バイアラン単語

バイアラン
4.2千文字の記事
  • 9
  • 0pt
掲示板へ

バイアランとは、アニメ機動戦士Zガンダム」に登場するティターンズモビルスーツMS)である。
形式番号はRX-160。

概要

ティターンズのキリマンジャロ基地にて、10番に開発された試作モビルスーツ

サブフライトシステムを用いずに大気圏内を飛行する事を的としており、搭載された熱核ジェットエンジンによって単独飛行を実現している。コンセプトは当時としては画期的なものだった(MSが飛行するにはサブフライトシステムを用いるか変形するしかなかった)のだが、各所にバーニアを追加したため機体が肥大化して被弾率が上昇している他、軽量化による装甲の低下、三本の特殊なマニピュレーターを採用したため携行武器の使用不可等、単独飛行の優位性と引き換えに様々な弱点を抱えている。また、飛行には大出を要するため長時間の飛行は不可能。そのためか、作中でジェリド・メサが搭乗したバイアランはサブフライトシステムに乗って稼働時間の延長を図っている。に地上で運用されるが、スラスターを換装すれば宇宙でも運用可。汎用性の高さがえる。飛行時間を気にせず大推を発揮できるため、むしろ宇宙のほうが向いているまである。

武装は三本マニピュレーターに仕込まれたビームライフルビームサーベルのみ。ちなみに旧軍系の技術を盛り込んだためか、連邦製でありながらモノアイとなっている。

機動戦士Zガンダムでは先述の通りジェリドが搭乗。初登場時は塗装が終わっていなかったのか灰色一色であった。数々の搭乗機を持つジェリドであるが、最も戦果を挙げたのは本機の搭乗時である。多数のガザCアポリーを撃墜し、グワダンにも損傷を与えるなどの活躍を見せるが、その半面逆に攻撃を受ける事も多く、アムロの駆るディジェ墜落させられたり、Zガンダムの放ったグレネード背中バーニアに命中したりしている。が、どの攻撃もバイアランを撃墜するには至らず、見たとは裏に高いダメージコントロールえる。

最後まで撃墜されなかったバイアランだったが、その後ジェリドは何故かバウンド・ドック乗り換えてしまったため、その後の消息は不明。また試作機ではあるが後に少数が生産され、一般パイロットも搭乗している。ドゴス・ギアを撃沈する時、パラス・アテネの背後に2機が確認できる。

機体形状がジュピトリスMSと似ている事から、開発にはパプテマス・シロッコが関わったとする説があるが詳細は不明(漫画版ではシロッコが携わっている)。

劇中での活躍

宇宙世紀0087年11月2日エゥーゴとカラバの共同軍がティターンズのキリマンジャロ基地を襲撃。ちょうどバイアランは格納庫内で調整を受けていたが、モビルスーツめるジェリド・メサ中尉が強引に起動。整備員の制止のを振り切って理やり出撃した。この時は機体の塗装すら済んでいなかったのか、灰色一色だった。出撃後、カミーユの駆るZガンダムと交戦。互の戦いを見せ付けるが、割って入ったサイコガンダム(友軍機)の頭部をビームサーベルで突き刺してしまい、図らずも撃墜してしまう。パイロットフォウ・ムラサメは戦死した。

その後、バイアランは正式にジェリドの搭乗機となり塗装もしっかり施される。11月16日メロゥドに搭載され、キリマンジャロからダカールに向かうアウドムラを追撃。数機のハイザックとともにZガンダムと交戦する。やがて戦いの舞台中からダカールへと移るが、議会ではクワトロが全世界に向けて演説をしている所だった。攻撃を強行したジェリドは止めに入ったアッシマーを撃破。流れ弾が議会の付近に着弾し、議会はしい揺れに見舞われた。この事をクワトロが利用しないはずがなく、ティターンズの非性が世界に向けて暴露されてしまう。まさに処刑級の失態である。事の重大さに気づいた上層部からの命で渋々撤退する。

次の戦闘では活動時間の延長を狙ってか、サブフライトシステムに乗って出撃。シャトルの打ち上げを妨すべくビームライフルを撃ちかけるが、アムロディジェが護衛についておりサブフライトシステムから落とされた挙句、逆にビームを撃ち込まれる。しかし事に帰還した。

