バーイード単語

バーイード
2.4千文字の記事
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

バーイード(Baaeed)とは、2018年生まれのイギリス競走馬である。

概要

Sea The StarsAghareed、Kingmamboという血統。地元イギリスである。2009年欧州競馬圧倒的なパフォーマンスで席捲した年度代表馬欧州の血統地図を塗り替えた大種牡馬Galileoの半の立場に恥じず、種牡馬としてもほぼ毎年GⅠを輩出しているが、本が登場するまで活躍の多くは中長距離路線に集まっていた。Aghareedは5戦2勝。5代まで遡ると名Highclereが出てくる。なおバーイードの全Hukumも後にGⅠとなっている。

生産及び馬主は故シェイク・ハムダン殿下が率いていたシャドウェルエステート。ニューマーケットを拠点とするウィリアム・ハガス調教師に預けられた。

デビューは非常に遅く3歳6月。初戦を勝利すると、2週間後の条件戦は61kg背負って7身半差、さらに約10日後のリステッド競走では4身差とデビューから僅か半月で3連勝を飾る。4戦には初重賞となるGⅢサラブレッドSを選択。後方待機から軽く促されるだけであっという間に突き抜け、最後は流して余裕の6身半差で重賞勝利を飾った。

次走はフランスに遠征し初GⅠとなるムーラン・ド・ロンシャン賞に出走。GⅠ3頭が出走してきたが本が1番人気となった。レースは6頭立ての中団を追走、最後の直線で外から差し切り、後続もかわして1身1/4差で勝利。5連勝でGⅠタイトルを手にした。

イギリスに戻り、「ブリティッシュチャンピオンズデー」のマイルGⅠクイーンエリザベス2世Sに出走。ここで引退レースとなる当代最強マイラPalace Pierと最初で最後の対決が実現する。1番人気こそPalace Pierに譲ったが、レースは終始そのPalace Pierをマークし、最後の直線でPalace Pierが先頭に立ったところを外から追い抜く。これまでのレースならそのまま突き抜けていたが、相手は9戦8勝のマイル王。内で食い下がって譲らない。しい叩き合いの末、本がクビ差振り切って勝利Palace Pierに引導を渡し、新マイル王へ成り上がった。

4歳シーズンも現役を続行。ゆっくり休養し、5月GⅠロッキンジSで戦列に復帰する。いつも通り中団から抜け出すと、一発入れただけで3身1/4差つける楽勝。

続くGⅠクイーンアンSはいつもより前で追走。直線はやっぱり軽く仕掛けられるだけであっさりと先頭に立ち、そのままこともなげに後続を突き放し最後は々に流しての勝利ノーステッキで1身3/4差をつけ、実にあっさりと8連勝を決めた。もはやGⅠが弱いものいじめ状態である。

次走は7月GⅠサセックスSとなった。戦後インターナショナルS→チャンピオンSと中距離に転戦して引退することが発表されていたこのレースでは、当年の2000ギニーCoroebusが回避したこともあり、前年の勝ちAlcohol Free2020年BCマイル勝ちOrder of Australia、当年のプール・デッセ・デ・プーランを勝ったModern Gamesを抑えて単勝1.17倍の圧倒的人気となった。そしてレースでは7頭立ての6番手から追走し、直線に入って群の外でゴーサインが出ると一気に加速。逃げ日本バスラットレオンをあっという間に交わし、迫るModern Gamesも寄せ付けずGI5連勝を達成。全く危なげなく9戦9勝とした。

Frankel以来の王者」というも聞こえ出し、引退現実味を帯びて同が辿った中距離転戦へ挑もうとする本。連勝はどこまで伸びるか。

その期待を背負って挑戦したインターナショナルSは、自身初の10ハロン戦。前年のこのレースを6身差で圧勝したMishriffアイリッシュ2000ギニーの勝ちエクリプスSでも3着のNative Trailらを相手に、初の距離にも関わらず単勝1.4倍の圧倒的支持を受けた。レースでは6頭立ての5番手を進み、長い直線でゴーサインが出るとぐんぐん加速。先に抜け出したMishriffを楽な手応えで交わすと、そのまま突き放して6身半差で勝した。これにより、通算10戦10勝・GI6連勝となった。

このレース直後は凱旋門賞に向かわずチャンピオンSへ向かうとされており、8月末になってハガス師が一旦「馬場が良ければ凱旋門賞への出走もあり得る。次走となる凱旋門賞またはチャンピオンS引退レースとなる」としていたものの、結局9月14日凱旋門賞には出走せずチャンピオンSへ出走すると発表された。ラストランを飾って敗でキャリアを締めくくれるかに期待が懸かる。

