編集  

バーチャルリアリティ単語

バーチャルリアリティ

バーチャルリアリティVirtual Reality)」 (以下 VR) とは人工的に作られた間で現実のような体験ができる技術群やその機器のことである。

日本語では「仮想現実」とも呼ばれるがVRの訳ではないので注意。(理やり訳すると「現実も同然」つまり現実ではないが現実変わらないものみたいな意味になる。)

概要

virtual」(バーチャル)という英単は元来、「(それそのものではないが)」という含意を含んだ、「本質上の」「実効上の」「実質的な」という意味で意味の英単である。例えば「virtual ban」は「virtual」と「ban」(禁止)を組み合わせた言葉だが、これは「実質上の禁止」、すなわち「実際には禁止そのものはされていない。直接的にそれを禁じるルールはない。だが実効的に見れば禁止されたも同然である」という状況をす。

この「そのものではないが実効上それと同然な」という意味の「virtual」(バーチャル)と、「現実」「現実性」「現実感」を表す「reality」を組み合わせて、「(物体としての現実・実体ではないが)現実であるも同然かのように実効的な、に迫る感覚を起こす技術」を表現する「virtual reality」という言葉が生まれた。

この「virtual reality」という言葉が世間に非常によく広まった結果、「reality」が付かない「virtual」(バーチャル)という言葉も、「実質的な」という元来の意味よりもむしろ「実体ではない」という方向に重きをおいて使われることが多くなり、若干意味合いが変質した。

ポリゴンなどを使用した3DCGが物しかった時代には、単に3DCGを使用したゲームなどのインタラティソフトウェアでも「VR」「バーチャル」を名乗っていた。例としては1992年セガ「V.R. バーチャレーシング」、1993年の同じくセガバーチャファイター」などである。

また、視差などを利用して「立体視ができる」というだけでもバーチャルと呼称する場合があった。こちらの例としては1995年任天堂ゲームハードウェア「バーチャルボーイ」などがある。

だが2018年現在では、単なる3D映像立体視ジャイロセンサー等を用いた直感的なデバイスだけではVRとは呼ばれず、実際にその間にいるように感じられるものがVRと呼ばれるようになってきつつある。これらは一般的にゴーグヘッドマウントディスプレイを使用する。また、手の動きを感知するコントローラーを併用する場合もある。

こういったヘッドマウントディスプレイVRは視界いっぱいの映像を見るだけのものではなく、自身の体の動きに合わせて映像視点が変化したりデバイスを動かせば映像の中の物体が合わせて動くと いったものである。例えば、振り向けばと映像も首の動きに合わせて180度旋回し、コントローラーを振り回せば映像の中の武器が同じ動きで振られる、と いったものである。

VR機器によっては映像や手持ちのデバイスだけでなく、カメラや全方向に動く床デバイスによって使用者の移動を反映したり、などの外的ショックを与えるものもある。

VRの技術はゲームなどの娯楽はもちろん、専門技術のシミュレーションや医療でも活用されている。

創作ではあるがマトリックスソード・アート・オンラインなどのような電子世界に意識を接続するようなものも現在VRの発展系であると言える。

現実世界映像などを表示する「AR」、日本語拡張現実とは別物。

一般向けVR機器

一般のVR機器をいくつか簡単に紹介する

VR酔い

VRはその世界に居るような感覚を得られるのだが、それだけに細な現実との違いを感じていき、長時間の使用はそれだけで軽い酔いを発生させるので、VRは通常のゲーム以上に休む事を意識する方が良い。
特に酔いを起こさせるのが足で移動するなどの人間的な動きをボタンで行うこと で、スティック移動をしただけで強な酔いが発生してしまう。人によっては慣れでなんとかなるらしいが。そのため現在VRワープ移動が流になっている。

創作作品の中のバーチャルリアリティ

バーチャルリアリティは「コンピューターの中に作られた仮想現実を舞台とする仮想間」のような形で近現代の創作によく登場する。

バーチャルリアリティが登場する作品では、登場人物がバーチャルリアリティ世界現実世界の区別がつかなくなったり、あるいはバーチャルリアリティ世界現実世界が密接にリンクし相互に影を及ぼし合うなどの物語が描かれる。

