バイオハザード7 レジデント イービル単語

バイオハザードセブンレジデントイービル
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

すべては恐怖のために

バイオハザード7 レジデント イービル(英:RESIDENT EVIL 7 biohazard」とは、カプコンより発売されたサバイバルホラーゲームである。

概要

バイオハザード7 レジデント イービル
バイオハザード7 レジデント イービル
ジャンル サバイバルホラー
開発元 カプコン
発売元
ラットフォー PlayStation4 / Xbox One
Microsoft Windows
発売日 2017年1月26日
プロデューサー 川田将央
ディレクター 中西
プレイ人数 1人
CERO 通常盤:D(17歳以上対
グロテスク版:Z(18歳以上のみ対

カプコンが開発・販売するサバイバルホラーシリーズの20周年記念企画の一

ナンバリングタイトルとしては前作『バイオハザード6』からおよそ4年振りの作品となった。またサブタイトルがつくのは『コードベロニカ』以来。
アメリカを含む海外では日本に先駆けて2017年1月24日に発売され、内では同26日に発売された。

新生バイオハザード」と銘打ち、アイソレトビューを用いたシリーズ2度フルモデルチェンジ、新エンジンの採用によるより進化したグラフィック描画など、新しい要素が数多く取り入れられている。

レジデントイービル(resident evil、「邪悪な住人」の意)』は海外版のバイオハザードシリーズタイトルである。
また、タイトルの「VIL」がく塗られ「VII」に見えるようにもなっている。

2016年6月14日よりPlayStation Plusの会員限定でPS4用の体験版タイトル『バイオハザード7 ティザー 〜ビギニングアワー〜』が配信された。また、PlayStation VR用の体験コンテンツとして『KITCHEN』も配信。

製品版はバージョンが2つあり、通常版はCERO「D」。グロテスク版はCERO「Z」となっている。
価格や基本的なゲーム内容はどちらでも同じだが、グロテスク版はグラフィックや演出面での残虐表現がより強くなっている。なお、残虐表現が最も強いのは海外版である。

システム

今作では『6』までのアクション重視から路線変更し、シリーズの原点である「恐怖」に焦点を当てたホラー性の深化が念頭に置かれている。そのため、主人公は従来のように戦闘のプロが務めるのではなく、ごく一般的な「弱さ」を持つ人間として設定されている。

プレイヤー主人公であるイーサンを操作し、邸宅に住んでいる狂気のベイカ一家と戦いながら妻であるミアの救出を行う。ベイカが、汚物同然の食事を囲んで談笑している様子が今作のキービジュアルとなっており、体験版では、アンブレラ社のヘリが彼らを監視していたことが示唆されていた。ゲームメディアファンの間では、たびたびホラー映画悪魔のいけにえ』のソーヤー一家の影摘されている。『6』よりも後の時代の物語であり、進行度合いによってシリーズ作品との繋がりが次第に浮かび上がって来る。

また、『アイソレトビュー』と呼称される一人称視点が新たに採用され、いわゆるFPSの形式をシリーズ本編として初めて導入している。これにより、恐怖演出の緊迫感が増した。3人称のいわゆる「ラジコン操作」が特徴的だった初作~『コードベロニカ』、肩越し視点TPSとなった『4』~『6』に継いで、シリーズ2度フルモデルチェンジが行われたことになる。PlayStationVRにも対応しており、一人称視点を採用したことで親和性も非常に高い。

さらに、カプコンが開発した新エンジン『REエンジン』により、実写と見間違えんばかりの精密でリアリティのあるグラフィックを実現しており、ソファー等の大きいものからホコリなどの小さいものまですべてがリアル再現されている。

ストーリーライターの一人に、最恐のホラーゲーとして名高い『F.E.A.R.』や屈鬱展開で知られる「ドバイ」こと『Spec-Ops: The Line』のRichard Pearseyが参加し、話題となった。

ストーリー

イーサン・ウィンターズの妻ミアは、3年前に突如行方不明となった。
警察の捜しく、有な手掛かりは得られないままで、もはや彼女生存絶望的であった。
彼は失意の日々を送っていた。

ところがある日、彼女からメールが送られてくる。
「イーサン、方にをついた……ごめんなさい。このメッセージを、もし見ているなら……私を探さないで」
彼女は生きていたのだ。

イーサンは居ても立ってもいられず、メッセージが発信された場所へ向かった。
その場所――ルイジアナ州のある山には、一軒の古い邸宅が立っていた。
妻と再会するため、彼は単身、邸宅の中へ乗り込む。
だが彼を待ち受けていたのは、ある一家の、凄まじい狂気恐怖だった……。

キャラクター

主要人物

イーサン・ウィンターズ - CV:木内秀信
本作の主人公を務める青年行方不明になっていたミアの足取りを追って、ベイカ一家の棲む邸宅へと乗り込んだものの、キチガイ一家やおぞましい怪物に襲われる羽になる。戦闘に関する訓練などは受けていない一般人であり、シリーズ本編主人公としては初めてのタイプである。……あるはず。多分。
ミアウィンターズ - CV:樋口あかり
3年前に行方不明になった、イーサンの妻。震えるで「探しに来ないで」とイーサンに訴える様子などが確認できるが、本編ではイーサンと再会後に突如として狂乱、襲いかかってくる。その理由は……?

