バーサーカー(Fate/Zero)単語

バーサーカー

バーサーカー(Fate/Zero)とは、Fate/Zeroの登場人物である。CV:置鮎龍太郎
バーサーカーサーヴァントで、マスター間桐雁夜

サーヴァントについてはサーヴァント(聖杯戦争)の記事も参照。

概要

湖の騎士……一体何者なんだ……間桐雁夜が召喚したサーヴァント。触媒は不明(アニメ版では何らかの聖遺物を用意したとある)。い全身を身にっており、さらに姿を滲ませブレさせるに覆われていることから中身も外見も正確に伺うことが出来ない。
バーサーカークラス特性として狂化して理性をなくしているため、絶叫したり言で襲いかかってきたりすることはあってもまともな言葉を喋ることはく、得体の知れない存在として描かれている。

短期間でマスターにするために刻印による改造を行ったものの、魔術師としての格および経験的に不利な間桐雁夜勝率を少しでも上げるため、と称して間桐臓硯雁夜詠唱を追加させ、意図的に「狂戦士」として召喚させたが、
実際のところは魔を生成するのに刻印の苦痛を伴わなければならない雁夜にとって魔馬鹿食いするバーサーカーというクラスは最悪な選択(歴代聖杯戦争ではバーサーカーマスターは全て魔切れで自滅している)であり、を助けるという英雄的自己犠牲思考を持っている彼への嫌がらせである。

意思の疎通がまともに図れないこともあってマスター間桐雁夜は彼を全に戦いの具として割り切ってこき使っているが、バーサーカーもその法外な消費魔を彼から情け容赦なく吸い上げて負担をかけているのである意味対等な関係と言えるだろう。

そんな彼だがセイバーに対して何故か強い憎しみを抱いており、マスターの命視するどころか戦闘中の前の相手そっちのけで突如彼女に向けて攻撃を仕掛けることもある。その理由は現時点では不明だが、彼の生前と何らかの関係があるのだろうか…?

クラス特性ステータスが引き上げられており、さらにスキルにより本来失われるはずの技術の冴えを狂化していても問題なく発揮できる、に加えて技も併せ持つ技巧の狂戦士
作中では自身が握ったものを全て自身の宝具にすることが出来るという異質な宝具で多くの武器を自在に操り、戦いを盛り上げる。
その特性上撃ち出してきた宝具を掴み取って逆利用出来るためアーチャーとの相性が良く、作中で彼と戦うシーンは燃えパートとして多くの読者から熱く支持されている。アニメ14話ではアーチャーの搭乗していた古代インド戦闘機ヴィマーナに対抗して何と自衛隊F-15J戦闘機宝具高機動(その場で反転すら可サイドワインダー&スパローミサイル三次元偏向ノズル・VTOL機を後付け)するという荒業による変態的アクロバット挙動で中戦を繰り広げた。(アニメでは描写されていないが、原作ではパイロットは高G負荷による内臓破裂で即死している。)

視聴者「これがマクロス/zeroか…」「いや、エースコンバット/zeroだろ」「むしろ、アーチャーエアライドだな」「板野サーカスかよ」「あれは…ジャムだ」「おい、聖杯戦争しろよ

宝具には自身の素性を隠すという特性のものもあり、マスターならば一見れば知ることができるはずの彼のステータスを知ることが出来なかった。

アニメ版では彼は手書きCGを重ねるという手法で描かれており、元の隙間、そして立ち込めるによって他のサーヴァント達と較してもその異質さが際立っている。

ステータス・スキル・宝具

※この項は隠蔽されていますので、ドラッグして閲覧して下さい(一部ネタバレ注意

ステータス

身長/体重:191cm・81kg

属性:秩序・狂  カテゴリ:地

A 耐久A 敏捷A+ 魔C 幸運B 宝具A

スキル

  • 狂化C…幸運・魔以外のランクアップの代償に複雑な思考が出来なくなり、言を失う。
  • 対魔E…狂化によってランクダウン効化は出来ずダメージを多少削減する。
  • 精霊加護A…武勲を立てうる戦場限定で、危機的状況に追い込まれた時幸運を手繰り寄せることが出来る。
  • 窮の武練A+…如何なる精状態でも十全な武芸を見せる。このスキルのおかげで狂化していても優れた技の冴えを見せることが出来ている。

