函館記念の勝ちとハルウララが代表産駒として紹介される程度の種であるが、昭和末期の名マイラーで、ラッキーブリンはとしてコスモドリームショウナンカンプを輩出。系は日本の在来血統であるビューチフルドリーマー系にあたり、実は従兄弟にはJRA重賞5勝ミヤビランベリがいる。

生まれた1996年当時ですら、サンデーサイレンスや、世界的良血の繁殖の大量輸入が相次いだ背景を考えれば、やや古くなりだした血統ではあるが、連敗記録というイメージとは裏300年以上弱いを淘汰しつづけた歴史を持つサラブレッドなだけに、そこまでいい加減な血統ではない。はリーディンサイアーだが、系は7代遡らないと重賞もいないサンデーサイレンスの方がある意味で血統的には悪いくらいである。

誕生から連敗街道まで

生まれた時から小さく、見栄えも悪かったハルウララ。要するに売れ残ってしまい、生まれた牧場の場長は仕方なく自分で所有し、高知競馬で走らせることにした。高知競馬を選んだのは、預託料が日本一安かったからである。預かった調教師は、牧場長への義理を立てるためだけに彼女を預かった。

ハルウララは体が400kgに達しない小さなで、しかも臆病でわがまま。飽きっぽいという、競走馬としてはおよそ失格であった。厩舎では相当な苦労をして彼女をどうにか競走馬としてデビューさせる事には成功した。1998年11月デビュー戦は最下位。いわゆる連敗街道の幕が上がる。

ハルウララは非常に丈夫なであった。出走回数は年間約20回に及び、出走手当ての合計がどうにか預託料と釣り合ったがために、ハルウララはなんとか危機を免れた。それにしても年間20走とは、足元に負担が少ないダートコース距離だということを鑑みても物凄い出走回数である。間に惜しい二着こそあるものの、ハルウララは負け続けた。

ハルウララ狂想曲

2003年。ハルウララももう7歳。流石に好走する事さえくなってきて、いい加減引退かなぁ関係者が思い始めた頃の事。突然彼女にスポットライトが当り始める。

高知競馬実況を担当していた橋口浩二アナウンサーが、連敗がもうすぐ100に達しつつあったハルウララに気が付いた。その話を橋口アナから聞いた地元の新聞が面そうだと特集を組む。そして止の危機に直面していた高知競馬関係者がこれにをつけ、中央マスコミに売り込みをかけたのである。これに応じた各マスコミ「負け組のという扱いで大々的に取り上げた。

先日までは地元のおっちゃんたちしかおらず、新聞記者など来た事もかった高知競馬場に、なんだか物凄い数の人々とマスコミが押し寄せたのである。当ては、もはや勝つ見込みもくなった7歳の客観的に見ると奇妙極まりない事に、彼ら彼女らは、ハルウララが負けるところを見に来ていたのである。100連敗達成時には5000人もの観客が詰めかけ、120人ものマスコミが押し寄せ、何故か「100連敗を祝う」セレモニーまで行われた。

グッズが次々と作られ「当らない」交通安全のお守りとして外れ馬券が持ち帰られる始末。高知競馬はかつていほど盛り上がる。当然出走するレースもピーク時には全発売が行われるなどケタ違いの売上を記録。当時「あと一回赤字を出せば即止」とされていた危機は一時的にせよ回避された。

一方、ハルウララの関係者にとって「負けることを喜ばれる」というのは不本意極まりない事であり、昨日まで駄馬扱いしていた世間が突然よと持ち上げるようになった毀誉褒貶のしさには相当呆れたらしい。

そもそも、ハルウララの様に負け続けるしくく、負け続ければその内見放され、になって屋に売られるのが当たり前なのが競馬なのである。それが競馬という人間の娯楽にのみぶら下がっている、「経済動物サラブレッドという生き物の宿命なのであり、屋に売られる運命をどうにか避けさせようと関係者が頑る事によって競馬は成立しているのだ。

故に、負けることを賞賛される、「一生懸命」であるということだけで特別視されることは、競馬関係者にとってはそれまで「見送って」きた数多のたちを愚弄する行為に他ならなかった。
ハルウララがマスコミに頻繁に取り上げるようになってからも、牧場や厩舎、騎手コメントにハルウララが負けることを良しとするようなものは皆無であり、営は最後まで彼女を勝たせるための努をしていた。実際、引退までの最後の5レースは全レース掲示板に残っている。決して「負けてもいいや、負けた方が話題になる」と思ってレースをしていたわけではないのだ。

一度彼女に騎乗した武豊騎手ですら、子供の頃から厩舎育ちであるので、当初はハルウララを冷めたで見ていた。競馬本質とは違うがこんながいてもいいのかもと納得したのは、騎乗した際に彼女に対して純応援を送るファンを見てからのことである。

ハルウララのもたらしたもの

ハルウララブーム時に得た黒字の一部は、経営のための基プールされた。
ブームは案の定去り、元の高知競馬に戻ったが、高知競馬場緊縮財政を敷き、それでもなお赤字が生じた際に基を取り崩して赤字埋めするギリギリの攻防が行われた。
この延命策が、のちの「ナイター」開始にはじまる高知競馬一発逆転劇に繋がったのであった。