カミーユらが宇宙に上がった事で、ジェリド宇宙へと上がる。アクシズとの交渉が決裂し、交戦状態に入ったためジェリド駆るバイアランはバーザムとともにグワダンを攻撃。ダミーを爆破しながら薄し、ベテランガザCを一り捨てるという獅子奮の活躍を見せ、ハマーンプレッシャーを与えている。劇場版Zではこのシーンリメイクされている。すんでのところでエゥーゴの部隊に妨されるものの、グワダンに命中弾を与える戦果を挙げた。
ゼータガンダムとの戦闘を経て、アポリーの乗ったリックディアスビームを撃ち込んで撃墜。昂したカミーユに機体の一部をられ、ゼダンの門へと後退した。

以降、ジェリドバウンド・ドックに機体を乗り換えてしまったため行方知れずとなる。

ゲームでの活躍

スーパーロボット大戦シリーズ

ティターンズ対決する展開のある作品で登場する。

原作通りのジェリドの他に、カクリコン・カクーラーやマウアー・ファラオライラミラライラといったネームドパイロットの乗機としても使用されている。

第4次ではルート次第でサブ主人公乗していて、説得することでバイアランごと加入する。単体で飛べるのでそれなりに便利で印に残る。

Gジェネレーションシリーズ

が高く設定されており、後年の作品では一バイアラン・カスタムへ進化する事が可重な存在。

エゥーゴvsティターンズDX

DX」で登場。コスト250の機体となっている。し、変形不可、妙にでかい肩幅のせいで被弾率が高いなど欠点が立つ。飛び道具ビームライフルのみと心細い。しかし高機動で、格闘性に優れた近接戦闘モビルスーツ。ブースト性も良好で、中での機動性は随一。

エゥーゴ鹵獲カラーツートンカラーというヒロイックな配色となっている。

ギレンの野望シリーズ

アクシズの脅威から登場する。

とても強な機体で低燃費かつ高性なので、対アクシズ戦では選手。通常形態と飛行中の二種類が存在し、飛行中は火力が上がるため敵への攻撃に優れる。変形の前後で性が変わるというしい特徴。水中の敵にも攻撃できる利便性を誇る。
しかしを有していないので、被弾率は高め。地球連邦軍、ティターンズで生産可

バイアラン・カスタム

機動戦士ガンダムUCに登場。トリントン基地で立案された技術試験計画の産物として2機が製作された。

時代が変わり、棄予定になっていたバイアランに既存の技術を集めて飛行を向上させたもの。最新の技術は一切使用されていない、いわばマイナーチェンジ版である。
既存技術のみで修するという時間の無駄とも思えるこの計画が認可されたのは、トリントン戦略的価値の低い、忘れ去られた基地だったからである。
事実、配備されているMSどが落ち(ジムⅡ等)で、将兵も左遷組で構成されていた。

そんな忘れ去られたトリントン基地ジオン残党軍の襲撃を受け、戦火に包まれる。残党軍の高い錬度に押され、連邦軍のモビルスーツは次々に破壊されていく。基地の深くに入り込み、破壊活動を繰り返す残党軍モビルスーツに為す術がいように思われたその間。格納庫天井を突き破って、バイアラン・カスタムが飛翔した。

本機の活躍はまさに獅子奮だった。ジムⅡネモを手玉に取っていた残党軍を今度はバイアラン・カスタムが手玉に取る。カプールザクマリナー、ズゴックを相手に大立ち回りを演じ、片端から撃破していく。ザクキャノンからのミサイル攻撃を物ともせずに大を駆け、ナギナタ片手に向かってきたゲルググを撃破。練度不足や残党軍の気迫から押されていた戦局を立て直した。
ザクⅠスナイパータイプ背中バーニア狙撃されながらも、ビームサーベルマラサイを両断したところで出番は終了。その後の消息は不明である。この大活躍は、ジオンの残党狩りというティターンズの使命を見事に果たした形となった。

