ハンロンの剃刀単語

ハンロンノカミソリ

ハンロンの剃刀英:Hanlon's razor)とは、ある人為的とされる悪い出来事があった際に、その行いをした当人の故意によるものではなく、過失として受け止めるべきという警句。

元となった英語フレーズ

"Never attribute to malice that which is adequately explained by stupidity."(愚かさによって十分説明されることに、悪意を見出してはいけない)

起源とされるもの

オッカムの剃刀Occam's razor、同じ事柄を説明するにはなるべく単純化すべき)の生版。しかし「オッカムの剃刀」の名称の由来である「オッカム」は著名な学者・哲学者であったが、こちらの「ハンロン」は名の人物である。

この概念が「ハンロンの剃刀」と呼ばれるようになった経緯については、イギリスケンブリッジ大学コンピューターサイエンスの教授職にあるクエティン・スタッフォード=フレイザーのブログで、ジョセフ・E・ビグラーと名乗る人物からメールで寄せられたものとして2001年に紹介されている[1][2]

そのビグラーメールによれば、ビグラーの友人であるロバート・J・ハンロンという人物に由来するという。1977年に「マーフィーの法則(Murphy’s Law)」という警句集がベストセラーとなったが、出版社はこの本の続編を出すために「法則」を募集した。それにハンロンが上記のフレーズ投稿したところ採用され、ハンロンの名前もクレジットされた上で1980年に出版された続編書籍「Murphy’s Law book two: More reasons why things go wrong!」に掲載されたのだという。

この情報が正しければ、「ベストセラー書籍の続編」としてそれなりに売れたと思われる書籍に、投稿ハンロンの名付きで掲載されたことになる。「ハンロンの剃刀」と言う言葉が広まったこと、にも関わらずハンロン自身が名の人物であることのよい説明となるだろう。

同様の趣旨の記述は、日本では、評論家勝間和代朝日新聞の記事内で紹介している[3]

ちなみに類似の考え方は、1774年に出版された文ゲーテによる小説「若きウェルテルの悩み」でも既に登場している。

daß Mißverständnisse und Trägheit vielleicht mehr Irrungen in der Welt machen als List und Bosheit. Wenigstens sind die beiden letzteren gewiß seltener.[4]

(和訳例:この世の中では、誤解とか怠慢が、策謀とか悪意よりもたくさんのいざこざを生んでいるんちゃうかな。少なくとも策謀とか悪意なんちゅうもんの方が確かにまれなんや。)

使い方

身近な人間関係から、政府の政策に至るまで、幅広い分野で「ハンロンの剃刀」の反対の認識、単なる失敗の可性があるのにも関わらず、悪意によってなされたという決めつけがなされることがある。

そんなときに、一歩引いて「それは悪意からではなく、単に不注意からくるもの」だと理解すると、性急な追及や過度の批判、誤った原因の断定に至らないという一種の分析手法である。

陰謀論の中では、ユダヤ陰謀論世界政治経済るのはユダヤ人)や政府企業メディアによる世論操作がなされているなどが当てはまる。

ただし、これはオッカムの剃刀など他の推論規則と同様に、他に何も明らかなことはいときは、より一般的、均的な出来事であると仮定したほうが良い(の原理)という原則から導かれるものであって、に意図があって起きた出来事まで反するものではない。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ・チャンネル

関連項目

脚注

  1. *Hanlon’s Razor November 26th, 2001 Quentin Stafford-Fraser's blogexit
  2. *The origins of Hanlon’s Razor December 4th, 2001 Quentin Stafford-Fraser's blogexit
  3. *「ハンロンの剃刀」という言葉の意味についてわかる資料はあるか。 レファレンス協同データベース 2012年2月28日作成exit
  4. *Kapitel 1 des Buches: Die Leiden des jungen Werther von Johann Wolfgang von Goethe | Projekt Gutenbergexit

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%89%83%E5%88%80

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ハンロンの剃刀

62 ななしのよっしん
2019/06/07(金) 21:08:04 ID: e1U/2ZwPxk
あくまでこの格言は、かに被害を被るようなことには悪意のほかにも愚かさによってもたらされることもあるから、
その二つを一緒くたにしてしまうと世の中に存在しない悪意まで感じてしまうから良くないよってことだと思うの。
少なくとも一緒くたにすると世の中の悪意の総量が増えるのは確定的事実といっても差し支えないだろうし

例の件に関してはそもそも「愚かさにとって十分説明されること」ってのからして当てはまってないし、
観測する側にとっては坊主にくけりゃまでにはなるなよ?っていう警告ぐらいの意味合いにしかならんと思うの
63 ななしのよっしん
2019/06/10(月) 18:03:58 ID: 1K+RKLGg1t
つっても法学にも未必の故意ってのがありましてね……

マーフィーの法則同様、人間はそう感じやすいかもねってだけでなんか定量的なものを示せる訳じゃないから人を説得できるかと言えばかなり微妙
64 ななしのよっしん
2019/06/19(水) 15:46:59 ID: BrQiLIVucx
大人ウソつきではないのです
65 ななしのよっしん
2019/06/23(日) 03:04:39 ID: 72GCjPIexR
この言葉が存在する事で、無能悪意隠れ蓑にすればその悪意は"良識ある人々"から護されるようになるという皮
66 ななしのよっしん
2019/06/23(日) 03:12:15 ID: VWUVo4eA13
世の中には悪意のある無能が居るということをコーヒーに喧嘩を売って負けた男が思い知らせてくれた
67 ななしのよっしん
2019/06/23(日) 03:24:19 ID: ubGZezOeUM
今も色んな所で迷惑を掛けてるアンチには悪意しかないな
68 ななしのよっしん
2019/06/23(日) 03:29:41 ID: VWUVo4eA13
問題はそのレベルのことを、地上波放送している企業の、責任者が、
SNSを使って衆の面前にて前監督や競合企業の商品、更には全く関係なコーヒー店に対してやっていたということだけどね。
69 ななしのよっしん
2019/06/27(木) 12:23:32 ID: 8Egz8ExLKM
一番騒動を拡散してるのが公式関係者やその裏(と思われる)アカなのがホント笑えないよね。
大人しくしてりゃここまで大騒動にゃなってなかったろうに。
70 ななしのよっしん
2019/06/28(金) 12:40:40 ID: 0j/2AmKFab
ある過失とされる悪い出来事があった際に、その行いをした当人の無能からではなく、
故意によるものとして受け止めるべきという警句。
ハンペンの剃
71 ななしのよっしん
2019/07/16(火) 18:39:23 ID: tR2fkhSq0W
下衆の勘繰りは好きじゃないんだが……
アレはひどいわぁ