ベイカー家

ジャック・ベイカー - CV:山路和弘
邸宅の持ちで、一家で一緒に住んでいる老人。狂気じみた笑顔を称えながら、主人公を追跡し襲い掛かってくる。すらぶち破って追ってくる様は、『3』の「追跡者(ネメシス)」を彷彿とさせる。常軌を逸した怪力と生命の持ちであり、頭に撃を喰らったり、火だるまにされたりしても、死ぬどころかひるみすらしない。プレイヤーの間での称は「ファミパンおじさん」。
マーガレット・ベイカー - CV:沢磨紀
イカーの妻で、不気味笑顔を浮かべた老婆。拘束されたイーサンにグロテスク料理理やり食べさせようとし、拒否されるとヒステリーを起こす。ベイカの旧邸を「聖域」と称しており、隙を突いて逃げ込んだイーサンやミアに襲いかかる。
ルーカス・ベイカー - CV:佐藤せつじ
イカー夫妻の長男前日譚では「悪い噂が多い不良」と評されている。明らか異常家族と共に然と暮らしているが、その実は両親以上のサイコパスイタズラとは呼べないレベルデストラップをあちこちにしかけており、おかげでイーサンは大変なに会う。
ゾイ・ベイカー - CV:小林ゆう
イカー夫妻の長女で、ルーカスキチガイ一家にあって一正気を保っており、敷地内のトレイラーハウスを住居としている。イーサンに対しては電話を介して助言を行うが、その口からられた真実を聞かされたイーサンはショックを受ける。
老婆 - CV:田畑ゆり
車椅子に座った、生きているのか死んでいるのかもわからないほど年老いた老婆。「家族」の一員である事には間違いがないのだが……

その他

クリス・レッドフィールド - CV:東地宏樹
おなじみ初代主人公BSAA勤務だったが新生アンブレラに招かれ、終盤に救出部隊を率いて登場した。また後日談を描いたDLCNot A Hero』では主人公をつとめ、本作の黒幕を追う事となる。
クランシー・ジャービス - CV:関雄
複数のDLCにおける、いわば番外編主人公
テレビ局カメラマンで、インターネット配信番組「スーワ・ゲーターズ」取材の為にベイカを訪れたのが運の尽き。同僚のピーターアンドレと共に監禁され、次々と彼らが死んでいく中で必死に脱出しようとするが、最終的にルーカスデスゲームに巻き込まれて焼死した。
ジョー・ベイカー - CV:廣田行生
DLCEnd of Zoe』主人公ジャック
イカとは距離を取り、畔の小屋で一人自給自足の生活を送っていた。素手でクリーチャーと渡り合い、ムカデザリガニを生食して回復するなど、色々と人間離れしたじいさん。頑固一な所があり、ベイカの異変にも3年間気づく事がなかった。
姪であるゾイを奇病から救う治療めて奔走する。たびたび襲撃してきた怪物スワンプマン」がジャックの成れの果てと知った時は動揺したが、ゾイを助ける為にジャックを倒す事を決断、ベイカに殴り込みをかける。本人く「昔喧した時はいつも鼻っ柱を折っていた」。

