バーサーカー(Fate/stay night)単語

ヘラクレス

バーサーカーとは、TYPE-MOON発売のPCソフトFate/stay night』に登場するサーヴァントの一人である。

CV西前忠久

サーヴァントについてはサーヴァント(聖杯戦争)の記事を参照。

ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

概要

イリヤと一緒の初登場シーンアニメ版第4話サムネ

過去4度の聖杯戦争で、聖杯の獲得に失敗したアインツベルンが用意した最強の切り札。

名はヘラクレス。詳細は個別記事を参照。

最高ゼウスペルセウスの孫・ミュケナイ王女アルクメネの間に生まれた、半神半人の大英雄である。
心技体に優れ、あらゆる武具を使いこなすその技量は、矢等、何を取っても百発百中の腕前を誇る。

すなわち、英霊の中でも最強に近い存在である。

そのセイバークラス条件を難く満たす事が出来る.....のだが、第五次聖杯戦争ではバーサーカークラスで現界している。

本来、バーサーカークラスステータスが低い英霊を“英霊の理性マスターの多大な負担”を代償に“本来のステータスえて強化する”クラスである。

アインツベルンは、このバーサーカークラス“大英雄ヘラクレスを当てはめて召喚する事により、理性を失う代償としては余りあるほど強大な戦闘力を持つサーヴァントを作り上げた。
“英霊の中でも最強に近い存在”“本来のステータスえて強化”している自信からか、本来は隠すはずのサーヴァント名を最初の戦闘時にあっさりと明かしている。

ヘラクレスバーサーカークラスで召喚する事は、通常のマスターでは令呪そのものをキャンセルされかねないほど危険極まりない事だが、イリヤスフィールの持つ特殊性、特別な令呪が制御を可にしている。これも“始まりの御三家であり、木の聖杯戦争の立ち上げに深く関わるアインツベルンとしての立場と技術を最大限に活かした結果と言える。

セイバークラス条件を難く満たすヘラクレスだが、キャスターを除くすべてのクラスに該当する資質を持つ。
またバーサーカークラスに対しても、染み易い面を持っている。
神話におけるヘラクレスは、幼少時に琴の師リノス(オルペウス兄弟)を細な事からかっとなって殴り殺したり、女神ヘラに狂気を吹き込まれた事から妻子を手にかけて火の中に投げ込んだり、高して人の話を聞かずに殺したりと、幾つもの「狂気」にまつわるエピソードを持っている為である。

バーサーカーとなったヘラクレスは感情を封印されている為、自ら行動する事はないが、芯にある理性は失われておらず、確かな心の強さを持っている。某ルート黒化した後にを止めるシーンがあるが、彼の心の強さ故である。

狂化している為、戦術は一切し。
触媒となった殿の礎から切り出した巨大なただの石器)を身体に任せて振り回すことである。驚異的な事に、これだけであらゆるサーヴァント駕するを誇る。
その巨大な体から繰り出される攻撃の破壊はすさまじく、の打ち合いではセイバーにも膝を着かせるほど。

防御は一切く、常時発動宝具『十二の試練(ゴッドハンド)』が頼みとなっている。
この宝具は攻撃Bランク以下の攻撃を効化し、殺されたとしても11度(アニメ版では12度)まで復活するというすさまじいものとなっている。

ゲーム中の立ち回り

共通ルートにて、士郎教会聖杯戦争のあらましを知り、衛宮邸に帰る中に初登場。
その圧倒的な破壊士郎セイバーを圧倒する。ルートによってはここで士郎に致命的な傷を負わせたりする。

その後の登場シーンでもその圧倒的な破壊を見せてくれるが、それ以外にもイリヤを守ろうとする意志も感じられるシーンも多い。

通常聖杯戦争直前に召喚されるはずのサーヴァントであるが、バーサーカーアインツベルンが聖杯戦争システムに介入することにより、本編開始の1~2ヵから召喚され、イリヤと一緒の戦闘訓練が行われている。この時期を通して、イリヤを守ろうとする意志が生まれたものと思われる。

