バラムツ単語

バラムツ
2.4千文字の記事
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

バラムツ(薔薇鯥、Ruvettus pretiosus)とは、スズキサバクロタチカマス科の深海魚である。

概要

バラムツ
NO IMAGE
スズキ
クロタチカマス
学名 Ruvettus pretiosus
英名
Oilfish

世界中の温帯~熱帯の深400~850m程に生息する大で、どが体長1.5mをえないが全長2~3mになる個体もいる。になると餌とともに表層へ浮上する(日周直移動)。浮き袋を持たず、代わりに体内の油分(後述)で浮を調整している。

名前の由来は鱗に薔薇のような鋭いが生えていることから。また、ムツ名前についているが特に近縁ではなく、サバやタチウオに較的近い。
マグロサバクエ等とはまた違った異様な雰囲気をしており、スポーツフィッシングの対としても人気である。

食べるとヤバい

味はマグロ、特にの乗った大トロに近く、非常に美味とされる。しかし…

バラムツの一番の特徴として、筋肉に大量の油分を溜め込んでいることが挙げられる。この油は「ワックスエステル」といい、「脂」というより「(ワックス)」のため人体では消化できない。英名の「Oilfish」もこれが由来である。
その為、バラムツを多量に摂取すると皮膚から油が漏れ出る皮脂漏症になったり、下痢(油脂瀉下)腹痛を引き起こしたりする他、肛門から油が大量に漏れだしてそれはもう大変なことになってしまう。こうなると便意とは違ってで止められないので常時ケツから油を垂れ流し状態になりオムツ必須の生活を(一時的に)強いられることになる。尊厳破壊この症状は食べてから半日ほどで発生し、気が付いたらお尻が油まみれになっていた、という体験談もある。

以上のことから、日本では食品衛生法によって販売が禁止されており市場に流通することはない。バラムツを食べるには自分で釣るか漁師から譲ってもらう必要があり、ネット上でも自で釣って食べたという報告がしばしばある。販売が禁止される前は産地周辺で消費されていたほか、今でもバラムツを食べるのが好きな漁業関係者は少なからずいるという。
とはいえ、仮にも法律で販売禁止になっているなので、入手したとしても食べすぎは厳禁であり、「一度に食べてもいいのは二切れまで」といった自制が必要である。ひどい場合は脱水症状や睡状態に陥るという報告もあるので、オムツと休暇を用意しているからといって大量に食べてはいけない。

近縁種のアブラソコムツ(Lepidocybium flavobrunneum)も同様に体にワックスエステルを溜め込んでおり、食品衛生法によって販売が禁止されている。

なお、油分を多量に含むというのは深海魚にはよくあることで、そういったはバラムツやアブラソコムツでなくとも食べすぎには注意が必要である。有名なものではスズキカジカギンダラ科のアブボウズ(Erilepis zonifer)がおり、販売は禁止されていないものの(こちらも非常に美味なである)、多量の油分を含むため食べ過ぎると下痢を起こす[1]

沖縄県の大東諸ではバラムツやアブラソコムツは「インガンダルマ」と呼ばれており、これは「が(から油を)垂れ流す」という意味である。

海外では…

台湾では販売・流通に制限はなく、台湾西側中部の東港ではバラムツやアブラソコムツ卵巣で作ったカラスミ「[2][3]が高級味として食されている。

東南アジア北欧アメリカでも普通に流通しているので知らずに買って多量に摂取しないように注意。インドネシアフィリピンでは「GINDARA」と称したアブラソコムツ市場に堂々と並ぶ例が確認されている[4]。もちろんアブラソコムツギンダラとは全く別のである。

韓国ではバラムツを「キルムチ」「マグロ」と呼び食用にしていたが販売を禁止する動きが強くなり、マグロメロなどと偽って販売する食品偽装が問題になっている[5]
中国でも販売・流通に制限がないようだが、サケなどと称して提供されるという食品偽装事件が起きている。
イタリアでは日本同様に食用が禁じられている[6]。どうやら、バラムツやアブラソコムツの流通が禁止されているは今のところ日本韓国イタリアのみのようである[7]

有効活用への道

そんなバラムツだが、どうにかしてワックスエステルを取り除いて食品として流通されられないか、あるいは健康食品蝋燭[8]に加工できないか等、有効活用するための研究が行われている。
ニコニコ静画pixiv等ではその手の趣向を持つ紳士達が特殊なプレイ活用しようとしている模様。現実でも行われているかもしれないが真似をしてはいけない。しかし実際に下剤として利用しているもある[9]とか。

関連動画

関連静画

関連商品

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *ちなみに、「アブボウズ」はバラムツの地方名の1つでもある。
  2. *深きたち(キヤノン財団ライブラリー)—資開拓と有効利用に向けて(落合芳博 他) p128
  3. *油魚子(バラムツの卵) - 大鵬湾国家風景区exit
  4. *深きたち(キヤノン財団ライブラリー)—資開拓と有効利用に向けて p124
  5. *マグロと偽り売られる魚を食用禁止品目指定へ | Chosun Online | 朝鮮日報(アーカイブ)exit
  6. *マグロ取引の行方〜日経サイエンス2010年4月号より | 日経サイエンスexit
  7. *深きたち(キヤノン財団ライブラリー)—資開拓と有効利用に向けて p98
  8. *深きたち(キヤノン財団ライブラリー)—資開拓と有効利用に向けて p109
  9. *深きたち(キヤノン財団ライブラリー)—資開拓と有効利用に向けて p98

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%83%84
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バラムツ

7 ななしのよっしん
2020/12/02(水) 23:09:16 ID: sz5tGtlLXB
そうなのか
なんか野菜ってイメージの中である
8 ななしのよっしん
2020/12/04(金) 10:01:49 ID: 5ygYIL5jrs
ケツが悲惨な事になるからこの手の検証した人は事前オムツはいてたなw
9 ななしのよっしん
2020/12/04(金) 17:45:10 ID: md7646rmhN
食って直ぐは大丈夫だぞ、半日くらい経ってから
催したら急に便意が消えてホカホカするぞ。
固形じゃなくて液体だからネチョネチョだぜ!
10 ななしのよっしん
2021/01/02(土) 23:58:02 ID: EIhiDuWwSI
いいえ。私は遠慮しておきます。
11 ななしのよっしん
2021/01/12(火) 01:48:25 ID: VVVGIooXH3
なんで下手なよりヤベーなのにこんなに熱心なファンが多いんだ…
12 ななしのよっしん
2021/02/16(火) 14:13:19 ID: vrpD3azr9v
バラムツ作家くっころ姫騎士漫画バラムツタグが付いてて
13 ななしのよっしん
2021/06/15(火) 14:09:19 ID: Q4ACQJFuIj
脂肪筋肉以外の部位なら大丈夫なんかね
14  
2021/06/28(月) 16:41:53 ID: BqbH3yFAFm
そのくっそヤバイ食えるようにした民族の末裔だからな、たち……そらつけるよね、美味いなら食えるようにしないと(使命感)
15 ななしのよっしん
2021/11/27(土) 17:00:29 ID: ryS5uzqxkh
きたぜ、ぬるりと・・・
16 ななしのよっしん
2022/05/09(月) 20:26:32 ID: JOOm/fPGpi
油「油です!」
肛門「油じゃねーか体内から出てけ!」
油「アザッス!」
肛門「自分で出て行ってるし警報鳴らさなくてええか…」