パエッタ単語

パエッタ

パエッタとは、銀河英雄伝説の登場人物で、自由惑星同盟軍に所属する軍人の一人である。
CV.徳丸完石黒監督版)、ふくまつ進紗(Die Neue These)。

作中でのパエッタ

パエッタ提督
Paetta
(S.E. ? - S.E. 801)

作中では第2艦隊、第1艦隊の艦隊を勤めていた。外伝にあたるレグニツァ上空遭遇戦本編序盤のアスターテ会戦まではヤンの上官だった。座乗艦はパトロクロス(第1艦隊時代も同じ艦と推定)。

基本的に独断提督で、ヤンが幕僚であった時期はその意見を退け判断を見誤ることが多かった。
しかし決して無能ではない。自説にこだわり意固地になりがちなところこそあるものの、おかしな作戦を立案することはく、状況に見合ったごくっ当な論理作戦を展開できる指揮官である。その結果で確実に功績を上げ同盟軍において中将まで上り詰めたと推測される。部下に従をめ上委員長)にへつらうような面もあるが、いっぽうで剛直の性もあわせもち、自身への追従笑いには不快感をあらわにすることもあった。

作中で最初の戦闘となるアスターテ会戦で第2艦隊官として参加するが戦闘中に重傷を負い、揮権をヤンに委譲している。その後第2艦隊は第13艦隊に吸収と言う形で解隊される。
アムリッツァ星域会戦後、軍再編でクブルスリーの統合作本部長就任に伴い第1艦隊官に就任した。第1艦隊としてはビュコック揮下でランテマリオ域会戦に参加し、これを最後の戦闘として戦後は退役した。

退役後は特に立った活動、行動は見られなかったが新帝国3年3月21日から同末に発生したオーベルシュタイン刈りによって逮捕されラグプール刑務所に収監される。その後同刑務所内で発生した暴動に巻き込まれ死亡する。

パエッタの作戦指揮能力の考察

上記のとおり無能でないことは周知の通りである。寧ろこの時代の自由惑星同盟軍全体でも有能な部類に入るのではではないか、とも囁かれている。
ランテマリオ域会戦においては、ミュラーファーレンハイト提督揮する倍近い戦の艦隊と互に渡り合った上で生還している。しかしこの時の戦闘内容には定かではない部分も多い為、検証と確認を要する。

外伝におけるレグニツァ上空遭遇戦では、「経験と理論学習のおよぶ範囲においては、充分に熟練した戦術であった」と評されている。層中という特異な環境が同盟軍を助けたことや、至近距離での遭遇戦という状況も合わさり、ラインハルト相手に戦闘を有利に進め、一時は勝も見えるほどであった。しかしラインハルトの奇策にまでは予測が及ばず、同盟軍を助けていた惑星環境を逆用されて敗勢となり、撤退を選ばざるをえなかった。このときは、局地戦の勝敗にこだわらないという点がラインハルトとの「逆転しえない差違」だとされているが、ラインハルトべ相対的にが低いという点をあげつらうのは流石に酷であろう。

後衛に配されていた第四次ティアマト会戦においては、突出したラインハルト政治的孤立を読んだヤンから試石として帝国軍本隊を攻撃するよう意見具申を受けたが、却下している。しかし、これはヤン自身もっともであると認めているように、拠もなく、しかもラインハルトが孤立していなければむしろ同盟軍を危地におとしいれることになりかねない方策であったことから、これをもってパエッタのを判断するのは難しい。

別の視点からの考察としてゲーム上でのを見てみたい。
ゲーム上では大方優秀な部類に入っている。的には突出したはないが各方面おいて高い準であった。(特にボーステック製の銀河英雄伝説IVではシト元帥ビュコック元帥に”近い”に設定されており、帝国軍の提督達と較しても引けをとらない)。

これらのことからパエッタ自身は公式には有能であり優秀な人材と考えられる。元々独創性はあまりく確実的な用兵であり、その為に奇計や想定外の事態に弱いといったところだろうか。特に石黒監督版ではその面が強く表現されたために初めて見た人には無能な印を与えてしまったとも見れる。もしかするとビュコックなどの老練または熟練の指揮官の下では遺憾なく手腕を発揮できたのかもしれない。

