パブロフの犬単語

パブロフノイヌ

たかし、ごはんよー」

『わーい!(ドタドタ)』

そこには美味しい料理が!

『いただきまーす!ガツガツ(よだれを分泌)』

 

(翌日)

 

たかし、ごはんよー」

『わーい!(ドタドタ)』

そこにはまた美味しい料理が!

『いただきまーす!ガツガツ(よだれを分泌)』

 

(同じようなことが続き、数日後…)

 

たかし、ごはんよー」

『(よだれを分泌)』

 

パブロフの犬とは、上記のたかしくんである。

曖昧さ回避

概要

ソ連生理学者のイワンパブロフが行った実験実験の内容は、上記の「ごはんよー」をベルの音、たかしくんをにしたもの。

上記のたかしくんが微笑ましく感じてしまうかもしれないが、実はパブロフの犬のようなことは々でも起こり得る。

 

上の画像を見てよだれが出たらあなたもパブロフの犬である。

実験「パブロフの犬」の意義

生物は「反射」と呼ばれる、意識のうちに特定の刺に反応するという特性を持っている。例えばゴミが入ったときや、悲しいとき、苦痛を感じたときに涙が出るのは反射の一種である。

パブロフの犬によって「後から訓練などで身につけることのできる反射がある」ということが発見された。これを「条件反射」と呼ぶ。これに対し、生まれつき持っている反射、例えば先ほどの涙や「料理を食べるとよだれが出る」というようなものを「条件反射」と呼ぶ。

また、特定の反応を起こす条件を生物に習得させることを「条件づけ」と呼び、パブロフの犬のような条件反射の条件づけは「古典的条件づけ」と呼ぶ。のちに意識ではなく、自発的に行う反応の条件付けをす「オペラント条件づけ(具的条件づけ)」が登場したため、それと対する形で「古典的」と呼ぶのであって、「古典的」という言葉に「時代遅れな」などの批判の意味はい。

関連動画

その他

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%91%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%95%E3%81%AE%E7%8A%AC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

パブロフの犬

1 ななしのよっしん
2019/08/03(土) 07:37:17 ID: cr8asJmdZu
バキをひねったらアドレナリンがバンバン出るように条件付けしていた
それをまねしてアドレナリンが出ているときにを触ることを繰り返してバキ化しようとした人がいたけど楽しい時にを触る癖がついただけだったとのこと
2 ななしのよっしん
2019/08/04(日) 01:50:35 ID: OpJFVMYTkZ
???「イワンデース!」

急上昇ワード

2019/10/17(木)02時更新