ハンス・エドアルド・ベルゲングリューン単語

ハンスエドアルドベルゲングリューン

ハンス・エドアルド・ベルゲングリューン(Hans Eduard Bergengrün)は銀河英雄伝説の登場人物。
CV田中亮一石黒監督OVA)、樋渡嗣(Die Neue These)。
オスカー・フォン・ロイエンタール席幕僚。

概要

元々はジークフリード・キルヒアイスの幕僚で、僚友のフォルカー・アクセル・フォン・ビューローと共に艦列を並べて勇名を競い、生涯不敗であったキルヒアイスの武勲に寄与していた。イゼルローン要塞で行われた捕虜交換式にもキルヒアイスに帯同しており、僅かながら「ユリアンのイゼルローン日記」でも触れられている。キルヒアイスの不慮の死による艦隊解体後はロイエンタール艦隊へと配属される。この時の階級は少将

ラグナロック作戦開始時点では中将となり、ロイエンタール艦隊の参謀長となる。第9次イゼルローン攻防戦では旗艦<トリスタン>に侵入したローゼンリッターを撃退する為に自ら兵戦を揮し、かろうじてロイエンタールの救出を成功させる。

ローエンラムの開始によりロイエンタールが統帥本部総長となるとロイエンタール艦隊は解体されるが、部は統帥本部に移行されてたようであり、引き続いてロイエンタールの補佐にあたった。この時のベルゲングリューンの役職は不明であるが、階級は大将となっている。

第2次ラグナロック作戦では、ロイエンタールの下でラインハルトの直属艦隊の艦隊運用を行った。ロイエンタールが新領土総督に赴任すると、新領土治安軍(ロイエンタール軍)の軍事治安面の総督代理である軍事閲監(閲総監)に任ぜられる。

ロイエンタール元帥叛乱事件にあたっては皇帝ラインハルトと和解するようロイエンタールの説得にあたったが聞き入れられず、ロイエンタールに与して叛乱に参加する事となった。当初のロイエンタール作戦により「新領士各地に配置された兵を運用し、再結集する指揮官」という要の任務を任されて準備を行うも、ミッターマイヤーの予想以上の進軍速度により中止となる。

第二次ランテマリオ会戦では最後までロイエンタールに付き従い、ロイエンタールの死の直後に殉死した。必死に説得にあたるビューローに対しては遺言を残しており、ラインハルトに最も痛批判を浴びせている。

 「皇帝陛下にお伝えしてくれ。忠臣名将をあいついで失われ、さぞご寂寥のことでしょう、と。つぎはミッターマイヤー元帥の番ですか、と。功にむくいるに罰をもってして、王の繁栄があるとお思いなら、これからもそうなさい、と」

 死の直前に階級章を外していたが、ラインハルトは階級剥奪を行わなかった。

人物

年齢は30代(と捕虜交換式当時のユリアンは推測)。生で鋭的に引き締まった顔立ちで、知性は充分ながらも気質的に行動の人物。「歴戦の勇者」「大軍を前にしても沈毅を失った事のない」「いますぐこの場で死を命じられても動じないであろう勇者」。

軍人としてのは高く、ロイエンタールの下でという条件付きながらラインハルトの直属艦隊を動かしたり、ロイエンタール軍(艦艇35,800隻、将兵5,226,400人)の副将的な立場となっている。部下として、ロイエンタールから人格的にも的にも最大の信頼を寄せられ、「得がたい男」「補佐役となって以来用な言を聞かされた事はい」と評価されている。それ故にベルゲングリューンの前では不穏当な言を漏らしてしまう言も多かった。叛乱を決意したロイエンタールラインハルトに味方するのなら自分を殺せと言っている。
 
ロイエンタール同様にキルヒアイスも敬愛しており、彼の死の契機をつくったオーベルシュタインに反感を抱いている。石黒監督アニメでは名のキルヒアイスの部下となった事に不満を抱いて軍務中に飲し、後にキルヒアイスの将才と人柄をの当りにして考えをめ、心したエピソードが挿入されている。キャラクターデザインも豊かなをたくわえたワイル ドな外見となっている。その為、原作小説石黒監督アニメではやや印が異なる。「Die Neue These」では、同様にをたくわえつつも原作記述どおりの鋭的な印が強まっており、両者の中間といったぐあいになっている。

