バブルラジカセ単語

バブルラジカセ
加筆依頼 この項は内容が少ないです。
調べものなどの参考にはなりますが絶対的に内容が不足しています。加筆、訂正などをして下さる協者をめています。

バブルラジカセとは、日本バブル経済前後に発売されたラジカセの総称である。

概要

明確な定義はないが、1980年代終盤から1990年代前半に発売されたダブルカセットCDラジカセすことが多い。
日本バブル経済浮かれていた相当気が良く、非常に開発費のかかったラジカセが多いため、現在でも一部オーディオマニアに絶大な人気がある。

各社の特徴

松下電器(Panasonic)

上部がガバッと開く「コブラトップ」を採用した機種が多い。
発展系として、「RX-DTx5」シリーズにはマジカルコブラトップと呼ばれる手をかざすだけで電が入り、コブラトップが開閉するシステムが搭載されたが、カーテンの開閉や通り過ぎるだけで誤作動してしまうのでなかなか扱いにくいシステムであった(実際に筆者はRX-DT95/RX-DT75の両方を所有していたが、リモコンを手に入れるまで誤作動しまくりであった)
RX-DTx01」シリーズには「サイバートップ」と呼ばれる電動ローディング式のカセットデッキが搭載されていた。
特に人気があるラジカセは「RX-DT9」で、動品でリモコンホルダーまで付いたものであれば某オークションでいい値段で取引されている。

ほとんどの機種がスピーカーエッジにウレタンを採用しているため、現在では劣化しているものがほとんどである。

ソニー

80年代後半からは重低音重視の「DoDeCa HORN」(ドデカホーン)、90年代前半からは「SONAHAWK」(ソナホークブランドが展開されていた。
SONAHAWKシリーズには一部機種に電動スタンドスイーベルスタンド)が装着されている機種もあった。

ビクター

CDian」、「CDioss」シリーズを展開。
電動のパノラマスピーカーを搭載した「RC-X999」や重低音重視の「RC-X1」など、他社にべて個性的な機種が多い。

三洋電機

ZooSCENE」(ズシーン)、「Premaire」(プリミエールシリーズを展開。
インCDでおなじみ(?)の「PH-WCD950」が有名。

シャープ

「SEGNO」などのブランドを展開。
ヤマハが開発したアクティブサーボテクノロジーを搭載した機種もあった。
一部機種は東芝オンキヨーなどにOEM供給されていた。

東芝

コンポなどと同じく「Aurexブランドで販売。
CD-WORKSブランドなどを展開し自社生産もしていたが、その後他社からのOEM供給品の販売へと切り替わった。

アイワ

STRASSER」(シュトラッサー)ブランドで販売。
他社にべると影が薄い

日立製作所

Lo-Dブランドで販売。
に他社からのOEM供給品を販売していた。

ヤマハ

ラジカセは作っていなかったが、重低音再生技術の「アクティブサーボテクノロジー」を開発、一部メーカーラジカセに採用していた。

関連動画

関連商品

バブルラジカセに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%90%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%82%BB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バブルラジカセ

1 ななしのよっしん
2012/07/10(火) 22:45:28 ID: lyfN1Nuk9/
そのころの松下はテープを吸い込むようなカセットデッキも搭載していたな。
2 活火山
2013/12/11(水) 20:46:39 ID: sO2IcI7xpW
>>sm17027048exit_nicovideo
3 ななしのよっしん
2016/10/17(月) 16:24:27 ID: 0LMlcL9pG3
ブランド銘もバブリーな感じがする重厚長大なのが多いな
4 ななしのよっしん
2017/06/25(日) 21:44:51 ID: blXgm+V5/L
バブカセじゃ飛べないんだな。これ

急上昇ワード

2019/08/22(木)01時更新