ハンニバル単語

ハンニバル
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

ハンニバル(Hannibal)とは、以下のことをす。

実在の人名

実在の地名

創作関連

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%90%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ハンニバル

45 ななしのよっしん
2018/06/17(日) 20:45:25 ID: 5OnZQBuFcZ
戦史学べば学ぶほど分かる木じいちゃんのやばさよ
数が少ないほうが包囲戦するとかなろう系主人公じゃないんだから…
46 ななしのよっしん
2018/07/12(木) 00:55:40 ID: Pzf3Z05XN1
アド・アストラ完結しちゃったな…
ハンニバルやスキピオにべると
小物っぽい大カトーが漁夫の利を得たような最後なのが
史実通りとはいえやりきれなさが残る
47 ななしのよっしん
2018/10/18(木) 23:17:46 ID: 0M56S5mZL9
関内の戦い
48 ななしのよっしん
2019/04/12(金) 05:53:48 ID: tCgcnQgnm9
カトーちゃんはカルタゴは滅ぼすべきであるのぶれなさ底さが
まあ最後に勝つはこうだよねって感じ
49 ああああ
2019/06/15(土) 18:28:45 ID: B1VUJlfJiZ
結局カルタゴの復が結局警を呼んでしまったからなぁ

50 ななしのよっしん
2019/10/01(火) 01:42:00 ID: Sat4c5zEoF
ポエニ戦争では、「ハンニバルの知略+末端兵士の忠勇」で大いに暴れるも、
「両者をつなぐ、中級指揮官層の脆弱さ」がハンニバルを疲弊させた。

カルタゴも、「リーダーたるハンニバルの手腕」で成果が上がったので、「末端の民衆からの支持」は
厚かったと思われるが、やはり「両者の間に位置する貴族・既得権益層」の反発を受けて出奔。

独裁を好み、それゆえに成果を挙げ、それゆえに敗れる。
政治家時代のハンニバル自身、粗野な振る舞いを咎められ
「私は戦場の振る舞いは知っているが、議場の振る舞いは知らない」と釈明している。
直しようもない性向なのだろう。
51 ななしのよっしん
2019/10/19(土) 22:04:42 ID: ReJskNJo2k
この人見てると劉邦ってすごいなって思う
ハンニバルレベルの戦術韓信がいて
戦略、謀略に長けた張良がいて

反則だよな
52 ななしのよっしん
2020/01/20(月) 12:35:58 ID: x/BNM+xl8v
劉邦軍で必要なのは劉邦蕭何だけ
他はぶっちゃけ替えが効く
53 ななしのよっしん
2020/02/08(土) 21:15:15 ID: 5OnZQBuFcZ
>>50
逆にローマハンニバルクラス指揮官はスキピオが出るまでいなかったが、マルケルスやファビウスみたいな十分に質の高い指揮官が多くいたわけだ
なんでローマって質の高い指揮官が多かったんだろうか、逆にカルタゴはなぜ質の高い指揮官が少なかったのだろうか
54 ななしのよっしん
2020/03/20(金) 03:50:19 ID: Sat4c5zEoF
>>53
敗軍の将は、
ローマ:不問(ただし軍規違反には峻厳)
カルタゴ:処刑

ハンニバル、スキピオレベルの軍才は稟だが、普通人が良将に育つには「キャリア」が不可欠。しかしあっけなくキャリアパスが閉ざされるカルタゴシステムでは良将が育ちにくかった。

天才・スキピオが戦争の趨勢を左右した重要因子であることは間違いない。
が、第二次ポエニ戦争本質的には、「天才ハンニバル vs. ローマシステム」だったと思う。
ローマというシステムは、いくらハンニバルに痛打を喰らおうが持ちこたえ、スキピオを生み出すまでの時間を稼ぎ切り、そのスキピオがザマで勝利した。
けれど、合理柔軟、しぶとくしたたかなローマシステムは、スキピオという僥倖にすがらずとも、史実以上に満身創痍になりながらも、終極的には、天才的な個人、ハンニバルを磨り潰し圧殺したと思う。

急上昇ワード

おすすめトレンド