宝具

騎士は徒手にて死せず(ナイト・オブオーナー
自身が触れた武器を魔で侵食し自身の宝具とする
それが宝具ならそのランクを維持、それ以外のもの(パイプ等)はDランク宝具となる。
ただの物でも宝具に格上げされた時点で通常兵器より強なものになり霊体のサーヴァント相手にも効果があるので十分役に立つ。魔を通した結果性が元の物と大きく変わることもある。
自身の宝具とした武器はすぐに自分の手足のように自由に扱うことができる。(彼の時代に存在しなかった銃火器は元より、戦闘機自由に操れる武器扱いなので問題なし)
己が栄の為でなく(フォー・サムワンズグロウリー)
自分の正体を隠蔽する
中身を滲ませるで外見を隠すだけでなくステータスをも隠蔽するこの宝具の影マスターたちは彼のすら知ることが出来なかった。
本来は他人に変装するだが狂化しているため隠蔽に劣化している。
狂化中は自で使うことは理だが、令呪を使用した場合に限り発動することが可
毀なるアロダイト)
円卓の騎士の中でも最強と呼ばれていた彼の正体に密接に関わる、他二つの宝具を封印することで解放可になる宝具。対人宝具ランクA++。
セイバーの武器『約束された勝利の剣』の兄弟であり、同じく人ならざる者によって鍛えられた造兵装。いかなる打撃にさらされようと毀れしない窮の
を抜いている間全パラメーターが1ランク上昇、全てのST判定の成功率2倍になる。さらに属性を持つ英霊に限り追加ダメージを与えるという効果も持つ。他の聖剣べて一見地味ではあるがガウェインとの決闘では日輪の熱線を顕す『転輪する勝利』を持つ上、『なるなる数字』により一定の時間帯はが三倍になる彼の猛攻をぎ切り最終的に打ち勝つなど使い手の技量と合わせれば凄まじいまでのを発揮する。

真名

その名はランスロット。武勇、忠節、立ち振舞い全てに優れた円卓の騎士最強の『騎士』。そして同時にアーサー王の妻である王妃ギネヴィアとの不倫が円卓を、キャメロットを、アーサー王を破滅へと導くきっかけとなった『裏切りの騎士
アルトリアは彼を騎士としても王としても友として厚く信頼し、ギネヴィアと彼の不義のも自分では救えない王妃を彼になら任せられると黙認した。そして事実彼も心から王に仕え、王妃の心の支えであり続けた。
しかしアーサー王の失墜を企むモードレッドの策略により不倫が衆されたことでアルトリアは王妃を断罪せざる得なくなり、ランスロットする女を見捨てられず、ギネヴィアの処刑において彼女を救わんと処刑場に乱入して騎士たちを殺した事件をきっかけに両者は袂を分かち、それが円卓の分裂を、モードレッドの大々的な謀反を、アーサー王が戦死するカムランの戦いを招く。破門の身ながらもアーサーを救わんと駆けつけようとするも王妃処刑の事件の際にを殺されたことでランスロットを憎むガウェインに拒まれたことでそれもわなかった。
アルトリアはそんな彼に対してもも間違っておらず正しくあろうとした故の悲劇として、最後まで恨むことも怒ることもなく彼もまた自分の王道を理解してくれている盟友と信じ続けていた。しかし第四時聖杯戦争においてバーサーカーとして顕現し狂化したランスロットの憎悪と迷いをの当たりにしたことで、聖杯問答で生まれた「自分の王道は本当にキャメロットを救うのに正しかったのか?」という疑念に「間違っていた」と結論づけてしまう。

実際のところはランスロットアーサー王を一切恨んでおらず、アーサー王王道を心から敬い続けた円卓の騎士における『アーサー王燃え』の筆頭。騎士としての忠節、男としてのの狭間において色々な意味で理して頑った結果として最悪の結末を招いた後でさえも、王に対してただの一度も、ほんの僅かな憎しみさえも懐くことはなく、王への忠節を欠いた自分への怒りと罰をめるほどであった。
だがそうして生きた結末が、する女に悲しみを与えただけだったことへの念は抱いており、「もし自分が騎士ではなく理なきなら、畜生に堕ちたならば、あるいはする女を救えたのではないか」という願望がバーサーカークラスとして彼を顕現させた。
要は君が自分を変えてみようと一念発起して飲んで暴れてみたかったような話。しかしそんな場に運命の悪戯によりアーサー王が現れたことで快に話が拗れることになる。ランスロットとしてはまさか死んだアーサー王が時間軸に留まり救めているなんて事態を、ましてや狂化により理性を失っている状態で把握できるはずもなく、生前の念を正常な理性では決して抱けない、狂った理不尽な憎悪として彼女に発散してしまい、余計な誤解を招くことになった。
その間の悪さは作者いわく「さしずめランスロットの起は『傍迷惑』とでもいったところだろうか」と称されてしまうほど。本人は「王の腕に抱かれて、王に看取られて逝くなど……はは、この私が、まるで……忠節の騎士だったかのようではありませぬか……」と割と満足して消滅したがもう少し王をフォローしてから消滅してください。マジで。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%28fate%2Fzero%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バーサーカー(Fate/Zero)