後に『Fate/unlimited codes』にてバーサーカーが戦う理由がられている。

サーヴァントとして

:A+ 耐久:A 敏速:A :A 幸運:B 宝具:A

クラス別能力

狂化:B

理性の代償としてを強化する。

ランクBは大半の理性を失う代わりにすべての値が上昇する。

ただし、非戦闘時は制御しやすさを重視したイリヤスフィールにより狂化のランクを抑えられている。

保有スキル

戦闘続行:A

瀕死の重傷を負っても戦闘を可にするスキルで怪により死亡する可性も下がる。

クー・フーリンスキルが往生際が悪いことに対して、ヘラクレススキルは生還を表す。

“十二の試練”と相まって、高い効果を発揮する。

心眼(偽):B

直観、第六感による危険回避

に近いスキルの為、狂化の影は受けない。

熟練の士(アルトリア)と打ち合っても、生半可なフェイントには引っ掛からない程である。

勇猛:A+

勇猛果敢な精で、威圧・混乱・幻惑と言った精干渉を効化する。

このスキルは狂化により効となっている。

このスキルが有効な場合は格闘ダメージを上昇させる効果もあり、伝説におけるヘラクレスも数々の怪物を素手で殺している。

性:A

ゼウス(得意技は浮気と子作り)とペルセウスの孫アルクメネ(人妻)の子供で半身半人である。

ヘラクレス自身も死後、の座に迎え入れられている。

サーヴァントとしては最大級のスキルを持っている。(ギルガメッシュは本来A+だが自身の嫌いからBになっている。)

この事から、ギルガメッシュの持つ性を持つ相手を強固に縛る“の鎖”は敵である。

宝具

十二の試練(ゴッドハンド
ランク:B
種別:対人宝具
レンジ:-
最大補足:一人

ヘラクレスが生前、十二の試練を乗り越えた際に々に受けた祝福(あるいは呪い)され不死の体を持つに至った伝承が基となった宝具で、武器や防具、装飾と言った形は持たず、体そのものが宝具となっている。

この宝具体を強へと変化させ物理的な手段、魔術を問わずランクB以下の攻撃を全て効化する。』
そしてランクBをえる攻撃により、見事にヘラクレスを討ち果たした場合、ヘラクレスは自動的に生する。』

この生は11回分のストックがあり、ヘラクレスを12回殺さない限りは消滅させる事が出来ない。
また、本来は11回で打ち止めのストックも、マスターであるイリヤスフィールの魔が強大な為、時間があれば回復する。

さらにこの宝具は上述のランクB以下の攻撃効化以外に、『一度受けた攻撃を二度と効かなくする。』この効果により、どの様に強宝具ヘラクレスを倒そうとも、生後はその宝具による攻撃は効化』されてしまう。

ダメージにどれだけ耐えられるかを示す『耐久』がAランクヘラクレスが『十二の試練』を持つことにより、まさに棒となっている。

ヘラクレスの本来のステータスは不明だが、セイバークラスで現界が可は持っている。

射殺す頭(ナインライブズ)
ランク:-
種別:-
レンジ:-
最大補足:-

英霊ヘラクレスが所有する中で、最も信頼する宝具

何度首を断ち切っても甦る、九つ首のヒュドラを殲滅した宝具で、矢の形をしている。
ヘラクレスヒュドラを滅ぼした後、このを模した技を全ての武器で使えるようになっている。

この宝具本質“全ての攻撃が重なるほど高速な9連撃”である。
あらゆる武器で使用可で、かつ状況に応じてカタチを変える技である万宝具

ハイスピードな9連撃を放つ「対人用」、ドラゴンホーミングレーザーを9発同時発射する「対幻想種用」などのカタチがあり、それらを一つの武器で様々に放つことが出来る言わば「流」である。

バーサーカーとして召喚されたヘラクレス理性と共にこの宝具を封印されて使用不能となっている。だが、衛宮士郎ヘラクレスからと共にを用いた「秘」としてのナインライブスを読み取り、「是、射殺す頭(ナインライブブレイドワークス)」として「投影」した。

ヘラクレスバーサーカー以外のクラスで現界していたならば、この快にして精巧な技を振るっていただろう。余談だが、ヘラクレスに一番合うのはアーチャークラスであるとされる。

 ※伝説要な戦法は棍棒撲殺 or 素手による絞め殺し or 素手による撲殺 or ヒュドラ矢での殺ですが。

hollow ataraxiaにて

郊外アインツベルンのの入り口で番をしている。他のサーヴァントべて現世での楽しみなどにはあまり興味がないようである。
また、には再開された聖杯戦争サーヴァントとしてバゼットアヴェンジャーとの戦闘も行っている。

最後のにはイリヤと共に衛宮邸に駆けつけ、残骸たちを相手に戦った。

あるいはhollowでのバーサーカーの本当の出番はおまけゲーム風雲イリヤ」でのバーサーCarかもしれない。

タイガーころしあむにて

一番の衝撃(笑撃)はなんといってもこのシリーズだろう。このゲームには虎聖杯という都合の良すぎるアイテムがあるのだが、この恩恵を受けたのが彼かもしれない。

冒頭で大河は彼の願いをかなえようとしたが、喋ることが出来ない彼は当然、虎聖杯を使うことが出来ない(虎聖杯は口にしたことをえるという性質を持つ)。なので彼の願い事をかなえる第一歩として、大河が勝手に彼を普通に話せるように仕向けた。その結果があのバーサーカーである。
ここでるのは。実際にゲームプレイしたり動画を見てもらった方がい。色んな意味で衝撃的なはずだ。

