バリー・ボンズ単語

バリーボンズ

バリー・ボンズとは、ピッツバーグ・パイレーツサンフランシスコ・ジャイアンツに所属していた元メジャーリーガーであり、メジャー通算本塁打数の記録保持者である。

概要

1985年ピッツバーグ・パイレーツから1巡名され、入団。1992年オフサンフランシスコ・ジャイアンツに移籍し、その後のキャリアの全てを過ごす。2009年12月、代理人が引退を示唆。

彼のキャリアに2つの時期に分けられる。
1990年代と、2000年代である。

1990年代は、巧打・長打・選球眼・走・守備・肩、いわゆる6ツール璧に備えたオールラウンダーとして君臨した。ゴールドラブに8回き、3030を5度(うち3度はトリプルスリー)記録。4040も達成している。また、90年代に5回、OPSリーグトップを記録している。

そして、1999年から2000年代にかけて、体重が増加し、走塁・守備に衰えが見られたが、打撃に関し凄まじい成績に残した。特に2001~2004年にかけて、異常な数字を記録した。

2001年シーズン73本塁打世界記録を立。この年のボンズの打数は473であり、おおよそ6.5打数に一本、本塁打を打っていたこととなる。(これ以前のキャリアハイ本塁打数は前年に記録した49本である)

2004年は、232四球120敬遠、出塁率.609、OPS1.421と数々のメジャー記録を更新

この打棒から、一時期は「地上最強の打者」とさえ呼ばれた。(ほぼ同時期に「地上最強投手」と呼ばれたのはペドロ・マルティネス

2005年以降は怪と急な衰えに苦しんだが、2007年ハンクアーロンの持つ755本の通算本塁打記録を更新。しかし、周りからの視線は冷淡で、ジャイアンツはこの年でボンズ自由契約にする。
2008年以降も現役続行の意思を示していたが、ボンズの獲得を表明する球団は現れず(実質的には「追放」ともいえる)、2009年12月、代理人が引退を示唆。しかし、本人は現役引退を表明していない。

2001~2004にかけての成績について

 2001~2004の4年間に記録したOPSは1.367である。(ちなみにこの時期を除いた通算OPSは.975)

OPS日本記録は1.293、現役最高の打者と言われる、アルバート・プホルスのキャリアハイの年でも1.115
また、2000年代MLBOPS1.2以上を記録したのはこの4年間のボンズだけである。

ここから彼がこの時期に残した数字がいかに異常であるかが分かると思う。

薬物問題・人格面について

上述したような、2000年代前後からの体重の増加、成績の急な向上、低下、これらのことに加え、いくつかの検で陽性反応が出たことから、ボンズ物疑惑は「限りなくに近いグレー」(本人が認めていないだけ)であるといわれ、成績に対する影も大きかったとされている。

また、性格面でも傲慢、不遜で(実に裏打ちされたものであるともいえるが)チームメイトと起こした問題は多い。特にジェフケントとの対立は有名である。
マスコミにも冷淡に接したため、MVP投票で不利になったといわれることもあり、ファンネガティブイメージが根付く大きな要因にもなった。

マニ―・ラミレスやゲーリー・シェフィールドなど、当時のHRバッターには「極めて高い実を持つ」「性格面に問題がある」「チームメイトや首と問題を起こす」といった共通項を持つ選手が多く、物問題も含めて、まさにこの時期を徴する選手であるといえる。

周囲の反応

「史上もっとも偉大なホームラン打者はか」というアンケートに対し、ファンからはわずか8しか支持されなかったのに対し、現役の大リーガーからは72の支持を受けた。
(余談ではあるが、ほぼ同時期に行われた別のアンケートでは「最も嫌われている選手」として26の票を得てトップだった。大リーガ―の屈折された思いが表れた結果である。ツンデレ?)