1504 ななしのよっしん
2018/10/08(月) 22:01:42 ID: z1Idi+mBVx
穀潰し!の時はギャラハットの側面強く出てたし
状況が変化しても本来のランスロットの役を果たさず、獅子王に仕えながら
罰計画の裏でしれっと難民騎士たち保護してたのを厳しに言った感じだからまあ

ミミズ騎士はただの侮辱&暴言&陰口なので論外
1505 ななしのよっしん
2018/10/08(月) 22:25:48 ID: PyqJUZUbBq
どうにもギャラハッド、天使のようとか言われてはいるけど聖書天使に近いというか
「正しさ」に関してかなり厳格で苛っぽい部分をうかがわせる描写が多いからね今の所
原典から複数の正義の間で揺れ動くことがアイデンティティみたいな節すらあるランスロットとかそりゃー毛嫌いするわ

特にキャメロット末とかね
王の心を糺す機会を自ら放棄して同胞を手に掛け、「畜生に堕ちてでも獅子王のもとで人類種を救う」って覚悟のもと自ら退路を断ったのに
他が自らの選択に殉ずる中、自ら救わないと決めた民の延命に都のリソース注ぎ込んで騎士の務めをサボり倒し、挙句に説得されてあっさり替えだもん。カルデア営としてはそりゃ助かったけど、騎士として見たら「お前に人の誇りはいのか」くらい言われても仕方ない所業でもあるよアレ
1506 ななしのよっしん
2018/10/13(土) 18:04:28 ID: z1Idi+mBVx
>>1505
六章zeroでのランスの内心や劇中でのマシュ(ギャラハット)の怒りのセリフを見ると
どちらかというと「王に対する疑いや間違いが生まれてたのに説得されるまで獅子王体制側だった」ことに怒ってたんじゃないかな
なんでそんな半端なことやってたかというと生前の王への裏切りの過去への苦悩からだし、ギャラハット的にはランスが本来の騎士の在り方を貫くことには寛容そう

> サー・ランスロットは忸怩たる思いで獅子王の選択が『最悪の中の最善』であるとみ込んだ。

>ランスロットはそれを『凄』とした。大義に殉じる事なく、人として大局を見定めると誓ったからだ。

「王に疑いがあるなら糾す!
王に間違いがあるのならこれと戦う!
それが方の騎士のはず。
それが方だけに託された役割でしょう……!」
1507 ななしのよっしん
2018/11/14(水) 21:07:55 ID: DgTX9as+tY
強化されたいいが構築難易度がかなり高いのがネックだな
宝具1じゃ火力足りないわnp足りないわで正直使いにくい
1508 ななしのよっしん
2019/01/16(水) 23:08:09 ID: /JAqm1o9O8
教会の所で雁夜を止めようとしなかったのが未だに解せない
狂っていたからで納得しようとしてるんだけど
同じ人妻に惹かれた者として、人妻に手をかけようとするマスターをほっとくだろうか
1509 ななしのよっしん
2019/01/20(日) 16:27:14 ID: 1t887baHtb
NTRその物だが何かその辺薄いのはなんだろう
これで王妃がアーサー罵倒すればそれらしいのに何か泣くし
結局どうすれば満足するんだよ
1510 ななしのよっしん
2019/01/20(日) 16:33:02 ID: pil3Xdl6+u
2004年から始まってるFateの顔であるアルトリアと、仮にも伴侶だった重要キャラギネヴィアど描かれてないのがなんだよ
イコール男女が生まれたランスロットの掘り下げも中途半端なまま放置されてる。一番描かれてたZeroもパラレル扱いだし
1511 ななしのよっしん
2019/05/22(水) 01:54:12 ID: ZPg07DF2wX
つーか円卓勢はアルトリア以外掘り下げが中途半端に終わってるのがダメだわ
やはりきのこ本人が担当じゃないと理ってことか
1512 ななしのよっしん
2019/05/22(水) 02:06:43 ID: 2I3xhzQ9Gw
原点かつ本編メインヒロインであるセイバーを掘り下げるのは当たり前
役級のメインでも限り円卓勢の掘り下げなんて菌糸類が担当しても理。大人しく原典でも読んでろ
1513 ななしのよっしん
2019/05/22(水) 02:16:24 ID: ZPg07DF2wX
まあ、そうなるか