ハードボイルド単語

ハードボイルド

ハードボイルドhardboiled)とは、身までしっかりと固くなった「堅ゆで卵」をあらわす言葉である。

転じて、感情や状況に流されず、軟弱、妥協を嫌う生き様や、それを描いた小説ジャンルのことをす。

レンチコートにソフト帽、煙草バーボンといった記号的な表現にも使われる。
(これはチェックのシャツにリュックを背負った人間を「オタク」と表現するようなものだが)

概要

1920年代のアメリカで、タフで非情な男たちを主人公にした一連の小説があった。西部劇に流を持つその物語は、ダシール・ハメットレイモンドチャンドラーといった作家によって一連の文学作品へと昇されていった。

メットの「マルタ」は感情表現を一切用いず、「報告書のように簡潔な」文体を使って主人公の行動を描いている。ハメットの作品は後のハードボイルドの礎となったが、犯罪組織や暴力といった形骸だけを真似小説も数多く登場した。

チャンドラーは、フィリップ・マーロウという探偵を通じて、退した人々やアメリカの姿を描き、その感傷を含んだ文体は多くのフォロワーを生んだ。ロス・マクドナルドはその代表で、探偵リュウアーチャーはさながらカウセラーのように「病んだアメリカ」に相対し続ける。

こうしたハードボイルドミステリの底流には、英国が生んだパズラー的なミステリへの反発があった。ホームズに代表される人的な探偵や、複雑で現実離れしたトリックは、「特権階級的である」としてアメリカ人の心性に染まなかった。ハードボイルド探偵は、おしなべてディレッタントではなく、しばしば卑俗的な「市民の代表」である。

誤用

多くのハードボイルド小説が私立探偵主人公にしているためか、日本ではしばしば「私立探偵小説ハードボイルド」というカン違いが発生する。

もちろん、私立探偵の出てくる小説が全てハードボイルドというわけではないし、その逆もまた然り。アメリカでは「私立探偵小説」というジャンルで括られているが、日本ではこの言葉は今ひとつ普及していない。

関連項目

※他にもご自由にお願いします。

関連商品

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9C%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ハードボイルド

100 ななしのよっしん
2017/08/27(日) 01:55:47 ID: A9c9VA6pWS
探偵ではないしイギリス人だけどジェームズ・ボンドハードボイルドの代表例みたいな感じある。
まあ、カクテルが好きで紅茶泥水と言うイギリス人なせいかもしれないけど。
101 ななしのよっしん
2017/11/24(金) 13:26:52 ID: v3p3IOqO+c
>>99
神宮寺三郎の洋子さんとか、コブラレディがそれに当たるかな
女性キャラは、底的に記号化されてるから、オタクに嫌われそうでいて
一周回って、近寄られもしないという稀有なジャンルだな
102 ななしのよっしん
2017/11/24(金) 14:37:07 ID: lX5u1b7nCC
ハードボイルドって、キャラとは、基本的に、ギブ&テイクの関係だからなぁ

主人公が、自分をアウトローと自覚しているから多くをめない(→的があるなら、別)
仲間とは、対等の関係というわけではない(→そもそも、主人公社会的地位は低い。ただルールは設ける)
師匠先輩的なキャラは居ない(→居ても、利用されてるか、死ぬ)
人、可愛い後輩キャラは居ない(→居ても、利用されるか、死ぬ。という毎度、とっかえひっかえ)
庭を持ってることはあるけど、家族が活躍することはほぼい(→あくまで、主人公が帰る場所。人質にはなる)
・称賛をめない。それも、謙虚な姿勢というわけではない。自分が駄目人間と自覚しているから。
 (→むしろ、活躍を利用されて、事件が起こることがある)
キャラ以外との人間関係は、毎度リセットされる。あまり、レギュラーが増えることも好まない(→ただ減る)
・基本的、主人公の実績は積み重なることはない。それもリセットされる(一部の過去の話がくなったわけでない
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
103 ななしのよっしん
2017/11/24(金) 16:44:53 ID: AV5+jbPpVp
アメリカスタイルだと、タフガイではあるけど、色々な理由で、居場所をめて彷徨っていたら、
探偵(他の職種でもいい)になったってパターンが割と見られる気がするな

他の探偵と違って、正義感や、知的好奇心を満たすために事件を解決するんじゃなく
自分が、探偵であり続けるために、事件を解決するって、的と手段が逆のようにも見られる
(ただ、正義感や、事件への興味が全くいわけでもない)
104 ななしのよっしん
2017/11/27(月) 21:52:21 ID: juaJo9dYwU
>>93 >>96
ハーレム物の流れの元がハードボイルド作品にあるって解釈でおk
設定や書き方次第で印が変わる典だな
105 ななしのよっしん
2017/11/28(火) 07:25:46 ID: 2fOCRkaxPF
ヒロインもおらず師匠もおらず、レギュラーキャラは減る一方ってハードボイルド
あんまり多数には見えないしなぁ
106 ななしのよっしん
2017/12/03(日) 05:00:22 ID: pGsRQy2wYU
>>104
記号化された主人公が、いかにもな美女と関わったことで
事件に巻き込まれ、ロマンスを繰り広げていくってのが、ハードボイルドの大まかな構成だから割とあってるかもな

普通探偵小説と違って、人間ドラマ(ただ物語を飾り立てる演出は少ない)>事件のベクトルだから

ミステリー好きにも、ストーリー当てのミステリー好きにも好まれてい感もある。シリーズ全編が、ホームズのボヘミアの醜聞みたいな感じだし。読んでる最中じゃなく、読後の余韻を楽しむような感じが割とめられてる
107 ななしのよっしん
2018/10/28(日) 16:13:27 ID: 2fOCRkaxPF
最近は、本格ミステリ本を閉じて犯人当てに悩むのも面倒になって来たので、
ハードボイルド小説がお気に入り
108 ななしのよっしん
2019/05/13(月) 08:44:36 ID: aA2DerIIa2
ハードボイルド主人公というとウォッチメンロールシャッハえるキャラはいないと思う
109 ななしのよっしん
2019/05/15(水) 07:53:10 ID: gskNB3i5Rk
定時ニュースと同じ感覚で見るのが個人的な楽しみ方