ハンムラビ法典単語

ハンムラビホウテン
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

人を死刑に値するとして訴え、立できなかった場合、死刑に処される

ハンムラビ法典第一条

ハンムラビ法典とは、紀元前1972年から1750年にかけてバビニアを統治したハンムラビ王が作った法典。

全な形で残る世界で二番に古い法典である。

概要

メソポタミア文明の徴と言ってもいい法典。

有名な「にはを、にはを」という文もこれに記されている。

使用されている言アッカド語で、記入するのに使われたのは象形文字

記入されていたものの材質は玄武岩。

太陽の町シッパルに建設されていたとみられ、今現在ルーブル美術館が所蔵。

法律の内容以前に当時の社会情勢を知るうえでもこれ以上ない重な資料として知られる。

目には目を、歯には歯を

ハンムラビ法典が時折復讐法と呼ばれる原因。

ただし単純に「やられたらやり返せ」と言っているわけではい。

「相手に自分が負った痛みを分からせる」のは正しいが「負った痛み以上の苦痛を与えてはいけない」という意味合いでもあるのだ。

強者が弱者を虐げないように、正義が孤児と寡婦とに授けられるように

弱い立場にある人も強い立場にある人と同等に接せられるべきという法律

奴隷が自由人の頬を殴った場合、耳を切り落とす

奴隷はそもそも前述の孤児や寡婦のような『弱い立場の人』未満の存在とされていたので行き過ぎた罰が許された、というか推奨されていた。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%83%93%E6%B3%95%E5%85%B8

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ハンムラビ法典

1 ななしのよっしん
2019/10/20(日) 15:10:57 ID: 5rMQSYLYl2
ずいぶんと前になるが、東京/神奈川博物館/美術館世界四大文明展があったときに、メソポタミア展示で現物を見たことがある
気の悪い日でそんなに入館者数が多くなかったんでじっくり眺められたなぁ

急上昇ワード

2020/02/29(土)03時更新