PCゲーム銀河英雄伝説4EX(ボーステック版)での
統 率 運 営 情 報 機 動 攻 撃 防 御 陸 戦
57 88 79 55 34 45 78 15

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%89%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ハンス・エドアルド・ベルゲングリューン

32 ななしのよっしん
2016/06/16(木) 09:17:05 ID: ygC7ghWoSV
皇帝よりも上官に対して忠を尽くす重臣タイプ
話す機会さえあればユリアンシュナイダーとメッチャ気が合っただろうな。
33 ななしのよっしん
2016/06/25(土) 03:01:43 ID: ygC7ghWoSV
重臣ではなく忠臣だったね。
34 ななしのよっしん
2016/09/21(水) 19:25:36 ID: +Aw9pmta0L
こいつが死んだときのビューローの悲痛さに思わずを伏せた。
得難い友だったろうに
35 ななしのよっしん
2016/12/19(月) 23:38:58 ID: xLWPlkIS5C
キルヒアイスの件でも大部分オーベルシュタインに非難を向けつつも
ラインハルトに対しても若干燻っていた部分はあったのかもしれないな
(ベルゲングリューンの主観的には)ラインハルトに忠義を尽くしていた
はずのキルヒアイスロイエンタールがなぜこんな終末を迎えなければ
ならなったのかという不条理に対しての憤りだったのだと思う
36 ななしのよっしん
2016/12/24(土) 14:17:29 ID: tsGXBxWwgj
>>35

併せて仕えた二人が自分よりも年下だった、ということもあったかもしれない。
キルヒアイス論、ロイエンタールも恐らくは年下(ただし彼に関しては2~3歳程度)だったんじゃないか。
実直な彼としては、副官側近として自分より若い2人を先立たせる羽になってしまったのが耐えられなかったのか、許せなかったのか・・・。
37 ななしのよっしん
2016/12/28(水) 23:23:35 ID: 1Ak2Ev5H7t
>>20
ロイエンタールに最後まで信頼を寄せられたんでシュトライトのように見放す理由もないし、死に際にラインハルトを殺せと言われた訳でもないのでアンスバッハのように刺客になる理由もない
同列に並べて批判するのはなんか違うんじゃないかな
38 ななしのよっしん
2017/01/21(土) 13:15:57 ID: maYl/gUB75
ベルゲングリューンのキルヒアイスへの忠心というか思い入れの強さって、リップシュタット戦役での辺域や門閥貴族領土を定していく過程で培われていったんじゃないかな。

カストロプ動乱時は名指揮官として認めたくらいだけど、次第に「民階級の希望」と思うようになったとか。
単なる思いつきだし、フォンの称号つきのロイエンタールやビューローとの関係を考えると、階級意識は必ずしも強くなさそうだけど。
39 ななしのよっしん
2018/03/25(日) 12:49:18 ID: frnAMya8ef
民階級、ってよりもその人柄に心酔したんじゃないか?

最初はを奪われてたけど、コーネフの運んだ地球教徒や辺民に対する優しさを見て、ラインハルト爛な才よりもむしろ、キルヒアイス地味だけど重な人となりにこそ、価値を見いだしたんじゃなかろうか
40 ななしのよっしん
2018/07/18(水) 05:17:02 ID: xc3szFX5Ra
伸びしろがたっぷりあって、しかもそれが+の方向に延びるとしか思えない若人が死んだら怒るわ
41 ななしのよっしん
2019/02/23(土) 14:15:18 ID: z0761oZPlC
長生きしていれば、ちょっと形は違うけどビュコックみたいな存在になってたんじゃないかな、と思う。天才が見落としがちな部分を見極めて、適切な行動・言論を以って上官を諌めてより良い方向に導く、って感じの。死にすぎるんだよね・・・

急上昇ワード