ハルウララのブーム話題づくりが欲しかった高知競馬と、変わったネタが欲しかったマスコミ各社が盛り上げたものといっても過言ではない。ハルウララは最終的に113連敗したのだが、実はその時点でさえ既に彼女の連敗記録は日本記録ではなかった(当時二位)のだ。今となればなんであれほど盛り上がったのか不思議なほどだ。

しかしながら競馬人気というのはハイセイコーにせよオグリキャップにせよ、最初はマスコミが盛り上げたにせよ、その後はその走る姿にが身を投影したファンたちが創り上げるのである。ファンたちは負け続けても諦めずに走り続けるハルウララに、実感なき経済成長の中であえぐ自分たちを見ていたのかもしれない。まさか負け続け引き篭もりの子供に抱えている親や「いつか本気出す」とか考えているニートの共感を得たわけではあるまいとは思う。

は「経済動物」である。この言葉はを殺処分にする理由として悲観的に使われることが多いが、同じぐらいを生かす理由になったっていいはずである(もちろん、ひとつの命が人間の都合で決まることの是非自体がもっと議論されるべきことである)。

ハルウララは、競走馬としてはいいとこなしといっても過言ではなかったが、いかなる理由であれ、競馬場一つを救う契機となった「経済動物」としての功労者であった。

引退~その後

ハルウララは8歳時、実質的なになっていたエッセイスト?の安西美穂子の手によって栃木牧場に送られる。なんだかごたごたがあって、そのまま引退。通算113敗。

その後は安西によってホースセラピーに連れ出されたり、復帰するからと募を募ったり、はたまたディープインパクトと交配することが発表されたりしたらしいがいずれも実現する事はかった。

引退後は北海道は新冠の牧場で余生をおくっていたが、安西のブログexitによると2012年12月千葉に移動。その後牧場の預託料を支払わなくなり、事実上所有権を放棄した。2014年7月、そのままそ千葉牧場が引き取り、サポート団体「うららの会」を発足させて支援する形となった。

人間に振り回され続けた彼女に、せめて安らかな余生がされる事を願って止まない。 

2019年5月競走馬引退したたちが出走するソフト競馬にて生初勝利をあげた。その後もソフト競馬に出走したり、Twitter写真動画アップされたりしており、2021年5月現在も存命である。

関連動画

関連商品

 

関連コミュニティ

ハルウララに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 15
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%A9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ハルウララ

211 ななしのよっしん
2021/04/23(金) 00:35:22 ID: Vg/xQbX+51
ナイスネイチャさんが33歳っていうとしてはご長寿ってことを考えると
ハルウララさんもそれくらい長生きして欲しいと切に願う
今マーサファームではゆっくりのんびりと過ごせてるみたいだしなあ…
212 ななしのよっしん
2021/04/24(土) 15:22:16 ID: ZSPLN3s8n1
いくらマスコミが持ち上げたところで、ハルウララに魅がなけりゃ、あそこまでのブームにはならなかっただろう
少なくともウララは一所懸命に走ってたし、蹄が痛くて動けなくなることはあっても常にで全だった
それが見えるからみんな応援してたわけでさ
1回くらい勝たせてあげたかったなあ
213 ななしのよっしん
2021/04/24(土) 18:30:46 ID: U0ogyoncWo
そもそも加とか懲罰思考自体が間違ってる
かを叩きたいなら自分のお尻いてヒヒーン言ってる方が楽しいぞい
214 ななしのよっしん
2021/04/29(木) 02:38:22 ID: ARy6RDiCEW
記事が事実を記述するレベルえて明らか悪意や嫌悪に満ちてるぞ
ガキじゃあるまいし、個人の意見や偏見をだらだらと書くな
215 ななしのよっしん
2021/05/01(土) 19:48:43 ID: QkKncij559
>>214
ここはウィキペディアではないのでね
216 ななしのよっしん
2021/05/02(日) 22:38:19 ID: BY/oJ12+JD
周囲の人間に振り回されたのがアレだが
割とこの子の血ってにもったいない気がするよな
頑丈さに着して
で走れるけど足回りに不安のある血統と組み合わせたら
ちょうどいい感じに多少調教が効くいいが出来そうな
217 ななしのよっしん
2021/05/04(火) 11:52:04 ID: XyfUmbRAdr
>>214
編集しましょか?
大百科の記事をいじるなんて初めてだから不手際があるかもだけど

本文中の
ぶっちゃけハルウララブーム話題づくりが...
...ニートの共感を得たわけではあるまいとは思う。」
の部分は必要ない、かな?
むしろトラブル対立煽りになりかねない感があるんだけど
218 ななしのよっしん
2021/05/04(火) 16:31:42 ID: XyfUmbRAdr
と思っていたら、あら
どなたかが編集されたみたい
ハルウララに対して好意的な書き込みが増えてる?

このコメントを書き込んでる時点では該当の部分は残ってますが、なんかが変にいじると文章が破綻するかもしれないので編集は見送ります
219 ななしのよっしん
2021/05/05(水) 18:16:36 ID: wNHDUZvUqi
>>216
そういう意味では案外アリかもね。本人の戦績はイマイチでも繁殖としては優秀って割とあるし。
最も、ハルウララの場合頑丈さの前に気性がイマイチ競走馬向きじゃないのが難点。
220 ななしのよっしん
2021/05/05(水) 18:26:21 ID: WhoOqJPT0M
この記事あまりにも好意的すぎない?
どこまでもラッキーでしかないんだが