バッドエンド単語

バッドエンド
2.5千文字の記事
  • 13
  • 0pt
掲示板へ

バッドエンド(英:Bad end)とは、直訳して「悪い終わり」の意味。英単として使う場合は「Bad Ending」の方が名詞として自然かもしれない。

日本では「物語不幸な形で結末を迎える事」の意味で以下のようによく使われる。

  1. ビデオゲームにおいて話が途切れ、クリアしたとみなされないエンディングのこと。ゲームオーバー
  2. ビデオゲームなどで複数あるエンディングのうち、不幸な結末であるほう。
  3. 不幸な、もしくは後味の悪い結末で物語自体が終わってしまう事。

この記事ではビデオゲームのバッドエンドを中心に解説する。

概要

クリアしたとみなされない場合

ADV等の分岐要素があるゲームにおいて、選択肢等のミスにより本来エンディングとして迎えるべき何らかの結末に辿り着けず、ゲームクリアしたとみなされないエンディングの事。“ゲームオーバー”的な意味合いが強い。
基本的に物語の本来の流れから外れた際に見る事になる為、本来用意されたエンディングよりも内容も簡素なものが多い。主人公が死んでしまうなど取り返しがつかない現が起こって物語の本筋に戻れないという途中終了を示すものであるが、中にはギャグ化した場合等エンディングより幸せかもしれないものもある。

更に最近ではそういったバッドエンドも作り込まれており、通常ルートよりもかに面倒な手順を踏まなければたどり着けないなんてものもある。ADV等では、それまで辿り着いたエンディングエンディングの総数)をゲームメニュー等で提示し、バッドエンドの収集をやりこみ要素にしているものもある。
作品によってはプレイヤーへの救済措置として、バッドエンド時にゲームキャラクター攻略ヒントを教えてくれるコーナーがある事も。「教えて知得留先生」や「タイガー道場」等は有名。

良くないほうの結末の場合

ゲーム等のルート分岐により複数エンディングがある場合、一応物語を最後まで完走しておりゲームクリアと扱われはするのだが、他のエンディングべて良くない方のエンディング、又はトゥルーエンドと異なるエンディングす。
例えば、格闘ゲームSTGでは、途中でのコンティニューイージーモードプレイした場合に本来のラスボスが出ずに終わってしまったり、物語がすべて解決されずに終わってしまうエンディングギャルゲー病弱ヒロインを選んだ場合は原則として死んでしまうほうのエンディングのことである(「もうゴールしてもいいよね」という場合は除く)。
文字通りマイナス要素を強く含むものもあれば、それもまた結末のひとつとして成立しているもの、問題はちゃんと解決はしたがが解けきらないもの、あるいは「一見ハッピーエンドにも見えるが、トゥルーエンド等で物語真実を知ると、実は根本的な問題が何ひとつ解決していない」という恐ろしいものまである。

特殊な例として、ENDとは出るものの問題はまだ終わっていないと明示されるタイプのものもある。
これは物語ウェイトが大きいRPGADVにはかなり少なく、アクションなどステージのやり直しができ収集要素があるゲームで収拾が不全な時のエンディングに多い。この場合はそれは結末ではなくそこからめてエンディングすことになる。

尚、トゥルーエンドでなくとも主人公らが幸福で、世界設定上も為すべきことは(本来とは違う方法であれ)
終わっており問題は解決している場合、単に別のエンディングとみなされバッドエンドとは言われない。
ストーリーに分岐があるゲーム以外では、ラスボスとは異なる隠しボスを倒したことでエンディングを迎えた場合や、
シリーズもので主人公プレイヤー)が本来以上の大活躍をした時の正史と繋がらないエンディングがこれに当たる。

物語自体が悲しい結末で終わる場合

物語の結末自体があまりに不幸、悲惨、後味が悪い…という場合にバッドエンドと呼ばれる。
古来から用いられてきた表現手法でもあり、人間ドラマ等では特に“そうなってしまっても仕方がい”という前提がある為、見る者に強い印を残す。
ゲームにおいては、ひとつしかないエンディングが悲惨、複数のエンディングが存在するが“どれを選んでも結局救いようがない”、実は他の分岐は全て何らかの裏があり不幸エンディングこそがトゥルーエンド…等といったケースも存在する。更に、ハッピーエンドどころかグッドと呼べるエンディングが存在しない場合、その物語自体がバッドエンド、という事になる。

 これらのバッドエンドはジャンルを問わず存在し、ゲームでは特にADVサウンドノベルに多い。また、主人公の死を伴うエンディングデッドエンドと表記を区別される事もある。

