ハンブルク単語

ハンブルク

ハンブルク(Hamburg)とは、ドイツ北部に位置する港湾都市である。

概要

ハンブルクは、正式には「自由ハン都市ハンブルク」(Freie und Hansestadt Hamburg)と称しているため、例えば自動車ナンバープレートには「HH」と略記される。人口は約173万人と、ベルリンに次いでドイツで2番に人口が多い都市である。ハンブルクは、ベルリンと同様、1都市だけで連邦州を形成している。

地理的には、北海に注ぐエルの支流たるアルスターの河口にある港湾都市であり、北のシュレスヴィヒ=ホルシュタイン州と南のニーダーザクセン州とに囲まれている。

かつてビートルズが下積み時代に活動していた場所であり、またメンデルスゾーンブラームスといった音楽家の生誕地でもある。こうした文化都市としての性格を反映し、現在エルプ・フィルハーモニー」のコンサートホールが建設中である。

かつての倉庫レンガとも称され、港湾都市ハンブルクの一大名所となっている。このレンガの建物の中には「ミニチュア・ワンダランド」(Miniatur Wunderland)という、世界最大級の鉄道模型ジオラマ展示も存在する(更に拡工事中)。

港町には歓楽が付き物ということで、このハンブルクにもレーパーバーン(Reeperbahn)と呼ばれる歓楽が存在する。

地名あれこれ

上述のとおりハンブルクは"Hamburg"とられるが、「標準ドイツ語では語尾のgを濁らずにk扱いして発音する」という原則を知らない日本人によって「ハンブル」と書き間違えられることもある。

また、英語では概ね「ハンバーグ」といった発音になる。ここからお察しいただけるように、日本では非常に染みの深い料理ハンバーグ」はハンブルクという地名に由来する。ただし、ややこしいことにハンブルクがハンバーグの発祥の地というわけではなく、実際にハンブルクのレストランで(日本人が連想するような)ハンバーグを食べることは理らしい。

さらに、ハンバーガー(hamburger)も「ハンブルクのもの」という意味の単に由来する。このため、ハンバーガーの発祥の地もハンブルクではないかと考えてしまう人が後を絶たないが、実際の発祥地は米国であるとわれている。もちろん、今日では世界中の多くの町でハンバーガーを食べることができるようになったので、ハンブルクでハンバーガーを食べること自体は難しくない。

大百科の「ハンバーグ」および「ハンバーガー」の項も参照のこと。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ハンブルク

1 ななしのよっしん
2014/04/13(日) 00:29:39 ID: W1LzFcJuzS
ハンバーグ及びハンバーガーでもある。
ビートたけし海外ロケで、ふと外を見たら周りの店がハンバーガーショップばかり!? と思ったらハンブルクを通過中だった、という経験があったらしいw
2 ななしのよっしん
2014/04/17(木) 20:45:52 ID: rnIhhiXuQy
フリーゲンダー・ハンブルガー」がどうも「飛ぶハンバーガー」と邦訳されることが多くてシュール
3 ななしのよっしん
2016/12/08(木) 15:09:16 ID: oduLkAqu6V
ドイツの州の一覧