バウンド・ドック単語

バウンドドック
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

「そんな事で、このバウンド・ドックは落ちないぜ!」

バウンド・ドックとは、機動戦士Zガンダムに登場するティターンズニュータイプ専用モビルアーマーである。

式番号:NRX-055

概要

ジオン公国軍水中モビルアーマーグラブロ」のデータを基に、3機が試作されている。その後、オークランド研究所にてニュータイプ向けに機体を調整。な搭乗者はロザミア・バダム、ゲーツ・キャパ、ジェリド・メサ
モビルアーマーでありながら人の形を成しているが、機体はかなり大きくなっている。また変形機構を有しているため可変モビルアーマーに分類される。巨大な機体に反し、高い機動を持つ。ゲーツ・キャパが搭乗したバウンド・ドックは白色塗装されており、副座式だったのに対しロザミアジェリドが搭乗したバウンド・ドックは単座式の、紫色塗装であった。
ニュータイプ専用の機体ではあるがサイコミュファンネルといった兵器は搭載されていない。そのためオールドタイプであるジェリド・メサにも操縦が可だった。しかし機体の性を最大限に引き出すにはニュータイプ(強化人間)にしか出来ない。(もっとも、ジェリドにもニュータイプの可性を匂わせる描写が作中ではいくつか登場しているため、バウンド・ドックを操縦するのは特に問題なかったのかもしれないが)

機動戦士Zガンダム作中では、ジェリド・メサが最後に搭乗した機体である。前の搭乗機であるバイアランが撃墜されてないにも関わらずバウンド・ドックでZガンダムと最後の決着を付けようとした。ジェリドが自慢する通りZガンダムビームライフルが被弾しても大したダメージを受けないほどの強固な装甲を誇るが、衝撃で吹っ飛ばされてしまい不運な事にそのまま沈みゆくラーディッシュ爆発に巻き込まれて、撃墜されてしまう。
カミーユ貴様の……!」の台詞もバウンド・ドック搭乗時の台詞である。
ちなみに劇場版ではジェリド機しか登場していない。これらの事情もあってか、バウンド・ドックのパイロットといえばジェリドを思い出す人も少なくないものと思われる。

上記の通り、ゲーツが乗る機体以外は特殊なカラーリングは施されていないのだが、一部のゲーム作品ではロザミアジェリドが乗るバウンド・ドックは専用機として特別なカラーリングとなっている場合もある。(機体のステータスも、一般用とべて一回り強化されている傾向にある)

ゲームでは

ギレンの野望シリーズにも参戦。連邦軍、ティターンズの他に正統ジオンテム・レイ軍でも生産可
登場時期が遅く、高コストバイアランより燃費が悪いなど欠点が立つ。状況に合わせて変形を使いこなすと、価を発揮できる。
アクシズの脅威では上方修正され、基本性火力が向上した。しかし登場時期が遅いせいで、ジ・Oが競合相手という厳しい環境下にある。

その他

  • バウンド・ドッ」と誤記される場合もある。もっともこちらについては、SDガンダム系の作品などでは意図的にこちらの表記で紹介される場合もあるようだが。なお、「ウンドドhound dog)」となると、英語で猟という意味になる。
  • ∀ガンダムで出てくる可変モビルスーツ『ムットゥー』は、もともとバウンド・ドックを出す予定であったため容姿がバウンド・ドックと非常に似ている。漫画版ではバウンド・ドックそのものが登場しているが。
  • スカートを彷彿させる見たや変形機構、及び頭部に付いたウサ耳っぽいパーツといった要素などから、一部のファンには人気を博している。擬人化されて描かれる際は、スカートケモミミが欠かせない。