外見は背中に2基の追加ブースターが搭載され、デザインも鋭的になっている。原機はモノアイだったが、バイアラン・カスタムはジムと同じようなバイザーとなっている(モノアイのままではティターンズイメージが強く、許可が下りなかった為)。
また、武装は元のビームサーベルの他、ビームライフルからビームマシンガンに変更されている。腕部はガブスレイクローアームへと換装された他、脚部もクローになり踵部分はバウンド・ドックと同形になっている。

外伝漫画機動戦士ガンダムUC 欠片』で本機に関する詳細られている。
パイロットは元ティターンズ兵のドナ・スターであり、ティターンズ時代の思い入れからバイアランを改造していた。

ガンダムUC本編に出てた機体は一号機であり、上記の魔改造バイアランにプロペラント・ユニットを増設した検証用であった。さらにスラスター・ユニットギャプランの羽にし、一号機のデータをフィードバックさせた「ティターンズMSキメラ」とも言える二号機が開発中である。
こちらはUC本編時点では未完成であり歩くことさえできない状態であったが、バイアラン飛翔の隙を作るために起動し、ザクマリナー撃破後に機エラーで停止している(アニメでバイアラン・カスタム登場直前にザクマリナーを撃破しているのはこの機体であるとされた)。

バイアラン・イゾルデ

機動戦士ガンダム Twilight AXISに登場。どういう伝手で入手されたのかわからないがブッホ・コンツェルンの私兵部隊「バーナム」で運用されている機体。エンジン周りが宇宙用にカスタマイズされている。

バイアラン・カスタムをより人に寄せたようなフォルムになっている。こちらはツインアイガンダムというかクィン・マンサみたいな面構え。配色はハマーン専用ガザCを思わせるっぽいピンク味がかったツートンカラー

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 9
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%B3
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バイアラン

103 ななしのよっしん
2018/04/27(金) 15:49:01 ID: wm1JBVku34
一年戦争後にジオンの技術が連邦に流れていることを考えると、ティターンズが作ったグフフライトタイプの後継機ってところか?

しかも成功しているし、後付のAOZ含めなくてもティターンズ何気に技術高いな
104 ななしのよっしん
2018/05/11(金) 13:21:48 ID: ELN/gKL7tk
宇宙空間でのバイアランは推進の大きさと
シンプルかつ威十分な武装のおかげで
コンセプトとしては「サイコミュのないジ・O」のような機体になってるね
105 ななしのよっしん
2018/06/24(日) 19:29:23 ID: orsOCuQawB
バイアランカスタム2号機は再開発みたい
106 ななしのよっしん
2018/09/06(木) 23:01:05 ID: Au22tVAK9q
>>103
吸収した旧系の技術者と、連邦軍の技術が組み合わさった結果と考えると胸が熱くなるな
107 ななしのよっしん
2018/10/11(木) 13:36:06 ID: sQtrzgVMRX
ジェリドはこの機体乗ってる時が一番いてたな
デザイン悪役ライバルキャラが乗ることを想定してそうな格好良さだし相性ピッタリだった、正直バイアランに乗り続けてほしかったわ
108 ななしのよっしん
2019/12/11(水) 00:52:39 ID: YzRzeIu5iz
ジェリドが乗るにはバウドドッグは極悪フォルムでカッコ良すぎると思うからわかる
109 ななしのよっしん
2020/01/05(日) 07:30:14 ID: nFztRMHYRf
イゾルデは肩や背中ブースターなど現地修機であるカスタムと結構似ているが、カスタムに使われたパーツの一部は元々はバイアラン用に開発されたものだったのだろうか?
110 ななしのよっしん
2020/10/18(日) 11:58:20 ID: zGZZUIuc3p
ジェリド「次の戦いでは死ぬかもしれん……バイアランお前だけでも生き延びてくれ」
111 ななしのよっしん
2021/05/23(日) 20:19:04 ID: 92g1PZd6v1
ガンダムシリーズを色々と見ていくとバイアランの一番すごいところって
アムロとまともに交戦したジェリドを生還させたことなのではと思えてきた
112 ななしのよっしん
2021/08/24(火) 11:55:05 ID: kQhyrkSytV
名前の由来はバイアグラかな?