バリー・ボンズ単語

バリーボンズ
2.1千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

バリー・ボンズとは、ピッツバーグ・パイレーツサンフランシスコ・ジャイアンツに所属していた元メジャーリーガーであり、メジャー通算本塁打数の記録保持者である。

概要

1985年ピッツバーグ・パイレーツから1巡名され、入団。1992年オフサンフランシスコ・ジャイアンツに移籍し、その後のキャリアの全てを過ごす。2009年12月、代理人が引退を示唆。

彼のキャリアに2つの時期に分けられる。
1990年代と、2000年代である。

1990年代は、巧打・長打・選球眼・走・守備・肩、いわゆる6ツール璧に備えたオールラウンダーとして君臨した。ゴールドラブに8回き、30-30を5度(うち3度はトリプルスリー記録。40-40も達成している。また、90年代に5回、OPSリーグトップ記録している。

そして、1999年から2000年代にかけて、体重が増加し、走塁・守備に衰えが見られたが、打撃に関し凄まじい成績に残した。特に20012004年にかけて、異常数字記録した。

2001年シーズン73本塁打世界記録立。この年のボンズの打数は473であり、おおよそ6.5打数に一本、本塁打を打っていたこととなる。(これ以前のキャリアハイ本塁打数は前年に記録した49本である)

2004年は、232四球120敬遠、出塁率.609、OPS1.421と数々のメジャー記録更新

この打棒から、一時期は「地上最強の打者」とさえ呼ばれた。(ほぼ同時期に「地上最強投手」と呼ばれたのはペドロ・マルティネス

2005年以降は怪と急な衰えに苦しんだが、2007年ハンクアーロンの持つ755本の通算本塁打記録更新。しかし、周りからの視線は冷淡で、ジャイアンツはこの年でボンズ自由契約にする。
2008年以降も現役続行の意思を示していたが、ボンズの獲得を表明する球団は現れず(実質的には「追放」ともいえる)、2009年12月、代理人が引退を示唆。しかし、本人は現役引退を表明していない。

2001~2004にかけての成績について

 2001~2004の4年間に記録したOPSは1.367である。(ちなみにこの時期を除いた通算OPSは.975)

OPS日本記録は1.293、現役最高の打者と言われる、アルバート・プホルスのキャリアハイの年でも1.115
また、2000年代MLBOPS1.2以上を記録したのはこの4年間のボンズだけである。

ここから彼がこの時期に残した数字がいかに異常であるかが分かると思う。

薬物問題・人格面について

上述したような、2000年代前後からの体重の増加、成績の急な向上、低下、これらのことに加え、いくつかの検で陽性反応が出たことから、ボンズ物疑惑は「限りなくに近いグレー」(本人が認めていないだけ)であるといわれ、成績に対するも大きかったとされている。

また、性格面でも傲慢、不遜で(実に裏打ちされたものであるともいえるが)チームメイトと起こした問題は多い。特にジェフケントとの対立は有名である。
マスコミにも冷淡に接したため、MVP投票で不利になったといわれることもあり、ファンネガティブイメージが根付く大きな要因にもなった。

マニ―・ラミレスやゲーリー・シェフィールドなど、当時のHRバッターには「極めて高い実を持つ」「性格面に問題がある」「チームメイトや首と問題を起こす」といった共通項を持つ選手が多く、物問題も含めて、まさにこの時期を徴する選手であるといえる。

周囲の反応

「史上もっとも偉大なホームラン打者はか」というアンケートに対し、ファンからはわずか8しか支持されなかったのに対し、現役の大リーガーからは72の支持を受けた。
(余談ではあるが、ほぼ同時期に行われた別のアンケートでは「最も嫌われている選手」として26の票を得てトップだった。大リーガ―の屈折された思いが表れた結果である。ツンデレ?)

この、現役大リーガーからの支持というものは、物問題を考える上で極めて重要な要素であると思われる。

日本のネット上における反応

全体的に好意的な反応が多く、「をやったからってあんなに打てるわけじゃない」「をやった選手の中でも成績が飛びぬけている」といった技術面を讃えるレスコメントが多い。
また、「をやらなくても最高の選手だったのに・・・」という、物を使ったことを残念がるレスコメントも多い。
しかし中には「を使ってでも最高のパフォーマンスを見せてくれた」という、物も含めて肯定するレスコメントもある。

ボンズ自身、行く先々で物疑惑を取り沙汰される本と違い、日本ではそういった批判が少ないせいか割と気さくに取材に応じることも多い。
またジャイアンツ時代の新庄剛志チーム内で孤立しがちなボンズと会話する一の選手であり、他にも斎藤隆松井秀喜とも積極的にコミュニケーションを取るなど、ボンズに対する(悪い)先入観の少ない日本人プレイヤーとは割と友好的な関係を築けたようである。

関連動画

関連商品

バリー・ボンズに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%90%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%82%BA
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バリー・ボンズ

50 ななしのよっしん
2019/12/30(月) 01:56:40 ID: THnSKU2Zuk
なぜか頑なに99年以前はを使っていなかった事にされる男
体が大きくないから?たかがそれだけ?

まあ偽はどうでもいいけど
51 ななしのよっしん
2019/12/30(月) 07:40:33 ID: x5OFXzG5d9
親父野球選手として一流、マイナーリーガー、叔父NFL選手、叔母陸上オリンピック選手
52 ななしのよっしん
2020/02/13(木) 14:25:48 ID: vsNdyA5e8Q
関係なくバッティングセンスガチ一流だった
ボンズに足りなかったものは体重を維持する才
ボンズおかわりとか中村山川穂高みたいに太れる体質だったら
に手を出す必要もなかった
53 ななしのよっしん
2020/04/22(水) 18:00:43 ID: fYG5Y0wArQ
インチキ野郎
54 ななしのよっしん
2020/09/09(水) 14:45:11 ID: Em3S1YTW5w
つべ
"もしボンズバットを持たずに打席に立ったら"っていうアホみたいなシミュレーション動画があるんだけど、その動画によると全盛期ボンズは一年間バットを振らなくても四死球だけで出塁率6割になるらしい。

野球壊れちゃう。
55 ななしのよっしん
2020/12/05(土) 15:51:19 ID: dymn5oE+GN
使わなくても最強だったのに、使って魔人になった。
最強チートを使うとどうなるかという……
56 ななしのよっしん
2021/06/16(水) 22:23:21 ID: X4ZW82F3wT
確かに衰えていたとはいえ最後2シーズンはまだまだ十分優秀な打撃成績だったわけで
あれで本当にただの一球団も微も獲得の意思を示さなかったのが当時の嫌われっぷりを示してるよなあ
記録達成の試合の視聴率1だし
57 ななしのよっしん
2021/07/09(金) 12:46:40 ID: ysiWKiOpnF
ほぼ確定的なドーピング事実がある以上記録価値。
ただし選手としては歴史上類をみない怪物だった。黒人じゃなかったらってのはよく言われてるけど、要するにやり過ぎたんよ。

もが認めざるを得ない結果を出してしまったから否定せざるを得なくなった。
58 ななしのよっしん
2021/07/09(金) 13:05:44 ID: x5OFXzG5d9
あまり注されないけど、ボンズ死球の少なさも凄いんだよな

選手として長生き出来るスペックはあったのにな
59 ななしのよっしん
2021/10/09(土) 19:16:37 ID: xmVFUZouc0
ボンズ大谷っている動画見たよ。ホームランについては負けないって気さくに笑ってた。
しかし太らないな。現役時代とべて当然痩せはしたけど、自己管理が未だに出来てるのは流石だ。