ニコニコ動画における「バッドエンド」タグ

ニコニコ動画では、こういったエンディングを迎えた動画や、あるいは意図的にバッドエンドを集めたゲームプレイ動画等にこのタグが付けられる。後者の場合、特にADV等では全てのエンディングを見るには(作品にもよるが)それなりの労と時間を要する為、バッドエンド集の動画は見逃したエンディングを見たい、プレイする時間がないなどの問題を一気に解決してくれる。当然、ネタバレ要素を含むが、通常のエンディング較した場合にご褒美的な要素が少ないといった要素もある為、通常のエンディングを迎えた動画よりは批判が少ない。

しかし、絵面やそのショッキング話題性のみでバッドエンドを視聴し、ネタにする潮には作品ファンからの批判も多い。きちんと物語の趣旨を把握した上で、“何故このような終わり方を迎えたのか”を知る機会を設けてみるのもいいだろう。

関連動画

ここではバッドエンド、もしくは救いようがエンドを迎える動画を掲載する。動画によっては、物語の趣旨が分からないとまるで理解できないものも含まれるので、時間のある方はリンクを辿って最初から視聴してもらいたい。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 13
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バッドエンド

454 ななしのよっしん
2022/10/25(火) 19:31:24 ID: NH3X5LLrYd
日本人は良かった探しよりあら探しのほうが得意だし好きな傾向あるからバッドエンドのほうが作りやすいんかね

>>453
いやハッピーエンドでええやろ一応
本当にバッドエンドなのは未完とか作りかけで放置された作品
ぬことすら許されないという
👍
高評価
0
👎
低評価
0
455 ななしのよっしん
2022/11/12(土) 11:41:33 ID: WaR7ZiKEZd
>>452
ほんとこれ
ハッピーエンドしか認めないマジ人間とは思えないみたいな連中ばっかり
まだバッドエンドしか認めないの方がある程度は話聞いてくれるわ
自分はハッピーエンドバッドエンドも好きだけどね
👍
高評価
1
👎
低評価
1
456 ななしのよっしん
2022/12/25(日) 01:56:34 ID: /mU5A+Ebdz
の考えでは最も当たり障りの少ないバッドエンドクリフハンガー形式だと思うけどどうだろうか
ハピエンなら後日談で帰ってきたことにできるし
バドエンならそのまま終わりで満足できる
続編があっても「公式が勝手に言ってるだけ」(※ただし発言者のような過激派にならないこと)、もしくは公式流の「模範解答」(「正解」ではない)と考えれば十二分に受け流せるからね
ただしハッピーバッド問わず自分の好みを押し付けたり他人の好みにケチをつけないようにしてほしいかな
みたいにハッピーエンドしかかけない人やその逆もいるからね…
👍
高評価
0
👎
低評価
1
457 ななしのよっしん
2023/01/05(木) 23:02:19 ID: WaR7ZiKEZd
>>456
やなこった、死だけが一のエンドだろ
👍
高評価
0
👎
低評価
1
458 ななしのよっしん
2023/01/12(木) 00:37:55 ID: +3PTYACz0H
関連項目グッドエンドハッピーエンドが混ざってグッピーエンドに見えた
👍
高評価
0
👎
低評価
0
459 ななしのよっしん
2023/01/16(月) 05:14:34 ID: idwuoiqkpk
バッドエンドが一番とまでは言わないけどハッピーエンドじゃなきゃ駄作とか抜かすは○んでいいよ
ハッピーエンドバッドエンドも等価だ
あとは内容の質次第
👍
高評価
0
👎
低評価
1
460 ななしのよっしん
2023/01/26(木) 22:50:47 ID: WaR7ZiKEZd
>>459
うそつけ、ハッピーエンドの作品って駄作が大半占めてんじゃねーか
👍
高評価
1
👎
低評価
4
461 ななしのよっしん
2023/01/27(金) 00:02:27 ID: zx6WAQSk4K
は逆の印だな
バッドエンド作品って良くも悪くも粗削りなものが多い印がある
👍
高評価
1
👎
低評価
0
462 ななしのよっしん
2023/01/28(土) 02:33:19 ID: 84NHBxp/yQ
夏目漱石の「こころ」とか太宰治の「人間失格・駆込み訴え」とか芥川龍之介の「蜘蛛の糸羅生門」とかはバッドエンドかな?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
463 ななしのよっしん
2023/02/03(金) 09:59:46 ID: 9aKaQOfZ8M
バッドエンドつーかマルチエンドになるけど、洋ゲーのやつって基本的に二人(以上の複数人)のどっちかageてもう片方を殺すって展開が多いよね。
それやったとこで結局自分(と操作してるプレイヤー)含め周囲の感情が変わるぐらいで根本的に変わるとは言いづらく、「マルチエンドにする必要あったか??」って内容が多い気がする洋ゲー。たまに世界観がガラリと変わるものもあるけど。
反面、和ゲーはバッド(マルチ)エンドの作り込みが上手く、しっかり世界観そのものがガラリと変わる内容とかよく見かける。たまに大した変わんないのもあるけど。
👍
高評価
0
👎
低評価
0