ハンザ同盟単語

ハンザ

ハンザ同盟(Hansa)とは、北ドイツに合った商業同盟である。古高ドイツ語のHansa(ハンザ)は組合、団体を表わし、現代英語あるいは現代ドイツ語のHanseに相当する。そのため、ハンザ同盟は重言ともとれるが、単なる組合と区別する意味も含めて日本語ではハンザ同盟と呼称する。

概要

始まりは、都市間交易を担う商人の組合(Hansa)である。12世紀頃から発生したこの組合は都市政治に関与し、都市間の条約を結ばせるようになる。1241年のリューベックハンブルクの条約を始まりとして、同盟は北ドイツバルトに広がりを見せるようになる。ドイツ商人の商圏拡大によって、東はノヴゴロド、西はロンドンまでに商館が置かれ、最盛期には膨策を取っていたデンマーク軍事的に打ち破ってバルトの商業覇権確立した。

しかし、15世紀に入ってカルマル同盟を結んだデンマークに敗れバルト覇権を失陥。ポーランドバルト進出がこれに重なり、同盟諸都市は衰退した。各領邦では君権の拡大をす君によって都市の自治が失われ始め、君支援を受けたイングランドネーデルラントの商人が同盟の商圏に食い込んできた。大航海時代が始まったことによって、欧州要商業圏はバルトからすでに北海、さらには大西洋へと移っており、このことで同盟の発展は止まってしまう。同時期の宗教改革による都市間の対立とその後の三十年戦争による土の荒によって同盟諸都市は疲弊し、そしてヴェストファレン条約によって領邦国家に組み入れられることになる。

リューベックブレーメンハンブルクは同盟を維持したが、1669年を最後に会議も開かれなくなり、ここにハンザ同盟は事実上の終焉を迎えた。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B6%E5%90%8C%E7%9B%9F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ハンザ同盟

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ハンザ同盟についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/08/24(土)22時更新