バリエーション機

TR-4[ダンディライアン]ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに
詳細は別記事を参照。自由度の高い大気圏突入をコンセプトに開発されたMS。MA形態の形状がバウンド・ドックと似ているため、バウンド・ドックはTR-4の設計を参考にしているという説もある。
ガンダムTR-6[ダンディライアンⅡ]ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに
詳細は別記事を参照。バウンド・ドックの後継機。TR-6コアMSサイコガンダム級の大パーツであるダンディライアンⅡユニットを接続している。さらにこいつとメッサーラを模した後継機が合体した形態も……
リバウンド・ドック(A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ うさぎのみた
詳細は別記事参照。火星ジオンレジオン」が運用している作業機であり、バウンド・ドックの下半身が工事用に差し替えられたもの。
名称はダブルミーニングというかダジャレに近い。
アモン・ドッグ(機動戦士Zガンダム1/2)
グリプス戦役末期に投入された大MA。スカート部にもう1機バウンド・ドックを結合している。サイコミュに死者の念を取り込み、パイロットと連動することで戦場や結末を把握することもできる。交戦したハーフゼータの搭乗者の日記に存在が記載され、本機がバウドドックの完成という唾物の説も立てられている。
ムットゥー(∀ガンダム
地球ロストマウンテンから発掘された黒歴史時代のMS。その形状や変形構造はバウンド・ドックを思わせるが関係は不明(と言っても上半身はカプルボルジャーノンズサン程は似てない)。メタ的な理由は最初はバウンド・ドックがアニメに登場予定だったが、没って代わりにこいつが出ることになったからである。

関連動画

関連静画

関連立体

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%90%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バウンド・ドック

46 ななしのよっしん
2020/05/24(日) 23:43:12 ID: AiEaTgvRYT
アレは変形ギミックが似てるだけで、そもそもの形状が違うんで
バウンド・ドックのキット流用して~ とかは理です。
本体のロゼットも、絶妙にマラサイと形状が違うという。
47 ななしのよっしん
2020/10/18(日) 12:02:50 ID: lQNwzMIutQ
そしてムットゥーも理という
48 ななしのよっしん
2020/10/22(木) 22:22:16 ID: 5CaUNPkn4e
明後日発売
49 ななしのよっしん
2020/10/25(日) 01:06:43 ID: Uq3MS2VdND
デカいスカートジオングを彷彿とさせるけど、こっちのスカートはあくまで装甲でスラスターの類は付いてないのか
だからこそ底面を塞いでしまうアモンドッグみたいなが出来ると
50 ななしのよっしん
2020/10/25(日) 16:39:37 ID: EkLlfMLqMx
知らない人に色変えて鉄血系のMSと言ったら信じそうw
51 ななしのよっしん
2020/10/27(火) 08:01:58 ID: oKFZHgExpM
胴体を収めるクリアランスに難儀しそうな変形は、HGUCでは入口そのものを番にして広げ、アンテナも根元可動で狭めて再現してる模様
MIAは丈夫な材質的にかしでも変形できたと思うけど、一応スカートを前後分割できる仕様だった
52 ななしのよっしん
2020/11/12(木) 15:55:23 ID: fR/cCRXGfV
ニイチャンのギャップは重要
53 ななしのよっしん
2021/01/15(金) 10:06:29 ID: vfbDr7bJgb
機体の強みが全く理解できない
これがガブスレイハンブラビギャプランより優れた機体とは思えない
サイコガンダムに搭乗してる不安定なパイロットの補佐のために外部からサイコミュ干渉できる随伴機って設定付けばまだ理解できるけどそれだとジェリドが乗った意味が尚更わからん
54 ななしのよっしん
2021/04/26(月) 20:52:32 ID: QUngvSunvN
>>53
記事冒頭の台詞にもある通り防御じゃないかな、Zのビームでびくともしないのはかなり硬いと思える
グラブロ参考にしている事から、同系統のヴァルヴァロのビームコートボディを応用してるとか?

ちなみに、ハーフゼータメカ解説だとバウドドックに対して『用兵思想が見えづらい機体』と>>53とほぼ同じ評価を下しており、アモンドックこそが本来想定されたバウドドックという説を取り上げている
55 ななしのよっしん
2021/04/29(木) 07:35:39 ID: tSgkewpSn3
用兵思想としては連邦軍の考えるニュータイプMSなんだろ
サイコガンダムからサイズを縮小し
一般兵も乗りこなせるような善を行った結果とも見れる。
変形して機動を増す部分は継承。

またニュータイプであるシロッコが開発したジ・オでさえ
装甲と機動コンセプトを絞ってるから的外れとはいえない
ガンダムマークVはオールドタイプ用だから用兵思想的にも棲み分けているとも言える。

過去のオススメ記事