バーサクヒーラー単語

バーサクヒーラー
1.1千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

もしかしてバーサークフューラー

「バーサクヒーラー」とは、ソードアート・オンラインメインヒロインアスナ(本名:結城明日奈)のことである。

概要

 新生ALOにおいてアスナは種族にウンディーネを選び、パーティーでの役割としてヒーラー支援回復を担う後衛)になったが、SAO時代からの高い近接戦闘をたびたび発揮し、ヒーラーにはあるまじき戦闘力を見せた。ALO例大会で表台に入る程のの腕前であり、初心者の頃からキリトと心を奪い、流星閃光と称される程の剣士であったのだから、当然の結果と言える。「バーサク」といっても、あくまでも前衛顔負けの活躍で敵を倒す戦闘力から付いた名前であり、狂戦士のように暴走したシーンは一度もい。ヒーラーとしての仕事はきっちりこなし、パーティピンチの時は前に出る。バーサクと言う名前とは裏に、元最強ギルド作戦担当らしい分析を活かしたナイスファイトである。

その働きぶり、ヒーラーを選んだ理由等は、アニメ1期BD9巻特典「ザ・デイ・アフター」やアスナ役の「マザーズ・ロザリオ」等に記されている。ちなみに「ザ・デイ・アフター」は、デスゲームしか知らなかったアスナが、初めて死なないゲームボス戦を経験し、SAO時代の結果が全てなバトルと違い、全でぶつかって負けてもいい。過程が楽しいと感じるシーンが有り、ちょっとほっこり出来る。

 ヒーラーになった理由は、須郷に2ヶ囚われALOを始めるたのが遅れた結果…支援回復職を選ばない自己中脳筋メンバー拭いをする事に支援回復職も面そうだと思ったとの事。仲間だけでいつでも冒険に出られるよう、アスナらしい気遣いである。

それでついた通名がバーサクヒーラーなのは可哀想な気がしないでもない。本人としてもやはり少し不本意のようだ。

また、様々な実在MMORPG等においても、「本来支援回復に特化した職業・種族」が、ステ振り・スキルや装備の組み合わせ、独自のテクニック等により、近接戦闘に秀でるようになるという現は度々散見される。そういうゲームじゃねえからこれ!
そういったビルドをして、殴り○○と呼ばれる事が多い。○○には職業名等が入る。
例:殴りアコ、殴りプリ(RAGNAROK ONLINE)、殴りBISREDSTONE

関連動画

関連商品

バーサクヒーラーに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

バーサクヒーラーに関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バーサクヒーラー

92 ななしのよっしん
2020/07/25(土) 17:17:47 ID: SFzxx3MeAC
ウォーリアモンク状態のケヴィン(聖剣伝説3)とか
93 ななしのよっしん
2020/09/15(火) 05:53:26 ID: TZ5MLoVrj3
>>86
史実の僧侶回復なんて持ってないから僧兵を持ち出すのはちょっと違う気が
94 ななしのよっしん
2021/07/03(土) 12:43:54 ID: UCHm4QHL5H
>>86-88
最初期のD&D(今の3~5版とかは違うので注意)では
魔法使い:攻撃 僧侶回復
ではなくて
魔法使い戦闘中呪文を使用 僧侶戦闘外で呪文を使用」
で役割分担されていた

初期のD&Dでは接近戦で呪文を使うことはほとんど不可能
僧侶の役割は戦闘中は接近戦をすること、戦闘前の祝福戦闘後の回復呪文を使うことだった
祝福バフ)の呪文にさえ「この呪文戦闘中は使えない」と明記されていたりする

その役割分担が再現できないCRPGでは(wizardyの時点でもうすでに戦闘呪文はラツマピックとかマポーフィックとかしか残ってない)
戦闘の最中、戦ってる暇もないから後衛から回復しまくるヒーラー、となったわけだ
95 ななしのよっしん
2021/12/07(火) 10:27:34 ID: BzfNHcqNM2
昔のメイプルストーリーで殴り魔って流行ったな
魔法使いだからステ振りINTかと思いきやSTR上げる魔法使いなのに脳筋っていう
96 ななしのよっしん
2022/05/04(水) 15:22:17 ID: ivL1Wi6lFQ
ソロでヒーラー職育てようとすればだいたい殴りに・・・
97 ななしのよっしん
2022/06/10(金) 03:22:55 ID: IgSgp8i+fv
殴れるヒーラーというより癒せるアタッカーになりつつある?
98 ななしのよっしん
2022/06/10(金) 03:42:36 ID: cmBiKE702j
本当のバーサークヒーラーは味方を殴って回復させるところからスタートだしな
99 ななしのよっしん
2022/06/21(火) 21:31:54 ID: pGj5oVjDzz
回復や補助は受動的で過剰だと行動が余って暇になるし当人の耐久性はパーティー全員耐久性に繋がるから物理戦闘力との相性が良い
D&Dドラクエのような回復コストが重く、火力が低かったりMP回復手段が少ないなどで継戦の重要性が高い作品だとより顕著

FF等は回復大盤振る舞いする方向にを切った
ダメージが飛び交い回復専門職が回復を使い続ける方向でバランスが取られた
回復過剰でそこそこ戦えてしまうだけで戦闘が終わらなくなるので回復職の火力を下げて他の役を入れる動機付けにし、回復職の耐久性を下げて危険度を上げ事故が起こる前にく倒させるようにした
それでも回復役と戦闘シナジーがあるのは変わりないのでテンプレ回復役がひ弱なバランスでも色々抜けを探して殴りヒーラーの構成が模索される
100 ななしのよっしん
2022/06/21(火) 22:00:43 ID: NxiBdiYWQK
魔術師系よりは)を使える事が多いので、の技で殴り合えるというパターンなんかもある
101 ななしのよっしん
2022/06/21(火) 22:55:11 ID: pGj5oVjDzz
火力職は自分の得意技で殴られる前に殴る、探索とかスピード系の職は敵や問題を避けたり妨する事で事態打破ができる
しかし回復職は殴り役と受け役が居なければ事態解決ができない
縛り、ひとり、他メンバーに問題が発生等役割分担ができない時に他の職は得意分野を伸ばして解決する方向性があるが回復職はそうではないせいもあるか

また本業を伸ばしつつ緊急時救済用の殴りスキルや受けスキルを効率良く持てるようにしていても、十全な役割分担を要される=回復漬けになるエンドコンテンツでは活かしにくいので優遇されていても問題になりにくい…気がする
(逆に言えば回復役以外が効率の良い副業スキルを持つ時は本職の地位を脅かしやすい?)