バロック・バンジークス単語

バロックバンジークス
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

バロック・バンジークスとは、カプコン発売のゲーム大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-」の登場人物である。

CV:津田健次郎

概要

本作の中心人物の一人であり、法廷で戦うライバル検事。
大英帝国の法曹界ではその名を知らぬ者はいないと言われている伝説の検事で、中央刑事裁判所(オールドベイリー)の「死神」と呼ばれている。
中世英国貴族のような装にマントっている。間を斜めに走る大きな傷があり、どことなく闇を感じさせるような暗いつきをしている。実際に対峙した成歩堂ノ介からは「本当に、生命を吸いこまれそうな“闇”の冷気をまとっている」と評されている。マントで体を覆ったその姿はさながらドラキュラのようにも見える。

彼が検事席に立つ法廷では被告人は“いけにえ”と呼ばれ、その法廷で被告人の命が助かったことは1度もないという。これはかつての御剣や狩魔のように「どんな被告人も有罪にする」という意味ではなく、例え無罪になったとしてもその被告人は事では済まないと言われているのである。その呪われた伝説から、いつしか彼が立つ法廷では被告人の弁護をする者がいなくなったとされている。

非常に不穏な雰囲気のある人物だが、裁判では拠品の捏造人との裏取引といった不正は一切行わない至極っ当な検事である。しかし、審理中にワインを飲んだり、グラスやボトルを傍聴席に向かって投げたり、検事席に足を乗せたりと、シリーズ恒例のやりたい放題検事でもある。一方でその度にそれらの非礼を一応詫びる等、妙なところで礼儀正しい一面もある。

ある時期をに法廷から姿を消した過去があり、本作では5年ぶりに法廷に立つとされている。そんなタイミングの悪い時期に初めて英国の法廷に弁護士として立つあたり、成歩堂ピンチ体質は先祖の代からしっかりと健在のようだ。
また、詳細はられていないものの、かつて日本人との間で何か問題があったらしく、審理中に度々日本人に対する敵意を顕わにする発言をすることがある。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%90%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バロック・バンジークス

23 ななしのよっしん
2017/08/17(木) 17:11:07 ID: lX6gjXs4AL
DLCで「親の顔が見てみたい」というお約束ボケをかまし、ラストほっこりしてしまった
24 ななしのよっしん
2017/08/20(日) 01:53:12 ID: 3ZoOaFEoHA
3話で執務室を物色してる時の反応が面くてほっこりした
4話で執務室を調べた時に聞ける話で和んだ
5話ラストのうろたえる死神でにやにやが止まらなかった
25 ななしのよっしん
2017/08/22(火) 23:54:15 ID: IWF09UJZKB
>>23
クリア後あれを見た時、思わずツッコミを入れたけど
その直後ホームズが真剣に諌めるのが好きだった
26 ななしのよっしん
2017/09/09(土) 06:52:12 ID: WzXHuqgkUx
第三章で聞いたとき海馬ロック海馬ジークスでワロタ
27 ななしのよっしん
2017/10/01(日) 01:42:22 ID: pj3FKd9EGu
名前の由来はやっぱり「万事休す」なのかな?
28 ななしのよっしん
2017/10/04(水) 21:25:22 ID: xQfHbWlpYV
真実追求には協するけど弁護士への反論役もこなしてたから
味方としてもライバルとしても違和感なかったね。
29 ななしのよっしん
2017/11/30(木) 03:00:24 ID: 9LDQORuI+/
>>20
そらバンジークスさん何気に法廷で戦う回数が逆転シリーズ最多なんだし負け数多くなるのは当たり前じゃない
基本的に弁護側が勝つんだし
30 ななしのよっしん
2018/05/31(木) 22:44:16 ID: xQfHbWlpYV
2のおまけ裁判では聖杯関連で、めちゃくちゃいじられてて
1では味気ない感じだったけど、2では歴代検事と同じくギャグキャラ
になったよなw
31 ななしのよっしん
2018/06/20(水) 12:47:35 ID: tvi/todvow
私は、何色連盟なのだろうか‥‥
32 ななしのよっしん
2018/11/09(金) 01:31:17 ID: cvUdqSuwRS
前作の逆転裁判6の検事はラスボスにすべて持ってかれてほとんど空気だったから大逆転2の方も心配だったんだけど…ストーリーの中で見事キャラがたってたからいい立ち回りだったと思うわ。
4話以降の展開は「逆転、そしてサヨナラ」を意識してたのかな?なんとなく流れが似てた