バブル経済単語

バブルケイザイ

バブル経済とは、投機によって資産価格が高騰し実態に伴っていない経済のことをいう。

1720年頃のイギリスに起きた「サウスシバブルSouth Sea Bubble南海事件」にちなむ。
これにより、イギリス価の急上昇と急降下を経験する。

日本で「バブル」と言えば1980年代後半に起きた異常経済状態をす事が多い。「バブル期」という言葉は、にこの経済状態が続いた期間の事をさす。

日本での「バブル」

今考えるととんでもない時代。こんな感じだったらしい。

経済から見るバブル

日本国におけるバブル経済は現在ではプラザ合意の成立した1985年に起因しおおよそ1991年に終焉したとされる。
厳密なバブル崩壊の日時というものは存在せず、東京でのバブル崩壊が1991年地方都市での崩壊が1992年といったように時間差で崩壊したとされている。
不幸にして日本国においては少子高齢化に本格的に突入したのが1990年初頭であり、バブル崩壊に伴う諸問題と少子高齢化問題が同時進行したため問題が複雑化した。
日本国バブルの起因についてはプラザ合意後の円高で苦に陥った産業界救済の名で、政府が行った戦後最大といわれた利政策、リゾート法などに代表される規制緩和であるというのが通説である。
なお、バブル期は高度成長後であり経済は低成長である。
地価の異常な値上がりに対して実成長が低いためバブルと呼ばれる。
バブル経済崩壊の原因となったのは大蔵現在財務省金融庁)の行った総量規制であるといわれる。

海外のバブル

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%90%E3%83%96%E3%83%AB%E7%B5%8C%E6%B8%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バブル経済

108 ななしのよっしん
2018/02/24(土) 18:43:42 ID: 7/LgBTDSgT
うちの小さな企業でも、バブル時代は手取り25万で退職2000万あったんだな。
ボーナスでも150万とか普通だったとかマジで考えられん。

なお、俺らは12万手取りの退職100万(今度の予算次第で退職自体を止するらしい)
ボーナスは、の入社前に主命止されたらしい。
正社員も以降入ってないが、毎年中国やら韓国やらマレーシアから留学生が入ってくる。

で、会社がさびれてるか?
全然むしろ上場企業だよ。
それらの資産が、配当と幹部給与に吸われてるだけで、実はずっと行線なんだよね。
109 ななしのよっしん
2018/02/28(水) 05:40:10 ID: 7/LgBTDSgT
>>104
案外そうでもないんだよな。
だいたいの貧乏からのし上がったとか、努したって人達は、今テレビに出まくって努しない世代ダーとかほざいてるよ。
破綻した人らって、実際は崩壊寸前でバブル気に乗り込もうとした人たちだけだから。
上昇中の仮想通貨を買ったとたんに暴落した感じ。
バブル経済でのし上がれた人らは、今は自由経済を操れる立場になってるからね。
そういう人たちを調べると面いよ。
そういう人らは、みんなとかFXとか仮想通貨とかの火付け役になってるし。
110 ななしのよっしん
2018/03/31(土) 01:17:28 ID: Sgf7hBPcwY
>>102
経済標と社会の雰囲気は連動するだろ。1997年に発生した官製恐慌後の自殺者急増は最たるもの。>>93が言うように1997年以降は社会明らかに悲壮感が出だした。それまでは「今は気悪いけどそのうち良くなるだろ」という楽観論はまだあった。そして実際に93が言うように90年代半ばから気が良くなり始めていた。
111 ななしのよっしん
2018/07/25(水) 14:20:28 ID: Z4DftBZHqu
香港の不動産事情、1003LDKで5億円とか、ワンルームで1億円とかなってて凄いと思うけど、1989年頃のバブルのピーク時、大半の日本人が思い描く数年後の不動産価格はそんな感じだった。
東京大阪に訪れるはずだった現が、30年後の香港で実現されてるイメージ
112 ななしのよっしん
2018/07/25(水) 14:26:13 ID: Z4DftBZHqu
>>110
今更だが、>>102
>(はず 当時まだ生まれてないから先人に聞いた話だけ)
と書いてあるし、当時を知らない坊やの知ったかぶりだろう。
>>102が物心ついた頃は既に97年以降で橋本政権以降の気が悪くなってたわけだし、90年代半ばに一度気が上向きかけたって言ってもピンとこないのも仕方ないんじゃないかな。
113 ななしのよっしん
2018/07/25(水) 14:40:47 ID: akaA210S9S
>>98
名人というか企業だけど、イオンやらセブン&アイはそれの典例だろうなあ。
ダイエーだったりヤオハンだったりがバブルバカをやり続ける中で堅実に進んでいった感じ。
114 ななしのよっしん
2018/11/07(水) 06:45:20 ID: xLdekxUU14
>>103
就活の本で読んでいたけど企業側は「なんとなく」「将来のために」という理由で採用することが多かったらしい

>>112
翌年の98年はマスコミがやたら不気を煽ってたのが印に残ってるなぁ
ただ、その後10年間はなんとか取り戻そうとしていたが・・・
115 ななしのよっしん
2018/11/11(日) 19:18:11 ID: 8OXU4w+3cl
>>112
>>114
>>102みたいに当時を知らない子供からすると93年頃のバブル崩壊=悲壮感が一気に出まくるって思い込んでることが多いんだけど、実際は98年の緊縮財政が始まった頃だから、実態はだいぶ違うんだよね。
経済ジャーナリスト須田慎一郎は、確かにバブル崩壊で1992年以降は価や地価は下落したものの、物価は変わらず給料も微増。実質的な生活レベルはさほど変わらず。
むしろ、共事業投資が限界を迎えたことで’98年に引き起こされた『戦後初の賃下落』、ここが地の始まりでしょうと述べている。
また、企業の現場からも同様のことが摘できると、人材育成コンサルティング企業を営む前川孝雄は述べる。
気の余波が企業内人事に及ぶまでにはタイムラグがあります。その転換点を知るのに有効な標の一つである『大卒人倍率調』(リクルートワークス研究所発表)を見ても、バブル崩壊の影が色濃く出るのは4年後の’95年の1.20倍あたりから。そして、’98年の賃カットが、’00年の0.99倍
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
116 ななしのよっしん
2018/12/31(月) 22:51:13 ID: W74/PhvjJX
>>93 >>114
06年までは94年以前の、08年リーマンショックまでは96年以前の
名残があって、気が良かった頃の生活を続けている人もいたと思う。
(ブランド狂いのガキとか言われているのがそれ)

この頃は格差とか言われていたけど、層の固定はまだされていなかった。
バブルの影(善悪双方)が残った最後の時代だったはず、
もう今年9月で全部10年以上前になっているけど。
117 ななしのよっしん
2019/02/09(土) 19:22:18 ID: Sgf7hBPcwY
とにかく橋本龍太郎無能すぎた。あいつが1997年にあんなことをしなければ良い意味で180度違うになってた。

「もう日本はどう足掻いても終わりなんだ・・・」などと根拠に欠ける絶望感が社会に蔓延することもなかったし、五輪にしろ万博にしろ国際リニアコライダー誘致にしろ、「そういうことは元気なに任せて、々は慎ましく生きましょう」などと言う卑屈な人間が増えることもかっただろう。

本当に現状は悪夢だよ。