バモラ単語

バモラ

バモラとは、テクモキャプテン翼シリーズに登場するキャラクターである。

概要

サンパウロFCゴールキーパー
必殺セービング「ビッグハンドキャッチ」でゴールを守る。

若林のような世界最高峰の守備ではいが、
慢性的に森崎クラスザルキーパーで戦わされるテクモ世界ではバモラの守備は頼もしい。

キャプテン翼4で初登場し、5にも続投。
両作品で人物描写は極端に異なる。どちらの印が強いかでファンからのイメージは大きく異なるだろう。

キャプテン翼4

プロ入りした直後、バモラの負傷によってサンパウロはユースチームからレナートを昇格させるという暴挙に出た
控えのキーパーを全く用意していなかったロベルトは何をやっていたのか。
この時のブラジルリーグ戦で普通にリーサルインが飛んでくる死の戦場であるため、控えキーパーも含めて全滅したという可性も少なくないが。
このため実不足のレナートでしばらく戦わざるを得ず、ストラットが怒りのあまり叫んだ台詞が「ポストの方がまだマシだぜ!」である。

このような状況で苦戦が続くが、戦いをしばらく進めていると負傷が癒えたバモラが復帰してくる。
ルート分岐によっては同時期に日本に帰してしまい、すれ違いになる。4つあるルート分岐のうち3つで出会わずに終わる)

ようやく登場したの守護……それは「ワタシ、バモラ イイマース。ヨロシクネ」と自己紹介する褐色若林。一何が起きたのかとプレイヤーを疑うのだった。
そう、彼はシリーズでも非常にしい若林色違いキャラ。頼もしいゴールキーパーという意味を持たせての採用だったのだろうが、4の絵柄はあんまり格好良くないため(森崎はかっこいいのだが)顔だけで通用するほどの信頼性はい。
実際守らせてみると「オーケー!マカセナサーイ!」台詞でまたもプレイヤーの度肝を抜く
確かに防御はなかなかいいし、レナートよりははるかに強いのだが、プレイヤーの第一印「こんな若林見たくなかった」尽きるであろう。もちろん若林べると格段に落ちるし。

……その第一印を外して落ち着いて考えてみれば、エセ外人口調で話しているのは「いくらか日本語が話せる」という描写なのだろう。日本から離れて遠い異の地で暮らす石崎新田たちにとっては国語で会話ができる人物の存在は大きな心の支えになるだろうし、チームとしても仲間との意思疎通ができる事は試合中の連携に大きな意味を持つ。数値的な性以上に、バモラの存在はチームにとってプラスに働いていたはずである。性格も気さくで陽気な好人物であり、否定されるような要素は全くい。ただ、その言動が若林の顔に致命的に合わないことを除けば。

キャプテン翼5

がサンパウロからレッチェに移籍したため、サンパウロで戦う試合は1試合だけ。
ここでのバモラはやはり若林ファンから怒りの投書をもらったのか外見が別人レベルで一新されており、どうしても若林を彷彿させてしまう帽子くして、顔つきも精悍な姿にめられている。文句しに格好良く、頼もしい。この々しい顔でOKマカセナサーイとか言われても困るくらいである。

カットインでは「バモラァァ!!」と叫んでボールを掴みに行く。これは自分の名を叫んでいるわけではなく、ポルトガル語で「行くぜ!」という感じの意味らしい。当時三浦知良が出演していたCM元ネタのようだ。

ブラジル代表の控えゴールキーパーにも選ばれている。
正選手がゲルティスなので出場する機会はいのだが、彼がブラジル第二のGKであるという明である。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%90%E3%83%A2%E3%83%A9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バモラ

1 ななしのよっしん
2019/03/09(土) 15:16:24 ID: zwoMbKN5Lz
バモラ」って本来はブラジルで「行くぞ」の意味を持つ言葉ですが、
他にもグリッドマン怪獣とかキョウリュウジャーにも使われているようで、曖昧さ回避の表記をお願いします。
2 ななしのよっしん
2019/05/07(火) 19:50:25 ID: /isgdWvnAE
ビッグハンドキャッチはこのキャラアイデンティティで好きだったのに、5で他のGKにパクられる始末・・・
それも顔グラしなクセにヘルナンデス以上という、スルタンとかいうヒゲ面の人物に

急上昇ワード