この、現役大リーガーからの支持というものは、物問題を考える上で極めて重要な要素であると思われる。

日本のネット上における反応

全体的に好意的な反応が多く、「をやったからってあんなに打てるわけじゃない」「をやった選手の中でも成績が飛びぬけている」といった技術面を讃えるレスコメントが多い。
また、「をやらなくても最高の選手だったのに・・・」という、物を使ったことを残念がるレスコメントも多い。
しかし中には「を使ってでも最高のパフォーマンスを見せてくれた」という、物も含めて肯定するレスコメントもある。

ボンズ自身、行く先々で物疑惑を取り沙汰される本と違い、日本ではそういった批判が少ないせいか割と気さくに取材に応じることも多い。
またジャイアンツ時代の新庄剛志チーム内で孤立しがちなボンズと会話する一の選手であり、他にも斎藤隆松井秀喜とも積極的にコミュニケーションを取るなど、ボンズに対する(悪い)先入観の少ない日本人プレイヤーとは割と友好的な関係を築けたようである。

関連動画

関連商品

バリー・ボンズに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%90%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%82%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バリー・ボンズ

39 ななしのよっしん
2016/12/10(土) 08:34:32 ID: gSHZRv/upy
500-500って?
40 ななしのよっしん
2017/01/10(火) 23:07:36 ID: gSHZRv/upy
実際ステロイドってなにがだめなの?
本人がリスク受け入れるならいいんじゃねーの?
タバコには甘いくせに
41 ななしのよっしん
2017/01/10(火) 23:15:09 ID: uXl4KM/2fU
物などに頼らない人間体の純限界、っていう世界宗教スポーツの教義に反するからね
それがくなるのはキリスト教から聖書くすようなもんでしょ
42 ななしのよっしん
2017/01/11(水) 01:02:05 ID: 2zrn9bTvbo
>>40
逆にドーピングに甘すぎる世界一タバコに厳しくなるようだ
どうしてここまで極端なのか
43 ななしのよっしん
2017/01/15(日) 14:18:59 ID: uvIi/+YymK
40
何処かで線引しないと止めが効かなくなるから。あまりにも物放置すると副作用で死んだりするやつ出るだろ。そうなるとスポーツ界にとって悪影が出るから。NFL震盪問題みたいなもん。
あとアメリカ日本より圧倒的にタバコに厳しいんだが。
44 ななしのよっしん
2017/05/04(木) 01:05:07 ID: UFwogzs2RT
ボンズの成績をドーピング・非ドーピング時代と分ける言い方はあまり好きでない
発覚したらその選手は全キャリアに関して推定有罪・参考記録なんじゃないのかな
「いつまではやってなかったか」の明なんて本人の良心に問うしかないんだから

これはボンズくても間違いなく優秀だったという事とは全く関係に
スポーツ界のアンチドーピングスタンスとしてはそうあるべきだと思う
ドーピングに手を染めるってのはそれくらいのリスクを負うべきだ
45 ななしのよっしん
2017/05/21(日) 22:44:37 ID: g4QA9OkRKm
>>44
がゆるゆるだったからがやっててがやってないかなんてわかりっこないし正直「割と多数の人間がやってたやろ」っていうのがアメリカでの結論だし個人的にもそう思う
例えば物とは違うけどバレないようにスピットボール使ってたと自慢する投手だっている(ゲイロードペリー300投手
けどこれも現代の映像が発達した時代ならほぼほぼすり抜け不可能だよね
「今後物使った選手の記録は永久抹消します」というルールを作られてからの方が等だと思う
46 ななしのよっしん
2018/01/23(火) 07:30:52 ID: 2QX/Wooojn
>>39
500本塁打500盗塁
47 ななしのよっしん
2019/01/14(月) 21:40:51 ID: JQ4rNkx7Z0
天才に手を出したらという最強
30-30の常連だったやつがパワー編重になってしまったという点で言えば失敗やったけど。
48 ななしのよっしん
2019/01/25(金) 01:10:36 ID: x5OFXzG5d9
3割4040盗塁100打点出塁率4割OPS1え+守備も一流


クスリやらなくてもこれだけの数字残せるのにな