まさかバーサーカーが本来の意味での紳士になるなんてが想像しただろうか・・・。

Fate/unlimited codesにて

この作品ではヘラクレスが戦う理由が描かれている。

以下、ネタバレ注意反転表示)

バーサーカーとしての狂気に塗り潰された理性の中。

かつて己が守れなかった小さく弱い存在と、イリヤスフィールの存在を重ねていた。

ヘラクレスは今度こそ、この“小さく弱い存在”を守りきる為に、彼女の前に立ちふさがる全ての者を打ち砕く事を誓う。

全てのサーヴァントを排除したヘラクレスは、イリヤスフィール令呪により自分の心臓を握り潰し自害する。

そしてヘラクレスは“の杯”へ至るイリヤスフィールを見送りながら、安堵の中で消えゆくのであった。

その他

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%28fate%2Fstay%20night%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バーサーカー(Fate/stay night)

903 ななしのよっしん
2019/02/14(木) 20:00:21 ID: w7HUyd2psM
実際アーチャーヘラクレスはたしかにスペックだけ見ればチートだけど
運用面で見て使いづらいったらありゃしないからな

・維持するだけで大な魔コストがかかる
・三騎士で召喚すると高潔な武人としての側面が強いため非情な作戦は忌諱される
子供に犠牲を強いるのはご法度、そんなことを考えるやつがヘラクレスの敵
・対魔性が高いため令呪の命権では耐えられる可性大
・単独行動持ちのため魔パス切ってもある程度現界し続けられる

聖杯戦争の本来の的を考えると
利点よりマイナス面のほうがしく立つよね
904 ななしのよっしん
2019/03/23(土) 11:22:49 ID: aAaZuiNAu7
>>896
十二の試練は生・治癒が了しないと耐性がつかない(だからこそ一撃で複数回殺すことができる)から、そもそも治癒できない薔薇を急所に食らったらその時点でアウトな気がする
905 ななしのよっしん
2019/03/23(土) 13:29:54 ID: FUzeTXIZ+k
一回自殺からの耐性取得で簡単に対処可
906 ななしのよっしん
2019/04/29(月) 08:00:56 ID: yhf5Bp2R46
ヘラクレスアルトリアクーフーリンが英霊として同格ってソースどこ?
どう考えても同格ではないよね
907 ななしのよっしん
2019/05/02(木) 02:00:17 ID: hvfwm/QOxq
>>906
サイドマテリアルP77
「この聖杯戦争舞台日本でなければ、ヘラクレスアーサー王に並ぶく存在だったろう」
という行が底的に拡大解釈されたもの。

サーヴァントとしては肩を並べると読み取ることは出来ても、元の英霊としての霊格が同格とは一言も言ってない。
908 ななしのよっしん
2019/05/06(月) 07:29:30 ID: SFEX7oW2zo
>>907
なんだただの屁理屈か(´・ω・`)
909 ななしのよっしん
2019/05/07(火) 10:34:04 ID: FUzeTXIZ+k
王は敵特攻の最強聖剣を担い手にしてがあればグランドセイバー資格を持っているし
兄貴である太陽ルー息子で地元なら戦車宝具を使えるケルト神話最強英雄だぞ
単純な戦闘力なら英霊としての格ならこの2人はヘラクレスにも引けは取らないよ
910 ななしのよっしん
2019/05/17(金) 22:06:26 ID: yhf5Bp2R46
セイバー 紀元後5世紀、規模東ローマ遠征、敵はあくまで人間まれに
ランサー 紀元後1世紀、セイバーよりかに規模が小さい規模、敵はあくまで人間
バーサーカー 紀元前13世紀、ギリシャ軸に西アジアアフリカ、果ては全宇宙規模、敵はの血を引く人間から、さらにはオリュンポスの々でさえ苦戦するギガンテスを相手に無双

ヘラクレス>>>>>>>クーフーリンアルトリア、ぐらいの格差がある
911 ななしのよっしん
2019/05/18(土) 08:55:46 ID: FUzeTXIZ+k
原典基準すると単に古いだけの都市国家の王に過ぎないギルガメッシュ程度の雑魚にやられるようなヘラクレスはさらに雑魚ってなるぞ

型月世界基準で考えなさいよ
912 ななしのよっしん
2019/05/19(日) 19:29:30 ID: gLtJoK6gJQ
>>903
ヘラクレスは武人であって騎士ではいから
非情な作戦を忌諱する訳ではいぞ
余程人に反するレベルじゃい限り

殺人鬼之介や子供を魔タンクにする綺礼
論外だろうけど、
切嗣とかだったらギリギリOKな気がする
でなきゃ12回もおつかいなんてやってられないだろうし