バフォメット単語

バフォメット

バフォメット(baphomet)」とはキリスト教に由来する悪魔の代名詞的存在である。別名を「サバトの山羊」といい、魔女の宴(サバト)において享楽的で陰惨な儀式催する者と伝わる。

概要

バフォメットは中世以降のさまざまな文書中に悪魔と同義か、あるいは特定悪魔しているかのように登場するが、その出自は多くのユダヤキリスト教悪魔ように「古くは々だった」というものではなく、1300年ごろになって突如姿を見せ始めている点で特殊である。現れ始めた時期や名前から察して「中世イスラム圏と関係した組織から発祥した」というのが一般的な見解であるが、断言はできない。

山羊の頭と下半身、い肌、ロバの尾、ガチョウの足を持ち、3本ののうち中央の一本が燃え、あるいはっている、というバフォメットの肖像が、魔女狩りを通してヨーロッパ中に拡散したことから、外見に関してはおそらくあらゆる悪魔の中でもっとも知名度が高い。場合によっては両性具有を思わせる、乳房のついた絵になっていることもある。

その正体は、魔王サタンとも、あるいは上級悪魔サタナキアとも、下級魔神の長レオナールとも言われる。

発祥

バフォメットの名前が最初に現れたのは14世紀初頭と言われる。

フランス騎士ユグ・ド・バイヤン第1回十字軍によるエルサレム奪回後の1118年、聖地巡礼者を守る的でエルサレムにおいてテンプル騎士団を設立した。この騎士団は中世に多く生まれた騎士会の分けで、エルサレムボードウィン二世が、騎士団にユダヤ殿跡地の一部を分け与えたことが名前の由来となっている。のちテンプル騎士団は、急に団員を増やして対イスラム戦で勇名を馳せるいっぽう、ヨーロッパ各領の寄進や商業活動などから巨万の富を築き、各地に9000か所もの領地を有するようになった。

1307年、財政難にあえいでいたフランスフィリップ四世がテンプル騎士団に支援めたものの、すげなく断られて逆上。「騎士団はを否認しバフォメットなる悪魔を崇拝している」として、フランスの全団員を逮捕させた(最初から騎士団を壊滅させて、財産の没収を狙っていたという説がある)。これがバフォメットの初出となる。「バフォメット」を「マホムスト」「マウメット」とする資料もあり、こういった表記や時代背景からしてバフォメットのイスラム教教祖マホメットムハンマド)」である可性は高い。

逮捕の際、テンプル騎士団の拠点からバフォメットとされる山羊頭が発見されたが、これは偽だったことがのちの調によって明らかとなっている。通俗的魔術歴史書で描かれるバフォメットは、いかなる悪魔よりも根拠のない創造の産物で、むしろテンプル騎士団の冤罪を成立させた人々の方が悪魔だったと言えよう。

フィリップ四世の息がかかった高位職者による拷問は苛を極め、36人の死者を経て悪魔崇拝の自が得られた。これによって法王クレメンス五世は、団長ジャック・ド・モレを火刑に処したが、ド・モレは死の間際に「法王とフランス王をの法廷へ引きずり出す」と予言し、それは実現したのか両者とも間もなく死亡した。

このほかのとしてはギリシャ語ソフィア(sophia)のヘブライ暗号化、ギリシャ語における五芒の名称(baphemetous)、中世ラテン語baphus)といった説がある。

なぜ山羊なのか

にいくつか補があるなか、どうしてそれと山羊人間が結びつくのか、といった疑問が浮かぶのは当然のことと思われる。その答えはユダヤキリスト教に由来する悪魔の原となったのがギリシャ神話の「牧パン」であるためだ。バフォメットはパン悪魔化をストレートに表現したタイプである。

ギリシャ神話においてあまり大きな権限を与えられていないパンだが、別名をアイギパーン山羊パン)ともいい、はっきりしないものの起のかなり古い自然であるらしい。ホメロス讃歌によれば、その名前は「て(すべて)」を意味しており、このパンpan)とサンスクリット語の「パンと発音する)」はが同一と言わる。インド太陽プーシャンルーツという説もある。

ブルタコスは「託の欠陥」において「キリスト十字架で死に、殿の幕が裂けたとき『大いなるパン神は死んだ』と叫ぶ世界いて、古代託所は沈黙した」と書いており、これは古代の秘儀の終わりと、新しい秘儀の始まりを徴している。つまり新旧宗教の対立構図である。

パンの性格は好色かつ放埓であったため、後代――とくに貞操観念に厳しい唯一神教の支配が強まるにつれ、いかがわしい存在の代表格となり、また人でもでもない不全な外見も(できそこないの創造物である)悪魔として採用された。さらに彼が裸の妖精たちとたわむれるという伝説が、魔女サバトの原風景となったようだ。

また古代ユダヤでは7月太陽9月)10日を贖罪の日として、クジで選んだ二頭の山羊を生贄にげることになっていた。一頭はその場でのために殺され、もう一頭は民衆の罪を背負って荒野に放つ(旧約聖書のレビ記第16章の記述。「スケープゴート」のである。)。その果てには精霊アザゼルが待つと信じられていた。この時期のアザゼルは、現在知られる悪魔アザゼルとは違っているらしいのだが、その役割はよく分かっていない。分かっていることは、このアザゼルも半人半山羊だったり、山羊があったりと山羊に強い関わりがあった、ということである。アザゼルはのちにイスラム教にも伝わり、悪魔イブリースへ変化している。このように、山羊と西洋悪魔は何かと関係が深いようである。

旧約聖書偽典「エノク書」の、「ラファエルによって荒野に追放された」という話のあたりと思われる。

関連動画

関連商品

>

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%90%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%A1%E3%83%83%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バフォメット

1 ななしのよっしん
2012/02/29(水) 22:47:18 ID: W8Raa45B2i
The devilですな
2 ななしのよっしん
2013/05/20(月) 18:48:18 ID: Jfn0E6nI/d
有翼幻獣キマイラとの関連性は不明
3 ななしのよっしん
2014/08/25(月) 11:29:50 ID: ilGCWIB/AH
諸星大二郎氏の短編ホラー漫画真夜中のプシケー』にも出てきますよね、この悪魔
あの結末は本当にゾクッとしました……。
4 ななしのよっしん
2017/04/08(土) 01:00:59 ID: ZYMOpvyMZW
Wikipediaで「シースターシンサタンである」って書いてあったんだけど、どういう意味なんだろうか。スレチだったらすみません
5 ななしのよっしん
2018/07/08(日) 10:41:21 ID: U1izbglNe6
この記事良く出来てるなぁ…

急上昇ワード

2019/10/17(木)00時更新