血統表

Sea The Stars
2006 鹿毛
Cape Cross
1994 黒鹿毛
Green Desert Danzig
Foreign Courier
Park Appeal Ahonoora
Balidaress
Urban Sea
1989 栗毛
Miswaki Mr. Prospector
Hopespringseternal
Allegretta Lombard
Anatevka
Aghareed
2009 鹿毛
FNo.2-f
Kingmambo
1990 鹿毛
Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Miesque Nureyev
Pasadoble
Lahudood
2003 鹿毛
Singspiel In the Wings
Glorious Song
Rahayeb *アラジ
Bashayer

クロス
Mr. Prospector 21.88% 4 x 3 x 5
Northern Dancer 6.25% 5 x 5

関連動画

関連コミュニティ・チャンネル

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%89
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バーイード

164 ななしのよっしん
2022/09/18(日) 07:48:10 ID: IfCk7o6dGK
まぁレコードタイムで大差勝ちとかやろなぁ フランケルでやりすぎたとかやっぱ思われてんのかな
165 ななしのよっしん
2022/09/19(月) 19:47:36 ID: 0FhYGE0grC
サセックスステークス2着のモダンゲームズがウッドバイマイル(G1)で5身差の圧勝

バーイードが負かしたが活躍するのは素直に嬉しい

https://twitter.com/tvg/status/1571255171908538370?s=46&t=xU9WEVbbsP7mF6tZ8xtjUgexitexit
166 ななしのよっしん
2022/09/21(水) 06:52:05 ID: 0FhYGE0grC
バーイード凱旋門賞プラン
やはりオーナーのヒッサ王女の意向が強かった模様

でも、ハガス調教師凱旋門賞についてははじめから消極的だった

https://twitter.com/damehorse/status/1571927300991758337?s=46&t=D2Ep_zO9T9PUbM0IevmeOQexit
167 ななしのよっしん
2022/09/22(木) 06:35:44 ID: fWM81OFJqe
ヴァデニ凱旋門賞の方に回った模様。アダイヤーは決めあぐねているみたいだし、チャンピオンS金の貰える調教感覚で楽勝しそう
168 ななしのよっしん
2022/09/23(金) 06:40:10 ID: IfCk7o6dGK
バーイードが回避した途端今年はメンツが小粒だった凱旋門賞に英チャン組も殺到してるし 欧州競馬はホント解りやすく逃げるからいっそ清々しい
169 ななしのよっしん
2022/09/23(金) 14:08:04 ID: qNRS0HZaif
現時点で素質あるが全くといっていいほど今年の英チャンピオンS標にしていないから本の生涯敗も視界良好だろうが、ヨークG1としての英国際SとアスコットG1としての英チャンピオンSの両競走は同じ10ハロン戦でも性質が大分違う
沼地のようなアスコットで重馬場巧者に直線逃げ切られることはあり得るかもしれない
まあそうはいっても別にシリュスデゼーグルノーブルミッション級の対抗が今年の中距離路線に控えているわけでもないし、普通に考えれば敗北があり得ない立場ではあるのだが
170 ななしのよっしん
2022/09/27(火) 18:14:55 ID: fWM81OFJqe
アダイヤーチャンピオンステークスに来るみたい
171 ななしのよっしん
2022/09/27(火) 18:40:44 ID: qNRS0HZaif
ところでバーイード歴史的名という範疇に含めると、然気になるのが本が世代G1とりわけクラシック競走に未出走であるという点
情弱からすると出生~3歳までどういう状況にあったのか実に知りたいところで、もしレーシングポストが伝記本を出してくれれば非常にありがたい

しかし同社が近年出版している競走馬を扱った伝記本シリーズ
Sea the Stars: The Complete Story of the World's Greatest Racehorse
Frankel: The Wonder Horse
『Enable: Queen of the Turf』
のたった三冊(もちろん障はもっと多くが作られている)で、年鑑の方で扱うことも出来る一介のカルティエ年度代表馬くらいではわざわざ刊行してくれないという厳しいがある……果たしてどうなるだろうか
172 ななしのよっしん
2022/09/27(火) 20:15:52 ID: qNRS0HZaif
同世代の前王者、アダイヤーが参戦か

前年重馬場凱旋門賞若さを見せた当該英チャンピオンSで決定的な敗北を喫していること、そして今年に入っての状態面の低調ぶりは、同を逞しいシリュスデゼーグルに匹敵する対絶対王者の難敵であると印付けるには至らないだろうが、
それでも昨のエプソムとアスコットという権威ある両競馬場で見せつけた12ハロンを走破するスタミナを武器にしてこバーイードを振り切ってしまう可性は、想像する時間を割いて考慮する余地が充分あるだろうな
173 ななしのよっしん
2022/09/28(水) 07:45:41 ID: 0FhYGE0grC
クイーンエリザベス2世S、クイーンアンS勝ちで8ハロンの王者バーイード
キングジョージ勝ちで12ハロンの王者となったアダイヤーとの対決か〜


路線を別にした王者同士が中立である10ハロン戦で決着をつけるのはまさに名前の通りのチャンピオンステークスにふさわしいアツ展開だね