クリーチャー

モールデッド
い体色の人モンスター。その正体はカビ状の特異菌によって生み出された「カビ人間」。菌に感染した人間モールデッドとなるほか、増殖した菌そのものから生み出される。
ただしその特性上体の接合が脆く、繋ぎである関節を狙えば四肢切断による化が可。頭部も弱点であり、ヘッドショットが通用する。知は低く、を自分で開け閉めする事は出来ない。
状の腕、再生を持つ強化個体も存在する。
食人
マーガレットが使役する巨大な羽。針で突き刺して攻撃するほか、腕につかみかかられると数ほど防備になってしまう。耐久はないので駆除は容易く、静かに移動すれば気づかれる事もない。
ミアウィンターズ
特異菌によって黒幕に操られたミア暴化してイーサンに襲いかかり、包丁チェーンソーで攻撃してくる。
その正体は、後述するエヴリンを「開発」した組織の工作員。夫には自分の仕事は秘密にしており、エヴリン護送に同し、そこでバイオハザードに巻き込まれた。ベイカとは違い全に支配はされていないものの、血清を使わなければ支配下から逃れられない状況にある。
エヴリン
本作の中心人物にしてラスボス
10歳前後の少女に見えるが、その正体は生物兵器B.O.W.」。モールデッドの元となる特異菌を組み込まれ、培養により誕生した存在である。別名「E被検体」。
特異菌を体内で生成し操作、感染者を支配下に置くを持つ。知人間と同等だが、良くも悪くも幼く邪気な存在だった。同時に孤独遇から「家族」に対して強い執着を持ち、これが今作の悲劇へと繋がっている。
研究施設から移送される際に脱走、移動に使われたタンカー内でバイオハザードを引き起こして乗員を壊滅させた。船が漂着した沼地でミアと共にジャックに保護され、温かく迎えられるが、その恩をで返す形でベイカ一家を感染させて支配下とする。その後も一家を利用して旅行者や浮浪者を拉致監禁し続けていた。
イカ一家の「老婆」がその正体で、副作用により急に老化している。

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%8F%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%897%20%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%88%20%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バイオハザード7 レジデント イービル

1229 ななしのよっしん
2021/02/18(木) 00:46:29 ID: uZdDVajlaq
まあこのゲーム価はプレイヤーがどうこうじゃなく、
VRで実際に自分が狂人化け物に襲われてる感覚を味わえるところにあるから。
ホラーVRの試作版プロトタイプみたいなもん。
VRじゃないとこのゲームの面さの10も体験できない。
一般主人公で思い出したけどアウトブレイクVR化しないかなぁ。
1230 ななしのよっしん
2021/02/18(木) 14:22:01 ID: 1euoEjtJKW
>>1229
まさにその通りだね

シリーズシステムの相性はいいだろうからアウトブレイクみたいに合いそうなタイトルが充実していくのはいいと思うし、ゲームシステム面を楽しめた人が高評価するっていうのもわかる

ただこれだけストーリー舞台設定が描かれまくってて、作中でもバイオテロ然のニュースになって対抗組織が大っぴらに活動しているようなシリーズナンバリングタイトルで、状況が理解できていない系キャラ主人公で出されても個人的に感情移入できなかったってだけで

というか一連の設定がつながってるのに、全てがに包まれていたっていう固有のアドバンテージを持つ初代の雰囲気をしたってのが迷走以外の何物でもないような…
1231 ななしのよっしん
2021/02/20(土) 05:15:55 ID: mQQrfv3VBB
>>1230
確かにこのゲームVRがないと価を発しないな
他にもイーサンに感情移入しづらい理由として↓

プレイヤー分身なのに割りと喋りまくる(しかも口調も粗すぎ)
・そのくせ序盤からミアに襲われる々でもどんな局面でもリアクション薄過ぎ
非力一般人という肩書きの癖にメンタル共に強すぎ

等って感じかな?まるで初代PSYCHOBREAKセバスチャンみたい。ぶっちゃけクランシーDLCゾイの方がまだ一般人って感じだし、プレイヤーとの一体化に阻がないからまだまとも。
クリスは見た変わったとこ以外まだ良い。ミアは後々自業自得って分かってアレだし、ジョーなんていう訳の分からん唐突クソキャラはもっと理。
1232 ななしのよっしん
2021/02/22(月) 12:21:35 ID: 1euoEjtJKW
>>1231
実際主人公との一体感ってのは大きいと思う
キャラ的な違和感の正体も多分ご摘の辺りかなって気はする
それも単発タイトル主人公ならネタキャラで済むところがバイオシリーズナンバリングタイトル主人公だから余計に何を意図して描かれているんだ?って勘ぐってしまうのがあるんかと思うわ

繰り返すが、7が楽しかったって意見は別におかしくないとは思うんだ
しかし、それはもはやバイオハザードっていうシリーズの文脈上の面さではなかったんじゃないかってのも正直な感想だわ
1233 ななしのよっしん
2021/02/22(月) 18:24:09 ID: mQQrfv3VBB
>>1232
大雑把に言ってしまえばイーサンのキャラ付けがかなり中途半端過ぎるってことだもんな
この辺りは8で期待かな

他も言ってるように単品の(ホラー)作品としては面いのはそれはからしても間違いないし、VRがあれば尚更だけど、バイオシリーズの正規ナンバリングとして相応しいかと言われると微妙。正直、過去作の一部設定を「原作によく似てる別物」として組み込みながら、リブート作のシリーズ物として一から作って良かったと思う。

なぜならゲームシステム世界観も一新されて過去作との繋がりが薄い、初バイオやる人に配慮したつもりなんだろうが終盤でHCFやらクリスやらが唐突に出てきてこれも中途半端、ナンバリングだと前作6よりもスケールもボリュームも大幅にダウン(DLC抜きで新旧初代以下、DLC込みでようやく新旧3並みかそれ以上)、そして前述のメイン主人公であるイーサンのキャラ付けが没入感を妨げる要因。
これらも8で期待したいとこだね。あとVRモード継続もほしいとこ。
1234 ななしのよっしん
2021/02/24(水) 11:56:12 ID: 1euoEjtJKW
>>1233
本当にそれな

後は、今後シリーズめるスケールやボリュームのあたりで言うなら、1~3みたいに行動で展開変わる要素増やすことで充実させてほしいな
ゾイかミアヒロイン選ぶみたいなんじゃなくて、大雑把な結末は同じでも行動で得られるものが変わったりするやつ

近年のタイトルは、作業をこなせば続きの見られる押し付けがましい映画状態で行動が展開を左右しないからやり甲斐がないというか、少なくとも周回する気になれん

例えば6の教会での戦闘で立ち回り次第で生存者数変わったりした記憶あるけどあんな感じの「成し遂げた感」をもっと増やしてほしい
映画小説ならハッピーエンドばかりが物語じゃないってのもわかるけど、ゲームである以上は自身の分身である主人公が動けば世界が変わるっていう実感を成功体験として得られなきゃやる気にならん
1235 ななしのよっしん
2021/02/24(水) 18:02:30 ID: mQQrfv3VBB
>>1234
個人的に3は新旧共にシリーズで一番嫌いな作品なんだけど、それでも4以降の強制即死QTEじゃなくて、原作3にあったライブセレクションぐらいはほしいよね。

よぉ聞いてるか?原作無知エアプRE3スタッフども。

まぁあと8で欲しい要素としては3,4,7みたいな終始単一主人公じゃなくて、初代や2や6みたいな複数の主人公から編成されるストーリー構成のいわゆる群像劇みたいにしてほしいし、他はアクションの強化、ボリュームとスケールの増大、過去作との積極的な絡み、あわよくばTPS視点の追加かな?
1236 ななしのよっしん
2021/02/24(水) 20:18:28 ID: 1euoEjtJKW
>>1235
個人的なポリシーリメイクはいずれも触ってないんだけど、旧作3のライブセレクションなんかまさにその通りだと思うわ…ってかリメイク実装されてないの!?

敢えて火中のを拾いに行ったら弾が足りなくなってしっぽを巻いて逃げたり、腕が上がってきたらパーツアイテムゲットできるようになったり、先の逃亡を選んだらツケが回ってきたり、敵の生き死にまで変わったり、例え選べなくても即死はせず、よりヤバくなった状況からひーこら言いながら逃げ出せたりする辺り、本当にゲームとして楽しめたんだけどな

群像劇は確かにシリーズと相性いいと思うから、2の表裏みたいに、シナリオしあうだけじゃなくアイテム共有させるとか、ストーリー間で影させてゲーム性高めたりしてくれると個人的には嬉しいな

何はともあれ、この期に及んでグラ自慢の単調で操作のダル自己満足物語出してくる位ならゲームとかいいからそれで動画でも作って上げてろって感じだわ
多分あー言うもいればこー言うもいるって感じで色々言われてんだろうけ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1237 ななしのよっしん
2021/02/25(木) 03:48:52 ID: mQQrfv3VBB
>>1236
うん、RE3ライブセレクションカットされて、その代償に4からお染みの強制即死QTEが追加されてた。それ以外にも粗が多いからRE3はオススメできない。

まぁ強制はせんけど、新旧共に2の一ファンであるとしてはRE2はやってほしいとは思うね。リメイクとしてだけでなく、グラフィックとかも含めて7から正統進化を遂げてるし、7の要素もそれなりにあるからそれらを探すのも面い。ただこっちもザッピングが止されたり表裏シナリオ差別化出来てない部分もあるけどそれでも面いよ。
やらなくとも動画とかを視るぐらいでいいんじゃないかな

話脱線しちゃったけど、7のVR等の要素を活かした続編を8みたいに今後期待したいとこ。久々にこういう雑談できて楽しかったよ。
1238 ななしのよっしん
2021/02/25(木) 20:10:32 ID: 1euoEjtJKW
>>1237
そっか、新作前にぼちぼちリメイクも触ってみようかな

ともあれこっちも楽しませてもらいました
ありがとう

急上昇ワード改