90年代から現代でのバーチャルリアリティ世界が登場する作品でなものとして『トータルリコール』や『マトリックス』『アバター』が挙げられる。

日本でも80年代後半にはすでにバーチャルリアリティゲーム現実が区別できなくなるゲームプレイヤーを描いた小説クラインの壺』が、人間のを電子化し自由に仮想現実を体験できるサイバーパンク世界観の漫画攻殻機動隊』が発表されており、90年代では『クリスクロス 混沌の魔王』意外ではあるが大長編ドラえもんのび太と夢幻三剣士』、2000年代では『アクセル・ワールド』『ソード・アート・オンライン』などが存在する。

関連動画

実際にVRを使用している動画。画面だけでなく使用している人の動きにも注。画面との連動がよくわかるだろう。

Riftを使用している動画MMD間で遊んでいる。

HTC Viveのチュートリアルをしている動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3
ページ番号: 5431673 リビジョン番号: 2619595
読み:バーチャルリアリティ
初版作成日: 16/07/12 22:25 ◆ 最終更新日: 18/08/28 14:10
編集内容についての説明/コメント: バーチャルカラオケを追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バーチャルリアリティについて語るスレ

39 : ななしのよっしん :2018/04/26(木) 02:22:35 ID: 3Ya3MTS9ZJ
スマホVR最大の難点、それはスマホを収納すると画面がタップできない!

Bluetoothリモコンも売ってるけど、iPhoneじゃあ十全にゃあ動かねぇ!
最先端だからって感じで不便に突き進むAppleの姿勢が嫌いじゃあ!

ボタン付きイヤホンじゃできることに限界があるんだよっ!
40 : ななしのよっしん :2018/04/30(月) 18:36:14 ID: xlhuqOu7bG
そ、そもそもiPhoneVR関係の使い方を想定してないから…
Appleは別でVR機器開発中だそうだけどどんなものが出て来るのやら
41 : ななしのよっしん :2018/06/28(木) 22:31:26 ID: iMlowwcu+n
5Gが実用化されてからが本番な気もする
その頃にはHMDももっと良いモノが出てるだろうし
42 : ななしのよっしん :2018/07/12(木) 20:55:41 ID: wFc5cK6mCz
>>38
VR現実世界の電子の振る舞いで構築したものだから入れ子状になっているものであって、VRのその先と言っても例のVRの中にまたVRを構築しますか々の話が出て来るだけなんじゃ
43 : ななしのよっしん :2018/08/09(木) 23:13:16 ID: aY8cinbSNf
とりあえずVRネトゲは可なのだろうか?すごく気になる
44 : ななしのよっしん :2018/08/14(火) 13:20:32 ID: jPvuQKxSQR
まずいきなり高度なゲームをするんじゃなくババ抜きやウノや麻雀とかでまるで本当に対人しているかのようなVRが欲しい。後はそこから有名人二次キャラが相手にすれば夢が広がる
45 : ななしのよっしん :2018/08/15(水) 01:50:52 ID: 1lLwUtU1QE
〇ッチなワイフにトラカーはつけられますか
46 : ななしのよっしん :2018/08/15(水) 12:14:52 ID: iMlowwcu+n
>>44
ババ抜き的なのは委員長ニコ生でやってたし、麻雀もすでにVRchat内でやってる人が居たはず
47 : ななしのよっしん :2018/09/25(火) 03:14:46 ID: yXOv9svWOG
予想していたよりもVR業界の動きが活発ではないというか
2年前くらいは色んな動きがあったのに最近は期待していたベンチャーが資繰りでいくつか潰れたり大手企業も以前ほど新規に手を貸さなくなってる
夢を抱いていた企画がどんどん立ち消えになると現実の悲しみしか感じないから勘弁してくれ
48 : ななしのよっしん :2018/09/25(火) 14:46:53 ID: BJ2u0lrnJD
オキュラスを買収したフェイスブックグーグルとかの大企業には市場が小さすぎて採算採れないのがネックだし、
VRに夢を見てる採算度外視のオタクは採算がとれなくて死んでく状況…。


採算度外視で特攻して屍の山を作れる点でわりとマジ日本有利まであるな。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス