バイオヴォルケーノ単語

バイオヴォルケーノ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ
ゾイド > バイオヴォルケーノ

バイオヴォルケーノとは、『ZOIDSシリーズに登場するメガラプトルバイオゾイドである。

キットは内部にコア部の発と音ギミックのみを搭載したフレーム恐竜格のようなパーツを取り付けて作る“バイオゾイド”というカテゴリーに入り、このバイオヴォルケーノはバイオメガラプトルのフレームベースギミック数と一部関節の修が施されてある。

機体解説

バイオヴォルケーノ
BIO VOLCANO
基本情報
GB-008
所属 不明
モチーフ メガラプトル
スペック
全長 33.8 m
全高 14.8 m
全幅 不明
重量 92 t
最高速 380.0 km/h
武装
ゾイドテンプレート

バイオヴォルケーノ

どこかの勢が開発したと思しきメガラプトルバイオゾイド

GB-1バイオメガラプトルをベースとしてその機体性を最大限に引き出し、さらに全身をクリムゾンヘルアーマー、その各部には水晶を思わせる結晶体のクリスタルスパインで覆い、もはや恐竜というよりも怪物のような姿と化している。

前身だったバイオメガラプトル由来の戦闘と武装の攻撃は飛躍的に向上、そしてその全身に真紅色のクリムゾンアーマーとクリスタルスパインはあのメタルZi製武器の攻撃に耐えうる防御を示し、なおかつクリスタルスパインは鋭利なブレードとなって近づいた敵ゾイドり裂く武器にもなる。

本機最大の武器として部にはGB-2バイオティラノにも装備された超兵器バイオ粒子”を装備。
あらゆる物質を分子レベル分解、破壊してしまうこのバイオ粒子の威はあのバイオティラノのそれとほぼ同等と言われている。

さらに部のバーニングジェットは6門に増えているため最高速度も上昇し、その凄まじい機動と相まって全バイオゾイドの中でも最高クラス戦闘力を獲得している。

劇中での活躍

バトルストーリー

バイオヴォルケーノにはバトルストーリーは存在しないため公式の所属等については不明である。

アニメ

ゾイドジェネシス』に登場。
本作では強硬な軍事国家ディガルドの開発した新兵器という設定にされている。
ある意味で『ゾイド -ZOIDS-』のジェノブレイカーや『ゾイドフューザーズ』の凱龍輝と同じ位置にあるライバルゾイドであり、最後にはラスボス相手に主人公と共闘するという点も共通している。

ジェネシス』では主人公ルージのライバルであるザイリン・ド・ザルツバイオメガラプトルに代わる新たな乗機。
本作では火器としてバイオ粒子の他にもキット設定にはない口からの火炎ナパーム攻撃が追加されている。

での戦いでルージのムラサメライガー敗北し、バイオメガラプトルを失ったザイリンにディガルド大将ジーンが与えたものである。

最初の試運転でもバイオメガラプトルをぐ性を示し、さらにそのテスト中に偶然出くわしたムラサメライガーも以前とは較ならないで圧倒、さらにはゾイド一機分の自爆攻撃を至近距離で受けても傷一つ負わないほどの強度を見せつけている。

その後もルージ達ディガルド討伐軍とは幾度か交戦していくが、ザイリンはその度に強い負担を受け、打倒ムラサメライガーはなかなかう事はなかったが、実はバイオヴォルケーノには搭乗者の生命を吸収して性を引き上げるシステムと自機が危機に陥ると自動でバイオ粒子を放とうとするシステムが内蔵されており、そのためザイリンにとって操縦性とは別の所で扱い難い機体であった。

そしてソラティへ向かうギルドラゴンでの戦いにてムラサメライガー太刀を浴びて敗退、ザイリンとヴォルケーノは討伐軍に鹵獲されてそのままソラティに運ばれ、そこで修理修を受けて上記のシステムは全てオミットされた事でようやくザイリンにとっても使いやすい機体に生まれ変わった。

討伐軍が地上へと戻るとザイリンもまたディガルドに帰還するが、その直後にザイリンジーン機械兵の真実を巡って全に対立、ジーンバイオティラノに挑むもののとても敵わずあえなく退散を余儀なくされ、これ以降ザイリンはディガルドを抜けて討伐軍に加入し、それに伴ってバイオヴォルケーノも討伐軍の戦となった。

自由の丘におけるディガルドとの最終決戦ではジーンバイオティラノが放つバイオ粒子に自分のバイオ粒子をぶつける事で敵の門を焼きつかせて封じるという活躍を見せるが、やはり兵戦では分が悪くまたしても敗北を喫するも、大破は免れており、ジーンムラサメライガーの復活の隙を突いてガラガのデッドリーコングと共にバイオティラノ拘束し、さらにバイオティラノコアを守る胸殻にを開けてムラサメライガーの最後の攻撃が通るようサポートした。

ザイリンレイヴンブレードと違って粒子ではないので、実はバイオ粒子を自分の意志で使ったのはわずか2回だけ(と言うよりも本機がバイオの粒子を使った例自体が少ない)であり、そのどちらも攻撃と言うよりバイオティラノバイオ粒子相殺する時の防御に使っているのみである。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バイオヴォルケーノ

1 ななしのよっしん
2012/02/26(日) 17:46:04 ID: IgQweTLKA2
バイオゾイドの中では攻撃的なデザインで一番好き
2 ななしのよっしん
2012/03/02(金) 10:21:38 ID: ORbkA6DLzb
>>1
刺々しいデザインだったけどパイロットのザイリンがいい人なのと
ちゃんとかっこいい見せ場会ったから結構売れたらしいな。
3 ななしのよっしん
2012/03/23(金) 21:41:46 ID: d8uMKhWzmK
パワーが高くて守りも堅い、おまけに軽くて動きも素い、そして出番もしっかり確保してるとこれほど扱いのいいゾイドもちょっとしいな。
4 ななしのよっしん
2012/05/23(水) 00:44:53 ID: uE/ShZBDuV
粒子って何だよ
5 ななしのよっしん
2013/12/03(火) 20:18:19 ID: ORbkA6DLzb
タイプ的にジェノザウラーに近いがこっちはブレイカーみたいに格闘戦重視になってるな。
6 ななしのよっしん
2016/03/04(金) 04:18:21 ID: gPLiDUtb9Q
実際レイヴンは粒子ばっかりでワンパターンだったのは確か
7 ななしのよっしん
2017/01/23(月) 03:13:01 ID: or46VTZfmP
そらアニメレイカー荷電粒子砲バトストデスザウラー以上だからね
少年時代は結構格闘も駆使してたんだけど
8 ななしのよっしん
2018/06/25(月) 20:08:01 ID: ORbkA6DLzb
一の弱点:みたいに頑丈な装甲あるのに守られてないむき出しのコア
最下級のバイオラプターでさえヘルアーマーでコアガッチリ包んでるのになんでそれより格上のメガラププトルやラプトルよりさらに強くなったヴォルケーノはコアむき出しなんだ・・・