あくまでもこれらはひとつの見解でありパエッタのについてはまだまだ議論の余地があるようだ。

ニコニコ動画におけるパエッタ

ニコニコ動画においてパエッタはビッテンフェルトなどに並びニコニコ動画内の銀英伝ファンから屈人気を誇り動画の一部では登場で弾幕が発生する程である。

アイドルマスターシリーズ高木順一朗社長(後に会長)と石黒監督版での声優が同じ為、「社長=パエッタ」などの表現も多く見られる。銀河英雄伝説関連の動画にも高木社長セリフコメントされたりしている。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%91%E3%82%A8%E3%83%83%E3%82%BF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

パエッタ

96 ななしのよっしん
2018/04/24(火) 20:07:27 ID: w1cDszSOnJ
あれはヤンだからというよりは親父さんの教育の賜物かねえ
「3度忠告しても受け入れない上なら4度駄だから後は放っておけ(意訳)」っていう

パエッタの方も2度か3度でヤンの言を容れていれば、まだいくらか違う人生を歩めた可性はあったかもしれん
97 ななしのよっしん
2018/05/13(日) 15:28:46 ID: mdjD2cF961
この人が戦後に生き延びていてくれたら、「参謀としてのヤン・ウェンリー」について言してくれたろうな。
それも、優れたところだけじゃなく欠点、または常識外の薄情さについても摘した、客観的な人になりそう。
98 ななしのよっしん
2018/09/26(水) 22:38:39 ID: 90MED0QgX+
クーデターの時は第一艦隊って首都にいたはずなんだが何してたんだろう
艦隊の幹部や将兵が拘禁されて身動きできなくなってたんだろうか
99 ななしのよっしん
2018/10/07(日) 20:50:34 ID: Q/c9Q7BwDg
合作戦本部抑えられたらもう何もできないと思うよ
100 ななしのよっしん
2018/10/07(日) 21:18:42 ID: 8/ZV/yLYqy
ヤンだって事前に予測して宇宙艦隊部から命をもらってたからこそ
クーデター鎮圧の大義名分を得て出動できたわけだからねぇ
101 ななしのよっしん
2018/12/07(金) 23:22:37 ID: Tu4viFN2fO
第四次ティアマト会戦でパエッタがヤンを飲みに誘った時、軍人として賢く立ち回るんならヤンは誘いを受けるべきだったんだろうな
ヤン本人としてはこれ以上上との人間関係にまで気を使いたくはかったんだろうが
102 ななしのよっしん
2019/01/13(日) 01:52:24 ID: 0eVIu/by+c
飲みに誘われたとき応じて交流を深めていれば、アスターテの際、作戦案を一蹴されたり、進言を下に扱うことはなかった気がするな。
103 ななしのよっしん
2019/01/13(日) 02:21:56 ID: 0eVIu/by+c
要塞対要塞でヤンとパエッタコンビネーションが見てみたかったな。ヤンの作戦を熟練のパエッタが実行する。帝国軍はミュラーすら生き残れないほど全殲滅になるだろう。グエンらのような暴走もなく、4000隻の重な戦を喪うこともなかった。

個人的にはランテマリオ会戦で圧倒的多数の兵を前に中核の第一艦隊を揮して長く戦線を支え、ビュコック作戦を確実に実行していったことが評価を上げている。
104 ななしのよっしん
2019/03/03(日) 06:59:57 ID: 1kwF/IqQHP
ヤンは軍人のくせに国歌斉唱も起立も拒否するなんて
左翼教師みたいな態度取り続けてたんだからな。

米軍人なんて国歌に対する敬意は凄い。
星条旗はもちろん、君が代が流れても直立不動で敬礼するくらいだから。
ヤンみたいな態度取る軍人は居れないわな。
仮にいたとしても上官の信頼はゼロになるよね。
105 ななしのよっしん
2019/03/04(月) 19:47:07 ID: 8/ZV/yLYqy
>>104
ヤンが拒否したのは「委員長演説に対する起立と歓呼」であって
国歌斉唱・起立拒否なんて描写は一切ないんだけど